奥田神社(雲南市大東町中湯石)

奥田神社(おくだじんじゃ)は 出雲風土記733 AD.』に「この地まで その海潮うしおが至りました 故に 得塩うしお云う」と記す海潮郷の入口に鎮座します 『延喜式神名帳927 AD.出雲大原郡「海潮神社 うしほの かみのやしろ」の論社です 

Please do not reproduce without prior permission.

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 大原郡(ohara no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】得鹽社
読み(うしお)のやしろ
How to read(ushio no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 大原郡(ohara no kori)

【社名】海潮神社
読みうしほの かみのやしろ
How to readUshiho no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

奥田神社(Okuda shrine)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県雲南市大東町中湯石86

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》須我禰命すがねのみこと
   猿田彦命さるたひこのみこと
   興玉神(おきたまのかみ)

【御神格】(God’s great power)

五穀豊穣・厄除け・交通安全

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

創建年代不詳
一説に万治元年(1658)新建

【由緒】(history)

由緒
須我禰命、海潮の地の守護神として領し給うたが、後 御子神の宇能活比古命に譲り給い、海潮の郷の入口に守護神として御鎮座し給う。
島根県神社庁HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

本殿向かって左に祀られる
秋葉神社《主》軻遇突智命

Please do not reproduce without prior permission.

本殿の向かって右に祀られる
歳徳神・荒神

Please do not reproduce without prior permission.

右の上段に祀られる
石碑蚕大神

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

『延喜式神名帳927 AD.出雲大原郡「海潮神社 うしほの かみのやしろ」の論社について

・海潮神社

・奥田神社

得塩(u shio)の地の伝承について

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)』に「この地まで その海潮(u shio)が至りました だから 得塩(u shio)といいます」と伝えています

すなわち神が 海水をこの辺りまで押し上げてきたとの伝承です

また 赤川に須賀川や刈畑川が合流する海潮の盆地に船林神社(funabayashi jinja)」があり出雲風土記(izumo no kuni fudoki)』の伝承が残ります

阿波枳閉委奈佐比古命(awa kihe wanasa hiko no mikoto)曳いてきて据えた船が 山になったので「船岡」というここにも海にかかわる伝承がのこります

船林神社(funabayashi jinja)の記事もご覧ください

得塩(u shio)とは 海なのか? 温泉なのか?

このような伝承を儚い人知でみれば 海潮温泉はナトリウム・硫黄塩の温泉で 海水と似た「潮」そのものです

風土記では「得塩(u shio)の地」についての伝承ですので それを潮としたのか ? と結論づけるのは至極簡単であります 

しかし 奥田神社(雲南市大東町中湯石)の鎮座する海潮温泉でも海抜70m近くあり 仮に大地震で津波があったとしても ここまでの海水の遡上は難しいのでは と考えてしまいます

しかし 神業(かみわざ)とは 人知を遥かに凌ぎ おとずれるものです

歴史上では 海面水位は 現在と同じであったわけではありませんので 仮に今よりも 海面水位が高かった頃に津波などがあれば 内陸の奥まで船を押し流すこともあったのではないでしょうか?

神代(縄文期であったろう)「出雲の国引き神話」の頃 縄文海進があったとされ 日本海側では20m近い海進があったという伝承も残りますが 仮に15mであった場合の想定図を下記に作成してみました

Please do not reproduce without prior permission.

びっくりするほど「出雲の国引き神話」の情景と瓜二つの図になります

この時 大原郡(ohara no kori)では 海岸線が ちょうど斐伊川と赤川の合流地点辺りまで来ることになります

その地点から 少し赤川を上った加茂町宇治には 御祭神として宇能遅比古命(unojihiko no mikoto)」を祀る「宇能遲神社(unochi shrine」があり 更に上流に海潮郷(ushio no sato)があることになります

海潮(u shio)の地迄 神が海水をこの辺りまで押し上げてきたとの伝承をおとぎ話のように扱うことは出来なくなってきます

宇能遲神社(unochi shrineの記事もご覧ください

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR木次線 出雲大東駅から 県道24号を 赤川を遡るように西へ 約4km 車7分程度 海潮温泉の直ぐ傍です

Please do not reproduce without prior permission.

古代鉄歌謡館に隣接していますが 参拝日は 11月10日でしたが 祭りの準備に氏子の方々が幟旗や境内の清掃など ご奉仕をなされていました

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

奥田神社(雲南市大東町中湯石)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

木製の両部鳥居の横に社号標が立ち「奥田神社」と刻まれています

一礼をして鳥居をくぐります

Please do not reproduce without prior permission.

