船林神社(雲南市大東町)

船林神社(ふなばやしじんじゃ)は 出雲風土記733 AD.所載の大原郡 不在神祇官社「船林社(ふなはやし)のやしろ」の論社です 『出雲国風土記』には 鎮座する「船岡山」について 「阿波枳閉委奈佐比古命(awa kihe wanasa hiko no mikoto)が 曳いてきて据えた船が 山になったので「船岡」という」伝承が記されます

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 大原郡(ohara no kori) 条
    不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】 船林社

【読み】(ふなはやし の)やしろ
【How to read】(funahayashi no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

非官社のため 該当しません

スポンサーリンク

【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

船林神社(funabayashi shrine)
(ふなばやしじんじゃ)

【通称名】(Common name)

 船岡さん(funaoka san)
大船さん(obune san)

【鎮座地】(location)

 島根県雲南市大東町北村18

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》阿波枳閉委奈佐比古命(awa kihe wanasa hiko no mikoto)

【御神格】(God’s great power)

・五穀豊穣 Pray for good harvest
・厄除け  Prayer at an age considered a milestone in life

【格式】(Rules of dignity)

『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho )』所載社

【創建】(Beginning of history)

御祭神 阿波枳閉委奈佐比古命 

当社は出雲風土記所載の船林社といわれ、船岡山の山頂に鎮座している。

この船岡山は 出雲風土記の大原郷の条に「船岡山郡家の東北21里100歩。阿波枳閉委奈佐比古命の曳き来りすえましし船、即ち此の山是れなり。故に船岡と云う」とあり。
古くよりこの地の守護神として、また農耕殖産の神として尊崇されて来た。

「全国神社祭祀祭礼総合調査(平成7年)」[神社本庁]から参照

【由緒】(history)

船林神社 御由緒

御祭神  阿波枳閉委奈佐比古命(あわぎへわなさひこのみこと)

当社は 出雲風土記所載の「船林社」にして 同風土記によれば「船岡山」「郡家の東北一十六里阿波枳閉委奈佐比古命の曳き末、すえませし船化してこの山となる故に船岡と言う」とあり
命は往古 この山を中心に粟を主とした農耕の道をお開きになったので 後命の遺徳偲び奉り租神として奉斎したのであるが 

中世の頃 一次衰微して社殿も消滅し 山野となったことがあった
その頃 麓に高島十助と言う者があり 此の地を畠となさんと開墾中に 方三尺許りの切り石で 社の土台らしきものを発見し驚き 

この由を馬川与左衛門に告げ 共に謹み更にくわしくこれを視るに 全く祠蹟に間違いなきを認めたので
文化八年(皇紀二四七二年 西暦一八一六年)夏社殿を再建 立命の神魂を安鎮奉斎し後、北村の里の氏神として崇敬し今日に及んでいる。

船岡山は 船山或いは 大船山とも称し 標高一四〇米 遠望すればその名の如く船を伏せたる形をなし 頂上に立てば海潮の地の中心をなす 南村北村の里を一望に納め風光明媚である

境内社         祭日
  山神神社      例大祭 十一月八日
  社日社       祈年祭 三月十九日
  荒神社       新嘗祭 十二月五日
            後共祭 麦祭 山神神社祭 七月十四日

昭和五十三年十一月吉日 宮司 新田省一識

境内案内板

【境内社】(Other deities within the precincts)

・山神神社《主》大山祇命
・荒神社 《主》須佐之男命
・社日社《主》天照皇大神・大巳貴命・倉稲魂命・建埴安神・少彦名命

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

御祭神「阿波枳閉 委奈佐比古命(awa kihe wanasa hiko no mikoto)」について

御祭神の「阿波(awa)」「和奈佐(wanasa)」の文字などから
『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)』の阿波国(awa no kuni)那賀郡に所載の社「和奈佐意富曽神社(wanasa ohoso no kamino yashiro)」があり この社との関連性が云われています 

「和奈佐意富曽神社(wanasa ohoso no kamino yashiro)」の論社は 旧鎮座地などを除けば 現在4社あります

和奈佐意富曽神社 徳島県海部郡海陽町大里松原32
 御祭神 神功皇后

大里八幡神社 徳島県海部郡海陽町大里松原1
 御祭神 ・天照皇大神・誉田別命・天児屋根命

蛭子神社 徳島県那賀郡那賀町和食町
 御祭神 ・蛭子大神・天照皇大神・素盞嗚神

羽浦神社に合祀された 徳島県阿南市羽ノ浦町中庄千田池32
 和奈佐意富曾神社
 御祭神 ・和奈佐毘古命・和奈佐毘賣命

この4社の中では
④羽浦神社に合祀された(徳島県阿南市羽ノ浦町)和奈佐意富曾神社が 同一名の御祭神「和奈佐毘古命(wanasa hiko no mikoto)」を祀っています

