大埼川邊神社(松江市島根町大芦)

大埼川邊神社(おおさきかわべじんじゃ)は 国の主とされる伊弉諾尊(いざなぎのみこと)を祀り 通称「国主さん」と呼ばれ 出雲風土記733 AD.所載の島根郡 不在神祇官社「大埼川邊社(おはしかわべ)のやしろ」とされます

Please do not reproduce without prior permission.

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 島根郡(shimane no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】大埼川邊社
読み(おはしかわべ)のやしろ
How to read(ohashi kawabe no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

官社ではない為 該当しません

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

大埼川邊神社(Oosaki kawabe shrine)

【通称名】(Common name)

国主さんくぬすさん
・川辺神社かわべじんじゃ

【鎮座地】(location)

島根県松江市島根町大芦2209

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》伊弉諾尊(いざなぎのみこと)

《配》須佐之男命(すさのをのみこと)
   武甕槌命(たけみかづちのみこと)

【御神格】(God’s great power)

五穀豊穣・学問成就・家内安全

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

大埼川辺神社(oosaki kawabe jinja)(大芦浦 おあしあら)

祭神 伊弉諾尊(いざなぎのみこと)

歴史の足跡
大芦(おあし)地域は出雲風土記』島根郡条の海辺記事の中に「大埼浜」として姿を現し、また、神社項にも「大埼社」「大埼川邊社」の二社が見える歴史豊かなところである。地名変遷として「おおさき」「おおはし」「おおあし」「おあし」の流れが想定される。
 現・大埼川邊社の俗称は「国主さんくぬすさん」、大埼神社は「母坂さん(はんさかさん)」と呼ばれてきた。
享保二年(1717)の『雲陽誌』では「国主」の方は出雲風土記』の「大埼川邊社」で祭神は 伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、「母坂」は大埼社」で祭神は 伊弉冉尊(いざなみのみこと)としている。
さらに「伊弉冉尊の産の穢を見て潮と水との堺に来て、神意を潔めたまい川辺に社を建て 大埼川辺の社という、世の人清浄の潮を汲む時は今に至りてこの浜に来て身を清むるなり」としており 四十二浦巡りの潮酌みの根源を見る思いである。
島根半島四十二浦巡り再発見研究会

{島根県観光事業素材造成支援補助事業により設置}より

Please do not reproduce without prior permission.

【由緒】(history)

秋の取り入れが済むと、地区ごとに「ちいーな、まいた」という祭が行われ、豊作と家内安全をお祈りしている。
島根県神社庁HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

天満宮

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

大埼(おはしはま〈現 大芦浜(おわしはま〉について

大埼(おはしはまは 約1300年前の出雲風土記733 AD.』にも「大埼(おはしはま広さ一里一百八十歩 西北に有るは 百姓おおみたから)の」と記されています

現在 大芦浜(おわしはまには
出雲風土記733 AD.所載の島根郡 不在神祇官社に「大埼社」「大埼川邊社と記される 二つの古社が鎮座します

大埼社 (おはし) (ohashi no) yashiro

・大埼神社

大埼川邊社 (おはしかわべ) (ohashi kawabe no) yashiro

・大埼川邊神社

神社名の「大埼」は「おおさき」ではなく「おはし」と記し 「おはし(owashi)」と発音

「埼(さき)」は「端(はし)」同義で 音声の「は(wa)」は「わ(wa)」とも発して 現在の地名「大芦(おわし)」と同音です

二つの神社に祀られる御祭神は 国生み 神産みの神

大埼川邊神社には 父神「伊弉諾尊(いざなぎのみこと)」が祀られ「国主さん」と呼称され
大埼神社には 母神「伊弉冉尊いざなみのみこと)」が祀られ「母坂さん」と呼ばれています

この二柱の神「伊弉諾尊伊弉冉尊」は 記紀神話の天地初発るの時国生み 神産みの神です

大埼(おはしはま〈現 大芦浜(おわしはま〉は 日本国の原型葦原中国(あしはらのなかつくに)」の発祥の地なのか

伊弉諾尊伊弉冉尊」の二柱の神が造られた国を 「葦原中国(あしはらのなかつくに)」へと 更に造り固め「国作り」されたのが 出雲の神「大国主命と少彦名命」です
神話『古事記』には「葦原中国(あしはらのなかつくに)」は出雲を中心としていたことが記されています

