真名井の滝(松江市山代町)

真名井の滝は 「末那爲社(manai no)yashiro」(眞名井神社の境内社)の旧鎮座地とされていて 太古より 出雲国造の火継式・新嘗祭には この瀧の聖水を持ちうる定めと云われる「御神水」とされています 又参考として『式内社調査報告(1983)』には「真名井の滝の畔に 真名井神社と称する小社があり」こちらが 式内社ではないだろうかとの説も載せています

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho )』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori) 条
    不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)
【社名】米那為社(manai no) yashiro
【読み】(まない の)やしろ

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

非官社のため 該当しません

スポンサーリンク

【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name)

真名井神社 本殿の向かって右 境内社の旧鎮座地とされます
『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』所載社
  不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)
  ・米那為社(manai no) yashiro
現在の名称は
  ・末那爲社(manai no)yashiro の旧鎮座地とされます
  《主》倉稲魂神(ukano mitama no kami)

【通称名】(Common name)

 真名井の滝(manai no taki)

【鎮座地】(location)

 島根県松江市山代町66

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』所載社の旧鎮座地
・『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho )』所載社の旧鎮座地

【創建】(Beginning of history)

・不詳

【由緒】(history)

この滝壺で汲まれた水は 太古より出雲国造の火継式・新嘗祭に用いたと云われます

真名井乃滝 紹介

真名井町内には 大古の昔から「真名井乃滝」と称する 透き通ったきれいな冷めたい湧水が 滝となつて落下する 自然境に包まれた資源があります。

歴代 私達の先祖は この自然の恩恵により 約10町歩(10へクタール)の水田を耕やし米作りをして来ました。
その間記録的な昭和14年の太旱魃を始め数々の水不足気象が有りましたが、この真名井乃滝の湧水は 意宇水系で錬へられて生じた水で 瞬時も途絶える事なく コンコンと湧き続け 今日に至っております。

 更にこの湧水の成分が 硬質でアルカリ性に富み浄澄度が高い点が評価され、昭和年代初め項より 酒造り用の醸造水として賞喚され 毎年11より明3月迄の間、郷里の地酒造りに用いられています。
そして生まれた銘酒も地元の協力取り組みから 名称そのままに『真奈井』と命名され、だんだん広く皆さんに愛されるようになりました。

一方無尽蔵に湧出する名水を利用して 茶臼山の山麓と云う自然環境と合待って、夏の涼味、そうめん流しを町内で経営し 地域の皆さんにレジャーと憩いの場を提供し高評を頂く中でジゲ起しとして取り組んでおります。

古代においては、出雲大社 出雲国造世嗣ぎの儀時(火継式)には 意宇郡の神魂出向き 神火神水を以てて御饌物を調えるを例とし、その神水は この瀧の聖水を持ちうる定めとしており 往古より水神の信仰として崇敬されています。

真奈井町内会提供

案内看板より

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

出雲国造(izumo no kuni no miyatsuko)の火継式(神火相続式)に使われる「真名井の滝」の御神水

出雲国造が 代替わりの際に行う儀式で「神火相続式」とも呼ばれます
出雲国造が 帰幽(死去)された時
新らたな国造は ただちに大社内の斎館に籠もって潔斎されます
その後 燧臼(hikiri usu)・燧杵(hikiri kine)を携えて「熊野大社」に参向されます

熊野大社の鑽火殿(sanka den)で
燧臼・燧杵により 火を鑽り出し この神火で調理された御饌(食事)を神前に供え 相嘗の儀をします

その後 神魂神社において
饗宴を受け 杵築大社に戻り 奉告の儀式を行い 火継式は終了します

出雲国造の在任中の食事は
この儀式により 鑽り出された神火により 調理されたものを食します
ただし 国造以外は たとえ家族であっても これを口にすることは 許されないと伝われます

火継式の「火」は「霊(hi)」であり
その火をもって調理されたものを食すことで 天穂日命 以来 代々の国造の霊魂を自らの中に取り込むとされています

その神火とは「熊野大社」より 神水とはこの「真名井の滝」の水より と伝わります

※参考
式内社調査報告(1983)には「真名井の滝の畔に 真名井神社と称する小社があり」こちらが 式内社「真名井神社」ではないだろうかとの説も載せています

「天和の頃には 真名井の滝の畔に 真名井神社と称する小社があり、
それを天和から享保に至るあいだに 伊弉諾神社の境内に遷し、当分はこれを若宮と称し、やがて滝神社と改称するにいたったものであるが、
 古く滝の下にあり、後に伊弉諾神社の境内社となった小社こそ、風土記・延喜式以来の真名井神社ではあるまいか。

 いづれにせよ、伊弉諾神社は 式内・真名井神社 そのものではなかった」

式内社調査報告(1983)

この説によれば 式内社「真名井神社」の旧鎮座地となり 次のような時系列となります

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori) 条
    神祇官社(jingikan no yashiro )
【社名】真名井社(manai no) yashiro
【読み】(まない の)やしろ

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori)
【社名】眞名井神社(manai no kamino yashiro)
【読み】(まないのかみのやしろ)

https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』には4つの「カンナビ」があります その一つ「神名樋野(kannabi nu)」(現在の茶臼山)の南東山麓に「真名井の滝」と「眞名井神社」は鎮座します

眞名井神社から 東に約400m 徒歩 5分程度
鳥居の前を東西に通る道を東に進むと 道路が片側1車線に広くなって 空地の先に自販機のある坂道を上がります

藪が少しあり 上に抜けると 真名井神社の直ぐ横に出ます

ちょっとした広場にある 落差約2m程の滝を見つけました

真名井の滝(manai no taki)に到着です

清らかに澄んでいます
この滝壺で汲まれた水は 古来より出雲国造の神火相続式や新嘗祭の際に用いられたとされています

滝壺の水の前にすすみます
お祈りです
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

一礼をして 滝を後にします

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

『雲陽志(unyo shi)』意宇郡 山代郷  にある伝承

『雲陽志(unyo shi)』では
現在の「真名井の滝(manai no taki)」が
   「真名井瀧(manai no taki)」として

伊弉諾社の東方に 5町に 真名井の滝あり 滝の近くに 真名井荒神あり 風土記の真名井社なり と記されています

『原文』参照 『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835] 国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

太古より 出雲国造の火継式・新嘗祭には この瀧の聖水を持ちうる定めと云われる「御神水」          

真名井の滝(manai no taki)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

境内社 末那爲社(manai no)yashiroの現在の鎮座地
「眞名井神社」の記事もご覧ください

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.