志波彦神社(塩竈市)

志波彦神社は 「鹽竈神(shiogama no kami)」にご協力されたと伝わる「志波彦神(shiwahiko no kami)」をお祀りする神社で『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)(927年12月編纂)に名神大社としてする由緒ある古社です もとの鎮座地は 仙台市岩切の冠川でしたが 國幣神社としては 社地狭隘の為に 明治7年(1874年)に鹽竈神社の境内に遷座しました 現在は「志波彦神社・鹽竈神社」として1つの宗教法人となっています

1.ご紹介(Introduction)

この神社の正式名称や呼ばれ方 現在の住所と地図 祀られている神様や神社の歴史について ご紹介します

【神社名(shrine name

志波彦神社Shiwahiko shrine)
 (ひこじんじゃ

 [通称名(Common name)]

【鎮座地 (location) 

宮城県塩竈市一森山1-1

 [  (Google Map)]

【御祭神 (God's name to pray)】

《主》志波彦(shiwahiko no okami)

【同じ境内に鎮座する一之宮(A special shrine that sits in the same precincts)】

鹽竈神社Shiogama shrine)
 (しおがまじんじゃ)

別宮(特別な社 Special shrine)
《主》塩土老翁神(shiotsuchi no oji no kami)
左右宮の左宮

《配》武甕槌神(takemikazuchi no kami)
左右宮の右宮

《配》経津主神(futsunushi no kami)

鹽竈神社の記事をご覧ください

【御神格 (God's great power)】

・農業守護 Guardian deity of agriculture
・国土開発 National land development
・殖産興業 Start an industry and increase production to serve people

【格  (Rules of dignity)

『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(名神大)
 別表神社

【創  (Beginning of history)】

創立年月不詳

志波彦(しわひこ)神社

志波彦神社は 鹽竃(しおがま)の神に協力された神と伝えられ、国土開発・産業振興・農耕守護の神として信仰されている。
当神社はもと、仙台市岩切冠川(いわきりかんむりがわ)(七北田川)の畔(ほとり)に鎮座(ちんざ)され、陸奥国(むつのくに)延喜式内社(えんぎしきないしゃ)百座(ひゃくざ)のうち名神大社(みょうじんたいしゃ)として、朝廷の厚い信仰があった。
明治4年5月国幣(こくへい)中社に列格(れっかく)されたが、境内(けいだい)も狭く満足な祭典を行うことが不可能な為に、明治天皇の御思召(おぼしめし)により、明治7年12月24日に鹽竃神社の別宮に遷し祀られた。
さらに、昭和7年国費を以って御造営(ごぞうえい)することになり、昭和9年現社地に工事を起し、明治・大正・昭和三代にわたる神社建築の粋を集め竣工(しゅんこう)し、昭和13年9月に遷座した。
本殿・拝殿 何(いず)れも朱漆塗り、彫刻部分は極彩色(ごくさいしき)漆塗りで、昭和38年塩竈市の文化財に指定された。
平成6年 塩竃市教育委員会

境内案内板より

【由  (history)】

志波彦神社は志波彦大神をお祀りしております。あまり馴染みのない御神名ですが、『延喜式』の神名帳に記載されている2861社の中でもわずか225社しかない「名神大社」と言う格別の崇敬を朝廷より受けていた神社です。

元々は東山道より多賀城に至る交通の要所宮城郡岩切村(現仙台市宮城野区岩切)の冠川の辺(現八坂神社境内)に鎮座しておりましたが、中世以降衰微の一途を辿り境内も狭隘だったため、明治4年の国幣中社列格の際に社殿造営の事が検討され、明治7年12月24日この地を離れ鹽竈神社別宮に遷座され、この際の御祭文に後日鹽竈神社境内に社殿を造営する旨が奏上されました。

