佐香神社(出雲市小境町)

佐香神社(さかじんじゃ)は 出雲風土記733 AD.所載の楯縫郡 神祇官社「佐加社(さか)のやしろ」の論社です 御祭神酒造の神「久斯之神(くすのかみ)=少彦名命」です 風土記に全国から集まった神々が 180日も宴をした記され 日本の「どぶろく」の発祥の地とされています

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 楯縫郡(tatenui no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】佐加社 
読み(さか)のやしろ
How to read(saka no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 楯縫郡(tatenui no kori)

【社名】佐香神社 
読みさかのかみのやしろ
How to readSaka no kami no yashiro

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

佐香神社(Saka shrine)

【通称名】(Common name)

松尾神社(Matsuo shrine)

【鎮座地】(location)

島根県出雲市小境町108

【地 図】(Google Map)

https://www.google.com/maps/dir/''/%E3%80%92691-0074+%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8C%E5%87%BA%E9%9B%B2%E5%B8%82%E5%B0%8F%E5%A2%83%E7%94%BA%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%98+%E4%BD%90%E9%A6%99%E7%A5%9E%E7%A4%BE(%E6%9D%BE%E5%B0%BE%E7%A5%9E%E7%A4%BE)/@35.4680199,132.8772558,15.67z/data=!4m14!4m13!1m5!1m1!1s0x3557133fe4f8da9f:0x610c58fa0533e936!2m2!1d132.8828504!2d35.4645411!1m5!1m1!1s0x3557133c322f3503:0x3b0b992b5d71b8e1!2m2!1d132.8805528!2d35.4699096!3e2

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》久斯之神(くすのかみ)=少彦名命(すくなひこなのみこと)

《配》大山昨命(おおやまくいのみこと)

【御神格】(God’s great power)

酒造の大神 山を護る神様 海を護る神様 縁結びの神様

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

佐香(さか)神社  ( 松尾(まつお)神社 )

 『出雲国風土記 いずものくにふどきの楯縫(たてぬい)郡 には、佐香郷(さかのさと)の地名の由来として、「佐香の河内(かわち)に百八十神(ももやそがみ) (つど)い坐(ま)して、御厨(みくりや)立て給いて酒を醸(かも)させ給(たま)いき。 即ち百八十日(ももやそか)喜讌(さけみづ)きて 解散(あらけ)(ま)しき。」とあり、多くの神が集まり、家を建てて酒を醸造(じょうぞう)し、何日も酒宴(しゅえん)を続けた後、解散した と記されています。

 佐香神社は、酒造り発祥(はっしょう)の地といわれ、毎年1013日には、新米を使ったどぶろくを神前に供える例大祭が執(と)り行われます。
社頭の案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【由緒】(history)

由緒
今から約千年前、雀が稲穂を加えて木のほがらに落し、これが自然に発酵し「どぶろく」となり、全国から集まった神々が、百日も宴をしたともいわれ、日本の「どぶろく」の発祥の地として、出雲風土記に記載されている。
神社史研究会HPより

佐香神社

佐香神社は島根県出雲市小境町に鎮座する神社である。別名、松尾神社。酒造の神として酒造業者からの信仰を集めている。

『出雲国風土記』
 楯縫郡の条の佐香郷に、川の中州で八十柱もの神が集まって御厨を建てて酒を造り、180日もの間宴会をしたあと解散したという説話が記載されている。配神の百八十神はこれを意識したものといえる。

 『出雲国風土記』楯縫郡の条の在神祇官社「佐加社」、延喜式神名帳の出雲国楯縫郡の「佐香神社」に比定される。
享保2年(1717年)の地誌『雲陽誌』の小境村の項に「松尾明神」とあり、それによれば明応9年(1500年)の棟札があるとされ、室町時代には前述の松尾大社の祭神が勧請されたと考えられる。

 江戸時代に入っても松江藩主を初め近隣の出雲杜氏たちの崇敬を集めていた。
明治に入り社名を「佐香神社」に復したが、通称の「松尾神社」も併用されて現在に至る。

 例大祭は10月13日に行われる。
 濁酒祭(どぶろくまつり)とも呼ばれ、室町時代から続いているとされる。
10月1日の未明に宮司自ら杜氏となって神酒の醸造を行い、祭礼の前日に国税庁の係員の検査を受ける。
 当日には酒造業者たちが集まり、安全を祈願する奉納祭が執り行われる。
 ちなみに当社では財務省より、祭礼のために毎年1石以下までのどぶろくの醸造の許可を得ている。

出雲市役所「いずもな暮らし」より

【境内社】(Other deities within the precincts)

左側から順に
疫神社《主》百八十神
・武山神社《主》大山咋命
・寳殿社《主》天津彦彦火瓊瓊杵命
・種痘神社《主》百八十神

Please do not reproduce without prior permission.

