阿須利神社(出雲市大津町)

阿須利神社(あすりじんじゃ)は もともとは 現在のように八幡宮と一所ではなく 阿世理池(あせりのいけ)の杓子山といふ小丘に鎮座していました 明治五年(1872)出雲風土記733 AD.所載の神門郡 神祇官社「阿須理社(あすり)のやしろ」を八幡宮と共に 龍王社〈現社地〉に合祀せよ との県庁の指令により現在の神社となりました 

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 神門郡(kando no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】阿須理社
読み(あすり)のやしろ
How to read(asuri no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 神門郡(kando no kori)

【社名】阿湏利神社
読みあすりの かみのやしろ
How to read】Asuri no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

阿須利神社(Asuri shrine)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県出雲市大津町3668

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》豊玉比古神(とよたまひこのかみ)
   豊玉比女神(とよたまひめのかみ)
   玉依比女神(たまよりひめのかみ)
   大己貴神(おほなむちのかみ)

》誉田別命,気長足姫命,足仲彦命,加久突知神,和多津見神,事代主命,大年神

【御神格】(God’s great power)

五穀豊穣、交通安全(祭神が海の神)

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

阿須理社(あすり)のやしろ

風土記鈔に「来原村 権現 而在に阿世理池側」とある。今は大津の街にある八幡宮の境内の龍王権現に、阿須理社の名をもって居る。

今の大津村来原(くりはら)に於いて、斐伊川の水を鹽治村へ導く堀の通って居る所に、池ノ内(いけのうち)といふ所があるが、これが阿世理池(あせりのいけ)の跡である。
その池ノ内の西部に杓子山といふ小丘がある。その所にもともと阿須理社があった。
元禄十三年に、この阿須理社を大神谷のもとの三谷神社の境内に移した。阿須理社は事代主命を祀り、三谷神社は建磐龍命(即 阿曾津彦命)を祀る。

 これとは別に、大津の町に龍王権現といふ社があって、その祭禮は随分賑やかなものであったが、明治より少し前に、この社を兼ね司っていた大津の八幡宮の神職が、社格を高めようといふ考から、この地の総社である所の、鹽治八幡宮の神官 秦氏から「阿利社」といふ名を貰ひ、謝礼に酒二升を贈った。然るに、明治の初め、神社取調係が、阿利社は阿利原にあるべきものである、大津に於いてならば、寧ろ「アリ」の音の間に「ス」を入れ、阿須理とした方がよかろうといった。

 そんな相談はたやすく纏まったが、さて その名を公にするに至って、三谷神社の神官より呼称を申立て、終に裁判沙汰となった。
ところが、それまで三谷神社の神官は杵築に居て、阿須理社等の社務を八幡宮の神官に取扱はせて居たから、証拠に関することは八幡宮の神官に有利となり、その方が勝公事(かちくじ)となって、明治五年に、県庁より、阿須理社を八幡宮と共に、龍王社に合祀せよといふ指令があった。その以前には阿須理社は八幡宮と一所ではなかった。

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 より

【由緒】(history)

阿須利神社

島根県出雲市大津町三六六八番地 鎮座

御祭神
豊玉比古神(とよたまひこのかみ)、玉依比女神(たまよりひめのかみ)、豊玉比女神(とよたまひめのかみ)、大巳貴神(おほなむちのかみ)を主祭神とし、誉田別命、気長足姫命、足仲彦命、加久突知命、和多津見神、事代主命、大年神を合祭しております。

例大祭 十月十五日

由緒
 奈良時代 天平五年(七三三年)今から一二六〇年前「出雲風土記」に「阿須理社」という社名で 上来原の池の内 杓子山にある と記されており、次いで平安時代延長五年に作られた延喜式神名帳に阿須利神社の社名が登録されています。

 昔 海浜でありました 大津湊の旧蹟でありました朝倉の浜に鎮座であり、御祭神が龍王社といい 昔から神門郡中の祈願所とし 旧藩の崇敬厚く、貞享四年十一月 御先尾剱先に移転、明治四年三月 合祭 誉田別命、足仲彦命、気長足姫命は旧大津村の八幡宮の社殿に合祀し、阿須利神社と改称、郷社に列せられる。明治二十三年社を今の地龍王山に移転、十一月二日に遷座式を行った。

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【境内社】(Other deities within the precincts)

稲生神社《主》倉稲魂命
・下照姫神社《主》下照姫神 木花開耶姫神
・延魂神社《主》磐長姫命
恵美須神社《主》八重事代主神
・三輪神社《主》大物主命
・道祖神《主》猿田比古命
潮井神社《主》天照皇大御神
若崎神社《主》素盞嗚命
武内神社《主》武内宿禰命

