能呂志神社(出雲市野石谷町)

能呂志神社(のろしじんじゃ)は 陸地深い静寂の谷にある「海苔石(のりいし)」と呼ばれる 不思議な石があります 「冬に至り 海中に海苔の生ずる時 谷にはかならず この石にも海苔生ず 海苔に似て 海辺の海苔が終わる時分は この海苔も又枯れ失う」という伝承を持つこの石から名付けられた「海苔石谷」に鎮まります  「六所明神」とも云われ6柱の神が祀られて坐ます

Please do not reproduce without prior permission.

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっていま

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 楯縫郡(tatenui no kori) 条 
    神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】 乃利斯社

【読み】(のりし の)やしろ
【How to read】(norishi no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

合祀1社

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 楯縫郡(tatenui no kori) 条 
    不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】 阿牟知社

【読み】(あむち の)やしろ
【How to read】(amuchi no) yashiro

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 楯縫郡(tatenui no kori)

【社名】 能呂志神社

【読み】(のろしのかみのやしろ)
【How to read】(noroshi no kamino yashiro)

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)

スポンサーリンク

【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

能呂志神社(のろしじんじゃ)
(noroshi shrine)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

 島根県出雲市野石谷町664

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》伊弉諾尊(izanagi no mikoto)
《主》伊弉冉尊(izanami no mikoto)
《主》天照大御神(amaterasu omi kami)
《主》素盞嗚尊(susanoo no mikoto)
《主》児屋根尊(koyane no mikoto)
《主》瓊瓊杵尊(ninigi no mikoto)
《配》大己貴神(onamuchi no mikoto)

【御神格】(God’s great power)

・家内安全 Safe and comfortable home life
・五穀豊穣 Pray for good harvest
・諸願成就 Realization of various wishes

【格式】(Rules of dignity)

延喜式内社(engishikinaisha)

【創建】(Beginning of history)

不詳

【由緒】(history)

能呂志神社

延喜式神名帳に能呂志神社、出雲風土記には乃利斯社と記載してある古い社であって、
昔は 現在地より約 500M 余り南、庄田垣の由緒深い 海苔石の近くに鎮座されていたが、その後天正 6 年(1578)現在地に奉還したもので、

主祭神は 天照大神、伊弉諾尊、伊弉冊尊、瓊々杵尊、素盞鳴尊、児屋根尊で
野石谷の氏神で 例大祭は毎年 11 月 3 日に行われ宮花、神代神楽、獅子舞が奉納される。(近くに海苔石がある。)

久多美コミュニティセンターHP

【境内社】(Other deities within the precincts)

稲荷神社《主》倉稲魂命

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

本社の名称「(のりし)のやしろ」は 陸地深い谷にある「海苔石(のりいし)」と呼ばれる 不思議な石から名付けられたと伝わります

詳しくは 下記の【神社の伝承】をご覧ください

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

神社の下に500m程の所なので おそらくこの辺りであろうと思います

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

雲州平田駅から 県道232号経由 5km程度 車で約8分
平田の繁華街から小津港方面へ向かう田園地帯の中です 町中から僅かな距離ですが 周辺には田畑が広がり 自然に囲まれた神々しい場所です

Please do not reproduce without prior permission.

朝陽が登り 朝靄が立ち込める 山の麓の神社を照らし出して 息を飲むほどの美しさです

Please do not reproduce without prior permission.

神社の隣には 手入れの行き届いた生垣の廻る おそらくは宮司宅があり 朝日に鳥居が輝いています
能呂志神社(noroshi shrine)に到着です

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居の左に社号碑「能呂志神社」と刻まれています
一礼して鳥居をくぐります

Please do not reproduce without prior permission.

狛犬が座し 左手に「手水鉢」清めます
対の石灯篭があり 拝殿とその奥に御本殿が建ちます

Please do not reproduce without prior permission.

大変手入れの行き届いた境内です

そのまま拝殿に進み

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

扁額には「式内 能呂志神社」とあります

Please do not reproduce without prior permission.

神紋には 亀甲が刻まれています

Please do not reproduce without prior permission.

右手の境内社にお詣りです
お祀りされている神様はわかりませんが きれいにお社は保たれています

Please do not reproduce without prior permission.

右手から御本殿を仰ぎます

Please do not reproduce without prior permission.

その右手に境内社が2つあります お詣りです
1社には文字が消えかかっていますが「金刀羅・・」と読めます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

左手から御本殿を仰ぎます

Please do not reproduce without prior permission.

こちらには境内社が1つあります お詣りです

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の直ぐ左脇には 御神木のような木がたたずみます

Please do not reproduce without prior permission.

再び 拝殿に一礼

Please do not reproduce without prior permission.

参道を戻りますと鳥居越しに 朝陽に浮かぶ田園風景が広がります

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居をくぐり振り返り一礼 

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

『雲陽志(unyo shi)』楯縫郡 海苔石谷 にある伝承

能呂志神社が「能呂志神社 六所明神」として記されています
「海苔石」についても記されます

意訳
『 能呂志神社 六所明神
  風土記に載する 乃利斯社(norishi no) yashiro これなり

伊弉諾尊(izanagi no mikoto)
伊弉冉尊(izanami no mikoto)
瓊瓊杵尊(ninigi no mikoto)
天照大御神(amaterasu omi kami)
素盞嗚尊(susanoo no mikoto)
児屋根尊(koyane no mikoto) をまつれり

本社9尺4方 南向きの拝殿2間半に4間 
天正6年の棟札あれども 略記不詳

本社より5町(550m)ばかり下に 石3つあり 長さ5尺(約1.5m)横3尺(0.9m)ばかり 古老の伝えに 3つ石は「海苔石」と云う 
冬に至り 海中に海苔の生ずる時 谷にはかならず この石にも海苔生ず 

海苔に似て 海辺の海苔が終わる時分は この海苔も又枯れ失う 
故に海苔谷石と云うなり』 

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835] 『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

静寂の谷「海苔石谷」に鎮まる「六所明神」には6柱の神が坐ます
能呂志神社(noroshi shrine)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る 

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.