來待神社(宍道町上来待)

來待神社は 第10代 崇神天皇の御代(およそ2000年以上前)に 大和(奈良)の三輪山に坐ます「大神神社」から「大物主命」の御魂「荒魂(あらみたま)・和魂(にぎみたま)」を迎えて「大物主 櫛甕玉命(omononushi kushi mikatama no mikoto)」を祀ったと伝わります

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho )』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori) 条
    神祇官社(jingikan no yashiro )
【社名】支麻知社(kimachi no) yashiro
【読み】(きまち の)やしろ

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori)
【社名】來待神社(kimachi no kamino yashiro)
【読み】(きまちのかみのやしろ)

https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫

スポンサーリンク

【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name)

 來待神社(kimachi shrine)
 (きまちじんじゃ)

【通称名】(Common name)

 三社大明神(sansha daimyojin)

【鎮座地】(location)

 島根県松江市宍道町上来待242

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

中央の本殿
 《主》大物主櫛甕玉命(omononushi kushi mikatama no mikoto)

左殿(向かって右)
 《主》積羽八重事代主命(tsumiha yae kotoshironushi no mikoto)

右殿(向かって左)
 《主》五十猛命(itakeru no mikoto)

 《合》
(世那加神社)月夜見命

 《配》
(金箸神社) 廣国押建金日命
(向津神社) 天照大神
(中垣八幡宮)応神天皇
(御内神社) 須佐之男命
(屋風呂神社)八尋鉾長依日子神
(和名佐神社)和名佐比古命

【御神格】(God’s great power)

・地域の鎮守

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』所載社
・『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho )』所載社

【創建】(Beginning of history)

社伝には「崇神天皇の頃 大和国三輪より勧請 また 大物主命が 大和国三輪より来ますと人々が待つたことから 社を来待社と云う」

また 社伝別説 「事代主命が ここにおいて 大物主命を大和国大御和(おおみわ)から迎えて 社を建てられ待たせ給うに拠る」 とも伝える

【由緒】(history)

元郷社。元幣饌供進指定神社。
古来旧来待村の総社・総氏神と称えられ、中世以降は大森代明神・三社大明神等とも称えられ、明治以降は来待神社と称えられている。

勧請年代については三社とも不詳であるが、中社については、「出雲国風土記」に支麻知社とあり、「延喜式神名帳」にもあります

島根県神社庁HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

本殿南の高台 下に荒神と石祠 上に3つの石祠

本殿北の高台 1つの石祠・社日碑 

※社名並びに祀神はわかりません

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

出雲式狛犬(座型(居獅子)・構え型(勇み獅子)など独自性が強い)は 匠の技によって「来待石(kimachi ishi)」で造られています

来待石(kimachi ishi)は ここ来待地区の産出です 

宍道町来待地区には、
1400万年前に形成された凝灰質砂岩いわゆる「来待石」と呼ばれる良質の石材が産出され、これが地場産業である国指定の伝統的工芸品、出雲石灯ろうの原材料として、広く知られています。
また、この凝灰質砂岩の層はとても厚く、世界でもまれな埋蔵地帯でもあります。
・・・・・・・・・・・・・
特に江戸時代、松江藩主は御止石として藩外に持ち出しを禁じたほど重要視致しました。松江城をはじめ城下町の至る所に来待石は使用されています。

来待ストーンミュージアムHP抜粋

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

来待駅から 県道267号経由 約3.5km 車 10分程度
来待川沿いの農村環境改善センターが 正面参道の入口になります 参道はおよそ100mほど直線の一般道です

途中 右手に「来待神社 御幸所」があります

つき当たりに社名標「来待神社」とあって 石段の上に鳥居が建ちます

來待神社(kimachi shrine)に到着

石段を上がり 一礼して鳥居をくぐります 参道を進みさらに石段を上がると 境内です 境内は広く さらに段違いに上に2段の境内があり 2本の杉の大木に挟まれた 幅広い空間に社殿が建ちます

幅広の石段を上がると 注連縄が張られた隋神門が建ちます

神門の奥の段には 春日造の社殿が 楼橋でつながる特殊な本殿が建ちます

もう少し判り易く言いますと 本殿が3つ並列に建ち その本殿を渡り廊下でつないでいる珍しい三殿連結の本殿という事です
写真をご覧いただければ一目瞭然です

この3つの社は 本殿ですので 元々それほど大きくありませんし 手前にある拝殿は中央の本殿の拝殿となっていますが 柱と屋根だけで壁がない工法で建ちますので ゆったりと開かれている感覚で 左右の本殿も視野に入り 圧迫感がありません 落ち着いてお詣りができます

拝殿にすすみます 扁額が2つ掲げられています「三社大明神」「来待神社」とあります

賽銭をおさめ お祈りです
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

左殿・右殿の本殿にもお詣りをします

本殿南の高台 3つの石祠 本殿北の高台 1つの石祠・社日碑 と境内社にもお詣りです 

朝陽が差し込む境内を後にします

直線の長い参道の石段を下り 鳥居をくぐり 振り返り一礼

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)』意宇郡 上来待  にある伝承

『雲陽志(unyo shi)』では
現在の「來待神社(kimachi shrine)」が
   「大森三社明神(omori sansha myojin)」として記されています

意訳
『  上来待  大森三社明神(omori sansha myojin)

大物主神 事代主神 五十猛神を祀る
風土記に載る 支麻知社(kimachi no) yashiroなり 縁起なし 故に 小鎮座由来は不明ですが

中の社は 1間7尺 左右の社は 1間4方なり
天正8年 完道八郎源政慶 修復・・・・・・・・・・正保まで修造の棟札あり・・・  』

『原文』参照『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835] 国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)』意宇郡 にある伝承

意訳
『  來待神社(kimachi no kamino yashiro)

今 本に 束持と書くのは誤りです
風土記に支麻知社(kimachi no) yashiro とあり 来待村 大森三社明神(omori sansha myojin)をいいます
大國主命 事代主命 五十猛神を祀るといえり ・・・・・・・・・・・・・・  

『原文』参照『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 明治02年(1906)
国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

第10代 崇神天皇の御代に大和(奈良)の大神神社から「大物主命」の御魂「荒魂(あらみたま)・和魂(にぎみたま)」を迎えて祀ります

來待神社(kimachi shrine)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.