熊野神社 & 出雲社〈熊野神社境内〉(防府市上右田)

熊野神社(くまのじんじゃ) は 明徳三年(1392)大内義弘公は 将軍 足利義満から和泉(いずみ)・紀伊(きい)の両国を与えられた時 野上修理亮に命じて 紀伊の国の熊野権現宮より御分霊を移し この地に熊野権現を創建したと伝わり 境内社 出雲社(いずもしゃ)は 延喜式内社との伝承もあります

Please do not reproduce without prior permission.

目次

Please do not reproduce without prior permission.

1.ご紹介(Introduction)

 この神社の正式名称や呼ばれ方 現在の住所と地図 祀られている神様や神社の歴史について ご紹介します

【神社名(Shrine name

熊野神社(Kumano shrine) & 境内社 出雲社(Izumo sha)

通称名(Common name)

【鎮座地 (Location) 

山口県防府市上右田1078

  (Google Map)

【御祭神 (God's name to pray)】

《主》伊弉册尊(いざなみのみこと)
   速玉男命はやたまのをのみこと
   事解男命(ことさかをのみこと)

【御神徳 (God's great power)】(ご利益)

国生みの神祓の神正邪を見分ける神

【格  (Rules of dignity)

境内社 出雲社は 参考論社〉
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創  (Beginning of history)】

熊野神社(権現さま)

由緒
後小松天皇の明徳二年一三九一)大内氏の命をうけ旗下野上修理亮が紀州熊野三社より分祀した。以来歴代領主の崇敬篤く氏神として住民の尊崇あり。(平成年に六百年祭を斉行す)

祭神
伊弉冉尊(いざなみのみこと)国生みの神
速玉男命(はやたまおのかみ)祓の神
事解男命(ことさかをのみこと)正邪を見分ける神

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【由  (History)】

 熊野神社は、昔は熊野権現宮と言い、地元の人々が権現様と呼んで親しんできた古いお宮であり、紀伊の国の熊野権現宮より御分霊を移し、この地に創建したといわれています。

熊野神社(くまのじんじや)

 上右田の新町にある熊野神社〔太平寺の隣〕は、昔は熊野権現宮と言い、地元の人々が権現様と呼んで親しんできた古いお宮である。

 権現(ごんげん)というのは、神仏集合思想すなわち本地垂迹説(ほんちすいじゃくせつ)によると、仏がすべての生物(いきもの)を救うため、神に姿をかえて現れたものを言うとされている。明治初年の神仏分離により、権現というような神仏いずれともつかないものや[宮(ぐう)]という呼び名は認められなくなり、熊野神社と名をかえて今日に至っている。

玉祖地区歴史文化史跡研究会著『剱神社(つるぎじんじや)と熊野神社(くまのじんじや)と右田の神様~山口県防府市右田地区の神様~』2022年発行より抜粋

スポンサーリンク

神社の境内 (Precincts of the shrine)】

・出雲(いずも)社〈延喜式内社 出雲神社二座の参考論社〉

境内社 出雲社《主》大己貴命(おほなむちのみこと)・三穂津姫命(みほつひめのみこと)

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

・妙見社〈天御中主(あまのみなかぬし)社〉

《主》天御中主命(あまのみなかぬしのみこと)

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

恵比須小野(おの)社〉(石段のある祠)と石祠

《主》奥津彦命(おきつひこのみこと)・奥津姫命(おきつひめのみこと)・大土祖神(おほつちのみおやのみこと)

文政年間の勧請で昭和十三年熊野神社境内に遷座と石碑に刻まれています

Please do not reproduce without prior permission.

・稲荷(いなり)社

《主》宇賀御霊(うかのみたま)

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

・厳島(いつくしま)社

《主》宮鳴三神(みやじまさんしん)

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

・そのほかに境内社として 大元社村上社

大元社・村上社の2社は 特定できませんでした 石祠はあと二ヶ所あるので どちらかでしょうか

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

・縁結びの御神木

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

縁結びの御神木

分かれて仲びた2本の樹が合体し、1本のクロガネモチの樹となって大きく枝を伸ばしています。古くから縁結びの御神木として祀られてきたこの樹は、インターネットでぱツリー・オブ・マッチメイキング"とされ、外国の方から紹介されるようになりました。この熊野神社は、日本全国に勧請された熊野権現の一つで.明徳2年(1391)に紀州熊野三社から分祀されています。

御利益:男女の縁が結ばれる

ビュースポットやまぐち

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

神社の境外 (Outside the shrine grounds)】

・人丸(ひとまる)社〈尾根の上〉

《主》柿本人麿命(かきのもとのひとまろ)

・新町のキリシタン灯寵

Please do not reproduce without prior permission.

