諏訪大社 上社 前宮(茅野市)

諏訪大社 上社 前宮は 4つの諏訪大社の中でも 諏訪の祭祀の発祥地とされます 古来より諏訪明神の住まう所で 現人神とされた諏方大祝(オオホフリ)の居舘があり 上社の祭祀の中心地でした 神長官ジンチョウカン守矢氏が 神秘にして原始的なミシャグジ神を降ろして 諏訪明神の重要な祭祀・神事を取り行った聖地とされています

目次

1.ご紹介(Introduction)

この神社の正式名称や呼ばれ方 現在の住所と地図 祀られている神様や神社の歴史について ご紹介します

【神社名(Shrine name

諏訪大社 上社 前宮Suwataisha Kaminoyashiro Maemiya)
(すわたいしゃ かみのやしろ まえみや)

 [通称名(Common name)]

前宮Maemiya)

【鎮座地 (Location) 

長野県茅野市宮川2030

 [  (Google Map)]

【御祭神 (God's name to pray)】

《主》建御名方神(takeminakata no kami)
   八坂刀売神(yasakatome no kami)

【御神格 (God's great power)】(ご利益)

雨や風を司る竜神の信仰
 Faith of the dragon god who controls rain and wind

【格  (Rules of dignity)

『延喜式神名帳Engishiki jimmeicho)所載社(名神大)
・ 信濃国一之宮Shinano qno kuni ichinomiya)
・ 別表神社

【創  (Beginning of history)】

不詳 我国最古の神社の一つ

当大社は諏訪湖の南北に二社ずつ、四ヵ所に鎮座する独特の形の神社で関係の摂末社は六十有余社を数え群内全域に分散しています。
諏訪大社
上社、本宮、長野県諏訪市中洲宮山鎮座。
前宮、長野県茅野市宮川鎮座。
下社春宮、長野県諏訪郡下諏訪町鎮座。
秋宮、長野県諏訪郡下諏訪町鎮座。

御祭神 建御名方神(たけみなかたのかみ)
八坂刀売神(やさかとめのかみ)
建御名方神は大国主神と高志沼河比売神の御子神で、八坂刀売神は妃神です。

下社には御二柱に併せて御兄神八重事代主神を祀りますが、一般には古くから上社に男神、下社に女神の信仰が広く伝わっております。

御鎮座、並、旧社格 御鎮座の年代は千五六百年から二千年前と言われ詳細については知るすべもありませんが、我国最古の神社の一つと数えられます。

延喜式神名帳には南方刀美神社(みなかたとみのかみのやしろ)と記され、
信濃国四十八座の第一にあり、当時既に信濃国一之宮として信仰されていたことがわかります。

明治4年に国幣中社に列格、同29年に官幣中社、大正5年に官幣大社に昇格し、終戦を迎え昭和23年に諏訪大社と改称致しました。

諏訪信仰 全国に分布する御分社は1万有余社を数えお諏訪さま、諏訪大明神と親しまれ、敬われつゝ巾広い信仰を有し、御神徳の数々、枚挙にいとまありませんが、古くからある信仰には雨や風を司る竜神の信仰や、水や風に直接関係のある農業の守護神としての信仰が著名です。
また水の信仰が海の守り神となり、古くからある港の近くには必ずと言っても良い程にお諏訪さまがお祀りされております。

神功皇后の三韓征伐や坂上田村麿の東夷平定にも神助ありと伝えられ、東関第一の軍さ神、武家の守護神とも尊ばれて来ました。

精進潔斎を形だけする者より、肉を食べても真心込めて祈る者を救おうという諏訪大明神御神託や、浄瑠璃や歌舞伎の本朝二十四孝が世上に広まるにつれ、日本の屋根信州諏訪の地へとの参拝者も日と共に繁く、諏訪大明神の御神徳の厚きことが伺われます。

上社本宮 中央線上諏訪駅から東南へ6キロ、守屋山の山麓で中部地方唯一と言われる原生林に抱かれる如くに鎮座しております。
諏訪大社は社殿の四隅におんばしらと呼ぶ大木が建ち幣拝殿や左右片拝殿が横に並び、本殿を欠く等社殿の配置にも独特の形を備えていますが、中でも本宮は諏訪造りの代表的なもので、建造物も四社の中で一番多く残っています。また神体山をお祀りするという大きな特徴を持ち、祭祀研究の上からも注目されております。
境内のほゞ真ん中に東御宝殿、西御宝殿と言う二棟の茅葺の建物があります。本宮で最も大切な御殿で、寅年と申年毎に交互に建替がなされ遷座祭が行なわれます。軒からはどんなに干天の日でも最低三粒は水滴が落ちるといわれ、七不思議の一つに挙げられ、諏訪大神が水の守護神として広く崇敬される所以にもなっております。
本宮の昔の建物は極彩色が施され、御社殿以下建物が沢山並んでいましたが、天正10年(1582)に織田信長の兵火のために、山中に逃れた神輿の他はすべて焼失しました。
この時まず仮殿が作られ順次再建された社殿は元和3年(1617)に完成しました。その後約二百年を経て諏訪藩主に依り社殿の改築が計画され、立川和四郎二代目富昌が地元の宮大工と共に事に当たり、天保二年から九年(1838)迄八年の歳月を要し現在の社殿が落成し、立川流の代表的建築物とも目されております。尚旧殿の拝殿は嘉永二年(1849)に群内富士見町乙事の諏訪神社へ移築され、桃山時代の代表的建造物として重要文化財に指定されております。
本宮最古の建物は四脚門で、慶長13年(1608)徳川家康が家臣大久保石見守長安に命じ、国家の安泰を祈願して造営寄進したもので、別名を勅使門とも言います。神楽殿は文政十年(1827)の建立で、色々な神楽が連日行なわれていたようですが、残念なことにその神楽は現在絶えております。
中にある大太鼓は江戸時代のもので、唯今では元旦の朝のみ打つことにしております。

