久多美神社(出雲市東福町)

久多美神社(出雲市東福町)は『出雲國風土記』所載の論社2社が鎮座します 「久多美社(kutami no)yashiro」の分霊を永保元年(1081)「御本殿」に奉遷・同時期に「同久多美社(onajiki kutami no)yashiro」も「境内の三女社」に分霊奉遷します

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

当社の境内にある「本殿」と「境内社 三女社」の2社が それぞれ『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』の所載「久多美社(kutami no) yashiro」の論社とされています

《 久多美神社 本殿》「池田社」の分霊奉遷

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 楯縫郡(tatenui no kori) 条
     不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】 久多美社

【読み】(くたみ の)やしろ
【How to read】(kutami no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

《 境内 三女社 「埋女社」の分霊奉遷

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 楯縫郡(tatenui no kori) 条
    不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】 同久多美社

【読み】(おなじきくたみ)
【How to read】(onajiki kutami no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

非官社のため 該当しません

スポンサーリンク

【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

  久多美神社(kutami shrine)
  (くたみじんじゃ)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location) 

島根県出雲市東福町540

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》正哉吾勝勝速日天忍穂耳命
   (masaka akatsu katsuhayahi ameno oshihomimi no mikoto)
   天穂日命(ameno hohi no mikoto)
   天津彦根命(amatsu hikone no mikoto)
   活津彦根命(ikutsu hikone no mikoto)
   熊野樟日命(kumano kusubi no mikoto)

【御神格】(God’s great power)

・五穀豊穣 Pray for good harvest
・諸願成就 Realization of various wishes
・延命長寿 Healthy and longevity
・息災安全 Exclude health, safety and disaster
・家運隆昌 Home fortunes improve
・諸災消除 Eradicate various disasters
・等 etc

【格式】(Rules of dignity)

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』所載社

【創建】(Beginning of history)

永保元年(1081)3月
「池田社」の分霊を奉遷
境内社「三女神社」は同じ頃「埋女社」の分霊を遷した社

【由緒】(history)

「出雲国風土記」に、久多美社が三社記されている。

その一つは、久多美町寺床にあって、「大国主命」を祀る社で、
他の二社は、「三女神」を祀る久多美町字宇埋女にあった「埋女社」と、
「五男神」を祀る久多美町字池田にあった「池田社」とがそれである。

当「久多美神社」は、「池田社」の分霊を奉遷下社であり、
境内社「三女神社」は同じ頃「埋女社」の分霊を遷した社である。

奉遷した時期は、初代「常松治部左衛門 藤原秀就」は紀伊国「日前神宮」の宮司の弟で、
出雲大社参拝の途次、「桧ヶ山」(ひのきがせん)の麓字神田に居を構え、その後廿数年を経て、
永保元年(1081)三月、現在地に移り、永保年間に池田の「五男神」と宇埋女の「三女神」を境内社に祀ったものと考えられる。

例祭日の午後二時より、「獅子舞」と「神事花」(七地区)と、「三番叟の舞」(二地区)を毎年順次奉納する。

島根県神社庁HPより

スポンサーリンク

【境内社】(Other deities within the precincts)

・三女神社 ※『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』所載社 

・三女神社 《主》多紀理姫命(takirihime no mikoto)
         市寸島姫命(ichikishima hime no mikoto)
         多岐津姫命(tagitsu hime no mikoto)
      《合》牧戸天満宮 菅原道真公(sugawara no michizane ko)

・能登神社 《合》大国主命 大己貴命 神功皇后
         応神天皇 武内宿禰 稲倉魂命
・東郷天満宮《主》菅原道真公(sugawara no michizane ko)
・金比羅神社《主》大物主命(omononushi no mikoto)
・福富神社 《主》二福神(恵比寿・大黒) 稲倉御魂
・稲荷神社

