大穴持伊那西波岐神社(出雲市大社町鷺浦 )

大穴持伊那西波岐神社(おおなもちいなせはぎのかみのやしろ)は 美しい鷺浦に鎮座します 御祭神は『記紀神話』の国譲りの段で 天照皇大神の勅を奉じて 使者の役目をなされた「稲背脛命(inasehagi no mikoto)」が祀られています

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

本社

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori) 条
    神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】 企豆伎社
     同社

【読み】(おなじき)やしろ
【How to read】(onajiki )yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

(合祀)大社町 鷺浦の社

  出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori) 条
    不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】 佐支多

【読み】(さきた)やしろ
【How to read】(Sakita no )yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

【社名】 同[杵築大]社大穴持伊那西波伎神社

【読み】(おなじき おほなもち の いなせはぎ の かみの やしろ)
【How to read】(onajiki ohonamochi no inasehagi no kamino yashiro)

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)

スポンサーリンク

【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

大穴持伊那西波岐神社(onamochi inasehagi no kamino yashiro)
 (おおなもちいなせはぎのかみのやしろ)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

 島根県出雲市大社町鷺浦 102

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》稲背脛命(inasehagi no mikoto)
《配》白兎神(hakuto no kami)

【御神格】(God’s great power)
【格式】(Rules of dignity)

出雲大社 境外摂社
延喜式内社(engishikinaisha)

【創建】(Beginning of history)

創建不詳

【由緒】(history)

出雲大社 摂社

伊那西波岐神社  イナセハギ

所在地 大社町大字鷺浦 一〇二番地

御祭神 稲背脛命 イナセハギ
合祀神 八千矛神、稲羽白兎神、稲羽八上比売命

御祭神の主な事跡
御祭神 稲背脛命は亦の御名 大之夷鳥命 天鳥船命 出雲国造の祖神 天穂日命の御子におわします

天照皇大神の勅を奉じて 建御雷神等と共に稲佐の浜に降りて 国譲り神勅を大国主神に伝え給うた時に 
大国主の御子の事代主神を呼び還し 国譲りについての諾否を問い給い、国譲りが武力によらずして平和裡に解決されました

稲背脛命等の奔走の賜でありまして その御功績は偉大であります

又 父神 天穂日命の後を受けて 大国主神の祭祀を奉仕されました

合祀神の事蹟

八千矛神
 出雲大社の祭神 大国主神の亦名で武勇にすぐれた神として拝め祀る
稲羽白兎神
 膚が剥がれて苦しんでいた白兎を見て之を助けられた
稲羽八上比売神
 大国主神が 因幡の国へ行かれた気多峠と云う所で見初められ、契りを結ばれ出雲につれて帰られたが 嫡妻 須世理毘売命を畏れら因幡国へ帰された

案内板より

【境内社】(Other deities within the precincts)

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

当社に(合祀)大社町 鷺浦の社 について

出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)の(佐支多社)同社(onajiki )yashiroの論社

「 鷺浜 」 に鎮座していたことによる呼び名で
江戸時代初期の地誌 藩儒の黒沢石斎による《懐橘談》(前編1653・後編1661)の『懐橘談 ( かいきつだん )』 では「鷺宮」

宝永七年( 1710年 )雲州四十二浦之詠歌 「 鷺宮大明神 」

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 『懐橘談』

江戸時代までは 神仏習合により 鷺大明神(鷺社)と称していました
明治時代以降 社号として「大穴持伊那西波岐神社(onamochi inasehagi no kamino yashiro)」に改め県社に列しています

出雲風土記733 AD.所載の出雲郡 不在神祇官社「佐支多社(さきた)のやしろ」の論社は二ヶ所です 

・佐支多神社 

 

・〈伊奈西波岐神社に合祀 鷺の神〉大社町 鷺浦の社 

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

出雲大社から 県道23号線を経由して 11km程 20分程度
出雲大社の真北に当たる「鷺浦」に向かいます

「鷺浦」は 穏やかで美しい浦です

大穴持伊那西波岐神社(onamochi inasehagi no kamino yashiro)に到着

鷺浦の奥まったところに面して 鳥居が建ち 社号が刻まれた石碑と案内板があります
鳥居の前で一礼の後 くぐりコンクリートの参道を進みます

10段ほどの階段の上に 神門があり一礼

拝殿・本殿となります
本殿に向かいます 本殿の前 右手に「手水鉢」左手に「賽銭箱」

本殿に進み
賽銭をおさめ お祈りです
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

境内には 藁で造られた龍神が木に巻き付いて祀られています

参道を戻り 鳥居をくぐり 振り返り一礼

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines) 