上社前宮 本宮の東約2キロ、中央線茅野駅からバスで約五分の所に鎮座します。境内の大半を占める広場を神原(ごうばら)と言い、大祝の居館である神殿(ごうどの)と附属する沢山の建物が軒を連ね、上社の祭祀の中心地でしたが、室町時代の中葉に神殿が移転され、多くの建物が消滅し、現在では祭典に必要な建物だけになりました。
神原の中心をなし諏訪大神の幸御魂、奇御魂を祀る内御玉殿(うちみたまでん)は一部に天正13年の旧殿の材を使い、昭和七年の造築です。
隣の十間廊はその奥行から付いた名称で神原廊とも言い、上社最大の神事御頭祭はこの上段に神輿を安置して執行します。
前宮御本殿は内御玉殿から200米上段で、古くは神殿に附属したお社でした。
高台で豊富な水や日照が得られる良き地で、御祭神が最初に居を構えられ、諏訪信仰発祥の地と伝えられています。
現在の社殿は昭和七年伊勢神宮の御用材を以て建てられたものです。
内御玉殿の百米程西に諏訪大神の神裔諏方氏が大祝の職に就く時、極めて重要かつ神秘な儀式が行なわれた鶏冠社という社があります。

下社春宮 中央線下諏訪駅から北西へ1キロ、秋宮から西へ1キロの位置で旧中仙道添に鎮座します。
上社へは諏訪湖を隔て約10キロです。
社頭から真直ぐ八百米程伸びる道路はかっては春宮の専用道路で、下社の大祝金刺一族を始め多くの武士達が流鏑馬を競った馬場でした。途中の御手洗川に懸かる下馬橋は室町時代の建立ですが、建築様式は鎌倉時代のもので1730年代の元文年間に修築されましたが、下社では最も古い建物で遷座祭の折りに神輿はこの橋を渡ります。
入口の御影石の大鳥居は万治二年(1659)建立と推定され、境外にある万治の石仏と同じ作者と言われます。
神楽殿と拝殿、左右片拝殿及び御宝殿と続く建物の配置は秋宮と同じです。神楽殿は修改築が幾度となくなされています。
春宮と秋宮の社殿の建替が諏訪藩に依って計画された時に同じ絵図面が与えられたと見え、大きさこそ違いますがその構造は全く同じで、春秋両社の建築は彫刻において技が競われております。
春宮の社殿は地元の宮大工柴宮(伊藤)長左衛門が請負い、秋宮より後から着工して一年早く安永九年(1780)に竣工しました。
御宝殿は上下社共に3間四方で、方3間の神明造りと言います。
下社では寅年と申年の左右の御遷座祭の他に半年毎に春宮と秋宮の遷座祭が執行されます。
御宝殿奥の御神木は杉の木で、秋宮は一位の木が祀られています。
神楽殿の西の建物が筒粥殿、その西の清流は砥川です。
川の中の島は浮き島と言い、どんな大水にも流されず下社7不思議の一つです。
お社は浮き島社と言い、清め祓いの神を祀り6月30日の大祓式、夏越しの祓いはこゝで行ないます。
鎌倉武士が御射山の祭典に参列する時まずこの川で身を清め八島高原へ登山したと伝えられます。

下社秋宮 中央線下諏訪駅の東北約1キロ、春宮からも東へほゞ1キロの地点で、旧中仙道と甲州街道の分岐点の要所に鎮座しています。
鳥居を入ってまず目に付く正面の大きな木はネイリの杉と呼ばれ樹令は6700年、大社の御神木の一つです。
身長1米70青銅製では日本一と言われる狛犬を両脇に従えた神楽殿は三方切妻造りで天保6年(1835)立川和四郎二代目富昌の作です。
御社殿は神楽殿の奥で、二重楼門造りの拝殿と左片拝殿及び右片拝殿が横に並びます。これ等の建物は江戸時代中期の絵図面では帝屋(御門戸屋)及び回廊と記されており、現在の建物は安永10年(1781)春に立川和四郎初代富棟の棟梁で落成しました。
拝殿奥の神明造りの建物は御宝殿で、新しい方を神殿、古い方を権殿と呼び、寅年と申年毎に左右の御遷座祭を行ないます。
当社の御宝殿は上社、下社共に平素二殿並んでいます。室町時代の記録では新築後六年間雨風に晒し清めて御遷座をなし、直ちに旧殿を解体新築という形式だったようですが、いつしかこれが逆になり、祭典の直前に旧殿を建直して神殿に御遷座するようになりました。
御宝殿の奥が御神座とも相殿とも言われ、御神木をお祀りする下社の最も重要な場所です。上社の神体山に対し下社は御神木を御神体としてお祀りし、古代祭祀の形式を今に残しております。

主要神事 大社の恒例神事は例大祭を含む7回の大祭式に依る祭典以下関係する摂末社の神事迄年間200余度の祭典が執行されております。

御頭祭、上社例大祭、4月15日、本宮で例大祭の神事執行後神輿行列を仕立て前宮に赴き十間廊で古式に依る祭典が行なわれます。古くは3月酉の日に行なわれたため酉の祭とも言われ、農作物の豊穣を祈って御祭神のお使いが信濃国中を巡回するに際して行なわれたお祭りで大御立座神事とも言います。特殊神饌として鹿の頭を始め鳥類魚類等が供えられるため、一部では狩猟に関係したお祭りの如く言われています。唯今は剥製の鹿頭をお供えしますが、昔は75頭献じられたこともあり、中に必ず耳の裂けた鹿があって高野の耳裂け鹿と言い7不思議の一つに挙げられています。

