来阪神社(出雲市矢尾町)

來坂神社(きさかじんじゃは 主祭神は素戔嗚尊 來成天王(きなしてんのう)と呼ばれていました いつの頃かは不明ですが海代日古尊海代日女尊を合祀したと伝わり出雲風土記733 AD.』「来坂社 (くさか)のやしろ」の論社とされています

Please do not reproduce without prior permission.

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

合祀社が 二つの(くさか)のやしろ」⇒「・来坂社・来坂社」の論社となっています

①合祀(御祭神 海代日古尊

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】来坂社 
読み(くさか)のやしろ
How to read(kusaka no) yashiro

➁合祀(御祭神 海代日女尊

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】来坂社 
読み(くさか)のやしろ
How to read(kusaka no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

合祀社が 二つ式内社の論社となっています

①合祀(御祭神 海代日古尊

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

【社名】同[久佐加]社大穴持海代日古神社 
読みおなじきやしろ おほなもちの あましろひこの かみのやしろ
How to readOnagikiyashiro Ohonamochino amashirohiko no kami no yashiro

➁合祀(御祭神 海代日女尊

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

【社名】同[久佐加]社大穴持海代日女神社 
読みおなじきやしろ おほなもちの あましろひめの かみのやしろ
How to readOnagikiyashiro Ohonamochino amashirohime no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

來坂神社(Kisaka shrine

 【通称名】(Common name)

天王さん(てんのうさん)

【鎮座地】(location)

島根県出雲市矢尾町787

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》素戔嗚(すさのをのみこと)
   稲田姫尊(いなだひめのみこと)
   大穴持尊(おほなもちのみこと)
   少彦名尊(すくなひこなのみこと)
》海代日古尊(あましろひこのみこと)
》海代日女尊あましろひめのみこと

《配》天之御中主神 正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命
   天津日子根尊 活津日子根尊 熊野久須毘尊
   多紀理毘売尊 市杵島毘売尊 田寸津比売尊

【御神格】(God’s great power)

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

創建年代不詳
式内社の合祀年代も不詳

『出雲国風土記考証〈大正15年(1926)〉』には「来坂社(くさか)のやしろ」について

「高濱(たかはま)村 矢尾(やび)より 鼻高山(はなたかせん)へ登ること八町許りの所にある。
もと來成天王(きなしてんのう)ともいって、素戔嗚尊をまつりてある。
來成天王の名は、もとそこに來成寺(らいじゃうじ)といふ寺があって、その守護神として素戔嗚尊を來成天王といったものであろう。」

【由緒】(history)

出雲国式社考1906AD.には合祀式内社について

この社も久佐加同社なれば 久佐加村にあるべきなり〈現 久佐加神社(出雲市日下町)〉
矢尾村にある来成天王社〈現 来阪神社(出雲市矢尾町)〉とて 須佐之男命を祭ると社家の説に云うとも 古 坂と成と字形似る故に 来坂を誤りて いつしか来成となれるならんいえり
とあります

スポンサーリンク

【境内社】(Other deities within the precincts)

素戔嗚尊の腰掛け岩

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

・社(参道階段の途中に鎮座 祭神不明)

Please do not reproduce without prior permission.

・門神

Please do not reproduce without prior permission.

祓戸之宮

Please do not reproduce without prior permission.

・社祓戸之宮の隣に鎮座 祭神不明

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

出雲風土記733 AD.所載の出雲郡 神祇官社 三つの「(くさか)のやしろ」⇒「・久佐加社・来坂社・来坂社」の論社について

出雲風土記733 AD.』「久佐加社 (くさか)のやしろ」
 ⇒式内社「久佐加神社 くさかの かみのやしろ

・久佐加神社

出雲風土記733 AD.』「来坂社 (くさか)のやしろ」
 ⇒式内社「同[久佐加]社大穴持海代日古神社 おなじきやしろ おほなもちの あましろひこの かみのやしろ」

出雲風土記733 AD.』「来坂社 (くさか)のやしろ」
 ⇒式内社「同[久佐加]社大穴持海代日女神社 おなじきやしろ おほなもちの あましろひめの かみのやしろ

・〈來阪神社に合祀〉

・〈久佐加神社に合祀〉

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

一畑電車 高浜駅から県道278号を北上 R431号を右折〈東へ〉天王山 鼻高山を目指します 山道を登坂 2.1km 車15分程度

Please do not reproduce without prior permission.