同一名と云うのは 江戸期の『雲陽志(unyo shi)』よれば
船林神社(funabayashi jinja)の御祭神を「委奈佐比古命(wanasa hiko no mikoto)」としています

こうした際の留意点として 御祭神についての考証も より古い伝承から順にたどり観ていくようにすると見方も変わります
延喜式の成立は 927AD.であり 『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』は733 AD.です 

より古い出雲の伝承から追ってみます
古代出雲に「粟の耕作」の神が坐ます
これを奉じる里人の移住とともに この神が 出雲から 丹後へ 由良川を上り そこから志染へ そして播磨から阿波へ 移られていくことは想像に難くありません

阿波の西海岸沿いには この神の他にも 出雲族の神々が 多く祀られています
出雲の人々が そこから紀伊半島 そして尾張へと さらに太平洋岸を東に移動して行ったのだとすると様々な事象と符合していくでしょう

但し 阿波の人々は 阿波が日本の発祥の地としていますので これとは逆説になります

出雲風土記733 AD.』所載の大原郡 不在神祇官社「船林社(ふなはやし)のやしろ」の論社について

・船林神社 

 

・貴船神社 

 

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

出雲大東駅から 県道24号経由 約6.5km 車12分程度
船林神社(funabayashi jinja)に到着

上空からのGoogle Mapで見ると良くわかりますが 本当に「舟の形をした岡」で 参道入り口から石段を見上げても 船のごとく 山の幅が薄くて 驚かされます

石段横の由緒書きがあり 読み耽ります
『風土記』の伝承には「曳いてきて据えた船が山になったので「船岡」という」の通りの地形です

社号標の建つ石段を上がると この山の稜線にでます 

どうやら 石灯篭などもありますので この尾根が参道になっているようです

しばらくすると鳥居が見えてきます

鳥居を 一礼してくぐり 又 石段を上ります

尾根の幅は3mはありません 双方の眼下に里と田が広がり なんとも不思議な空間になっています

さらに尾根を進みますと 狛犬に石灯篭が構えます

自然石をそのままに御祭神名を刻み込んだ「社日の神さん」
その横には「荒神さん」 お詣りです

ここまでくると 社殿が見えてきました 小さな丘と思っていましたが 細く長い山です

整地された境内へ数段の石段に狛犬が構える中を上がりますと 拝殿迄真っ直ぐです

扁額には「船林神社」とあります

拝殿にすすみ 賽銭をおさめ お祈りです
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

振り返り 御祭神の側から 参道を見つめると 堂々とした参道となっていました

社殿の左側から 本殿を仰ぎます 

屋根には御神文「亀甲に舩の文字」

本殿の裏手には境内社「山神神社」にお詣りです

細長い稜線の参道をもどり 振り返り一礼

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』大原郡 条 船岡山(funaoka yama) の由来について 記される伝承

意訳

『 船岡山(funaoka yama)
  郡家の東北16里の所にあります

阿波枳閉委奈佐比古命(awa kihe wanasa hiko no mikoto)が 曳いてこられて据えられた船が この山です だから 船岡といいます 』

『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲國風土記』
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)』大原郡 北村 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)』では
「船岡山(funaoka yama)」が「船山(funa yama)」として記されています

意訳

『 北村  船山(funa yama)
  風土記に船岡山(funaoka yama)とあり 北村と南村の中間なり

里人は船山(funa yama)といいます 高さ20間 横40間であり

船林社(funahayashi no) yashiroは この山の山頂にあり
委奈佐比古命(wanasa hiko no mikoto)を祀る      

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835] 『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

船林社の論社として 海潮村・南村の船岡大明神〈現 船林神社(雲南市大東町)〉を挙げています

【意訳】

船林社(ふなやし)のやしろ 

海潮村(うしほむら)南村(みなみむら)船岡大明神(ふなおかだいみょうじん)、アハキヘワナサヒコの命を祀る。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

『出雲国風土記』の伝承に「阿波枳閉委奈佐比古命(awa kihe wanasa hiko no mikoto)が曳いてきて据えた船が山になったので「船岡」という」

船林神社(funabayashi jinja)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.