御船祭 下社例大祭、8月1日、2月1日に春宮に御遷した御霊代(みたましろ)を神幸行列を以て再び秋宮へ御遷座する遷座祭に引続いて、下社例大祭は秋宮で執行されます。この遷座の行列に次いで青柴で作った大きな舟に翁媼の人形を乗せた柴舟が、当番地区(御頭郷)の氏子数百人に依って春宮から秋宮へ曳行されます。秋宮へ曳付けて神楽殿を3巡し、神事相撲三番が行なわれて式が終り、翁媼人形は焼却されます。明治初年迄は柴舟を裸の若者が舁いで練ったので裸祭りの名も伝わっております。尚遷座祭には当社独特の風習として楊柳(川柳)の幣が献じられます。

蛙狩神事並御占神事 上社、1月1日、本宮前の御手洗川の氷を砕いて蛙を捕え、神前で小弓を以て射通し矢串のまゝお供えしますが、どんな寒いときでも蛙が捕れ、7不思議の一つです。続いて宮司が神秘な占いを行ない、当年の諸祭儀に奉仕する地区、御頭郷を選定する御占神事が行なわれます。

筒粥神事 下社、1月15日、春宮で米と小豆と葦の筒を大釜に入れて一晩中粥を炊き、15日未明に筒を割り中の粥の状態で豊凶を占います。現在は44本の筒で農作物43種と世の中全般を見ますが時代に依り本数は違います。占いの正確なこと神占正に誤りなしと七不思議の一つです。

御田植神事 下社、6月30日、下社の末社御作田社の神前で雅楽を奏し、三坪程の神事田で田植えをします。一ヵ月後の8月1日には神前に供えることが出来たと言われ、御作田の早稲と言い七不思議の一つになっています。室町時代の記録では上社の藤島社でも同日田植神事が行なわれていますが現在の上社のそれは一般の田植と同じ頃行なわれます。

御射山社祭、上社、下社、8月26、27、28日、上社の御射山社は八ケ岳の山麓にあり、下社は江戸時代初期に八島高原から秋宮東北5キロ程の山中に移されました。青萱の穂で仮屋を葺き、神職その他が参篭の上祭典を行なうので穂屋祭りの名称があります。鎌倉幕府は全国の武将をこの神事に参列せしめ、八島高原や霧ヶ峯一帯で武芸を競わせたりして祭事を賑わしめ、参加した武将は諏訪大神の御分霊を拝戴して任地に赴き御分社を奉齋しました。その為多くの御分社はその例祭日を秋の27日前後にしております。尚唯今では農作物の豊穣祈願と2才児の厄除健勝祈願が行なわれます。

式年御造営御柱大祭 寅申相当年、4月山出祭 5月里曳祭、下社遷座祭、6月上社遷座祭。諏訪大社の諸祭儀の中でも特筆すべき大祭で、社殿の建替とその4隅におんばしらと呼ぶ大木を曳建てることに大別されます。
起源は遠く古代に遡りますが、平安朝時代初期桓武天皇の御代からは信濃国の総力をあげて奉仕され費用の調達の為に元服の式や婚礼、家屋の新築や増改築が禁じられたこともあります。
唯今では造営も一部の建物に留まり、奉仕も諏訪地方一円20氏子へと縮小され、老若男女の区別なく御奉仕頂いております。
おんばしらの用材は樅の木が使われ、三年前から木の選定等準備が始まり、上社関係は約25キロ隔たる八ケ岳の中腹から、下社関係は八島高原の近くから約10キロの里程を曳き出します。
大きな柱は周囲3米、長さ16米余、重さ12、3トンにも及び、独特の木遣り歌と共に2、3000人の人々に依って曳行されます。車もコロも使わず人の力だけで曳き摺る為に原始的ではありますが、急坂を曳き落としたり、川を引き渡したりして怪我人が出ない方が不思議と言われる程に荒く勇壮な行事として知られ、奇祭の一つに挙げられています。

諏訪の七不思議 氷湖の神幸(おみわたり)、元朝の蛙狩、五穀の筒粥、高野の耳裂鹿、御作田の早稲、葛井の清池、宝殿の点滴。御神紋 梶の葉、葉が三葉あるので三本梶とも言い、足の数四本が上社、五本が下社の社紋です。

信濃国一之宮諏訪大社由緒略誌、その2 御鎮座地 お諏訪様、諏訪大明神と親しまれ、崇敬されている諏訪大社は、諏訪湖をはさんで南に上社、北に下社があり、更に上社は本宮と前宮、下社は春宮と秋宮に分かれて鎮座しております。この4社を合わせて信濃国一之宮諏訪大社と称し、氏子区域は旧諏訪郡24ケ町村にわたっております。
又、付属の摂社末社の数は郡内に60余社をかぞえ、特殊な祭祀の形態と信仰とを今日に伝えております。
上社、本宮(ほんみや)長野県諏訪市中洲。前宮(まえみや)長野県茅野市宮川。下社、春宮(はるみや)長野県諏訪郡下諏訪町。秋宮(あきみや)長野県諏訪郡下諏訪町。御祭神 建御名方神(たけみなかたのかみ、男神)。八坂刀売神(やさかとめのかみ、妃神)。八重事代主神(やえことしろぬしのかみ、兄神)。

建御名方神は神代の昔、父神大国主神、兄神八重事代主神を助けられて、国造りの大業を成しとげられ、その後、八坂刀売神並びにその御子神と共に、信濃国の開拓に御神意をそそがれ、やがて、この諏訪湖畔の聖地を永久の神居と定め、お鎮まりになられました。

