國村神社(出雲市多伎町久村)

國村神社(くにむらじんじゃ)は 社伝によれば 垂仁天皇(紀元前28年)御代 出雲宿祢(いずものすくね)が建立したのが初めとされ 出雲風土記733 AD.』によれば 祭神八束水臣津努命やつかみずおみづぬのみこと)」が「国引き神話」の時に用いた」が 鎮座地「薗の長浜(そののながはま)」になった記されています

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 神門郡(kando no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】國村社
読み(くむら)やしろ
How to read(kumura no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 神門郡(kando no kori)

【社名】國村神社
読みくにむらの かみのやしろ
How to readKunimura no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

國村神社(Kunimura shrine)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県出雲市多伎町久村1289

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》八束水臣津努命やつかみずおみづぬのみこと)

《配》須佐之男命(すさののみこと)
   大年之大神(おとしのおかみ)

【御神格】(God’s great power)

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

由緒

主祭神は「国引神話」の主人公、八束水臣津努之命(やつかみずおみづぬのみこと)。素佐之男命(すさのおのみこと)、大歳大神(おおとしのおおかみ)をともに祀っています。

鎮座年代は不詳。『出雲国風土記』に「國村の社」、『延喜式神名帳』に「國村神社」と記されています。
社伝によれば、「垂仁天皇(紀元前28年)ノ御宇ニ 出雲宿祢 初テ当社建立 其時 社内五百歩四方アリ・・・」とあります。
出雲観光協会公式サイト より

【由緒】(history)

國村神社

主祭神は「国引神話」の主人公、八束水臣津努之命(やつかみずおみづぬのみこと)。素佐之男命(すさのおのみこと)、大歳大神(おおとしのおおかみ)をともに祀っています。

鎮座年代は不詳。『出雲国風土記』に「國村の社」、『延喜式神名帳』に「國村神社」と記されています。

社伝によれば、「垂仁天皇(紀元前28年)ノ御宇ニ 出雲宿祢 初テ当社建立 其時 社内五百歩四方アリ・・・」とあります。
所在地: 島根県出雲市多伎町久村1289番地

島根県多伎町ポータルサイト ちじくの里多伎きらりプロジェクト
http://www.taki-kirari.jp/taki/index.html より

【境内社】(Other deities within the precincts)

稲荷神社《主》宇迦之御魂神
秋葉社《主》迦具槌命 火彦巣日命
招魂社《主》護国の英霊

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

鎮座地「薗の長浜(そののながはま)と「国引き神話」について

出雲風土記733 AD.』には 当社祭神八束水臣津努命やつかみずおみづぬのみこと)」の「国引き神話」が記されます この時に用いた」が「薗の長浜(そののながはま)」になったとあります

「薗の長浜(そののながはま)」は 現在の大社町の稲佐の浜から出雲市の長浜に渡る8kmほどの海岸砂丘地帯で 國村神社 この海岸丘の上に鎮座しています

近畿中国森林管理局作成の【「古記の森」再生事業『出雲の国風土記』を見つめて】の中に「国引き神話と三瓶山国有林」の図があり 非常に判り易いので転用させて頂きました
図の西側が「薗の長浜(そののながはま)」

出典:近畿中国森林管理局Webサイト(https://www.rinya.maff.go.jp/kinki/simane/mori-enjoy/izumonokunihudoki.html)より

