赤秦神社(雲南市加茂町大竹)

赤秦神社(あかはだじんじゃ) 出雲風土記733 AD.所載の大原郡 不在神祇官社「赤秦社(あかはた)のやしろ」とされます 古老の伝えに 御神体の「石体」は 年を経る毎に段々大きくなり ついに本殿に納まらなくなり「若隠居さん」「隠居さん」と呼んで境内に祀られたと伝わります

Please do not reproduce without prior permission.

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 大原郡(ohara no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】赤秦社 
読み(あかはた)のやしろ
How to read(akahata no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

官社ではない為 該当しません

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

赤秦神社(Akahada shrine

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県雲南市加茂町大竹676

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》猿田彦命(さるたひこのみこと)

【御神格】(God’s great power)

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

創建年代不詳

【由緒】(history)

加茂町大字大竹六七六番地鎮座 (旧地名、屋 村大竹)
出雲風土記所載 大原郡筆頭の国幣社

赤秦(あかはた)神社々記

御祭神 猿田彦命

 雲陽誌(一七一七)に、『赤肌(あかはだ)明神、風土記に載る赤秦社 是なリ 永禄十年(一五六七)佐々木隆慶造立棟札あり 本社の側に左近右近と称える古樹あり 門客神といひて老木あり 祭禮九月九日是日神膳および清酒をたてまつる』とあるが 神職(社家)数次の交替により 宝暦八年(一七五八)以降の棟札があるのみで古記録等殆んどなく 鎮座勧請の年代詳かでない

境内末社 田守荒神社(保食神 素盞鳴尊 金比羅神)

例大祭  十月三十日
社 宝  北島家領獅子頭 猿田彦面 鼓 外

伝 承
 ご祭神 猿田彦命は 迹迹芸命(ににぎのみこと)が天降り給うとき、分かれ道にたって高千穂へ道案内された神で、「日本書記」の一書には鼻が長く、目はほおづきのように輝いていたと。一般には天狗と結びつき道の守護神として、又 道祖神とともに敬われ 伊勢地方の開拓の神として、三重県鈴鹿山脈の入道ケ岳の裾の椿ケ丘にある椿大神社に祀られているが、猿田彦命を祀る神社は全国的に大変多く、大原郡内にも十四社に祀られ開拓の神、導きの神、交通安全の神として崇敬されている。
 出雲風土記考、古老の伝えに、御神体は石体で年を経る毎に段々大きくなり、ご本殿の玉殿に納まらなくなったご神体(高さ八○センチ 横巾五二センチ)は『若隠居さん』と呼んで玉殿の横に安置してある。更に若隠居さん以前のご神体は本殿内に納まらず、境内社号標脇に置かれ、注連縄を張り『隠居さん』と呼んでいる。

 上の庭に本殿、下の庭に拝殿が建っている。明治初期迄は本殿と拝殿(神楽殿)は離れて建っていたものだが、今は殆んどの神社が本殿と拝殿を通殿(幣殿)で結ばれており、当社のように古い様式が保たれている点では大変貴重な神社建築である。
 又、本殿ご拝両脇に猿の石像が置かれており、ご祭神「猿田彦」の「猿」にかかわるものか、大変珍しい石像である。

社頭案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【境内社】(Other deities within the precincts)

本殿向かって右手の
・田守荒神社《主》保食神 素盞鳴尊 金比羅神

Please do not reproduce without prior permission.

注連縄の廻される石碑

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

加茂岩倉遺跡について雲南市役所HPより

平成20年7月 国宝決定!!
加茂岩倉遺跡出土銅鐸

平成8年10月14日、島根県雲南市加茂町岩倉の農道工事現場より、弥生時代中期から後期と思われる大量の銅鐸が出土し、一カ所の出土としてはこれまで全国最多の39個が確認されました。発見された遺跡名は翌15日、「加茂岩倉遺跡」と命名されました。発見現場はかつて大量の弥生青銅器が発見された荒神谷遺跡より約3km、「景初三年銘三角縁神獣鏡」が出土している神原神社古墳や弥生時代後期から古墳時代にかけての古墳群も近くに確認されています。

銅鐸とは

弥生時代の青銅器のひとつで、使用目的はいまだに謎に包まれている。農業の豊作を願った祭器説や鳴らして音を聞く楽器や観賞用としての説も挙げられています。銅鐸には大きく分けて二種類ある。古いタイプは高さ20~50cm、揺り動かして鳴らす機能があるから「聞く銅鐸」。新しいタイプのものはその機能を失ってしまう一方、大型化して1mを超えてしまうものもあるから「見る銅鐸」と言われています。近畿地方を中心に多く出土しており、近年九州北部でも多数出土しています。これまで滋賀県野洲町大岩山遺跡において一箇所から24個の出土例が最多でしたが、今回の39個の発見はこれを大きく上回る結果となりました。

https://www.city.unnan.shimane.jp/unnan/kankou/spot/iseki/musium02.html

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR木次加茂駅から 赤川添うように西へ4.5km 車10分程度

Please do not reproduce without prior permission.

神社から北方約1.3km程には 加茂岩倉遺跡があります

Please do not reproduce without prior permission.

沿道看板を発見しました 金山or銀山or銅山あるのかと色めき立ちましたが「百両金(からたちばな)万両 (ヤブタチバナ)正月の縁起物として赤い実のなる小低木産地なのですね

Please do not reproduce without prior permission.

加茂町大竹鎮座します
赤秦神社(雲南市加茂町大竹)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居の横に 自然石の社号標があり「赤秦神社」と刻まれています

Please do not reproduce without prior permission.

更にその社号標の横の木の根元に注連縄で囲まれた石が置かれています

案内書きにある『隠居さん』です
「出雲風土記考、古老の伝えに、御神体は石体で年を経る毎に段々大きくなり、ご本殿の玉殿に納まらなくなったご神体(高さ八○センチ 横巾五二センチ)は『若隠居さん』と呼んで玉殿の横に安置してある。
更に 若隠居さん以前のご神体は 本殿内に納まらず、境内 社号標脇に置かれ、注連縄を張り『隠居さん』と呼んでいる。」

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして鳥居をくぐると 小川に朱色の神橋〈赤肌橋〉が架かり その先には隋神門が建ちます

Please do not reproduce without prior permission.

境内の様子を鳥居の手前から眺めると 鳥居と出雲式の狛犬 その先に朱色の神橋 隋神門 拝殿 本殿と続いているのがわかります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿にすすみます 扁額には「赤秦神社 正三位 尊光敬書」とあります

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

案内書きによれば
「上の庭に本殿、下の庭に拝殿が建っている。明治初期迄は本殿と拝殿(神楽殿)は離れて建っていたものだが、今は殆んどの神社が本殿と拝殿を通殿(幣殿)で結ばれており、当社のように古い様式が保たれている点では大変貴重な神社建築である。」

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

本殿 案内書きによれば
「本殿ご拝両脇に猿の石像が置かれており、ご祭神「猿田彦」の「猿」にかかわるものか、大変珍しい石像である。」

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』大原 大竹 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

大竹「赤肌(あかはだ)明神と記され

風土記に載る赤秦社 是なリ
永禄十年(一五六七)佐々木隆慶造立棟札あり
本社の側に左近右近と称える古樹あり 門客神といひて老木あり
祭禮 九月九日 是日神膳および清酒をたてまつる』 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)』〈大正15年(1926)〉に記される伝承

【意訳】

赤秦社(あかはのやしろ

大竹の赤肌大明神(あかはだ だいみょうじん)であって、猿田彦命を祀る。   

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

赤秦神社(雲南市加茂町大竹) (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.