御神徳 当大社は古来より朝廷の崇敬がきわめて厚く、持統天皇5年(691)には勅使を遣わされて、国家の安泰と五穀豊穣を祈願されたのをはじめ、歴代の朝廷が神位や神階を進められ、或は神田、幣帛、御宸筆等を御奉納なされ、又、皇族の方々が数多く御参拝なされております。
又、諏訪大神は武勇の神、武門武将の守護神として仰がれ、
古くは神功皇后の三韓出兵の折りに御神威を顕わされ、
平安時代には関より東で、第一の軍さ神として広く世に知れ渡りました。
鎌倉時代以降は源頼朝をはじめ北条氏一門、足利尊氏、武田信玄、徳川家康以下歴代の将軍、その他、高島藩主をはじめ諸国の大名たちがいづれも社領を寄進し、或は神宝を奉納して武運の長久と国家の安泰を祈願されております。
人々は雨、風の守り神、水の守護神と仰いで五穀の豊穣を祈り、或は又、生命の根源、生活の源を司られる神として、家内安全、健康長寿、交通安全、商工業の繁栄、開運招福を祈るなど、諏訪大神の広大無辺なる御神徳は、広く深くゆきわたっております。

社格 延喜式神名帳に名神大社として信濃国の第一にあげられ、朝廷の奉幣をうけ、広く全国の崇敬を集めておりました。上社と下社は明治維新の際に一社となり、明治4年に国幣中社に列格、大正5年に官幣大社に昇格し、昭和23年に諏訪大社と改められました。
全国の御分社との交流、諏訪大神の御神威が全国各地に広がるにつれ、御分霊を祀る神社が増し、北は北海道から南は九州鹿児島まで各地に祀られて、現在、御分社の数は一万有余社にのぼります。毎年秋にはこれらの御分社が集う、全国諏訪神社連合大会が本社において開催され、共々に諏訪大神の高く尊い御神威を仰ぎ、交際を深めております。

御社殿
上社本宮、幣殿、拝殿、左右片拝殿、脇片拝殿、以上天保9年(1838)、四脚門、慶長13年(1608)。
下社春宮、幣拝殿、左右片拝殿、以上安永9年(1780)。
下社秋宮、幣拝殿、左右片拝殿、以上安永10年(1781)、神楽殿、天保6年(1835)。

祭事の大要
恒例の大祭/遷座祭下社2月1日、祈年祭上社3月17日、同下社3月18日、例祭並御頭祭(酉の祭)上社四月十五日、例祭並遷座祭下社8月1日、新嘗祭上社11月23日、同下社11月24日
特殊神事
薙鎌の奉斎/薙鎌は諏訪大神を象徴する神器で、例祭の神幸行列に奉じ、御分霊の勧請及び、御柱大祭の際に授与する。
蛙狩神事と御頭御占の神事(元旦上社本宮)/本宮前の御手洗川の氷を砕いて蛙を捕え、神前において弓矢で射抜き、矢串のままお供えして五穀豊穣と国家の安泰を祈る、年頭第一の神事である。続いて宮司の神秘な占いにより、一年間、大社の重要な祭事に奉仕する地区、御頭郷を選定する御占神事が行なわれる。
田遊の神事(1月15日上社本宮)
新年祈請祭(1月15日上社、下社)/
筒粥の神事(1月15日下社春宮)/小正月の年占の行事で、春宮の筒粥殿において大釜に白米、小豆、葦の筒を入れて一晩中粥を炊き、15日の早旦にとり出して筒を割り、中の粥の状態で43種の農作物と世の中の吉凶を占う。
御頭祭(酉の祭)(4月15日、上社前宮)/上社第一の祭儀で、古くは3月酉の日に行なわれたので、酉の祭とも呼ばれる。本宮での例大祭の後、御頭郷地区の氏子役員が供奉し、行列を整えて神輿を前宮10間廊に安置し、御杖柱の幣帛を献り鹿の頭、鳥獣魚類等の特殊な神饌をお供えして大祭が行われる。
御田植祭(6月第一日曜日上社)御田植神事(6月30日下社)/
御舟祭(8月1日下社)/2月1日に春宮にお遷しした御霊代を、神幸行列を以て再び秋宮に御遷しする遷座祭に引続き、例大祭が行われる。この遷座の行列に次いで、青柴で造った大きな御舟に翁と媼の人形を乗せた柴舟を、御頭郷の氏子達が春宮から秋宮に曳き付ける。神楽殿を三周した後、神事相撲があり、翁媼の人形は焚き上げられる。明治初年迄は柴舟を裸姿の若者が担いだので、諏訪の裸祭とも言われた。遷座祭には楊柳(ようりゅう、川柳)の幣が献じられる。
御射山祭(8月26日・27日・28日上社下社)/上社下社両社それぞれの御射山社で行なわれる。青萱の穂で葺いた仮屋(穂屋)に神職他が篭って祭を行なうので穂屋祭とも呼ばれている。
鎌倉幕府は全国の武将を集めて祭に参加させ、武芸を競わせた。参加した武将は諏訪大神の御分霊をいただいて任地に赴き、御分社を奉斎した。全国各地の御分社で、この日を諏訪祭として例祭日にあてている御社が多い。
現在では農作物の豊穣と2才児の厄除健康の祈願が行われる。

式年造営御柱大祭(寅、申相当の年、4月山出祭、5月里曳祭、下社遷座祭、6月上社遷座祭)諏訪大社の特筆すべき大祭で、社殿の建替とその四隅におんばしらと呼ぶ巨木を曳建てることに分けられる。起原は遠く古代に遡るが、平安時代、桓武天皇の御代からは、信濃国の総力をあげて奉仕され、費用や材料の調達のために元服や婚礼、家屋の新築が禁じられたこともある。現在では造営も一部の建物に留まり、諏訪郡内20万人の氏子の奉仕によって盛大に行われる。上社は八ケ岳の御小屋岳の神林から、下社は霧ケ峰の中腹からそれぞれ直径1メートル余、重さ12、3トンの樅の大木を各八本伐り出し、独特の木遣り歌にあわせ、1本2、3千人の人々によって曳行される。途中、急坂の木落としや宮川の川越等があり、その豪壮雄大な様は他に比類なく、天下の奇祭とされる。

