田中神社(佐太神社・北殿摂社)

This post is also available in: English

田中神社(佐太神社・北殿摂社)は 全国的にも珍しい“縁結び”と“縁切り”の社です 「姉妹の女神」を祀る社が 背中合わせに建っている不思議な神社です  男女の縁や悪い癖など断ち切りたい縁は切れて その後で 素晴らしい縁結びが 同時に叶います

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 秋鹿郡(aika no kori) 条
    不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】 田仲社

【読み】(たなか の)やしろ
【How to read】(tanaka no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

非官社の為 該当しません

スポンサーリンク

【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name)

 田中神社(tanaka shrine)
(たなかじんじゃ)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

 島根県松江市鹿島町名分

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

東社《主》磐長姫命(iwanaga hime no mikoto) 
西社《主》木花開耶姫命(konohanasakuya hime no mikoto)       

【御神格】(God’s great power)

・縁結び Deepen connections and intimacy with people
・安産  Healthy childbirth
・縁切り Completely separated from certain people
・長寿 Wish of longevity

【格式】(Rules of dignity)

佐太神社 北殿 摂社

【創建】(Beginning of history)

不詳

【由緒】(history)

田中神社(たなかじんじゃ)

田中神社は本社北殿の摂社で 当社から東へ100メートル離れた飛地に二つのお社が背を向けて建っています。

佐太神社の御本殿に向かっているのが 西社で木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)を祀り、縁結び・安産、
背を向けて建つ 東社は磐長姫命(いわながひめのみこと)を祀り 縁切り・長寿の信仰があります。

これは 本社北殿の御祭神 瓊々杵尊(ににぎのみこと)との物語りに由来します。
瓊々杵尊は 姉の磐長姫命と妹の木花開耶姫命を娶りますが 姉は容姿が醜かったので親元へお返しになったというもので、縁切りの御利益がある神社は 全国的にも珍しいようです。
男女の悪縁をはじめ なかなか断ち切れない様々な悪縁を除くため、参拝、御祈念に訪れる方が多数あります。

佐太神社公式HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

全国的にも珍しい“縁結び”と“縁切り”の社が 背中合わせに建っている不思議な神社です

佐太神社の御本殿に
 背を向けて建つのが 東社で縁切り・長寿
 向かって建つのが  西社で縁結び・安産 の信仰 

男女の縁や悪い癖などの 断ち切りたい縁は 誰にでもあります
そして その後で 素晴らしい 縁結び となります

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

佐太神社でお詣りしてから 徒歩3分です 

駐車場横に案内看板があります
佐陀川沿いに東を向いて 正面鳥居があります

田中神社(tanaka shrine)に到着

やはり縁を切ってから 縁結びでしょうか?
この順ですと 東西の社にお詣りです
やはり 一礼して鳥居をくぐると 目の前にあるのは 東社で縁切り・長寿でした

背を向けて建っているのが 西社で縁結び・安産 

そのまま 東西のお社に進み

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

真横から見ると 絵馬立てが真ん中に立ててあり 丁度 双方の願い事を表裏一体で受け止めています

参道を戻り 鳥居をくぐり 振り返り一礼

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

『古事記(kojiki)』天孫降臨 瓊々杵尊(ninigi no mikoto)の伝承

瓊々杵尊(ninigi no mikoto)は 姉の石長比賣(iwanaga hime)と妹の木花之佐久夜昆賣(konohana no sakuya hime)を娶りますが 
姉は容姿が 醜かったので親元へお返しになったというもので 詳しく語られています

意訳
『 さて瓊々杵尊(ninigi no mikoto)は 笠沙(kasasa)の御埼(misaki)で美しい孃子(otome)にお遇いになられて「どなたの女子(musumego)ですか」とお尋ねになりました

そこで「私は大山津見神(ohoyamatsumi no kami)の女(musume)の木花之佐久夜昆賣(konohana no sakuya hime)です」と申しました

また「あなたには兄弟がありますか」とお尋ねになられましたところ「姉に石長比賣(iwanaga hime)があります」と申し上げました

依って仰せられるには「あなたと結婚をしたいと思うのですが いかがでしょうか」と仰せられますと「私は何とも申し上げることができません 父の大山津見神(ohoyamatsumi no kami)が申し上げるでしよう」と申されました

依つて その父の大山津見神(ohoyamatsumi no kami)にお求めになられましたところ 非常に喜んで 姉の石長比賣(iwanaga hime)を副えて 沢山の獻上物を持たせて奉たてまつりました

ところが その姉は大変に醜かったので 恐れて返し送ってしまいました 妹の木花之佐久夜昆賣(konohana no sakuya hime)だけを留とめて 一夜 お寢やすみになられました

しかるに 大山津見神(ohoyamatsumi no kami)は 石長比賣(iwanaga hime)をお返し遊ばされたことを 非常に恥じて 申し送られたことには
「私が二人の娘を 並べて奉った訳は 石長比賣(iwanaga hime)をお使いになられれば 天の神の御子(miko)の御寿命は 雪が降り 風が吹いても 永久に石のように 堅實においでになるでしょう
また 木花之佐久夜昆賣(konohana no sakuya hime)をお使いになられれば 木の花の栄えるように 栄えるでしょうと 誓言をたてて奉られました
しかるに今 石長比賣(iwanaga hime)を返して木花之佐久夜昆賣(konohana no sakuya hime)を一人お留めなられてしまいましたから 天の神の御子(miko)の御寿命は 木の花のように脆くおいでになってしまうでしょう」と申しました

このような次第で 今日に至るまで 天皇の御寿命は 長くなくなってしまわれました 』

『古事記(kojiki)』『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『古事記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047400&ID=M2014101021074889308&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)』秋鹿郡 宮内 佐陀大社 にある伝承

田中神社が「田中社(tanaka no) yashiro」として 現在と変わらない様子が記されています

意訳
『 田中社(tanaka no) yashiro

2社あり 皆5尺4方 1社は西向き 1社は東向き
東向きに鳥居が 田の中にあります
境内15間に10間 松があります

磐長姫命(iwanaga hime no mikoto)と
木花開耶姫命 (konohanasakuya hime no mikoto)なり

この社は疱瘡の守護神なり  

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835] 『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

「縁切り」と「縁結び」の神を祀ります
田中神社(tanaka shrine)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

佐太神社の記事もご覧ください

一緒に読む
佐太神社(松江市)【前編】

佐太神社(松江市)は 国引き神話に記される「狭田(sada)の国」の「佐太御子大神」が坐ます 本殿には 謎多き「秘説神」を擁しています 又 神在月に 全国各地から集われた神々が お泊りに訪れるといわれ 別名を「神在社(kamiari no yashiro)」と称される格式の高い社です

続きを見る

一緒に読む
佐太神社(松江市)【後編】

佐太神社(松江市)は 国引き神話に記される「狭田(sada)の国」の「佐太御子大神」が坐ます 本殿には 謎多き「秘説神」を擁しています 又 神在月に 全国各地から集われた神々が お泊りに訪れるといわれ 別名を「神在社(kamiari no yashiro)」と称される格式の高い社です

続きを見る

This post is also available in: English

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.