長見神社(松江市長海町)

長見神社(ながみじんじゃ)は 武蔵坊弁慶の生誕地の産神で 出雲を出立する時に筆で納置した「弁慶願文」(べんけいがんもん)〈1168AD.〉が今でも残ります 出雲風土記733 AD.所載の島根神祇官社「長見社(なかみ)のやしろ」とされます

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 島根郡(shimane no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】長見社 
読み(なかみ)のやしろ
How to read(nakami no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 島根郡(shimane no kori)

【社名】長見神社 
読みなかみの かみのやしろ
How to readNakami no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

長見神社(Nagami shrine)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県松江市長海町51

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》瓊瓊杵命(ににぎのみこと)
   木花開屋姫命(このはなさくやひめのみこと)

【御神格】(God’s great power)

農業、産業の発展

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

長見神社

長見神社は、「ににぎの命」「このはなさくやひめの命」を祀り出雲国風土記に「長見社」と記されている由緒ある神社です。
長海に生まれ成長した弁慶が、病床の母・弁吉から語られた母の生い立ち、自らの出生から幼少期・青年期までのことを書いた「弁慶願文(がんもん」(社宝)が奉納されています。(一般非公開) その後、修行をすると心に決めた弁慶はこの地を旅立ちました。

社頭説明板より

Please do not reproduce without prior permission.

【由緒】(history)

出雲国風土記に記載、毛利、松平氏の崇敬を受ける。
例祭日に天孫瓊々杵命の降臨の古傳祭を行っている。
境外神社に辨吉女霊社があり、辨吉女神霊を祀る。辨吉はあの有名な武蔵坊弁慶の母である。弁慶の生誕の地であり、長見神社には弁慶が書いたとされる武蔵坊弁慶願状がある(宝物として保存)
神社史研究会HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

金崎神社《主》猿田彦命
新宮神社《主》速玉男命
天満宮《主》菅原道真公

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

武蔵坊弁慶が書いた長尺の巻物「弁慶願文」(べんけいがんもん)記される神社

武蔵坊弁慶の母 弁吉大女で醜く二十歳になっても夫が無かった)が 出雲国の縁結びの神「出雲路幸神社(いずもじさいのかみのやしろ)」に詣でて 縁結びを七日七晩通しみました

・出雲路幸神社

出雲路幸神社のお告げで 長海村に住み続けて三年目に夫が出来て 弁慶を産みます 

弁慶が 母の生国である紀州へと 出雲を出立す時「弁慶願文」(べんけいがんもん)納めた長見神社(ながみじんじゃ

・長見神社

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

中海に流れる長海川北岸丘陵 (ながみ)地区に鎮座します
長見神社(松江市長海町)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

石灯籠鳥居が建ちます 一礼をして 鳥居をくぐります

Please do not reproduce without prior permission.

社殿は丘陵の上に鎮座していて 緩やかに参道階段が続きます

Please do not reproduce without prior permission.

新しい狛犬の中に混じり 古い狛犬が構えています

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿に進みます

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 幣殿 本殿 その横には境内社が鎮座します お祈りです

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

境内には 自然石石灯篭や明治期〈明治十四年四月〉奉納された石灯篭などが立っています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

社殿に一礼をして 参道を戻ります 参道の横に生えている2本の巨木からも古社の佇まいが感じられます

Please do not reproduce without prior permission.

河岸の丘陵にある境内からは 近隣には 田畑が多く家屋少なく見通しが良く 見下ろす景色の先には 中海があります

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』島根郡 長海 にある伝承

弁慶が書いた長尺の巻物「弁慶願文」(べんけいがんもん)について詳細に記しています

『雲陽志(unyo shi)では

杵田大明神」と記され
瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を祭る
本社 一間半に二間 南向き 拝殿 二間梁に四間
祭祀 九月十九日 七座の神事あり 小児四人 花笠を着て笛太古にて踊る規定なり

古老の伝に
義経家臣 武蔵坊弁慶産神なり
「弁慶願書」なりとて有るを見るに「弁慶九才の時迄は 母と一緒に居たりしが 村の者 共に悪さし 海中の島にすてられる 音信もなかりけれども・・」と記しています

弁慶が書いた長尺の巻物「弁慶願文」(べんけいがんもん)〉について記しています
《以下要約》
弁吉(べんきち)〈母〉の生は「大治三年戊申五月十五日」
紀州を出て出雲に向かった「久安三年丁卯六月朔日」
弁慶を生んだ「仁平辛未三月三日」1151年 3月3日
亡くなったのが「仁安二年丁亥五月十五日」
弁慶への遺言は
「武士になるなら田那部 法師になるなら武蔵坊と名乗