御神紋 梶の葉(かじのは)足の数は上社が四本、下社5本の区別がある。

※「全国神社祭祀祭礼総合調査(平成7年)」[神社本庁]から参照

【由  (history)】

上社前宮本殿

スワ神は遠く上古の「古事記」「日本書紀」の中にみえるが、ここ前宮は古来より諏訪明神の住まう所として生き神となる諏方大祝の居舘を存し 神秘にして原始的なミシャグジ神を降ろして 諏訪明神の重要な祭祀・神事を取り行った聖地である。
四方に千古の歴史をきざむ御柱を配し 精進潔斎に浴した眼の清流をひかえて 鎮座する前宮本殿は その古姿を伝えながら昭和7年に改築された
安国寺史友会

上社前宮本殿

前宮とは上社本宮に対し、それ以前にあった宮の意味とも考えられている。
前宮の祭神は、建御名方命(たけみなかたのみこと)と、その妃(きさき)八坂刀売命(やさかとめのみこと)と古くから信じられ、ここ前宮の奥に鎮まるところが墳墓と伝えられる。古来より立入ることが固く禁じられ侵すときは神罰があるといわれた。
四方には千数百年の歴史を有する御柱が七年目毎に建てられ、現在の拝殿は昭和七年に伊勢神宮から下賜された材で造営されたものである。
昭和四十九年5月 安国寺史友会

【境内社 (Other deities within the precincts)】

内御玉殿Uchimitama den)

《主》本社の幸魂奇魂(sakimitama kushimitama)

内御玉殿(うちみたまでん)

諏訪明神の祖霊がやどるといわれる御神宝が安置されていた御殿である。

「諏訪明神に神体なく大祝をもって神体となす」といわれたように諸神事にあたって この内御玉殿の扉をひらかせ 弥栄の鈴をもち眞澄の鏡をかけ馬具をたづさえて現われる大祝は まさに神格をそなえた現身の諏訪明神そのものであった。

現在の社殿は昭和七年改築されたものであるが以前の社殿は天正十三年に造営された上社関係では最古の建造物であった。

安国寺史友会

若御子社(wakamiko no yashiro)

※御祭神 建御名方神(takeminakata no kami)
八坂刀売神(yasakatome no kami)の御子神 22柱を合祀
《主》建御名方彦 神別命(takeminakatahiko kamuwake no mikoto)
   伊豆早雄命(izuhayao no mikoto)
   妻科比売命(tateshinahime no mikoto)
   守達神(morita no kami)
   池生神(ikeue no kami)
   須波若彦神(suwawakahiko no kami)
   片倉辺命(katakurabe no kami)
   蓼科神(tateshina no kami)
   八杵命(yakine no mikoto)
   内県神(uchiagata no kami)
   外県神(sotoagata no kami)
   大県神(oagata no kami)
   恵奈武耳命(enatakemimi no mikoto)
   高杜神(takamori no kami)
   意岐萩命(ogihagi no mikoto)
   妻岐萩命(tsugihagi no mikoto)
   都麻耶美豆比売命(tsumayamizuhime no mikoto)
   奥津石建神(okitsuiwatate no kami)
   多都若比売神(tatsuwakahime no kami)
   垂比売神(suihime no kami)
   竟富角神(ohotsuno no kami)
   大橡神(otochi no kami)

柏手社Kashiwade Shrine)

《主》祭神不詳(The deity is unclear)

溝上社Mizogami Shrine)

《主》高志沼河姫命(koshino nunakawahime no mikoto)

御室社Mimmuro Shrine)

《主》八坂命Yasaka no mikoto)

鶏冠社Keikan Shrine)

《主》大国魂神(okunitama no kami)

所政社Tokoromatsu Shrine)

《主》素盞嗚尊Susanowo no mikoto)
   大己貴命(onamuchi no mikoto)

子安社Koyasu Shrine)

《主》高志沼河姫命(koshino nunakawahime no mikoto)

荒玉社Aratama Shrine)

《主》諏訪大神荒御魂(suwanookami no aramitama)

スポンサーリンク

この神社の予備知識(Preliminary knowledge of this shrine)

この神社は 由緒(格式ある歴史)を持っています

『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)』(927年12月編纂)といって 平安時代中期に朝廷が作成した全50巻の律令格式の巻物の中でも重要視されている2巻です 内容は 今から約1100年前の全国の官社(式内社)一覧表で「2861社」の名称とそこに鎮座する神の数 天神地祇=「3132座」が所載されています

延喜式神名帳】(Engishiki JimmeichoThis record was completed in December 927 AD.

[旧 行政区分](Old administrative district)
(神様の鎮座数)東山道 382座…大42(うち預月次新嘗5)・小340
[旧 国 名 ](old county name)
(神様の鎮座数)信濃国 48座(大7座・小41座)
[旧 郡 名 ](old region name)
(神様の鎮座数)諏方郡 2座(並大)
[名神大 大 小] 式内名神大社

[旧 神社 名称 ] 南方刀美神社 二座(並名神大)
[ふ り が  な](なんかたとみの かみのやしろ にざ ならびみょうじんだい)
[Old Shrine name]Nanhatatomino Kamino yashiro Niza narabi Myojindai) 

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

あなたが この神社に興味が湧くような予備知識をオタク視点でご紹介します

「ミシャグジ神」について

諏訪大社 上社 前宮(Suwataisha Kaminoyashiro Maemiya)は 本来は「ミシャグジ神」〈ミシャグジ信仰として祀られる神〉を祀る処〈原始的なミシャグジ神を降ろして 諏訪明神の重要な祭祀・神事を取り行った聖地〉であったとされます

