岩根神社(雲南市大東町山田)

岩根神社(いわねじんじゃ)は 天平元年(729)信濃國 樋浦郷 葦原邑(あしはらむら)より御神霊を迎え 高ノ峯(こうのみね)(当社奥宮)に社殿を創建したと伝えられ 古くは三体妙現宮と称しました 出雲風土記733 AD.』所載の大原郡 不在神祇官社「春殖社(はるえ)のやしろ」の論社の一つです

Please do not reproduce without prior permission.

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 大原郡(ohara no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】春殖社
読み(はるえ)のやしろ
How to read(harue no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

官社ではない為 該当しません

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

岩根神社(Iwane shrine)

【通称名】(Common name)

三体妙見さんたいみょうけん

【鎮座地】(location)

島根県雲南市大東町山田708

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》国常立尊くにとこたちのみこと
   国狭槌尊くにのさずちのみこ
   豊斟渟尊とよくむぬのみこと

【御神格】(God’s great power)

結婚成就 出生安産の守護神

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

結婚成就 出生安産の守護神

岩根神社(三体妙現

御祭神
国常立(くにのとこたち の みこと)
国狭槌(くにのさち の みこと)
豊斟渟(とよくむぬ の みこと)

境内神社
天照皇太神社(天照大神)天満宮(菅原道真公)
金比羅神社(大物主神)金屋子神社(金山彦命)
三社神社
稲荷神社(稲倉魂命)

境外神社
高ノ峯大権現社(大日如来神)

神紋
二重亀甲に 
九曜(くよう)の

当社のはじまり
 天平元年(西暦729年)閏(うるう)正月(二月一日) 信濃國(長野県)樋浦郷 葦原邑(あしはらむら)より御神霊を迎え、高ノ峯(こうのみね)(当社奥宮)に社殿を創建したことに始まると伝えられています。

古くは三体妙現宮と称し、大原郡(現 雲南市)山田、畑鵯(はたひよどり)、仁和寺及び前原の四地区にわたる総氏神として崇敬されてきました。

社地の変遷
 天録年間(西暦956~972年頃)に、高ノ峯の社殿が焼失したため大東町仁和寺地区内の岩根山へ移転しました。
しかし参拝が困難であったため、永長元年(1096年)再び山田地区 水ノ手(みずのて)の地に遷座しました。
平成四年十一月八日、正遷宮に合わせ現社地に鎮座しました。

御本殿(ごほんでん)
 三間社流造(さんげんしゃながれづくり)であり、正面には三つの扉があります。内部は、外陣(げじん)、内陣(ないじん)及び三室の内々陣があり、それぞれに鞘宮型(さやみやがた)の玉殿(ぎょくでん)が安置されています。 
側面には、雌雄(しゆう)の竜の彫刻があります。二頭の竜は、夜に田畑を荒らし、大きな鳴き声で騒ぎ立てたとされ、これを静めるために両眼に銅の釘が打ち込まれたと伝えられています。

神宮寺(じんぐうじ)
 当社には、十六か寺の神宮寺が付属していました。大東町仁和寺に移転した際に、創建された神宮寺が現在の妙見寺(みょうけんじ)です。明治期の神仏判然令を受け、旧 御神体等は当寺へ引き継がれました。
また、大東町田中にある極楽寺大日堂も神宮寺の一つとされています。

特殊神事

結婚萬歳楽(けっこんまんざいら)
大鏡餅を供え、子どもたちが鳳凰(ほうおう)が羽ばたく舞を奉納します。祈年祭で行い、子どもの健やかな成長と幸せな結婚を祈念します。

出生安産の神事
夏祭で奉納される安産と命名の御神楽です。祭礼にお参りした妊婦が産気づき、社殿内にて無事出産となります。生まれた赤ちゃんに神職が命名し、氏子ともども祝福します。出生安産、母子の健康、子孫繁栄を祈念する神事です。

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【由緒】(history)

由緒

聖武天皇 天平己巳年 閏正月朔日(紀元1389)信濃国 樋浦郡芦原邑より大原郡 大東町山田村 高峯に勧請創立した。
爾来 山田村、畑鵯村、仁和寺村、前原村等の四カ村 大氏神として尊崇されていたが 円融天皇 元禄年間に焼失した。
この時 社地険峻のために 仁和寺村 岩根山の嶺に奉遷したが 遠隔地で参拝が不便のため 永長年間に再び 山田村の現在地に奉建して今日に至っている。
今なお 高峯及岩根山に礎石が残っている。