天王山キャンプ場 鼻高への看板に従い登坂開始

Please do not reproduce without prior permission.

麓の参道入り口には 御神燈と社号標「来阪神社」ここから細い登坂道です

Please do not reproduce without prior permission.

どうやら この参道は「天平古道」であるようです

Please do not reproduce without prior permission.

暫く登坂道を〈軽・普通車ならば上がれます〉進むと左手に鳥居が建っています 右手の鳥居前には 素戔嗚尊の腰掛け岩があります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

車を停めて 参道へと向かいます
来阪神社(出雲市矢尾町)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして 鳥居をくぐり 参道階段を上がります

Please do not reproduce without prior permission.

二の鳥居は 銅製扁額には「来阪神社」とあります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

階段の途中には スタジイの木があります

Please do not reproduce without prior permission.

階段を上ると 立派な石灯篭があり 木製の燈籠 その先に拝殿が建ちます

Please do not reproduce without prior permission.

振り返ると 眼下に出雲平野が見えています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿に進み
賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

境内社お参りをして 参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

再び 素戔嗚尊の腰掛け岩〈スサノオの腰掛岩に 現在ここからは 出雲平野が一望できます

しかし 麓の式内社 久佐加神社(出雲市日下町)の由緒によれば「(古代 当地沖合い付近は 海とも云われ斐伊川は西流していた)とあり 当然 素戔嗚尊が この岩に腰かけて国見された当時は 一面の海であったろうと思います

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

合祀されている 海原を掌握する海代日古尊(あましろひこのみこと)海代日女尊あましろひめのみこと」に (hai)」(90度のお辞儀)

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』神門郡 矢尾 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

「来成天王」と記され
素盞嗚尊(すさのおのみこと)を祀る
本社二間 拝殿三間と五間 隋神門造宮 古今 修造絶えることなし
祭祀 二月二日より十一日まで 頭人を定め 毎日 斎戒潔浄して神事まつとひ 七日花まつりとて 拝殿の梁に椎芝材釣 十一日を本祭とし 神官七人その餘事・・・・・・〈神事の様子 中略〉・・・
古来より尊崇する所など知座し この山 東西二百二十間 南北四百十間 嶽山 老樹森々・・・・中略・・」 と記しています

『原文』参照

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『特選神名牒(Tokusen Shimmyo cho)〈明治9年(1876)完成〉』に記される伝承

来坂社二社は 同社なので久佐加村にあるべき〈現 久佐加神社(出雲市日下町)〉 現在は 久佐加神社に合祭されている
 矢尾村にある来成天王社〈現 来阪神社(出雲市矢尾町)〉も論社であると記しています

【意訳】

同[久佐加]社大穴持海代日古神社 祭神 大穴持海代日古神
同[久佐加]社大穴持海代日女神社 祭神 大穴持海代日女神

祭日 二月二日より十二日迄 八月十一日

所在 〇神門
  (現今 同上 久佐加神社に合祀)〈現 久佐加神社(出雲市日下町)〉

今按〈今考えるに〉
式社考に「この社も久佐加同社なれば 久佐加村にあるべきなり〈現 久佐加神社(出雲市日下町)〉
矢尾村にある来成天王社〈現 来阪神社(出雲市矢尾町)〉とて 須佐之男命を祭ると社家の説に云うとも 古 坂と成と字形似る故に 来坂を誤りて いつしか来成となれるならんいえり従うべし