「ミシャグジ神」は 多様な音で呼ばれていて「ミシャグチ」「サグジ」「ミサクジ」「ミサグチ」「サングウジ」「シャゴジ」「ジョクサン」などなど

当て字も多様で諏訪地方では「御左口神」「御社宮神」「御射宮司」「御社宮司」「御作神」「守御作神」「狭口神」「三社口神」などなど 日本全国では200余種もあるとされています 全国にある「御石神(ミシャグジ)」石神信仰とも関連するとされています

時代によっても当て字は変遷して 中世では「御左口」と書かれ 江戸時代中期以降「御社宮司」が一般的に使われるようになります

原始信仰とか 古代からの神とされていて 語源的にはアイヌの音に通じるという説もあります

諏訪の龍蛇神「ソソウ神」と習合されて「白蛇の姿をしている」ともされていました

多くの謎に包まれているミシャグジ神ですが 諏訪上社においては 古来から 変わらず「諏訪明神 = モレヤ神 = ミシャグジ神」として捉えられて祭祀がなされていたのが真相のようです

この「ミシャグジ」の神々を祀るのが 建御名方神(タケミナカタノカミ)に降参した土着神(先住民)のモレヤ神です そのモレヤ神を奉斎したのが諏訪大社の神長官(ジンチョウカン)・守矢家で 守矢家はいまもつづいています 現当主の守矢早苗さんは79代目にあたります

諏訪明神(スワミョウジン)と大祝(オオホウリについて

諏訪明神(スワミョウジン)は 建御名方神(タケミナカタノカミ)とされています

大祝(オオホウリ)は〈諏訪明神の神託により身体に神が宿る現人神 又は 建御名方神(諏訪明神)の生ける御神体〉とされていて 祭神の血筋(子孫)を称する神別(シンベツ)とされ 諏訪大社上社の最高位の神職家です

モレヤ神と守矢氏とミシャグ について

諏訪大社の御祭神「建御名方神(諏訪明神)」が 諏訪入りをした際に抵抗し争った土着神(先住民)がモレヤ神とされます のちに服従して諏訪明神に仕えます

伝承では 諏訪の地に天降った諏訪明神が 守屋大臣(モレヤ神)の領地を手に入れる戦をします
諏訪明神が 藤の鎰(カギ)で戦い 守屋大臣(モレヤ神)が鉄の鎰(カギ)で戦ったところ 諏訪明神が勝ち 守屋大臣(モレヤ神)を追討したとあります

守屋大臣(モレヤ神)は のちに服従して諏訪明神に仕えますが
諏訪上社の最高位神官の大祝(オオホウリ)を補佐する神長官(ジンチョウカン)を このモレヤ神を始祖とする守矢氏が務めてきました

又は 神別(シンベツ)の大祝(オオホウリ)は 政権を握る首長であるのに対し 守矢氏は祭祀権を持つ神官であったともされています

事実として 守矢氏は ミシャグジ神を祀る神官でもありました

「前宮(Maemiya)」 古くは この地で全ての祭祀が執り行われていました

大祝(オオホウリ)〈諏訪明神の神託により身体に神が宿る現人神 又は 建御名方神(諏訪明神)の生ける御神体〉は かつて上社前宮の境内にある神殿(ゴウドノ)と呼ばれる館に住んでいました
その居館の周辺は 高台となっていて神原(ゴウハラ)と尊称されていました

この神原(ゴウハラ)の隅に守矢氏も住んでいました
かつて多くの祭事はここ前宮で行われました
大祝(オオホウリ)は 祭政両権を有していたので 前宮の地は諏訪地方の中心でもありましたが 江戸時代頃に大祝(オオホウり)の居住地が宮田渡(現在の本宮)に移ったために 前宮は急速にさびれていきました

しかし 現在も 諏訪大社 上社Suwataisha Kaminoyashiro)の祭祀場とされていて「御頭祭」など 諏訪大社の古来からの神事は 本宮から渡り出向いて 前宮にて行われています

モレヤ神を祀る
洩矢神社の記事をご覧ください

一緒に読む
洩矢神社(岡谷市)

洩矢神社は 洩矢大神とも称します 神代に諏訪に侵入した外来の勢力 諏訪明神=「建御名方神(takeminakata no kami)」に 抵抗した 先住の神「洩矢神(Moriya no kami)」が屈服するという「諏訪の国譲り物語」の舞台とされます 御祭神の「洩矢神(Moriya no kami)」は 諏訪大社上社の神長官「守矢氏」の始祖とされています

続きを見る

スポンサーリンク

神社にお詣り(For your reference when visiting this shrine)

この神社にご参拝した時の様子をご紹介します

茅野駅から県道16号経由 約2.8km 車10分程度
県道沿いに 山の麓に鳥居が立っています 前宮境内への入口です

諏訪大社 上社 前宮Suwataisha Kaminoyashiro Maemiya)に参着
参道の左手に 大きな社号標には「官幣大社 諏訪上社 前宮」と刻まれています

すぐ脇の杜の中には 境内社があり お詣りをします

溝上社Mizogami Shrine)
《主》高志沼河姫命(koshino nunakawahime no mikoto)

どうやら この辺りは かつて「みそぎ池」があったようです

溝上社(みぞがみしゃ)

祭神は高志奴奈河比賣命(こしぬなかわひめのみこと)といわれ御射山へ出発する際にまず参詣された社であった。
水眼(すいが)の清流をたたえた「みそぎ池」の中にあり、西方に「神の足跡石」があった。
この社は武田支配時代には山浦の南大塩郷によって造営奉仕がされていた。

安国寺史友会

社号標の右手にある細長い階段を上がると 神原(ゴウバラ)と呼ばれる高台 に境内があります
諏訪大社上社前宮の神殿跡です

諏訪大社 上社 前宮 神殿跡(昭和39年8月20日指定)

