縣神社(出雲市国富町)

縣神社(あがたじんじゃ)は 出雲風土記733 AD.所載の社が 4社あります 本殿には(あがた)やしろ」が3つ・本殿阿我多社」・合祀縣社の神祇官社2つ ・合祀縣社」の不在神祇官社1つ〉 さらに境内社には 1つ「(いには)のやしろ」〈不在神祇官社一つ「伊爾波社」」〉が鎮座します

の論社です

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

本 殿が 3つの(あがた)やしろ」〈「神祇官社2つ」と不在神祇官社一つ」
境内社が 1つの「(いには)のやしろ」〈
不在神祇官社一つ」〉 計4つの論社 となっています

本社 ⇒阿我多社神祇官社

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】阿我多社 
読み(あがた)やしろ
How to read(agata no) yashiro

➁本殿に合祀 ⇒縣社神祇官社

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】縣社 
読み(あがた)やしろ
How to read(agata no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

➂本殿に合祀 ⇒縣社不在神祇官社

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】縣社 
読み(あがた)やしろ
How to read(agata no) yashiro

④境内社 伊爾波神社 ⇒伊爾波社不在神祇官社

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】伊爾波社 
読み(いには)やしろ
How to read(iniha no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

2つの式内社論社となっています

本社 ⇒縣神社 ⇒『出雲国風土記』神祇官社阿我多社

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

【社名】縣神社 
読みあかたの かみのやしろ
How to readAkata no kami no yashiro

合祀 ⇒同[縣]社和加布都努志神社 ⇒『出雲国風土記』神祇官社縣社

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

【社名】同[縣]社和加布都努志神社 
読みおなじき わかふつぬしの かみのやしろ
How to readOnajiki wakafutsunushi no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

縣神社(Agata shrine)

【通称名】(Common name)

八幡宮(はちまんぐう)
宇佐八幡別宮(うさはちまんべつぐう)

【鎮座地】(location)

島根県出雲市国富町2

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》若帯彦命わかたらしひこのみこと)〈第13代 成務天皇

《配》誉田別命(ほむたわけのみこと)
   息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)
   武内宿禰命(たけのうちすくねのみこと)

【御神格】(God’s great power)

地区氏子の安全と繁栄

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

「出雲国風土記」記載。例祭日に、稚児武者行列有り。神社史研究会HPより

【由緒】(history)

由緒

貞観2年(860)8月15日、大秦宿祢此雄が宇佐八幡別宮として勧請したと伝えられる。

「社記」によると、わかたらし彦命は成務天皇の御事である。この神は国県の分ち、村里を分ち、村里を定め、国郡の長を立て、治を行われた百姓の居住を安じ、天下無事に治ったその御功を尊びあがたの神と申し上げた。

建長年間(1249~1252)に相殿として八幡宮が勧請された。

天文8年(1539)毎年米三俵奉配の外、社領寄進、社殿修理があった。又、例祭には明治3年まで神酒三斗の地頭からの寄進があった。
※「全国神社祭祀祭礼総合調査(平成7年)」[神社本庁]から参照

スポンサーリンク

【境内社】(Other deities within the precincts)

伊爾波神社 〈出雲風土記733 AD.所載の出雲郡 不在神祇官社「伊爾波社(いには)やしろ」の論社

《主》阿須波神 庭津日神 庭高津日神 波比伎神

Please do not reproduce without prior permission.

・木に注連縄のかかる「伊爾波社」の右手には 社日

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載の出雲郡「(あがた)やしろ」〈「神祇官社の2つの社・阿我多社」・縣社〉の論社は 各々二ヶ所あります

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)』〈大正15年(1926)〉には 「美談神社と、縣神社とは、昔から合殿となりて、屡(しばしば)主客顚倒して明瞭を缺(か)く」とあります

阿我多社 (あがた)のやしろ ⇒ 式内社 縣神社

・縣神社

・縣神社〈美談神社の境内社〉

縣社 (あがた)のやしろ ⇒ 式内社 同[縣]社和加布都努志神社

・〈縣神社に合祀〉

・〈美談神社の境内社 県神社に合祀〉「同[縣]社和加布都努志神社」

出雲風土記733 AD.所載の出雲郡 不在神祇官社「伊爾波社(いには)やしろ」の論社は 二ヶ所です

・伊爾波神社〈縣神社(国富町)の境内〉

・印波神社〈美談神社の境内摂社〉

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

一畑電車 美談駅から北へ1km程度 車3分程度

R432号沿いに 一の鳥居が建っていて扁額には「両産土社」と記されています
そのまま参道を進むと 二の鳥居が建ちます

縣神社(出雲市国富町)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

二の鳥居をくぐると 歩車両様の長い参道が通じています 真ん中が階段で歩行用 その両脇が軽自動車が走れる舗装となっています

Please do not reproduce without prior permission.

この長い参道を上がると 隋神門が建っています

Please do not reproduce without prior permission.