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『特選神名牒』大正14年(1925)出版 磯部甲陽堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/971155

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD.出雲郡 にある伝承

風土記にある 久佐加社一社 来坂社二社について
久佐加社一社は 久佐加村にあり〈現 久佐加神社(出雲市日下町)〉としています
来坂社二社は 同社なので久佐加村にあるべき〈現 久佐加神社(出雲市日下町)〉としていますが
 矢尾村にある来成天王社〈現 来阪神社(出雲市矢尾町)〉も論社であると記しています

意訳

『 久佐加神社

風土記に同じ 久佐加村にあり〈現 久佐加神社(出雲市日下町)〉
祭神は 大穴持命 その同社に 大穴持海代日古神 大穴持海代日女神あれり
その本社なれいなり
風土記には 久佐加社一社 来坂社二社あり 帳と数あへり

久佐加を 今俗は日下というなり 又 日下部といふ姓もあり 又 風土記秋鹿郡 郡司主帳に日下臣あり この氏人の住めるにより地名となされたり その例は 風土記 出雲郡 建部郷の條に
健部(たけるべ)と號(なづ)くる所以は
纏向檜代宮御宇天皇(まきむくひしろのみやに あめのしたしらしめしし すめらみこと)〈景行天皇〉勅(の)りたまいしく
「朕(わ)が御子(みこ)倭健命(やまとたけるのみこと)の御名(みな)を忘れじ」と勅りたまいて 健部(たけるべ)を定め給いき
爾(そ)の時 神門臣(かんどのおみ古彌こみ)を健部(たけるべ)と定め給いき
則ち健部臣等 古(いにしえ)より今に至るまで (なお)此の處(ところ)に居(す)めり  健部と云う」により地名となりき

この日下も然るありむ その地名より社号にもなれにならむ 

意訳

『 同[久佐加]社大穴持海代日古神社

風土記に来坂社とあり この社も久佐加同社なれば 久佐加村にあるべきなり〈現 久佐加神社(出雲市日下町)〉
矢尾村にある来成天王社〈現 来阪神社(出雲市矢尾町)〉とて 須佐之男命を祭ると社家の説に云うとも 古 坂と成と字形似る故に 来坂を誤りて いつしか来成となれりなむ・・・・
決く 海代日古神を祭るなりけり

意訳

『 同[久佐加]社大穴持海代日女神社

これも風土記に来坂社とある内なり 上にいえる如く 今 来成天王社〈現 来阪神社(出雲市矢尾町)〉と合祭れるならむ この二神は 大穴持命の御子なるへし 外に考証なし

『原文』参照

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

一社「久佐加社(くさか)のやしろ」は〈現 久佐加神社(出雲市日下町)〉 

一社「来坂社(くさか)のやしろ」は〈現 来阪神社(出雲市矢尾町)〉
一社「来坂社(くさか)のやしろ」は 今はない
と記しています

【意訳】

久佐加社(くさか)のやしろ

延喜式に久佐加神社とある。
鳶巣(とびす)と高濱(たかはま)との境に沿って鼻高山(はなたかせん)へ向かって登る路の麓にある。
開化天皇の御子 彦坐王(ひこいますのみこ)を祀るといふ。その他の鵜草葺不合尊、玉依姫命、神武天皇、五十鈴姫命は後世の添祀であろう。

【意訳】

来坂社(くさか)のやしろ

高濱(たかはま)村 矢尾(やび)より 鼻高山(はなたかせん)へ登ること八町許りの所にある。
もと來成天王(きなしてんのう)ともいって、素戔嗚尊をまつりてある。
來成天王の名は、もとそこに來成寺(らいじゃうじ)といふ寺があって、その守護神として素戔嗚尊を來成天王といったものであろう。

【意訳】

来坂社(くさか)のやしろ

今は社がない

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

来阪神社(出雲市矢尾町)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.