伊奈頭美神社(松江市美保関町北浦)

伊奈頭美神社(いなずみじんじゃ)は 宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)を祀る古社で出雲風土記733 AD.』に稲上浜(いなあげはまにある稲積島(いなづみしまと記される地に鎮座します 昔は島であったが 今は陸に続いています 島根郡 不在神祇官社「伊奈須美社(いなみ)のやしろ」に比定されます

Please do not reproduce without prior permission.

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 島根郡(shimane no kori)

   不在神祇官社fuzai jingikan no yashiro)

【社名】伊奈須美社 
読み(いなみ)のやしろ
How to read(inazumi no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

官社ではない為 該当しません

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

伊奈頭美神社(Inazumi shrine)

【通称名】(Common name)

奈具良明神なぐらみょうじん

【鎮座地】(location)

島根県松江市美保関町北浦304

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)=〈稲倉魂命

合祀明治41國主神社村内鎮座〉
《配》大国主神(おおくにぬしのみこと

【御神格】(God’s great power)

五穀・漁

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

創建年代不詳

【由緒】(history)

不詳

【境内社】(Other deities within the precincts)

・八幡宮《主》応神天皇
・宗像神社《主》市杵島姫命
・木ノ山神社《主》天照大神
・荒神

Please do not reproduce without prior permission.

【境外社 (Related shrines outside the precincts)】

・客社 《主》素盞男命

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

御祭神 宇迦之御魂神うかのみたまのかみ)=〈稲倉魂命〉について

宇迦之御魂神うかのみたまのかみ) 神名は「稲に宿る神秘な霊」穀物の神
宇迦」は 稲霊を表す「食ウケ」の古語   

記紀神話にに記される宇迦之御魂神うかのみたまのかみ)の系譜について

・『古事記712AD.』  宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)
  須佐之男命(すさのをのみこと)が 大山津見神の娘神 神大市比(かむおおいちひめ)娶り産んだ子は 大年神 次に宇迦之御魂神

・『日本書紀720AD.』 倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
  神産みの一書(六)
  伊弉諾尊(いざなぎのみこと)伊弉冉尊(いざなみのみこと)が 神産みの時 伊弉諾尊(いざなぎのみこと)息吹を放ち 飢えときに生まれた 倉稲魂命

稲荷神(お稲荷さん)として広く信仰される(うかのみたまのかみ)

現在は 伏見稲荷大社(京都)〈創建 和銅年間(708~715AD.)〉の主祭神 稲荷神(お稲荷さん)として広く信仰されています

一般的に多くの神社で(うかのみたまのかみ)を祀る場合 伏見稲荷大社からの御分霊圧倒的に多いのですが
伊勢神宮では 伏見稲荷大社より早くから 御倉神(みくらのかみ)として祀られていました

北浦に祀られる宇迦之御魂神うかのみたまのかみ)について

伊奈頭美神社(いなずみじんじゃ)は 出雲風土記733 AD.にも所載される古社で 伏見稲荷大社(京都)より古くから 須佐之男命(すさのをのみこと)御子神として 宇迦之御魂神うかのみたまのかみ)が祀られていたものと思われます

この北浦の地にうかのみたまのかみ)が祀られのは 北浦に稲積氏住んだものだろうか この港から多くの稲が運ばれたのか

北浦のすぐ西側の千酌に鎮座する 爾佐神社(にさじんじゃ)に祀られる神は「都久津美神つくつみのかみ)=月読尊(つきよみのみこと)」です

・爾佐神社


千酌で 伊弉諾尊(いざなぎのみこと)伊弉冉尊(いざなみのみこと)が 神産みの時に誕生された月読尊(つきよみのみこと)を祀っていて 北浦で同じように倉稲魂命(うかのみたまのみこと)が祀られているのも 偶然ではないのでしょうか

むしろ太古より 『古事記712AD.にあるように 須佐之男命(すさのをのみこと)御子神 宇迦之御魂神うかのみたまのかみ)が 氏神として祀られていた所 宇迦之御魂神由縁のある地であると感じさせます