隋神門をくぐると 40程の石段上に 社殿の建つ境内地があります

Please do not reproduce without prior permission.

境内の入口に狛犬が座しています

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿は 更にもう一檀高い社地に建てられています

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の手前には 献灯刻まれた蝋燭立て でしょうか 神社では珍しい

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の扁額には「山月照弾琴」が記されており もしかするとお寺に来たのでは想ってしまいましたが 鳥居もありましたし 拝殿内には「宇佐八幡宮 相殿宮縣社」の額があり 一安心です

Please do not reproduce without prior permission.

「山月照弾琴」を 後日調べてみると中国の「王維」という方の漢詩から抜粋されたものです
山月(さんげつ)照らせば 琴を弾(だん)ずると読むようで「照らす 琴を音をつまびくような」意とのこと

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥は もう一檀と高くなっていて 本殿が鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

その本殿の奥には 境内社が祀られています お詣りをします

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

社殿に一礼をして 長い参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『古事記(Kojiki)』〈和銅5年(712)編纂〉 に記される伝承

御祭神の若帯彦命わかたらしひこのみこと)〈第13代 成務天皇〉は
若帯日子命(ワカタラシヒコノミコト若帯日子天皇と記され その功績として「(オオアガタ)(ヲアガタ)主(アガタヌシ)を定められました」と記しています

縣神社(あがたじんじゃとの関連性があるのでしょうか

【抜粋意訳】

若帯日子天皇(ワカタラシヒコノスメラミコト〈成務天皇)は 近江の志賀の高穴穂宮(タカアナホノミヤ)で天下を治めました

この天皇(スメラミコト) 穂積臣(ホヅミノオミ)等(ラ)の祖先である
建忍山垂根(タケオシヤマタリネ)の(ムスメ)名は 弟財郎女(オトタカラノイラツメ) お産みになられた御子和訶奴気王(ワカヌナノキミ一柱(ヒトハシラ)です

(カレ)建内宿禰(タケウチノスクネ)を大臣(オホオミ)として 大国小国の国造(クニノミヤツコ)を定め賜われました

(マタ)境を定め賜われました

及(マタ)(オオアガタ)(ヲアガタ)主(アガタヌシ)を定められました

天皇(スメラミコト)の御年95
御陵(ミハカ)は 沙紀(サキ)の多他那美(タタナミ)にあります

【原文参照】

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『特選神名牒(Tokusen Shimmyo cho)〈明治9年(1876)完成〉』に記される伝承

御祭神は 天穂日命(あめのほひのみこと)と記しています

【意訳】

神社

祭神天穂日命(あめのほひのみこと)

今按〈今考えるに〉
明細帳に天穂日命とし 式社考 雲陽志なども同じ
山城国 平野神社 摂社 縣神社あり これも祭神 天穂日命なり
但馬国 縣神社 祭神は大己貴命とす 本社同社坐神は知加布都努志なれば 父神 大己貴命によしありて聞こえども一向には云い難し 姑く天穂日命とすべし

祭日 五月九月十六日
社格 無社格
所在 美談村

【意訳】

同[縣]社和加布都努志神社

祭神 和加布都努志命
祭日九月九日
所在美談村

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『特選神名牒』大正14年(1925)出版 磯部甲陽堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/971155

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD.出雲郡 にある伝承

御祭神は 天穂日命(あめのほひのみこと)と記しています

意訳

『 縣神社

在所未詳 美談村の内なるへし
天穂日命(あめのほひのみこと)を祭る
但馬国城崎郡 阿波国勝浦郡に同名社あり
風土記に同じ

意訳

『 同[縣]社和加布都努志神社

 これも 美談村にあり
 風土記に阿我多社一 縣社一あり この二社の内何れを何れとするも知らず

『原文』参照

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)』〈大正15年(1926)〉に記される伝承

「美談神社と、縣神社とは、昔から合殿となりて、屡(しばしば)主客顚倒して明瞭を缺(か)く」とあります

【意訳】

阿我多社(あがた)やしろ

延喜式には 縣神社(あがたのかみのやしろ)とある。
天穂日命を祀る。

【意訳】

縣社(あがた)やしろ

延喜式に「縣神社(あがたのかみのやしろ)」の次にある「同[縣]社和加布都努志神社(おなじきやしろ わかふつぬしの かみのやしろ)にあたる。
天穂日命を祀る。
縣社は 今在家(いまざいけ)の國長(くにさ)といふ地にあったが、寛永の洪水に流亡したのを、享保十一年に再興し、今在家(いまざいけ)の中田(なかだ)といふ地にあって、比賣遅神社を合殿とせしを、大正の初め、縣社に和加布都努志神社を合祀し、又 これを村社なる美談神社境内に移した

美談神社と、縣神社とは、昔から合殿となりて、屡(しばしば)主客顚倒して明瞭を缺(か)く」

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

縣神社(出雲市国富町)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.