大正11年当時の宮司山下三次が政府に造営の陳情をしましたが、翌年の関東大震災発生にて効を奏せず、次代古川左京宮司が時の政府に強く訴えかけてようやく昭和9年に着手、明治・大正・昭和の神社建築の粋を集め昭和13年に完成したのが現社殿です。造営前の社殿地には2階建て社務所が建っておりましたが現在の場所に降ろし、その場所に志波彦神社を建立しております。

鹽竈神社とは趣を別にし、本殿・拝殿ともに朱黒漆塗りの極彩色社殿となっております。又全額国費を以て造られた最後の神社とも言われております。

志波彦神社・鹽竈神社 公式HPより

【境内社 (Other deities within the precincts)】

スポンサーリンク

この神社の予備知識(Preliminary knowledge of this shrine)

この神社は 由緒(格式ある歴史)を持っています

『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)』(927年12月編纂)といって 平安時代中期に朝廷が作成した全50巻の律令格式の巻物の中でも重要視されている2巻です 内容は 今から約1100年前の全国の官社(式内社)一覧表で「2861社」の名称とそこに鎮座する神の数 天神地祇=「3132座」が所載されています

延喜式神名帳】(engishiki jimmeichoThis record was completed in December 927 AD.

[旧 行政区分](Old administrative district)
(神様の鎮座数)東山道 382座…大42(うち預月次新嘗5)・小340
[旧 国 名 ](old county name)
(神様の鎮座数)陸奥国 100座(大15座・小85座)
[旧 郡 名 ](old region name)
(神様の鎮座数)宮城郡 4座(大2座・小2座)
[名神大 大 小] 式内名神大社

[旧 神社 ] 志波彦神社(名神大)
[ふ り が な  ](しはひこの かみのやしろ)(みょうじんだい)
[How to read ](shiwahikono kamino yashiro)(myojindai) 

https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

あなたが この神社に興味が湧くような予備知識をオタク視点でご紹介します

旧鎮座地の冠川神社(Kanmurigawa Shrine) (志波彦神社 旧鎮座地について

明治7年(1874年)12月に鹽竈神社に遷座するまでの鎮座地は かつての東山道の要所(多賀城国府(tagajo kokufu)への入口)となっていました

当神社は、東山道より 陸奥鎮守府を兼ねた多賀城国府(たがじょうこくふ)(九州大宰府と同等の政庁)に入る交通の要所、陸奥国宮城郡岩切(いわきり)村(現在、仙台市宮城野区岩切)冠川(かんむりがわ)の畔に鎮座され、『延喜式内名神大社』として朝廷の尊信ことのほか厚いものがありました。

鹽竈神社 配布パンフレットより

冠川神社(Kanmurigawa Shrine)の記事をご覧ください

スポンサーリンク

神社にお詣り(Pray at the shrine)

この神社にご参拝した時の様子をご紹介します

本塩釜駅から西に約850m 徒歩15分程度

「表参道」「東参道」「七曲坂」と3つの参道がありますが
今回は旧参道の「七曲坂」から上がると 朱色の鳥居が建ち その正面に鎮座します

案内図を見ると良くわかります 鹽竈神社と同じ境内にあり 向かって右側です

志波彦神社Shiwahiko shrine)に到着

神門の左に手水舎があり 清めます

一礼して 神門をくぐります

神門の扁額には「式内社名神大 志波彦神社」と記されています

参道正面に社殿が建ちます 右手には神札授与所があります

拝殿にすすみます 

賽銭をおさめ お祈りです 

ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

神札授与所でお守りなどを授与頂き 境内を後にします

神門をくぐり抜けて 振り返り一礼をします

神門を出て すぐ脇に鹽竈神社の石垣沿いを入ると
なんとも神々しい場所に出ます

大木が石垣に倒れるように立つ場所に通称「イボ取り神社」があり お詣りをします

木の根元には 井戸が湧いています

この場所は 鹽竈神社の「別宮」「左右宮」の本殿と「志波彦神社(明治期以前は 鹽竈神社の社務所地)」の3つの社屋の中心にある窪地となって池も残ります
想像するに 聖なる泉のご神域であったのでしょうか