新町のキリシタン灯寵

 太平寺前の小径が熊野神社の参道と交わるところの右角に、防府市の民俗文化財に指定されている「キリシタン燈籠(とうろう)」がある。これは昔のキリスト教信者の遺物と考えられるもので、竿石(さおいし)の上部がくびれていて、十字架(じゅうじか)を思わせる形をしており、その下にマリアを連想させる人物像が彫られている。

 太平寺所有のこの灯能は、宝珠(ほうじゅ)・傘(かさ)・火袋(ひぶくろ)・中台(なかだい)が失われており、現在のものは後から補ったものである。しかし、このような灯能の竿石が残っていることは、右田にも熱烈なキリシタン信者が住んでいたことをうかがわせるようで、興味深いものがある。

玉祖地区歴史文化史跡研究会著『剱神社(つるぎじんじや)と熊野神社(くまのじんじや)と右田の神様~山口県防府市右田地区の神様~』2022年発行より抜粋

スポンサーリンク

この神社の予備知識(Preliminary knowledge of this shrine)

この神社は 由緒(格式ある歴史)を持っています

境内社 出雲社は 式内社の参考論社です〉

『日本三代実録(Nihon Sandai Jitsuroku)〈延喜元年(901年)成立〉』に記される伝承

境内社 出雲社は 式内社の参考論社です〉神階の奉授が記されています

【抜粋意訳】

卷十四貞觀九年(八六七)八月十六日壬午〉の条

十六日壬午
周防國 正五位上 出雲神
。石城神。比美神 並授從四位下
從五位上 劔神。二俣神 並正五位下。
豐後國 從五位上 火男神。火神 並正五位下。
大和國 從五位下 生竜穴神 正五位下。從五位下 武雷神。保沼雷神 並從五位上

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス『日本三代実録』延喜元年(901年)成立 選者:藤原時平/校訂者:松下見林 刊本(跋刊)寛文13年 20冊[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047721&ID=M2014093020345388640&TYPE=&NO=画像利用

『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)(927年12月編纂)に所載
(Engishiki JimmeichoThis record was completed in December 927 AD.

延喜式Engishiki)律令の施行細則 全50巻』〈平安時代中期 朝廷編纂
その中でも910を『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)といい 当時927年12月編纂「官社」に指定された全国の神社式内社の一覧となっています

「官社(式内社)」名称「2861
・「鎮座する天神地祇」数「3132座」

境内社 出雲社は 式内社の参考論社です〉

[旧 行政区分](Old administrative district)
(神様の鎮座数)山陽道 140座…大16(うち預月次新嘗4)・小124

[旧 国 名 ](old county name)
(神様の鎮座数)周防国 10座(並小)

[旧 郡 名 ](old region name)
(神様の鎮座数)佐波郡 6座(並小)

[名神大 大 小] 式内小社

[旧 神社 名称 ] 出雲神社二座
[ふ り が な ]いつもの かみのやしろ ふたくら
[Old Shrine name]Itsumo no kamino yashiro)

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

あなたが この神社に興味が湧くような予備知識をオタク視点でご紹介します

『延喜式神名帳』(927年12月編纂)所載 式内社 出雲神社(イツモノカミノヤシロ)とその論社について

①『延喜式神名帳』(927年12月編纂)所載 出雲國(イツモノクニ)出雲郡(イツモノコオリ)出雲神社(イツモノカミノヤシロ)の論社

・素鵞社〈出雲大社の本殿奥〉

・富神社(出雲市斐川町富村)

・長浜神社(出雲市西園町)

・諏訪神社(出雲市別所町)

『延喜式神名帳』(927年12月編纂)所載 「丹波國 桑田郡 出雲神社 名神大」の論社

どちらも磐座(イワクラ)を信仰の拠所としています

・出雲大神宮(亀岡市千歳町出雲後田無)

・出雲神社(亀岡市本梅町井手西山)

➁『延喜式神名帳』(927年12月編纂)所載 「周防國(スオウノクニ)佐波郡(サハノコオリ)出雲神社二座(イツモノカミノヤシロ フタクラの論社

・出雲神社(山口市徳地堀) 

 

・出雲社〈熊野神社境内〉(防府市上右田) 

➂『延喜式神名帳』(927年12月編纂)所載 「信濃國(シナノノクニ)水内郡(ミノチノコオリ) 伊豆毛神社(イツモノミノヤシロ)の論社

・伊豆毛神社(長野市豊野町) 

因みに 出雲大社(出雲市)

『延喜式神名帳』(927年12月編纂)所載 「出雲國(イツモノクニ)出雲郡(イツモノコオリ)杵築大社 名神大(きづきの やしろ)

・出雲大社(出雲市)

【神社にお詣り】(For your reference when visiting this shrine)

この神社にご参拝した時の様子をご紹介します

国道2号 防府東ICから県道24号を北上 約1.8km 車3分程度

熊野大社の二の鳥居と石橋があります

熊野神社(防府市上右田)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居の辺りにも空地はあるのですが 駐車場は社殿の近くにあります との案内があり参道を進みます

Please do not reproduce without prior permission.