山田村に御鎮座 当時 氏子22戸があり 毎年の御祭事には 順次奉仕しており、これを祷人と云った。
仁和寺に御奉建後 この村人も祷人組をつくり、明治中期頃まで 両村の祷人組をつくり奉仕していたのである。
創立鎮座の頃から 仁和寺へ御移遷頃までは 神宮寺16坊が附属し 年中の御祭事も隆盛を極めたようであるが、神宮寺も四散し 最近まで一坊(古伝祭殿)も雪害により今は残っていない。
大東町仁和寺には 当時の神宮寺があって、当社の古棟札を蔵置している。又、大東町田中の極楽寺は大日堂であって、これまた神宮寺の本尊仏体が安置されている。
※「全国神社祭祀祭礼総合調査(平成7年)」[神社本庁]から参照

【境内社】(Other deities within the precincts)

Please do not reproduce without prior permission.

左に祀られる
・稲荷神社《主》稲倉魂命

中央に祀られる5社合殿

〈向かって左扉〉
・天満宮《主》菅原道真公
中央3社合殿
・天照皇太神宮《主》天照大神
・金比羅神社《主》大物主神
・金屋子神社《主》
金山彦命

Please do not reproduce without prior permission.

〈向かって右扉〉
・三社大神

左に祀られる 石神

【境外社 (Related shrines outside the precincts)】

当初の鎮座地

・高ノ峯大権現社《主》大日如来神

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

岩根神社の元宮について

岩根山の元宮は 古墳の上に祀られています

岩根元宮古墳

:岩根山の南麓近く、岩根集落の最奥部に張り出す支丘陵の端部に位置する。この古墳の墳丘を半分削平して岩根神社の元宮が祀られていたもので、奥の削り崖に横穴式石室の奥半分が残存している地元の人々によると、この石室をっていたものかと思われる。残存する玄室は140×90~95cm、高さ115cmを計る。奥壁は 1枚石、側壁下段は巨石を立てている。天丼石は1枚 が旧状を保っている。

大東町の遺跡 I ― 春殖・幡屋 一
1989年3月 島根県 大東町 教育委員会

岩根山

島根県雲南市大東町仁和寺(この地点の標高:海抜191m)

出雲風土記733 AD.』所載の大原郡 不在神祇官社「春殖社(はるえ)のやしろ」の論社は 三つあります

・春殖神社

・獄神社

・岩根神社

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR木次線 出雲大東駅から 赤川を渡り北上 約3.1km 車7分程度
大東町の山田地区を目指します

Please do not reproduce without prior permission.

山田地区に入ると案内図があり 山田川に沿った道沿いに岩根神社が記されています

Please do not reproduce without prior permission.

この案内板のすぐ横に「岩根神社」の幟旗が立てられていました 参拝日は11/10です

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

道路の脇に木製の社号標「出生安産 岩根神社」
岩根神社(雲南市大東町山田)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

道を進むと 左手に自然石の社号標「郷社 岩根神社」があり 左手に参道が伸びて 鳥居が建ちます

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして 鳥居をくぐると すぐに手水舎があり 清めます

Please do not reproduce without prior permission.

社殿は 北北東向いています 参道は 参拝者が社殿に正対しない様〈正中を進まないように〉に斜めに向かっています

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 幣殿 本殿が鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

本殿の奥には 境内社が祀られます

Please do not reproduce without prior permission.

社殿に一礼をして 参道を戻り 鳥居をくぐり振り返り一礼をします

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』大原郡 山田 にある伝承

岩根神社(雲南市大東町山田)について 記しています

『雲陽志(unyo shi)では

山田「妙見」と記され

「本社三間 廊下一間に二間 拝殿二間半
永禄四年 立原備前守幸隆 造立 寛永年中 堀尾山城守 造営の棟札あり
社家者流句々廼馳を川村といふ 祭禮二月朔日

仁和寺 山田 両村に大なる鏡餅を神前に掛 八乙女もってたいらげるいふ神事あり 年中度々祭禮あり

古老伝曰く 昔この神 磐根山に鎮座なり 何時は焼亡して 今の所へ遷座せり 十日市原乃邊に祝詞坂 神の腰掛松あり」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

出雲風土記733 AD.』所載の大原郡 不在神祇官社「春殖社(はるえ)のやしろ」について 記しています

【意訳】

春殖社(はるえ)のやしろ

大東下分(だいとうしもぶん)の春殖(はるえ)神社であって、今は八幡宮に合わせ祀ってある。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

岩根神社(雲南市大東町山田)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.