池越しには 志波彦神社の本殿を仰げます

朽ちかけた階段の上には 鹽竈神社の左右の宮の本殿が仰げます

参道を戻り 朱色の鳥居をくぐり 振り返り一礼します

絶景と謳われる「松島」と塩釜市街を眼下に出来ます
展望図も奉納されています

帰路の下り坂は 表参道の石段を下ります

スポンサーリンク

神社の伝承(Old tales handed down to shrines)

この神社にかかわる故事や記載されている文献などをご紹介します

ご祭神「志波彦(shiwahiko no okami)」の伝承について

諸説あり 定かではありません

元禄8年(1695年)の神社縁起に記される伝承

天智天皇3年(665年)に 始めて官幣が使わされたとされ、往古 国主が重要視した大社として社家7人がいたとする。
同縁起では 志波彦神の由来を塩土老翁神のことであり、栗原郡の志波姫神社と同体であるとしているが、由来については諸説あり 現在のところはっきりとしていない。

By Wikipedia

御祭神の謎

記紀を始め各書にも 神話伝承の見えない志波彦大神とは如何なる神様なのでしょうか。
そのヒントが御神名であり 志波とは「物のシワ」つまり端を指す言葉で、仙台市内に志波町、栗原市志波姫に志波姫神社(式内社)、岩手県紫波郡に志波城跡、志和稲荷神社・志和古稲荷神社とシワの名を持つ所が点在します。
これは大和朝廷の統治範囲が 北進するにつれ、シワの地(朝廷勢力圏の端)が遷っていったと思われ、この地方で信仰されていた国津神(土着神)を志波彦神 或いは 志波姫神と呼んだものと考えられますが 詳らかにはなっておりません。
但し農耕守護・殖産・国土開発の神としての信仰が伝わっており、農耕を生業としていた人々の守護神だったのでしょう。

志波彦神社が 鹽竈神社境内に遷された理由には、鹿島・香取両神宮の御祭神(鹽竈神社左右宮御祭神)の東北地方平定に協力された御神縁に拠るものと言われております。

志波彦神社・鹽竈神社 公式HPより

『日本三代実録(nihon sandai jitsuroku)』貞観元年(859)正月27日甲申条に記される伝承

「全国(京と畿内と七道)の諸々の神に 神階を新らたに叙す 総数267社」と記される序文に始まり 他の陸奥国の神々と共に 志波彦神が正五位下勳四等から従四位下に神階を進めています

意約

京と畿内と七道(日本全国)の諸神について 新たに神階を進め叙します
総数は 267社
・・・・・
・・・・・

陸奥国
・正五位上勲四等の「計仙麻神」(※ 陸奥國牡鹿郡 計仙麻神社)
正五位下勲四等の「志波彦神(※ 陸奥國宮城郡 志波彦神社 名神大)
・勲五等の「拝幣志神」(※ 陸奥國牡鹿郡 拝幣志神社 名神大)
・勲六等の「零羊埼神」(※ 陸奥國牡鹿郡 零羊埼神社 名神大)
・従五位上勲四等の「志波姫神」(※ 陸奥國栗原郡 志波姫神社 名神大)

んで 従四位下とする

従五位下の「計仙麻大島神」(※ 陸奥國桃生郡 計仙麻大嶋神社 名神大)
は 従五位上とする
・・・・・

【原文参照】国立公文書館デジタルアーカイブス 『日本三代実録』延喜元年(901年)成立 選者:藤原時平/校訂者:松下見林 刊本(跋刊)寛文13年 20冊[旧蔵者]紅葉山文庫

志波彦神社Shiwahiko shrine) (hai)」(90度のお辞儀)

旧鎮座地の 冠川神社(Kanmurigawa Shrine)の記事をご覧ください

同じ境内に鎮座する陸奥国一之宮「鹽竈神社Shiogama shrine)」の記事をご覧ください

東山道に鎮座する 382座『延喜式神名帳』の所載一覧に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.