和歌山権現(出雲市多伎町小田)

和歌山権現(わかさんごんげん)は 出雲風土記733 AD.』所載の神門郡 不在神祇官社「多支社(たき)のやしろ」の旧社地と論されます 険しい山中の大きな巌窟〈高さ15m大国主命の娘神〉阿陀加夜努志多伎吉比命(あだかやぬしたききひめのみことが お乳の神様として祀られています

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 神門郡(kando no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】多支社
読み(たき)のやしろ
How to read(taki no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

官社ではない為 該当しません

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

和歌山権現(Wakasan Gongen)

【通称名】(Common name)

わかさんさん

【鎮座地】(location)

島根県出雲市多伎町小田

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》阿陀加夜努志多伎吉比命(あだかやぬしたききひめのみこと
   〈大国主命の御子神〉

【御神格】(God’s great power)

お乳の神様

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

創建年不詳

【由緒】(history)

和歌山権現 由緒

和歌山権現 社傳には「阿陀加夜努志多々姫ノ命ノ御旅伏シ給フ処ト傳フ」とあり 奈良時代 天平五年(AD七三三)に編集された「出雲風土記」に「神門郷」の條に「多支社(たきのやしろ)」と見えているのが当 和歌山権現のことである。

 現代を遡ること千二百五十数年以前より霊水が湧き出て産婦の祈祷にその霊験篤く各時代の戦禍に遭うこともなく現在に及んでいる。

 特に戦前夏の祭礼には夜通し笛、太鼓の止むことなく数百人の「ちょうちん行列」は壮観を極めたと言う。しかるに昭和三十九年の大水害に遭い参道、橋脚共に流出することとなり 宮守りは途絶え荒廃の一途であった。

 護持有志の会では皆様の篤志を募っております。お一人でも多くの方の御賛同をお待ち致しております。

多伎町小田五四一
和歌山権現を護持する会 電話0853(86)3109

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【境内社】(Other deities within the precincts)

・上の社〈奥宮〉 和歌山の山頂に鎮座

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

出雲風土記733 AD.』所載の神門郡 不在神祇官社「多支社(たき)のやしろ」の論社について

・和歌山権現

・〈多伎藝神社に合祀〉

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR山陰本線 小田駅から南下して約2km 車5分程度

県道280号を小田川を遡るように南下して 和歌山トンネルへ進まないで 手前で旧道へと左折します トンネルのレリーフは 御祭神の阿陀加夜努志多伎吉比命(あだかやぬしたききひめのみことが描かれているとの事

Please do not reproduce without prior permission.

すぐ左手 小田川の淵に遥拝所が建ちます

和歌山権現(出雲市多伎町)に参着

本社の鎮座する 山中への参拝路は 一般は通行禁止 山への立ち入りは禁止 との話を伺っていたので こちらより遥拝

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

和歌山権現の本社は お乳の神様で親しまれていて この小田川沿いの山中に高さ15mもの大きな巌窟に木造のが鎮座していますが

ご参拝の様子は山陰中央新報社の記事が張り出されていましたのでご覧ください

山陰中央新報社 2014/09/25 の記事より

出雲 石神さんを訪ねて 出雲巨石信仰【16】

和歌山権現(出雲市) 水に御利益「お乳の神様」

出雲市多岐町小田の小田川沿いの山中にある、高さ15メートルほどの巨岩にではたくぼみに、木造の祠がおさまっていた。岩野割れ目からは時折、水が流れ落ちる。それを胸に塗ると母乳がよく出るという伝承があり、地元で「お乳の神様」として親しまれる和歌山(わかさん)権現だ。

 出雲国風土記に「多支社(たきのやしろ)」と記され、祭神はオオクニヌシノミコトの娘と伝わるアダカヤヌシタキキヒメノミコト。一帯の岩山が御神体とされ、権現という神仏習合の言葉を残す。

 戦前までは地域の人が約100メートルの険しい参道を上り、例祭では祠の前で神楽が舞われ、夜店も並ぶなどにぎわった。1964年に水害で参道が崩れ、参拝が途絶えたが、復活を願う住民が86年に再整備した。

 高齢者に配慮して地元有志が2008年に麓に遥拝所を建築して以来、例祭は遥拝所で執り行われるようになり、今では山への立ち入りは禁止。取材で特別に登山させてもらった。

 再整備の発起人で氏子の石飛赳さん(67)は「何度来ても素晴らしい場所だ」と笑顔を見せた。

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.島根郡にある伝承

【意訳】

多伎郷(たきのさと〈現 出雲市多伎町辺り〉

郡家の南西二十里

所造天下大神(あめのしたつくらししおおかみ)〈大国主命〉の御子(みこ)
阿陀加夜努志多伎吉比(あだかやぬしたききひめのみことが坐(ましま)
故に 多吉(たき)と云う 〔神亀三年 字を多伎と改

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』神門郡 小田 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

小田「三瀧権現」と記され

風土記載る 多支社(たき)のやしろ なり

伊弉冉(いざなみ)をまつり 麓より七十五丈登りて 岩窟あり 穴口 三間に三間三尺 高さ一丈八尺 窟の中 三間四方 この所に保古良(ほこら)あり これを本社とす

山頭まで百二十丈もって青岩峨々と聳えて半腹に往腹の路あり
直下せり飛流 三千尺ありきも銀河の落ちるとし 参詣する者 前後をみることあらずを誠に景色無類の絶頂なり
祭日 皆飾り四時の花をもってす」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

【意訳】

多支社(たき)のやしろ

今の多岐村小田の多岐大明神、今は尾若権現といふ。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

和歌山権現(出雲市多伎町)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.