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

神社の名称は「飛田大明神」⇒「富田大明神」⇒「久多見神社」と変遷

池田の地より遠隔地に奉遷したことから、飛びはなれた地に遷られた「飛田大明神」と申したが、
寛文2年(1662)松平藩公が当地へ狩に来られた際、神社の由来を尋ね、「飛田」を「富田」に改めさせられた。これ以後は「富田大明神」と称した。

 明治3年「久多見神社」と改称し、大正2年に遷宮し許可を得て「久多美神社」と称した。

境内案内板より抜粋

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

雲州平田駅から R431号を南西方向 県道184号を右折 約3.2km 車 7分程度
平田の繁華街から 小津港方面向かう 田園地帯の中 さくら小学校の横の山にあります

久多美神社(kutami shrine)に到着
丁度 朝陽がのぼりはじめます お詣り開始です
鳥居に朝陽が差し込み 長い影を参道につくります

一礼して鳥居をくぐります
正面に山に誘うように建立された神社の参道を進みます

右手に 手水盤があり 清めます
すぐ横に案内板があり ひとしきり読み耽ります

狛犬と石灯篭に囲まれた参道石段を上がっていきます

境内は 下と上の二段構えに造られています
下の境内には社務所 上の境内には正面に横長の拝殿・軒を連ねた神楽殿・その奥に御本殿(千木は外削ぎ)が建ちます

拝殿にすすみます 出雲式の太い注連縄と扁額には「久多美神社」とあります

賽銭をおさめ お祈りです
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

振り返ると朝陽が鳥居の少し横にあります
11月13日のご参拝なので おそらく冬至には 鳥居の真正面から朝陽が上るのではないだろうか ??

御本殿の左右の境内社にお詣りです

御本殿の向かって右手より順にお詣りです
・福富神社 《主》二福神(恵比寿・大黒) 稲倉御魂

・金比羅神社《主》大物主命(omononushi no mikoto)
その後ろの・稲荷神社

・東郷天満宮《主》菅原道真公(sugawara no michizane ko)

御本殿の向かって右隣

・能登神社 《合》大国主命 大己貴命 神功皇后
         応神天皇 武内宿禰 稲倉魂命

御本殿を右手より仰ぎます

本殿裏手から 左手の境内社にお詣りです
・稲荷神社

つづいて『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』所載社の

・三女神社 《主》多紀理姫命(takirihime no mikoto)
         市寸島姫命(ichikishima hime no mikoto)
         多岐津姫命(tagitsu hime no mikoto)
      《合》牧戸天満宮 菅原道真公(sugawara no michizane ko)

「宗像の三女神」に朝陽が差し込んでいます

日が昇ってきましたので 参道の中心寄りに陽が向いています
太陽に向かい参道を戻ります

鳥居を抜けて 振り返り一礼

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

『雲陽志(unyo shi)』楯縫郡 福村 にある伝承

①久多美神社(kutami shrine)が「富田明神」として記されています
➁境内社 ・能登神社 《合》大国主命 大己貴命 神功皇后 は
応神天皇 武内宿禰 稲倉魂命
「東郷 能登神社」と「福村 八幡宮」の合祀社であることが判ります
➂東郷天満宮《主》菅原道真公(sugawara no michizane ko)は「天神」と記されています

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』所載の「久多美社(kutami no) yashiro」の分霊を永保元年(1081)に奉遷します 本殿と境内社 三女社が坐ます
久多美神社(kutami shrine)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』楯縫郡 条 玖潭郷 に記される伝承について

『雲陽志(unyo shi)』楯縫郡 久多美(kutami) にある「五社明神(gosha myojin)」の伝承
こちらは「玖潭神社(kutami shrine)」の記事をお読みください

一緒に読む
玖潭神社(出雲市久多見町)

玖潭神社は 「所造天下大神命=大穴牟遅大神(onamuji no okami)」を祀ります 『出雲國風土記』には「玖潭(kutami)」の地名の呼称由来として 御祭神が「にわか雨が くたみ(弱り)やまむ」と云われたからと伝承として記されています

続きを見る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.