伊奈頭美神社(いなずみじんじゃでは
今でも 1月5日「お的神事と田植神事」が行われます その内容は
「神社に集り浜に移り 稲倉山の木を伐り森に見立てて浜に立て 神職や頭屋が幣 弓矢を持って回りをまわる 的射が12本(閏年は13本)の矢で的を射 当たると豊作とされ その後神社で米作り全部を演じる田植神事を行う」

出雲風土記733 AD.』島根郡 北浦の東西には それぞれ神社が記されます

北浦の海岸 フタコブ山のような不思議な形島に見えますが 今は砂洲で陸続きとなっている「奈倉鼻(なぐらはな)と呼ばれる岬が 北浦の海岸を西浜と東浜の2つに分けています

同様に 北浦の東西にそれぞれ 古い神社が鎮座します

この「奈倉鼻(なぐらはな)西側鎮座するのが伊奈頭美神社(いなずみじんじゃ」という古社
の稲積(いなづみ)に鎮座するのが「伊奈阿気神社(いなあけじんじゃ)という古社

神社の名称の・「伊奈頭美」は「稲積(いなづみ)「伊奈阿気」は「稲上(いなあけ)」と考えられていて 各々「稲倉(いなくら)の意味を持ちます

伊奈須美社(いなすみ) (inasumi no) yashiro出雲風土記733 AD.

・伊奈頭美神社〈稲倉明神〉

 

伊奈阿氣社 (いなあけ) (inaake no) yashiro出雲風土記733 AD.

・伊奈阿気神社

 

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

米子空港から県道47号を北西へ 江島大橋を渡り県道338号へ 県道152号で日本海側へ 北浦の海岸を目指します 約18km 車30分程度

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

北浦の海岸へ着くと 白洲の先に フタコブ山のような不思議な形島に見えるが 今は砂洲で陸続きとなっている「奈倉鼻」と呼ばれる岬が見えてきます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

そのまま白洲の海岸を進むと「奈倉鼻」の先端に鳥居が見えてきます

Please do not reproduce without prior permission.

伊奈頭美神社(松江市美保関町北浦)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

東西に弓なりの白洲ビーチが広がり絶景です

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居は南を向いて建っていますが 境内は「奈倉鼻」麓にあって東向きです
一礼をして鳥居をくぐります 鳥居の扁額には「伊奈頭美神社」

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居の先は 奥行きはありませんが 参道は東に折れて 東向きの隋神門をくぐると石灯と狛犬が並び 一段上って拝殿が建っています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の扁額は「稲倉大明神」 社号旗には「伊奈頭美神社」

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には幣殿と春日造の本殿

Please do not reproduce without prior permission.

社殿を中心に三つの木造小祠と荒神が鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

社殿に一礼をして参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

参道から東の浜を見ます

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居の手前から西の浜を見ます

Please do not reproduce without prior permission.

ここから東の浜の先に鎮座する「伊奈阿気神社(いなあけじんじゃ)に社殿は向いていることになります 丁度 三角錐or円錐形の山の麓辺りです こういった形の山には よく稲積山〈稲穂を積み上げた形に似ている〉と命名されますが 麻仁曽山(まにそやま)172m〈古には 「大島」隠岐知夫里島の渡津と出雲 千酌との船舶往来の目印となった島〉

Please do not reproduce without prior permission.

・伊奈阿気神社

 

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.』島根にある伝承

伊奈頭美神社(松江市美保関町北浦)の鎮座地について記しています

【意訳】

稲上浜(いなあげはま〈現 美保関町北浦の稲積の海岸

広さは一百六十歩 〔百姓家がある〕

稲積島(いなづみしま〈現 北浦の稲積の海岸にある島〉

周りは三十八歩 高さは六丈
〔松木あり・鳥の〕「中馨南北船猶往来也」

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』島根郡 北 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

「伊奈久良明神」と記され
風土記載する「伊奈都美社(いなみ)のやしろ」これなり この所を伊奈都美浦と云う」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

「昔は島であったが、今は陸に続いている」と記しています

【意訳】

伊奈頭美社(いなみ)のやしろ

稲積(いなづみ)浦の伊奈久良(いなくら)明神である。
昔は島であったが、今は陸に続いている。
稲倉は イナアケとも読めるが、イナアケの社は 麻仁祖(まにそ)山の分であろう。   

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

伊奈頭美神社(松江市美保関町北浦)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.