御祭神 稲背脛命(inasehagi no mikoto) またの名を 天鳥船神(ameno torifune no kami)の伝承について

出雲大社公式HPでは

大穴持伊那西波岐神社(おおなもちいなせはぎのかみのやしろ)

御祭神 稲背脛命(いなせはぎのみこと)
天穂日命の御子神で、大国主大神が国土奉献の話し合いをなされた時、大神の命をうけ、三穂之関(美保関)の事代主神のもとに使者として奔走された神です。

日本書紀(nihon shoki)では

天孫降臨に先立って武甕槌神・経津主神の二神が 高皇霊神の神勅を 大国主神に伝える為 出雲に降り使した時に 事代主神はたまたま三穂碕にて釣りをして居られた
そこで稲背脛命(inasehagi no mikoto)が その旨を告げる為に 熊野諸手船に乗って行きその由を伝えられたとあります

『古事記(kojiki)』葦原中國(ashihara no nakatsukuni)の平定では

詳しく語られています

意訳
『そこで天照大御神(amaterasu omikami)は天鳥船神(ameno torifune no kami)を建御雷神(takemikazuchi no kami)のお供に付けて 葦原中國(ashihara no nakatsukuni)に遣わされました

このように建御雷神(takemikazuchi no kami)と天鳥船神(ameno torifune no kami)の二柱の神は 出雲の伊那佐の小浜に降り立ちまして
建御雷神(takemikazuchi no kami)は十拳剣(totsuka no tsurugi)を抜いて 剣先を上にして 柄を下にして 逆にして波頭に刺し立てて その剣の刃の先上にあぐらをかいて座り 

葦原中國(ashihara no nakatsukuni)の大国主大神(okuninushi no okami)に尋ねて
建御雷神(takemikazuchi no kami)は 私心を全く差し挟まずに「天照大御神(amaterasu omikami)と高木神(takagi no kami)の仰せにより あなたの意向をお聞きすべく 私は使者としてお遣わしになりました
あなたが 神領としている葦原中國(ashihara no nakatsukuni)は 我が子孫の統治されるべき国であると 従って あなたのお考えはどうなのか お聞きしたい」と仰せになりました

ここに大国主大神(okuninushi no okami)は「私は返答を申し上げません 私の子の八重言代主神(yaekotoshironushi no kami)がご返答をするでしょう
しかし 今 鳥を狩ったり 魚を取ったり 美保の岬に出掛けていて まだ帰って来ておりません」と申し上げました

そこで 建御雷神(takemikazuchi no kami)は天鳥船神(ameno torifune no kami)を遣わして
八重言代主神(yaekotoshironushi no kami)を呼び寄せて その意向をお尋ねになった時に 

八重言代主神(yaekotoshironushi no kami)は 父の大国主大神(okuninushi no okami)に語って
「畏れ多いことでございます この葦原中國(ashihara no nakatsukuni)は 天津神の御子孫に奉りましょう」と言って 

ただちに船を踏んで傾けて 天の逆手(amano sakate)という柏手をして 船を青柴垣に変えさせ その中にご鎮座しました』

『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『古事記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047400&ID=M2014101021074889308&TYPE=&NO=画像利用

国譲りの神話で使者の役目をされた稲背脛命(inasehagi no mikoto)が美しい鷺浦に坐ます
大穴持伊那西波岐神社(onamochi inasehagi no kamino yashiro)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

出雲大社の記事もご覧ください

一緒に読む
出雲大社(出雲市)【前編】

出雲大社は ”遠き神代に 国を譲られた”「大国主大神(okuninushi no okami)」の偉業と その誠に感謝なさって 「天神(amatsu kami)」が 天日隅宮(amenohisumi no miya)を献上されたことに始まるとされています

続きを見る

一緒に読む
出雲大社(出雲市)【後編】

出雲大社は ”遠き神代に 国を譲られた”「大国主大神(okuninushi no okami)」の偉業と その誠に感謝なさって 「天神(amatsu kami)」が 天日隅宮(amenohisumi no miya)を献上されたことに始まるとされています

続きを見る

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.