斐伊神社(雲南市木次町)

斐伊神社(ひいじんじゃ)は 「肥(hi)の河上」に鎮座する社とされています 斐伊神社(hii shrine)の古史伝の記載では 武藏國一之宮「大宮氷川神社」(さいたま市大宮)は 孝昭天皇5年に分霊奉遷したものとしています これによれば 東京都・埼玉県に数多く分布する氷川神社(hikawa shrine)の発祥の元宮となります

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本 https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記』の2社の論社です


【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 大原郡(ohara no kori) 条
    神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】 樋社
【読み】(ひ の)やしろ
【How to read】(hi no) yashiro

➁合祀
【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 大原郡(ohara no kori) 条
    神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】 樋社
【読み】(ひ の)やしろ
【How to read】(hi no) yashiro

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫

『延喜式神名帳』の2社の論社です

①本社

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 大原郡(ohara no kori)

【社名】 斐伊神社
【読み】(ひいのかみのやしろ)
【How to read】 (hii no kamino yashiro)

➁合祀

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 大原郡(ohara no kori)

【社名】同[斐伊]社坐 斐伊波夜比古神社
【読み】(おなじきやしろにいます ひいはやひこのかみのやしろ)
【How to read】
   (onajiki yashironiimasu hii hayahiko no kamino yashiro)

スポンサーリンク

【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

   斐伊神社(hii shrine)
   (ひいじんじゃ)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location) 

島根県雲南市木次町里方463

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》素盞嗚尊(susanowo no mikoto)
   稲田比売命(inatahime no mikoto)
   伊都之尾羽張命(itsu no ohabari no mikoto)

《配》樋速比古命(hihaya hiko no mikoto)
   炫毘古命(kaga biko no mikoto)
   甕速日命(mika hayahi no mikoto)

【御神格】(God’s great power)

・五穀豊穣 Pray for good harvest
・交通安全祈願 Pray for traffic safety
・穢除 Decontamination of dirt
・御種祭 Seed planting festival
・各種祈願 Various prayers
・初宮参祭 Baby prays at shrine for the first time
・等 etc

【格式】(Rules of dignity)

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』所載社
『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho )』所載社

【創建】(Beginning of history)

創祀については不明 神代

八岐大蛇の八つの角を埋める所、

神代よりの八本杉神幸祭、悪難災禍祓い散餅行事

島根県神社庁HPより

【由緒】(history)

本社の創立は甚だ古く 孝昭天皇5年に御分霊を武蔵国 元官幣大社 氷川神社に奉遷したと 古史伝に記載されている。

出雲風土記の樋社で 延喜式に伊斐伊神社 同社に斐伊波夜比古神社とあり、創立当時は2社あった。
樋社を 斐伊神社と改称したのは、もとこの郷の名が「樋」といったのを 神亀3年民部省の口宣により 斐伊と改めた為である。

文徳天皇 嘉4年 神階正六位を授けられ、
清和天皇 貞観10年9月 従五位下に同13年10月10日従五位上を授けられた。

延喜の制 国幣小社に列せられた。中世より 宮崎大明神と唱えられ地方9ケ村の崇敬が厚かった。

明治5年 郷社に列せられた。
昭和20年12月15日「神道指令」によって社格を廃せられた。
昭和20年8月1日宗教法人となり神社規則を制定し、神社本庁所属となった。
昭和20年8月7日国有境内地309坪の無償譲与を受けた。
昭和28年6月15日宗教法人の登記を完了した。
昭和63年7月社務所改築し拡張して 神楽の演出が出来る様 間口3間、奥行2間とした。同時に手水社を設けた。

「全国神社祭祀祭礼総合調査(平成7年)」[神社本庁]から参照

【境内社】(Other deities within the precincts)

・日宮八幡宮《主》・誉田別尊・足仲彦命・息長足姫尊
         ・猿田彦命・大宮女命・大名持命

・稲荷神社《主》・宇迦之御魂之神・稚産霊命・宇気母智命
        ・大名持命・事代主命

・廿原神社《主》・古那比売命
・火守神社《主》・迦具土命
・社日碑

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

斐伊神社(hii shrine)は 武藏國(東京・埼玉)に分布する氷川神社(hikawa shrine)の元宮で 「肥の河上」に鎮座する神社と言われています

斐伊神社(hii shrine)の古史伝の記載では 大宮氷川神社(さいたま市大宮)は 孝昭天皇5年に分霊奉遷したものとしています

武藏國一之宮(musashi no kuni ichinomiya)とされる由緒ある神社です
詳しくは 大宮氷川神社(さいたま市大宮)の記事をご覧ください

一緒に読む
大宮氷川神社

大宮氷川神社は 勝運に添える太古の社・およそ2400年前から遷座せずにこの地に鎮座しています 現在の「大宮」(埼玉県)の地名は 「大いなる宮居」と氷川神社を称えたことに由来していると云われます

続きを見る

八俣遠呂(yamata no orochi)の頭角を埋めた「八本杉(hachihon sugi)」について

『出雲国風土記(izumo no kuni fudoki)』には 
大原郡に「樋社(hi no) yashiro」と称する神社が二社あり 両社とも神祇官にありと記載されています

『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho) 』には 
出雲国大原郡に「斐伊神社(hii no kamino yashiro)・同社坐斐伊伊波夜比古神社(onajiki yashironiimasu hii hayahiko no kamino yashiro)」とあります

