久良彌神社(松江市)

久良彌神社(くらみじんじゃ)は 『出雲國風土記』の中に登場する有名な「国引き神話(kunibiki shinwa)」で「国来 国来」と引いて来こられて 宇波折絶(unami no oritae)から縫へる国は「闇見の国(kurami no kuni)」とされている 「闇見の国(kurami no kuni)」の総社です

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社が3社含まれます

(久良彌神社)

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 島根郡(shimane no kori) 条
    神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】 久良彌社

【読み】(くらみ の)やしろ
【How to read】(kurami no) yashiro

(同波夜都武自別社)・・合祀

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 島根郡(shimane no kori) 条
    神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】 同波夜都武志別社

【読み】(おなじきはやつはしわけ)のやしろ
【How to read】(onajiki hayatsuhashiwake no) yashiro

(椋見神社)・・合祀

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 島根郡(shimane no kori) 条
    不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】 椋見社

【読み】(くらみ の)やしろ
【How to read】(kurami no) yashiro

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)

※延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社が 2社含まれます

(久良彌神社)

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 島根郡(shimane no kori)

【社名】 久良彌神社

【読み】(くらみのかみのやしろ)
【How to read】(kurami no kamino yashiro)

(同波夜都武自別社)・・合祀

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 島根郡(shimane no kori)

【社名】 同[久良彌]社坐波夜都武自別神社

【読み】(おなじきやしろにます はやつむしわけの かみのやしろ)
【How to read】
    (onajikiyashironimasu hayatsumushiwake no kaminoyashiro)

スポンサーリンク

【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name)

 久良彌神社(くらみじんじゃ)
 (kurami shrine)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

 島根県松江市新庄町994

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》闇於加美神(kuraokami no kami)
        (久良彌神社)・・・出雲國風土記・延喜式内社

《主》速都牟自別神(hayatsumujiwake no kami)
        (同波夜都武自別社)出雲國風土記・延喜式内社

《配》都留支日子神(tsurugihiko no kami)
         (椋見神社) ・・・出雲國風土記

   豊受媛神
   八束水臣津野命
   素盞嗚命・・(日御碕神社)
   建御名方命・(諏訪神社)
   宇迦之御魂神

【御神格】(God’s great power)

水を支配する神であって、これをもとに農業をはじめ産業の発展を司る。

産業を担う者は人であり、人の発展は婚姻、すなわち縁結びである。

当社でも縁結びはもとより、厄除け、交通安全、商売繁盛祈願をしている。

島根県神社庁より

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

文献を紐とくと 文徳実録に任寿元年(851年)九月乙酉 出雲国 速都牟自別神に従五位を授くとある。当社の大神のことである。

延喜式神名帳(927年)久良彌神社は 出雲国風土記に久良彌社と見えたる神社とし 同波夜都武自別社と併書されている。

この二つのお社は 現在の社殿より南西約1キロ奥の久良彌谷の二カ所に祀られていた。
その場所は宮床・元宮の地名が今も残り山林樹木の中に社殿があったらしき跡が残る。

今から約400年前 元和九年(1633年)この地から 現在地へ神社が下りられ 社殿が建立された。
その折 豊受媛神が奉斎された。社殿が下りた理由は大洪水が襲ったことによるらしい。

案内看板より抜粋

【由緒】(history)

本神社は 出雲国風土記の国引き神話に出ている 闇見の国の中心にある神社である。

闇見の国は 松江市手角町から 稲積北浦にぬける地溝から 西佐太川から 東、そして大橋川から北の地域である。
この地は 南に嵩山の山塊、北には島根半島の山塊の中心が 東西に連なっている。この山々から 多くの谷を通り川が 四方八方に流れ出ている。

記紀の闇於加美神は この谷間の神、即ち谷間を照覧し支配する神である。
風土記の島根郡の条に「久良美社」「椋見社」の二社が見えるが、本神社の事であり、闇見の国の総社であることにはまちがいないことである。

島根県神社庁より

【境内社】(Other deities within the precincts)

素我神社《主》素戔嗚命(susanowo no mikoto)

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

神社の案内板には「闇見の国総社(くらみのくにそうじゃ)」(出雲國風土記)と記されています

国引き神話(kunibiki shinwa)「闇見の国(kurami no kuni)」を神社の由来とされ 御祭神のご神徳についても記しています

出雲国風土記、国引き神話に見える闇見の国総社である。
風土記には九良彌社、同波夜都牟志社、椋見社がみえる。
闇見の国は西は佐陀川以東、東は手角~福積の地溝から、西南は大橋川以北である。