ここは、諏訪大社大祝(おおほうり)の始祖と伝えられる有員(ありかず)がはじめて大祝の職位について以来、同社大祝代々の居館であったところで、神殿は神体と同視された大祝常住の殿舎の尊称である。
この神殿のあった地域を神原といい、代々の大祝職位式および旧三月酉日の大御立座神事(酉の祭)をはじめ、上社の重要な神事のほとんどが、この神原で行われた。境内には内御玉殿・十間廊・御宝社・若御子社・鶏冠社・政所社・拍手社・溝上社・子安社等がある。
文明15(1483)年正月、大祝と諏訪惣領家の内訌による争いで一時聖地が穢れたことはあったが、清地にかえし大祝の居館として後世まで続いた。後、この居館は他へ移ったが、祭儀は引き続いて神原に於いて行われてきた。
諏訪大社上社の祭政一致時代の古体の跡を示している最も由緒ある史跡である。

長野県教育委員会
茅野市教育委員会

神原(ゴウバラ)と呼ばれる高台の境内には 銅製の鳥居が建っています

鳥居の左手奥に建っている大きな建物は「十間廊(ジッケンロウ)」と呼ばれる 上社の神事が行われる建物です

十間廊(じっけんろう

古くは『神原廊(ごうはらろう)』と呼ばれ、中世まで諏訪祭政の行われた政庁の場で、すべての貢物はこの廊上で大祝(おおほうり)の実見(じつみ)に供(きょう)された。

毎年四月十五日の酉の祭には鹿の頭七十五がそなえられたが、これらの鹿の中には必ず耳の裂けた鹿が入っていることから諏訪の七不思議の一つにかぞえられた。

上段に大祝の座、つぎに家老、奉行、五官の座があり、下座に御頭郷役人などの座も定められ、左手の『高神子屋』で演ぜられる舞いを見ながら宴をはった。

安国寺史友会

鳥居の右側には 境内社がありお詣りをします

若御子社(wakamiko no yashiro)

※御祭神 建御名方神(takeminakata no kami)
八坂刀売神(yasakatome no kami)の御子神を合祀しています

一礼をして 鳥居をくぐります

階段の右側にある境内社にお詣りをします

内御玉殿Uchimitama den)
《主》本社の幸魂奇魂(sakimitama kushimitama)

諏訪明神の祖霊が宿る御神宝が安置されています

「十間廊(ジッケンロウ)」と「内御玉殿(ウチミタマデン)」の間を石段は続いていて その先のケヤキ大木の根元には祠があり お詣りをします

御室社Mimmuro Shrine)
《主》八坂命Yasaka no mikoto)

中世までは諏訪郡内の諸郷の奉仕によって半地下式の土室が造られ、現人神の大祝や神長官以下の神官が参篭し、蛇形の御体と称する大小のミシャグジ神とともに「穴巣始(あなすはじめ)」といって、冬ごもりをした遺跡地である。

旧暦十二月二二日に「御室入り」をして、翌年三月中旬寅日に御室が撤去されるまで、土室の中で神秘な祭祀が続行されたという。

諏訪信仰の中では特殊神事として重要視されていたが、中世以降は惜しくも廃絶した。

安国寺史友会

前宮の鎮座地は ここからさらに200m程 坂道を上がって行くと 鎮守の杜が見えてきます

社殿の左手には「水眼(スイガ)」と呼ばれるご神水の清流が流れています
こちらで 清めさせていただきます

名水「水眼(すいが)」の清流

古くから「すいが」と呼ばれ、山中より湧出する清流は、諏訪大社前宮の神域を流れる御手洗川となり、昔からご神水として大切にされた。

中世においては、この川のほとりに精進屋を設けて心身を清め、前宮の重要神事をつとめるのに用いたと記録されている。

この水眼の源流は、これより約一キロメートルほど登った山中にあるが、昭和5年に著名な地理学者「三沢勝衛先生」によって、はじめて科学的調査がされ、その優れた水質は「諏訪史」第二巻に取り上げられている。

昭和53年8月 安国寺史友会

社殿の四隅には 御柱が立っています

御柱(おんばしら)

前宮一之御柱である 長さ5丈5尺(約17m)目通り直径約1.2mの樅の木である。
御神徳の更新を祈る氏子の魂を結集した御柱である 上社綱置場(御柱置場)より20数キロの行程を数千人の氏子の奉仕により曳行されるので 裏側はすり減っている
茅葺きの御宝殿と共に寅歳と申歳の七年目に建て替えられる御神木で 神域の四隅に建立される
御柱祭は天下の奇祭として有名であり次回の御柱祭は平成34年庚寅歳に行われる

諏訪大社

こちらが 諏訪大社・上社前宮の拝所になります

拝所にすすみます 諏訪大社の神紋「梶の葉(カジノハ)」
梶の葉(カジノハ)の足の数は上社が4本 下社5本の区別があり こちらは4

賽銭箱にも御神紋が刻まれています

賽銭をおさめ お祈りです
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

拝所は 御垣で囲まれています

ここは 諏訪明神が居を構えた地とされ 本殿の後ろには大木があり その脇には 玉垣に囲まれた場所があり 八坂刀売神のお墓とのことです
さらに本殿後方の小高い所は諏訪大神の御神陵だと伝えられています

水眼(スイガ)の流れに沿って 参道を下ります

鳥居をくぐり抜けて 振り返り一礼をします

スポンサーリンク

神社の伝承(A shrine where the legend is inherited)

この神社にかかわる故事や記載されている文献などをご紹介します

『古事記(Kojiki)』上巻 国譲り 建御名方神の段 に記される伝承

出雲の国譲りの段では 出雲を天照大御神(Amaterasu omikami)へ献上するかどうかの交渉中に 建御名方神(takeminakata no kami)は承知をせず 天照大神の使者 建御雷神(Takemikazuchi no kami)と力競べで負け敗走し 諏訪湖の辺で追い詰められます 諏訪に留まり 国譲りを承知したとあります