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.意宇郡にある伝承

意宇郡の総記に 御祭神の八束水臣津野命(やつかみずおみつぬのみこと)の国引き神話が書かれていて「その引いた綱は 薗の長浜(そののながはま)」とあります

【意訳】

意宇郡の総記

意宇と以って号するのは 国引きを坐(ましま)す八束水臣津野命(やつかみずおみつぬのみこと)勅されるには
「八雲立つ出雲の国は 幅の狭い布のような幼い国である 初め国を小さく作った故 縫いつける作とにしよう」と勅されて「志羅紀の三崎を 国の余りがありはしないかと見れば 国の余りがある」と勅され 童女(おとめ)の胸のような鋤(すき)を手に取られて 大魚の鰓(さだ)を衝くように土地を断ち切り 割き離し 三本縒り(より)の強い綱を掛け 霜枯れた黒葛(つづら)を繰寄せ 河船を引くようにそろりと「国来(くにこ)」と引来て 縫いつけた国は 去豆の折絶(こづのおりたえ)から八穂米支豆支御埼(やほしねきづきのみさき)
そして この国を堅固立てた杭は 石見国(いわみのくに)と出雲国との堺にある佐比売山(さひめやま)で またその引いた綱は 薗の長浜(そののながはま)これなり

また
「北門の佐伎国(さきのくに)を 国の余りがありはないかと見れば 国の余りがある」と勅され 童女の胸のような鋤を手に取られ 大魚の鰓を衝くように土地を断ち切り 割き離し 三本縒りの強い綱を掛け 霜枯れた黒葛を操り 繰り寄せ 河船を引くようにそろり「国来(くにこ)」と引来て 縫いつけた国は 多久折絶(たくのおりたえ)から狭田の国(さだのくに)がこれなり

また
「北の良波国(えなみのくに)を 国の余りがありはないかと見れば 国の余りがある」と勅され 童女の胸のような鋤を手に取られ 大魚の鰓を衝くように土地を断ち切り 割き離し 三本縒りの強い綱を掛け 霜枯れた黒葛を操り 繰り寄せ 河船を引くようにそろり「国来(くにこ)」と引来て 縫いつけた国は 宇波折絶(うはのおりたえ)から闇見国(くらみのくに)これなり

また、
「高志津津三埼(こしのつつのみさき)を 国の余りがありはないかと見れば 国の余りがある」と勅され 童女の胸のような鋤を手に取られ 大魚の鰓を衝くように土地を断ち切り 割き離し 三本縒りの強い綱を掛け 霜枯れた黒葛を操り 繰り寄せ 河船を引くようにそろり「国来(くにこ)」と引来て 縫いつけた国は 三穂埼(みほのさき) 持って引いた綱は 夜見島(よみしま) 繋ぎ固めた立てた抗は 伯耆国(ほうきのくに)の大神岳(おおかみのたけ)これなり

「今は国引きを終えた」と勅され 意宇社(おうのもり)に杖を突き立て「意恵(おえ)」と勅され 故に 意宇(おう)云う
〔意宇社という 郡家(ぐうけ)の東北辺り 田中にある塾これなり 周り八歩ばかり その上に木が茂る〕

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR山陰本線 小田駅から北東2kmの辺り 多伎町久村(くむら)の交差点で北へ向かうと 一の鳥居が建ちます

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居の扁額には「國村神社」

國村神社(出雲市多伎町久村)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして 一の鳥居 二の鳥居くぐると 境内へ続く 植え込みに囲まれた石段があります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿へと向かいます

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 幣殿 本殿が鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

境内社にお参りをして 社殿に一礼をします
戻り参道からは 神社名の「國村社(くむら)やしろ」から 転じたとされる「久村(くむら)」の町が見えています

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』神門郡 久村 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

久村國村神社と記され

延喜式 風土記に國村乃神社あり これをもって久村といふ 國村略語に祠官相伝えて日積大明神号す
天文六年造営の棟札あり 祭日 九月二十九日七座の神事」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD. にある伝承

【意訳】

國村神社

久村なり 日積大明神の社なり 風土記に同じ
大穴持大神をいつき祭るといへり
天文六年の棟筒あり 祭日 九月九日

【原文参照】

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

【意訳】

國村社(くむら)やしろ

風土記鈔に 久村比津毛利大神(くむら ひつもりの おおかみ)といって居る。須佐能袁命(すさのをのみこと)を祀る。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

國村神社(出雲市多伎町久村)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.