弁吉〈母〉は 紀伊国(和歌山県田辺)の「誕象(たんしょう)」と言う者の娘で大女で醜く 二十歳になっても夫が無かった
父母は 弁吉〈母〉を 出雲国の縁結びの神「出雲路幸神社(いずもじさいのかみのやしろ)」に詣でさせます
ここで七日七晩通し拝み 枕木山の麓「長海村」に七年間住めば夫を得られると云うお告げがあり
長海村に住み続けて三年目に 山伏が現れ 歌に我は これ出雲の神の結びにて 汝を妻と定めり」と告げた
お告げ通り 弁吉〈母〉は身籠るが つわりが酷く 鉄を好み その度に村人の「鍬(くわ)」を隠し取って 9本を食べ
10本目を食す途中で村の子供に見つかり 食べ残したので 普通の人に近い13か月で弁慶が生まれた
その子は髪が長く 歯も二重に生え揃い 左の肩には「摩利支天」右の肩には「大天狗」の文字が刻まれ 顔の色は黒く鉄色 弁吉〈母〉が鉄を食べ残したので 喉あたりは普通の肌だった
7歳の時には暴れて村中が騒ぎとなり 弁太を中海の無人島に置き去りにした
そこに山伏現れ 剣術や学問習い 2年経つと 山伏は 実は弁慶の父であると明かし飛び去る その正体は天狗
山伏は弁慶に 自力で岸へ渡るように言う
10歳の時 袖や裾に砂を入れて海中に落として 島と岸をつなぐ道を作り 長海に帰還する そして近くの枕木山にある華蔵寺で修行し名前を弁慶と改め
15歳になり 刀匠の成相定恒(ありあい さだつね)に太刀を作らせ 三年三ヶ月かかってできた刀は 金床をまっぷたつに切るほど その刃渡り蒼天に光り 剣先雨を呼ぶの出来栄えであった それを見た弁慶は「このような銘刀を他にも作るのか」と問い 定恒は「私の生業なので金子次第である」答え 弁慶は「これほどの腕の鍛冶を生かして また別の刀を作られては危険」と一刀両断に定恒を切り捨てた

仁安二年五月十五日 弁吉〈母〉が亡くなり
翌年三月上旬 弁慶は 母の生国である紀州へと 出雲を出立す

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『神社覈録(Jinja Kakuroku)〈明治3年(1870年)〉』に記される伝承

巡拝記を転用して 弁慶が書いた「弁慶願文」(べんけいがんもん)について記しています

【意訳】

長見神社

長見は 奈賀美と訓べし

祭神 瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)雲陽誌 巡拝
〇長海村に在す 今 杵田(きた)明神称す 雲陽誌 巡拝

巡拝記に
当所は武蔵坊弁慶の生所地なり 弁慶始めて当国 出立の願書とて 則 同人自筆にて当社に納置 予社家に乞てこれを見るに
弁慶の母
弁吉 紀州にて 大治三年戊申五月十五日生まる
顔 見にくふして 夫なし 出雲の結の神に祈らむとて 久安三年丁卯六月朔日 紀州熊野路を出立す 当国当所にて始めて夫に逢う
仁平元年三月三日 弁慶を産む 仁安二年五月十五日 母 果(はて)る
翌年三月上旬 弁慶始めて 当国出立すといへり

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『神社覈録』著者 鈴鹿連胤 撰[他] 出版年月日 1902 出版者 皇典研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991015

『特選神名牒(Tokusen Shimmyo cho)〈明治9年(1876)完成〉』に記される伝承

【意訳】

長見神社

祭神 瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)
祭日 九月十九日
社格 村社
所在 長海村

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『特選神名牒』大正14年(1925)出版 磯部甲陽堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/971155

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD.島根郡 にある伝承

意訳

『 長見神社nakami no kamino yashiro)

風土記に同じ 手染郷長見村なり 杵田大明神これなり
瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を拝祭るといへり 
神殿 一間半に二間 南向き 拝殿 二間に四間なり

祭日 九月十九日

〇武蔵坊弁慶は当村の生まれ この社を産神とし崇信しきたよし 古老の伝にいえり 社にも この由をかきた古文あり由なり この国には弁慶の古跡多し これは予別に考なり 

【原文参照】

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

【意訳】

長見社(なかみ)のやしろ

今の本庄村 長海(ながみ)の杵田大明神(きた だいみょうじん)であって、瓊瓊杵命(ににぎのみこと)、木花開屋姫命(このはなさくやひめのみこと)を祀る。   

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

長見神社(松江市長海町)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.