天平時代には2社あったものが 延喜年間までに1社に合祀されたとする説で
この「樋社(hi no) yashiro」「斐伊神社(hii no kamino yashiro)」が 現在の「斐伊神社(hii shrine)」と考えられています

「八本杉(hachihon sugi)」は 2社が併合されるまで どちらかの社があった場所と考えられています
須佐之男命(susanoo no mikoto)が八俣遠呂(yamata no orochi)を退治されて 八つの頭角を埋めた地とされていて 直ぐ近くにあります

「八本杉(hachihon sugi)」の記事をご覧ください

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

木次駅から 北方向へ 1.2km 徒歩15分程度
線路の脇の道に神社の入口があります

斐伊神社(hii shrine)に到着

鳥居まで斜めに参道があります
「鳥居」の左に「手水舎」清めます
案内板があり ひとしきり読み耽ります

「鳥居」の右には「社号標」が建ちます
一礼して鳥居をくぐり 狛犬が座す石段を上ります

石段途中に二の鳥居が建ちます
そこから石段が 北(左)に向きが変わります そして上の境内へ向かいます

古い神社では このように参道も 屈折して 設計者の意図で 人が正中を歩かないようにする配慮がなされています
境内入口にも獅子が構えて 境内左手には社務所があのます

コンクリートの参道が 中央に通っています
中央奥に入母屋造りの拝殿 拝殿後ろに御本殿が建ちます

そのまま拝殿にすすみますと 扁額には「斐伊神社」とあります

賽銭をおさめ お祈りです
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

社殿の左右に境内社が祀られています お詣りです
向かって 右側から 本殿を仰ぎます

すぐ横に 境内社 お詣りです

日宮八幡宮《主》・誉田別尊・足仲彦命・息長足姫尊
        ・猿田彦命・大宮女命・大名持命

向かって 左側から 本殿を仰ぎます

すぐ横に 合殿の境内社 お詣りです

稲荷神社《主》・宇迦之御魂之神・稚産霊命・宇気母智命
       ・大名持命・事代主命

廿原神社《主》・古那比売命

又 境内右の高台へ 石段を上り 境内社に お詣りです
火守神社《主》・迦具土命
社日碑 等

境内は とても綺麗にされています

境内は高台にあり 眼下西方 線路越し 徒歩150mのところに 高さのそろった杉木立ち「八本杉(hachihon sugi)」が見えます

石段を下り

鳥居をくぐり 振り返り一礼

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』大原郡 条 に記される伝承

意訳
『 大原郡(ohara no kori)
  斐伊郷(hi no sato)もとの字は樋(hi) 以上の八郷は 郷ごとに里三ずつです

大原(ohara)と名付けるわけは 郡家の東北11里一百116歩のところの田10町ばかりの平原があります

だから 大原(ohara)といいます

昔は ここに郡家がありました 今もなお もとのまま大原(ohara)と呼んでいます
今 郡家があるところは 名を斐伊(hi)村といいます  

『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲國風土記』 https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

意訳

『 斐伊郷(hi no sato) 郡家に属します

樋速日子命(hihaya hiko no mikoto)が ここに鎮座していらっしゃる

だから 樋(hi)といいます
神亀3年に 字を斐伊(hi)と改めました  』

『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲國風土記』 https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)』大原郡 日井郷 里方 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)』では
 現在の「斐伊神社(hii shrine)」が「宮崎大明神(miyazaki daimyojin)」として記されています

意訳
『 日井郷 里方  宮崎大明神(miyazaki daimyojin)

稲田日女(inada hime)を祀る 

延喜式には「斐伊神社(hii no kamino yashiro)・同社坐斐伊伊波夜比古神社(onajiki yashironiimasu hii hayahiko no kamino yashiro)」と書かれ

風土記には・「樋社(hi no) yashiro」・「同 樋社(hi no) yashiro」と2社あり
1所は この所である 八岐大蛇(yamata no orochi)の角を埋めたところで「同 樋社(hi no) yashiro」としています

老祠官の伝えと伝わります
素盞鳴尊(susanowo no mikoto)大蛇(orochi)を斬たまひて のち 清地(suga no chi・現須我神社)へ 稲田姫(inatahime)を入れたまふとき 爰(koko)を通たまりました 故に通速姫命といいます 是則ち稲田姫なり
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835] 『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)』大原郡 にある伝承

意訳

『 斐伊神社
(hii no kamino yashiro)

  同社坐斐伊伊波夜比古神社
   (onajiki yashironiimasu hii hayahiko no kamino yashiro)

風土記に「樋社(hi no) yashiro」2社あり

1社は 「角杦社(tsuno sugi noyashiro)」といいます
1社は 斐伊郷(hi no sato)「宮崎大明神(miyazaki daimyojin)」といいます

樋速日子命(hihaya hiko no mikoto)を祀ります
1社はいずれの神を祭れたり 甕速日命(mika hayahi no mikoto)を祭れり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  』

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906) 『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

「肥(hi)の河上」に鎮座する社・武藏國(東京・埼玉)に分布する氷川神社(hikawa shrine)の元宮です

斐伊神社(hii shrine)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

武藏國一之宮(musashi no kuni ichinomiya)とされる由緒ある神社です
詳しくは 大宮氷川神社(さいたま市大宮)の記事をご覧ください

一緒に読む
大宮氷川神社

大宮氷川神社は 勝運に添える太古の社・およそ2400年前から遷座せずにこの地に鎮座しています 現在の「大宮」(埼玉県)の地名は 「大いなる宮居」と氷川神社を称えたことに由来していると云われます

続きを見る

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.