お掃除をされている氏子の方々に会釈をしながら 拝殿に進み

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 幣殿 本殿が鎮座します その両脇には境内社が祀られています

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして境内を出ると 紅葉がはじまる山裾に鳥居があり 氏子の方々が祭りの準備に車で駆けつけています このように神社が守られていることに感謝します

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)大原郡  海潮郷(ushio no sato) 記される伝承

※海の道は「(unoji)うのぢ」の意で
宇乃遅社(unoji) yashiro
・汗乃遅社(unoji) yashiro と通じます

【意訳】

海潮郷うしおのさと

郡家(こおりのみやけ)の正東一十六里三十三歩
古老が伝えて云う宇能治比古命(うのじひこのみこと) 御祖(みおや)の須我禰命(すがねのみこと)を恨みて北の方出雲の海潮(うしお)を押止め御祖之神を漂わすこの海潮(うしお)至る故に得塩(うしお)という
神亀三年字を海潮(うしお)に改める

即ち 東北須我の小川の湯淵村の川中に温泉あり(名を用いず) 同じく川上の毛間林の川中に温泉出る(名を用いず)

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』大原郡 飛石 にある伝承

奥田神社(雲南市大東町中湯石)について 記しています

『雲陽志(unyo shi)では

飛石「興田大明神」と記され

万治元年 新建の棟札あり 遷座来歴分明ならず 祭禮十月卯の日」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『神社覈録(Jinja Kakuroku)〈明治3年(1870年)〉』に記される伝承

式内社 海潮神社の所在について 南村に在す 大畑明神〈現 海潮神社大東町南村〉を比定していますが 飛石村 奥田明神〈現 奥田神社(大東町中湯石)〉も載せています

【意訳】

海潮神社

海潮は 宇志保と訓べし 和名鈔 郷名部 海潮

〇祭神 宇能治比古命(うのじひこのみこと)雲陽誌 巡拝記
海潮郷 諏訪南村に在す 雲陽誌 巡拝記 今 大畑明神と称す 巡拝記

出雲風土記云う「海潮郷 古老が伝えて云う 宇能治比古命(うのじひこのみこと) 御祖(みおや)の須我禰命(すがねのみこと)を恨みて 北の方 出雲の海潮(うしお)を押止め 御祖之神を漂わす この海潮(うしお)至る故に得塩(うしお)という 神亀三年字を海潮(うしお)に改める

巡拝記に 飛石村 奥田明神をも海潮神社と云り 然れど雲陽誌に この社は萬治年中 新建の社なるよし云り 故に今従わず

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『神社覈録』著者 鈴鹿連胤 撰[他] 出版年月日 1902 出版者 皇典研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991015

『特選神名牒(Tokusen Shimmyo cho)〈明治9年(1876)完成〉』に記される伝承

式内社 海潮神社の所在について 南村に在す 大畑明神〈現 海潮神社大東町南村〉を比定していますが 飛石村 奥田明神〈現 奥田神社(大東町中湯石)〉も載せています

【意訳】

海潮神社

祭神 宇能治比古命(うのじひこのみこと)

今按〈今考えるに〉
風土記 海潮郷うしおのさと條に「古老が伝えて云う 宇能治比古命(うのじひこのみこと) 御祖(みおや)の須我禰命(すがねのみこと)を恨みて 北の方 出雲の海潮(うしお)を押止め 御祖之神を漂わす この海潮(うしお)至る故に得塩(うしお)という 神亀三年字を海潮(うしお)に改める」とありて 宇能遅神社に引りされは祭神 宇能治比古命とすべし

祭日 九月九日

所在
今按〈今考えるに〉
式社考に 得鹽社(うしお)のやしろ とあり 海潮郷 南村大明神を云うなり云々
又 一説に海潮郷 八艘に在り 南村なるは眞にあらず 先年 かの社に得鹽神社の額をかけし時 八艘なる得鹽社より 遏(とど)めて訴になり いづれも額を除たりとか いづれまことのならんと見えたり この所在のこときき訂すべし 又 神社覈録に巡拝記に 飛石村 奥田明神をも海潮神社と云り 然れども雲陽誌に この社は萬治年中 新建の社なるよし云り 故に従わずとて 南村と定めたり

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『特選神名牒』大正14年(1925)出版 磯部甲陽堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/971155

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD. にある伝承

式内社 海潮神社の所在について 南村大明神〈現 海潮神社大東町南村〉としていますが 一説に八艘なる得鹽社〈現 須我神社大東町須賀)の境内社 三社合殿(海潮神社(元 八所鎮座)・荒神社・若宮神社〉とも記していま

【意訳】

海潮神社

風土記に得鹽社(うしお)のやしろ とあり 海潮郷 南村大明神を云うなり
宇能治比古命(うのじひこのみこと)を祭る
本社 神殿 二間四方 祭日 九月二十九日

得鹽といふ名の故は略

又 一説に海潮郷 八艘に在り 南村なるは眞にあらず 先年 かの社に得鹽神社の額をかけし時 八艘なる得鹽社より 遏(とど)めて訴になり いづれも額を除たりとか いづれまことのならん

【原文参照】

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

【意訳】

得鹽社(うしお)のやしろ

風土記鈔に海潮郷うしおのさと南村の大森大明神であるといふ。弘安寺より東東北へ眞直三町許りにある。宇能治比古命(うのじひこのみこと)を祀る。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

奥田神社(雲南市大東町中湯石)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.