キリシタン灯篭を過ぎて 境内脇の駐車場に進みます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

駐車場から 正面参道へと戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

社殿を振り向くと 正面に熊野神社の社殿 参道の左右に鳥居が向かい合って建っていて ちょっと変わった雰囲気です

Please do not reproduce without prior permission.

左手には 手水舎があります

Please do not reproduce without prior permission.

正面には 石段があり その上に熊野神社の社殿が建ちます

Please do not reproduce without prior permission.

右手の鳥居に一礼をして くぐります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

こちら側の境内は 駐車場を兼ねて居ますが 御神木があり その先に境内社 出雲社の鳥居が建っています

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして 出雲社の鳥居をくぐり 石段を上がります

Please do not reproduce without prior permission.

すぐ右手には 磐座のようなものに 石祠が祀られています

Please do not reproduce without prior permission.

出雲社の向かって右手奥には 恵比寿社が祀られています

Please do not reproduce without prior permission.

出雲社への石段を上がります

Please do not reproduce without prior permission.

石燈籠に狛犬も座していて 社殿には 出雲社 と社号銘板が懸けられています 式内社 出雲神社二座(イツモノカミノヤシロ フタクラとも伝わる社です

Please do not reproduce without prior permission.

社殿は 拝殿本殿があり 立派な社となっています

賽銭をおさめ お祈りをします
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

出雲社の向かって左手に 熊野神社の社殿があります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥 幣殿 本殿が鎮座する立派な社殿です

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿にすすみます

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の前 左右に石造りの樽の彫物があり 中央に榊が祀られています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の扁額には 熊野神社 と記されています

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りをします
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

向かって左手から社殿を見ると 社殿に併設されているのは 神饌所でしょうか

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

境内の左手にも 鳥居の建つ境内社が祀られていますのでお参りをします

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

左側の境内から 中央参道に戻るには 鳥居をくぐることになります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

中央参道に戻り 社殿に一礼をします

Please do not reproduce without prior permission.

参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

神社は東南を向いて鎮座していますが その背後の山々は 実に神々しい

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

神社の伝承】(A shrine where the legend is inherited)

この神社にかかわる故事や記載されている文献などをご紹介します

『剱神社(つるぎじんじや)と熊野神社(くまのじんじや)と右田の神様~山口県防府市右田地区の神様~』に記される伝承

【抜粋】

右田村史の記録によれば、次のような言い伝えもある。

 昔、大内義弘の一族に野上修理亮(のがみしゅりのすけ)という者がいた。明徳三年(1392)に、大内義弘は将軍 足利義満(あしかがよしみつ)から和泉(いずみ)・紀伊(きい)の両国を与えられた。その時野上修理亮に命じて、紀伊の国の熊野権現宮より御分霊を移し、この地に熊野権現を創建した。

 このように、その昔、熊野本宮を勧請(かんじょう)〔神仏を移し祭ること〕したと伝えられているが、創建時代についてはちがった意見もあってはっきりしない。しかし、平成二年(1990)には、鎮座六百年大祭が盛大に行われ、併せて社殿の大改修もなされた。

 同社にある文化財としては、獅子頭(ししがしら)(南北朝時代と室町時代のもの・防府市指定文化財)や猿田彦面(さるたひこめん)等がある。

玉祖地区歴史文化史跡研究会著『剱神社(つるぎじんじや)と熊野神社(くまのじんじや)と右田の神様~山口県防府市右田地区の神様~』2022年発行より抜粋

熊野神社 & 境内社 出雲社(防府市上右田) (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

周防国 式内社 10座(並小)について に戻る        

おすすめ記事

1

世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」のクライテリア(iii)として「古代から今日に至るまで山岳信仰の伝統を鼓舞し続けてきた 頂上への登拝と山麓の霊地への巡礼を通じて 巡礼者はそこを居処とする神仏の霊能を我が身に吹き込むことを願った」と記されます

2

出雲國(izumo no kuni)は「神の國」でありますので 各郡の条に「〇〇郡 神社」として 神社名の所載があります
『風土記(fudoki)』が編纂(733年)された 当時の「出雲の神社(399社)」を『出雲國風土記 神名帳(izumo no kuni fudoki jimmeicho)』として伝える役割をしています

3

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

4

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

5

對馬嶋(つしまのしま)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳』に所載されている 対馬〈対島〉の29座(大6座・小23座)の神社のことです 九州の式内社では最多の所載数になります 對馬嶋29座の式内社の論社として 現在 67神社が候補として挙げられています

-延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)
-,

error: Content is protected !!

Copyright© Shrine-heritager , 2023 All Rights Reserved.