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

阿須理社(あすり)のやしろ 旧鎮座地について

出雲市大津町には かつて 阿世理池(あせりのいけ)という池があって その西部に杓子山といふ小丘があり その所にもともとが阿須理社(あすり)のやしろが鎮座していた

阿世理池(あせりのいけ)という名は『雲陽誌』によれば

「出雲の振根が 弟の飯伊利根を殺せし時 血流れて池中に入る 故に阿世利(あせいり)池といふ 延喜式に血をもって汗(あせ)と称す 即ち血入池と書くべき」

明治五年(1872)に県庁より 阿須理社を八幡宮と共に 龍王社に合祀せよといふ指令が出される以前の鎮座地

・三谷神社〈阿須利神社の古社地〉出雲市大津町 字西谷

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

一畑電車松江線 大津町駅から 西南へ260m 徒歩3分程度

駅からの道を進むと北側の鳥居(本殿の真横)に出ます
阿須利神社(出雲市大津町)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

東側からが表参道となるようです

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして鳥居をくぐると すぐ左手には 稲荷の赤鳥居持つ境内社 稲生神社が祀られています お詣りをします

Please do not reproduce without prior permission.

石段を上がり拝殿へと向かいます
拝殿の扁額には
「式内 阿須利神社 合殿鎮座 八幡大神宮」とあります

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

社殿に一礼をして 裏参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』神門郡 石塚 にある伝承

社地の 三谷神社阿世理池(あせりのいけ)について記しています

『雲陽志(unyo shi)では

石塚「三谷権現」と記され

「この所を久留原といふ 毎年九月中の卯の日 宮中旗を立て 弓をかざり 神事をつとむ 本社の左より潤水流出し神門出雲両郡の大河へ入る」

「阿世利池」と記し

「里民相伝 昔 八岐大蛇この池に入りてあせり祟りといふ これをもって池の名とせり 土俗伝倒するをあせるといふ
旧記に 夜牟夜淵あり この所なり 出雲の振根 弟の飯伊利根を殺せし時 血流れて池中に入る 故に阿世利池といふ 延喜式に血をもって汗と称す 即ち血入池と書くべき」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD. にある伝承

社地の 三谷神社阿世理池(あせりのいけ)について記しています

【意訳】

阿須利神社

風土記に同じ 塩治郷内 石塚村久留原といふ所に社あり 三社権現といふ祭神社家の説なり 大穴持命 建岩滝命 奥津日子神を祭るといふ

この社の近辺に 阿世利ノ池あり 今 土俗 澤利池(さはりがいけ)といふ

里俗伝えに云う
八岐大蛇 池にいりてあせりたまうといふ これ以って 池の名とせりといいでるが誤りなり
書紀に止屋淵といへる 即ち この池なり 出雲振根 弟の飯入根を殺せし時 血流れて池に入りし故 阿世利といふ汗入(あせいり)の号なり 忌詞を血と汗といいへし
今 池の形少し残り 今 人止屋淵は餘(ほか)にありといふは偽説なり この血入池より三社権現 近くあり 按に 飯入根耳美韓日狡要停を祭れたるにより歟 阿須利阿世音通へり 祭日 九月中卯日・・

【原文参照】

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

江戸期末から明治初頭の神社の歴史が 俗人的に記されています

【意訳】

阿須理社(あすり)のやしろ

風土記鈔に「来原村 権現 而在に阿世理池側」とある。今は大津の街にある八幡宮の境内の龍王権現に、阿須理社の名をもって居る。
今の大津村来原(くりはら)に於いて、斐伊川の水を鹽治村へ導く堀の通って居る所に、池ノ内(いけのうち)といふ所があるが、これが阿世理池(あせりのいけ)の跡である。
その池ノ内の西部に杓子山といふ小丘がある。その所にもともと阿須理社があった。
元禄十三年に、この阿須理社を大神谷のもとの三谷神社の境内に移した。阿須理社は事代主命を祀り、三谷神社は建磐龍命(即 阿曾津彦命)を祀る。

 これとは別に、大津の町に龍王権現といふ社があって、その祭禮は随分賑やかなものであったが、明治より少し前に、この社を兼ね司っていた大津の八幡宮の神職が、社格を高めようといふ考から、この地の総社である所の、鹽治八幡宮の神官 秦氏から「阿利社」といふ名を貰ひ、謝礼に酒二升を贈った。然るに、明治の初め、神社取調係が、阿利社は阿利原にあるべきものである、大津に於いてならば、寧ろ「アリ」の音の間に「ス」を入れ、阿須理とした方がよかろうといった。

 そんな相談はたやすく纏まったが、さて その名を公にするに至って、三谷神社の神官より呼称を申立て、終に裁判沙汰となった。
ところが、それまで三谷神社の神官は杵築に居て、阿須理社等の社務を八幡宮の神官に取扱はせて居たから、証拠に関することは八幡宮の神官に有利となり、その方が勝公事(かちくじ)となって、明治五年に、県庁より、阿須理社を八幡宮と共に、龍王社に合祀せよといふ指令があった。その以前には阿須理社は八幡宮と一所ではなかった。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

阿須利神社(出雲市大津町)に (hai)」(90度のお辞儀)

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.