神大穴持御子神社(出雲市)

大穴持御子神社(おおなもちみこのかみのやしろ)は 通称名「三歳社(mitose no yashiro)」と呼ばれます 正月3日には「福迎神事」があり 1年の厄を祓い除き招福を願う「福柴(fuku shiba)」を授かれます

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)

【郡】 出雲郡(izumo no kori) 条
    神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】企豆伎社
    同社

【読み】(おなじき)やしろ
【How to read】(onajiki )yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】  出雲國(izumo no kuni)
【郡】  出雲郡(izumo no kori)

【社名】 同[杵築大]社 神大穴持御子神社

【読み】(おなじきやしろ かむおほなもち みこ の かみの やしろ)
【How to read】
    (onajikiyashiro kamuohonamochi miko no kamino yashiro)

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)

スポンサーリンク

【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

大穴持御子神社 (onamochi miko no kamino yashiro)
(おおなもちみこの かみのやしろ)

【通称名】(Common name) 

三歳社(mitose no yashiro)・福迎の社

【鎮座地】(location) 

島根県出雲市大社町杵築東宮内

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》事代主神(kotoshironushi no kami)
《配》御年神(mitoshi no kami)
   高比売命(takahime no mikoto)

【御神格】(God’s great power)

【格式】(Rules of dignity)

出雲大社境外摂社

延喜式内社(engishikinaisha)

【創建】(Beginning of history)

【由緒】(history)

出雲大社公式HP

大穴持御子神社(おおなもちみこのかみのやしろ)

御祭神 高比売命(たかひめのみこと)
御祭神 事代主神(ことしろぬしのかみ)
御祭神 御年神(みとしのかみ)

大国主大神の御子神で、御年神は素戔鳴尊(すさのおのみこと)の御孫神です。 

一月三日未明、この社で行われる「福迎神事」(ふくむかえしんじ)では、参拝者は 福柴(ふくしば)をいただき、一年の開運を祈ります。

公式HP

Please do not reproduce without prior permission.

【境内社】(Other deities within the precincts)

なし

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

「福迎神事」(fukumukae shinji)は 1月3日午前1時から行われます

参列者は 1年の厄を祓い除き招福を願う「福柴(fuku shiba)」を授かって帰り 神棚に飾って一年の開運を祈ります

御神事は 午前1時になると 神職2名による祝詞奏上で始まります こののち 参列者のお祓い 締めは 出雲大社の定番「幸魂奇魂守給幸給」を参列者全員で唱えてから柏手を打ち滞りなく終えます

御神事のあと 各々が礼拝し 福柴(fuku shiba)を授かります🌿
神事は夜中で終わりますので 神事に参列せずとも福柴(fuku shiba)は 授かれるようで 3日の昼前頃までは神職の方がいらっしゃるそうです

お正月に出雲に居られるときは是非

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

Please do not reproduce without prior permission.

三歳社(mitose no yashiro)は 御本殿と神楽殿の間を流れる素鵞川(soga gawa)をさかのぼった谷間に鎮座する摂社です
途中に「八雲の滝」の入り口がありますが 今は禁足地になっています

Please do not reproduce without prior permission.

神楽殿の横から 鷺浦に通じる車道から橋の横を川沿いに進み ゆっくり徒歩10分で着きます 650mくらいです 少し わかりにくいのでGoogle Mapを見ながらの方が良いと思います

三歳社(mitose no yashiro)に到着

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿はなく 正面一間 側面一間 切妻造の本殿のみが建ちます 屋根は 大屋根を受ける向拝柱はなく「こけら葺き」です

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

本殿に一礼の後

本殿に進み

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

川のせせらぎが眼下に聞こえ 静寂の中 お社を後にします
振り返り一礼

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

出雲大社 御本殿の背後には 聖地「八雲山(yakumo yama)」があります
勝手に入ってはいけない場所「禁足地」で 三歳社(mitose no yashiro)・福迎の社には 来ても良いようです

聖地「八雲山(yakumo yama)」への八雲山の登り口にありますので 祭祀場の役割なのか 大国主大神(okuninushi no okami)の御子神を祀ります

Please do not reproduce without prior permission.

ある伝承によれば 大和の葛城に坐ます「御年神(mitoshi no kami)」が 里帰りした社とも云われ 非常に興味深いお社です
葛城地方には 初代「神武天皇(jimmu tenno)」から 第9代開化天皇(kaika tenno)までの 初期 大和朝廷を支えたとされる「葛城王朝」の立役者 古代豪族「葛城氏(katsuragi uji)」がいました

彼らが 信仰していたのは「出雲の神々」で 里帰りしたのは この末裔なのでしょうか 

Please do not reproduce without prior permission.

「福迎神事」で1年の厄を祓い除き招福を願う
大穴持御子神社 (onamochi miko no kamino yashiro)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

出雲大社の記事もご覧ください

一緒に読む
出雲大社(出雲市)【前編】

出雲大社は ”遠き神代に 国を譲られた”「大国主大神(okuninushi no okami)」の偉業と その誠に感謝なさって 「天神(amatsu kami)」が 天日隅宮(amenohisumi no miya)を献上されたことに始まるとされています

続きを見る

一緒に読む
出雲大社(出雲市)【後編】

出雲大社(いずものおおやしろ)は ”遠き神代に 国を譲られた”「大国主大神(okuninushi no okami)」の偉業と その誠に感謝なさって 「天神(amatsu kami)」が 天日隅宮(amenohisumi no miya)を献上されたことに始まるとされています

続きを見る

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.