意訳

ゆえにそこで〈建御雷神(タケミカヅチノカミ)が〉
大国主神(オオクニヌシノカミ)にお尋ねになつたのは
「今 あなたの子の事代主神(コトシロヌシノカミ)が このように申しました
これに また意見を申すべき子がありますか」と問われました

そこで「また わたくしの子に建御名方神(タケミナカタノカミ)があります これ以外には意見を述べる者はございません」と申される時に

建御名方神(タケミナカタノカミ)が
千引の石(=千人が引いてやっと動くような大きな岩)を持って さし上げて来ました
「誰だ わが國に來て 忍び忍び ひそひそと話をしているのは
さあ 力くらべをしよう まず わしが先にその手をつかむぞ」と言いました

そこで〈建御雷神(タケミカヅチノカミ)が〉その手を取らせますと 立つている氷(ツララ)のようであり 劒の刃となってしまいました
そこで 恐れて退きました

今度は〈建御雷神(タケミカヅチノカミ)が〉建御名方神(タケミナカタノカミ)の手を取ろうと言つて これを取ると
若い葦(アシ)を掴むように 握りつぶして 投げうたれたので 逃げ去りました

ゆえに〈建御雷神(タケミカヅチノカミ)が〉それを追つて 科野国(=信濃国)の州羽(=諏訪)の海に追い詰めて 殺そうとなさつた時に

建御名方神(タケミナカタノカミ)の申されますには

「恐れ多いことです わたくしをお殺しなさいますな この地以外には 他の土地には出て行きません また我が父 大国主神(オオクニヌシノカミ)の命令に背きません この葦原中国(=日本)は 天津神の御子に命ずるままに献上いたしましょう」と申しました

【原文参照】『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブ

 

『日本書紀(nihon shoki)』持統天皇5年8月辛酉(23日)条(691)に記される伝承

第41代 持統天皇(ジトウテンノウ)5年(691)の記録ですから
奈良時代の始まり〈710年(和銅3年)〉以前には 須波(スワ=諏訪)に祀られている神(信濃須波)として すでに朝廷に風の神・水の神として崇敬されていたことが記されています

辛酉 遣二使者 祭二竜田風神 信濃須波 水内等神

二十三日 使者を遣わして

竜田風神(タツタノカゼノカミ)〈龍田大社〉
信濃諏訪(シナノノスワ)〈諏訪大社〉
水内(ミヌチ)などの神〈健御名方富命彦神別神社〉を祭らせた

【原文参照】国立公文書館デジタルアーカイブ『日本書紀』(720年)選者 舎人親王/刊本 文政13年 [旧蔵者]内務省

諏訪大社 上社 前宮Suwataisha Kaminoyashiro Maemiya) (hai)」(90度のお辞儀)

諏訪大社 四社の記事をご覧ください

・諏訪大社 上社 前宮

一緒に読む
諏訪大社 上社 前宮(茅野市)

諏訪大社 上社 前宮は 4つの諏訪大社の中でも 諏訪の祭祀の発祥地とされます 古来より諏訪明神の住まう所で 現人神とされた諏方の大祝(オオホフリ)の居舘があり 上社の祭祀の中心地でした 神長官(ジンチョウカン)の守矢氏が 神秘にして原始的なミシャグジ神を降ろして 諏訪明神の重要な祭祀・神事を取り行った聖地とされています

続きを見る

・諏訪大社 上社 本宮

一緒に読む
諏訪大社 上社 本宮(諏訪市)

諏訪大社 上社 本宮は 全国に1万以上の御分社をもつ諏訪神社の総本社です 諏訪湖を挟んで 南に上社「本宮・前宮」北に下社「秋宮・春宮」があり この4宮を諏訪大社と呼びます 上社本宮は諏訪湖の南東に佇む守屋山の麓に位置し 参道は 北と東から2つ参道がありますが 正式な参拝路は 前宮から続く東参道とされています

続きを見る

・諏訪大社 下社 春宮

一緒に読む
諏訪大社 下社 春宮(下諏訪町)

諏訪大社 下社 春宮は 諏訪湖北側の下諏訪町に位置しています 下社は「春宮と秋宮」に分かれていて「半年ごとに神様が遷座して移る」という特徴があります ご祭神は 2月から7月まで春宮に鎮座し 8月1日の御舟祭で秋宮に遷座し 翌2月1日に春宮に帰座されます 又 厳冬の諏訪湖で見られる「御神渡り」では 上社の御祭神の男神(彦神)が 下社の女神に通った「神様の通り道の跡」とされています

続きを見る

・諏訪大社 下社 秋宮

一緒に読む
諏訪大社 下社 秋宮(下諏訪町)

諏訪大社 下社 秋宮は 諏訪湖北側の下諏訪町に位置しています 下社は「春宮と秋宮」に分かれていて「半年ごとに神様が遷座して移る」という特徴があります ご祭神は2月から7月まで春宮に鎮座し 8月1日の御舟祭で秋宮に遷座し 翌2月1日に春宮に帰座されます 又 厳冬の諏訪湖で見られる「御神渡り」では 上社の御祭神の男神(彦神)が 下社の女神に通った「神様の通り道の跡と」されています

続きを見る

モレヤ神を祀る
洩矢神社の記事をご覧ください

一緒に読む
洩矢神社(岡谷市)

洩矢神社は 洩矢大神とも称します 神代に諏訪に侵入した外来の勢力 諏訪明神=「建御名方神(takeminakata no kami)」に 抵抗した 先住の神「洩矢神(Moriya no kami)」が屈服するという「諏訪の国譲り物語」の舞台とされます 御祭神の「洩矢神(Moriya no kami)」は 諏訪大社上社の神長官「守矢氏」の始祖とされています

続きを見る

「全国 一之宮(Ichi no miya)」について に戻る 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-全国 一の宮("Ichinomiya" all over Japan)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.