・稲荷神社《主》木花咲耶媛命

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

濁酒祭(どぶろくまつり)について

佐香神社は 出雲風土記733 AD.楯縫郡 佐香郷の条に多くの神々が集まられて 調理場を建て 酒を造らせた そして180日に渡って 酒盛りをして 解散されたので 佐香と云う」とあって 佐香(さか)は酒(さけ)の古名のこととされて 佐香は 酒造り発祥の地とされています
 室町時代から続いている特殊神事「濁酒祭(どぶろくまつり)」があり 今でも 年一石(180ℓ)の酒造が許可されていて 10月13日の秋季例祭では 酒造りを祝い 参拝客に造りたてのどぶろくがふるまわれています

出雲風土記733 AD.所載の楯縫郡 神祇官社「佐加社(さか)のやしろ」の論社は二ヶ所です

従って『延喜式神名帳927 AD.所載社「佐香神社」も二ヶ所です

この二ヶ所は
坂浦(さかうら)の九社大明神〈現 鞆前神社(出雲市坂浦町)
小堺(こさかい)の松尾大明神〈現 佐香神社(出雲市小境町)〉

・佐香神社

・鞆前神社

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

宍道湖の北岸 一畑口駅から小堺川沿いに北上 約1km 徒歩15分程度

小堺川の西側に一の鳥居が建ちます

その先のこんもりとした丘陵に鳥居が建ち直ぐにわかります
佐香神社(出雲市小境町)に参着

社頭には 二連の鳥居が建ち 扁額には通称名の「松尾神社」とあります

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして鳥居をくぐり 石段を上がります

Please do not reproduce without prior permission.

境内へ進むと 狛犬が座し その横に手水舎があり清めます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

酒の神様ですので 拝殿には 酒樽奉納されています

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

拝殿の奥には 幣殿が続き 本殿が鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

境内社にお詣りをして 境内を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.楯縫郡 佐香郷にある伝承

佐香郷(さかのこおりの起源について 神々が集われて 酒(さけ)を醸(かも)し 180日間も酒盛りを続けた と記されています

【意訳】

佐香郷(さかのこおり

郡家の正東 四里 一百六十歩の所にある
佐香(さか)の河内(かわち)に百八十神(ももやそがみ) (つど)い坐(ま)して、御厨(みくりや)立て給いて酒を醸(かも)させ給(たま)いき。 即ち百八十日(ももやそか)〈180日に渡って喜讌(さけみづ)酒盛りをして 解散(あらけ)(ま)しき。故に佐香と云ひ 

【原本】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)楯縫郡 小堺 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

「松尾明神」と記され
大山昨命なり 本社二間四方 東向き 拝殿二間 梁五間 鳥居の前に川あり新川と云う 東に明神の鏡石と云うあり長さ四尺ばかり 本郷と東谷の界に明神の御腰掛松あり 祭祀八月十三日なり
明応九年(1500)の棟札が有り
風土記に云う「佐香の河内(かわち)に百八十神(ももやそがみ) (つど)い坐(ま)して、御厨(みくりや)立て給いて酒を醸(かも)させ給(たま)いき。 即ち百八十日(ももやそか)喜讌(さけみづ)きて 解散(あらけ)(ま)しき。故に佐香と云ひ」 或いは云う佐香は古境 と記しています

『原文』参照

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835] 国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835] 国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)楯縫郡 にある伝承

延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載「佐香神社」の論社を坂浦の九社大明神〈現 鞆前神社(出雲市坂浦町)〉としています

意訳

『 佐香神社Saka no kamino yashiro)

風土記に佐加社とあり 佐加浦なり 九社大明神をいふ
佐香は風土記に「佐香の河内(かわち)に百八十神(ももやそがみ) (つど)い坐(ま)して、御厨(みくりや)立て給いて酒を醸(かも)させ給(たま)いき。 即ち百八十日(ももやそか)喜讌(さけみづ)きて 解散(あらけ)(ま)しき。」故に佐香となり』

『原文』参照

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)』〈大正15年(1926)〉に記される伝承

【意訳】

風土記鈔にも、風土記考にも、坂浦(さかうら)の九社大明神〈現 鞆前神社(出雲市坂浦町)〉として居る。
今では、小堺(こさかい)の松尾大明神〈現 佐香神社(出雲市小境町)〉で、大山昨命(おおやまくいのみこと)を祀るとして居る。佐香郷の條にあるような由縁により、今でも神饌用として一石未満の酒を醸すことを此社の神官に許されてある。但し各自の家で飲むことは相成らぬ。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』 大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

佐香神社(出雲市小境町) (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.