松江藩の地誌『雲陽志(unyo shi)1835AD.』には

大埼神社の祭神伊弉冉尊いざなみのみこと)」について
「この神 加賀の潜戸にて天照大神を産たまいて後 嶋大崎を好み上つにより 大崎の神社とは云うなり 諸神の母たるにより 母坂明神とえり」と 天照大御神を産まれた後に この地に坐します と記しています

大埼川邊神社の祭神「伊弉諾尊(いざなぎのみこと)」について
伊弉冉尊いざなみのみことの産の穢(けがれ)を見て 潮と水との堺に来て 神意を潔たまひ川邊に社を建て よりて大埼川邊の社といふなり」と いざなみのみことの出産のケガレを見て 清浄海水と淡水が交わる川辺で禊(みそぎ)をおこなった故に 大椅川辺社と呼ばれる と記しています

さらに大埼(おはしはまについて里人の風習を記し

世の人 清浄の潮を汲む時は 今に至りてこの浜に来て身を清むるなり」と出雲の潮酌みの根源を語るような記述があります

大埼(おはしはま〈現 大芦浜(おわしはま〉は 日本国の原型葦原中国(あしはらのなかつくに)」の発祥の地なのかも知れません

参考までに 両社の社殿の方向について これは何を意味しているのでしょうか
大埼神社の祭神伊弉冉尊いざなみのみこと)」は  社殿の向きが 南西 参拝者が拝む 本殿の奥のご神体の方向は 北北東 つまり隠岐を向いてお参りすることになります
大埼川邊神社の祭神「伊弉諾尊(いざなぎのみこと)」 社殿の向きが 北北東 つまり隠岐を向いて本殿が祀られています

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

松江からR431号 川津IC手前で 県道21号へ日本海側の大芦(おわし)浜に向かいます

Please do not reproduce without prior permission.

島根町大芦 大芦浜(おわしはま)に流れ込む 森田川の西岸に鎮座します
鳥居脇には巨石があり 大きさは 高さ5m 幅8m

大埼川邊神社(松江市島根町大芦)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして鳥居をくぐります 扁額には「國主大明神」と刻まれています

Please do not reproduce without prior permission.

階段を上がると 隋神門が建ち 隋神門から参道は左に折れて拝殿へと向かいます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿は 北向きと言うよりも 僅かに北北東を向いています つまり隠岐を向いて鎮座しています

ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

社殿の向かって左手には 境内社の天満宮が鎮座

Please do not reproduce without prior permission.

ちょうど 拝殿の奥 幣殿と本殿が鎮座する 横に位置します

Please do not reproduce without prior permission.

社殿の向かって左手から 隋神門の手前まで参道が伸びていて どちらが表参道なのかはわかりません 本殿の横の玉垣内には 狛犬が坐しています

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.島根郡にある伝承

【意訳】

大埼(おはしはま〈現 松江市島根町大芦 大芦浜(おわしはま
広さ一里一百八十歩
西北に有るは 百姓おおみたから)の

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』島根郡 大蘆(おはしうら) にある伝承

大埼川邊神社の祭神「伊弉諾尊(いざなぎのみこと)」が いざなみのみことの出産のケガレを見て 清浄海水と淡水が交わる川辺で禊(みそぎ)をおこなった故に 大椅川辺社と呼ばれる と記しています 

『雲陽志(unyo shi)では

主明神」と記され
本社 一間半に二間 拝殿 二間 梁 四間 隋神は本社の左右にあり 境内 十間十五間
祭礼 十月朔日 七座の神事あり

当社の縁起に云
風土記に 大葦浦(おはしうら) 大埼濱(おはしはま)するなり 国玉命は大埼川邊社と号し 伊奘諾尊(いざなぎのみこと)をまつれり 天地初て発るの時 国の主たるに依りて 国主明神とは申なり この 伊弉冊尊(いざなみのみこと)の産の穢を見て 潮と水との界に来り 神意を潔たまい川邊に社を立てる依りて 大埼川邊社というなり 世の人 清浄の潮を汲時は 今に至りて この濱邊に来て身を清るなり これ 神代の遺風なりとかや

宮山の高さ十丈ありと云う 神代より宮化なるや委たは知れず 松の古木多いかさま 古き宮地と見へけるなり 海上五里ばかり沖に松島弁才天嶋あり 黒嶋 烏帽子嶋とも云もあり と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

【意訳】

大埼川邊社(おはしかわべ)のやしろ

大蘆浦(おはしうら)北垣の國石大明神(くにし だいみょうじん)であって、奈枳命(いざなきのみことを祀る。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

大埼川邊神社(松江市島根町大芦)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.