闇見の「闇」久良)谷を意味し、「見」(彌)大神が主宰照覧される意である。この大神が支配する地を闇見の国といった。

久良彌神社の闇於加美神は その御名のとおり闇見国を支配し 水の神でもある。農業をはじめ諸々の産業を興し 
同速都牟自別神は 風を支配し鉱工業商業を発展させ民を守る神として崇敬されている。

案内看板より抜粋

出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)については 下記の【神社の伝承】をご覧ください

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

松江駅から 県道21号を北上 右折260号経由 12km程度 車20分ぐらい
中海西岸 県道260号線を本庄へ1km 山の端を抜けて広々としたところに 案内看板があり 小道を西に入る 小道は非常に狭く要注意
しばらくして境内が見えてきます

久良彌神社(kurami no kamino yashiro)に到着

鳥居が二連で建ち 一礼して鳥居をくぐります
狛犬が構える 白砂が敷き詰められた参道が 拝殿・御本殿に斜めに向かっています

拝殿と御本殿は東に面していて 参道は 北東から進むイメージです
古い神社では 設計者の意図で 人が正中を歩かないようにする配慮がなされています

拝殿にすすみます

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

御本殿が 拝殿の真後ろにあります 千木は「内削ぎ」(水平に削る)

境内社は素我神社《主》素戔嗚命(susanowo no mikoto)
数つかの荒神に御幣が捧げられ おのいりをします
参道を戻り 鳥居を抜けて 振り返り一礼

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)意宇郡 条 に記される「国引き神話」伝承について

風土記の有名な「国引き神話(kunibiki shinwa)」の中に「闇見の国(kurami no kuni)」あります 本社がこれの総社に相当するとしています

意訳
 また「北方の良波の国(yoshinami no kuni)を 国の余りが ありはしないかと見れば 国の余りがある」とおっしゃられて

童女の胸のような鋤(そのぐらいの大きさの鉄製の鋤)を手に取られて 大魚(ofu wo)の鰓(era)を切り分けるように丘を鋤で切り裂き
穂振(ho furi)その旗がススキの穂のように なびくように 旗のように切り分けて

三本を寄り合わせた強い綱を掛けて 霜が降りる頃の黒い色の葛を掛けて 来い来いと 河船を川上に網を引き寄せるように そろそろと手繰り寄せて

「国来 国来」と引いて来こられて 宇波折絶(unami no oritae)から縫へる国は  闇見国(kurami no kuni)が これです 』

『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲國風土記』
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)』島根郡 新庄 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)』では
「久良彌神社」が「倉稲明神に都留支日子命・倉稲魂命を祀る」として記されています

意訳

『 倉稲明神
都留支日子命 倉稲魂命を祀る・・・・・・・・

古老の伝へるには この社は100年ばかり以前には 20町程 山奥の峯倉稲越という所にあったが 11月の祭礼に雪深く 難儀あるので 今の宮地に遷したりと伝わるので その所を倉稲越と云う 

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835] 『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)』島根郡 にある伝承

久良彌神社と同[久良彌]社坐波夜都武自別神社が記されています
風土記・延喜式を今は間違って伝えている
意宇郡条にある「闇見の国(kurami no kuni)」であるとしています

意訳
 久良彌神社(kurami no kamino yashiro)
風土記に同じ延喜式の今の本でいきわたって語られていることは誤りです

意宇郡条にある「闇見の国(kurami no kuni)」とあり これなり
餘戸里 新庄村 久良彌神社 これなりとあります

祭神は都留支日子神(tsurugihiko no kami)

祭日 9月19日 
「久良い谷」のことなり 今も「久良美谷」といいけり

  同[久良彌]社坐波夜都武自神社
(onajikiyashironiimasu hayatsumushi no kaminoyashiro)

風土記には「同[久良彌]社坐波夜都武自別社」とあり「久良美大明神」の山の上にあり
この神号の事は 筑陽社の條に書いています  』

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)
『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)』〈大正15年(1926)〉に記される伝承 

久良彌社同社波夜都武自別社について記しています 

【意訳】 

久良彌社(くらみ)のやしろ 

今の本庄村の、クラミ谷の稲倉大明神であって宇迦之御魂命、都留支日子命を祀る。
明治の初年より一百年程前に、今の所より七町ばかり山奥の峯に、御社があったのを、今の社地に移したといふ。 

【意訳】 

同社波夜都武自別社(おなじきやしろ はやつはしわけ)のやしろ 

久良彌社合せ祀る。 

【原文参照 

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』 大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)で有名な「国引き神話(kunibiki shinwa)」の中にある「闇見の国(kurami no kuni)」の総社
久良彌神社(kurami no kamino yashiro)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る 

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.