賀茂那備神社(隠岐 隠岐の島町加茂)

賀茂那備神社(かもなびじんじゃは 延喜式神名帳927 AD.所載の隠岐国  周吉郡賀茂那備神社かもなひの かみのやしろ)です 鎮座地の加茂は 隠岐の島〈島後〉南部の深い入り江のにあり かつて本土と表玄関として栄えた場所で 別雷神(わけいかづちのかみ)が到着された港と伝わります

Please do not reproduce without prior permission.

1.ご紹介(Introduction)

 この神社の正式名称や呼ばれ方 現在の住所と地図 祀られている神様や神社の歴史について ご紹介します

【神社名(Shrine name

賀茂那備神社(Kamonabi shrine)

 [通称名(Common name)]

【鎮座地 (Location) 

島根県隠岐郡隠岐の島町加茂342 

 [  (Google Map)]

【御祭神 (God's name to pray)】

《主》別雷神(わけいかづちのかみ)
《配》素盞嗚命(すさのをのみこと)
   玉安姫命(たまやすひめのみこと)

【御神格 (God's great power)】(ご利益)

【格  (Rules of dignity)

・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創  (Beginning of history)】

 『賀茂大明神傳記寛保二年(1742に「皇四十六代 孝謙天皇の御宇天平年中(729~) 玉安姫 隠岐国に到る 時十二月三十日 船を繋いだのは 今の賀茂浦なり 彼 神明を守り来て宮を造る これ今の社なり 給仕久しく終に卒す」
『式内社調査報告』より

【由  (History)】

隠岐島後民話伝説案内板 No.18

的の前(まとのまえ)

 (むかし)、都を切り開き、鴨川(かもがわ)のほとりに住んでおられた別雷神(わけいかづちのかみ)は、次の行き先を決めるのに、葵の葉(あおいのは)を結んだ矢を射放(いはな)った。

 その矢を追って、川を越え、野を越え、ついに若狭(わかさ)の港から船で追い、島にたどり着いた。
 入り江に近づくと、かたわらの断崖絶壁(だんがいぜっぺき)にまぎれもなく、葵の葉を結んだ矢が突き刺さっていた。

 島の名は隠岐(おき)であった。 そこでその湾(わん)に加茂(かも)の名をつけ、別雷神は、加茂の地域を開発し、人々の暮らしを導き、住みよい村落を作った。

 (のち)に加茂那備神社(かもなびじんじゃ)に祭(まつ)られ、今も、その矢の立った岩を「的の前」と呼んでいる。

神社前の加茂湾案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【境内社 (Other deities within the precincts)】

恵比須神社《主》事代主命
弁才天神社《主》弁才天
大山祇神社《主》大山祇命

スポンサーリンク

この神社の予備知識(Preliminary knowledge of this shrine)

この神社は 由緒(格式ある歴史)を持っています

『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)(927年12月編纂)に所載
(Engishiki JimmeichoThis record was completed in December 927 AD.

延喜式Engishiki)律令の施行細則 全50巻』〈平安時代中期 朝廷編纂
その中でも910を『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)といい 当時927年12月編纂「官社」に指定された全国の神社式内社の一覧となっています

「官社(式内社)」名称「2861
・「鎮座する天神地祇」数「3132座」

[旧 行政区分](Old administrative district)
(神様の鎮座数)山陰道 560座…大37(うち預月次新嘗1)・小523
[旧 国 名 ](old county name)
(神様の鎮座数)隠岐国 16座(大4座・小2座)
[旧 郡 名 ](old region name)
(神様の鎮座数)周吉郡 4座(並小)
[名神大 大 小] 式内小社

[旧 神社 名称 ] 賀茂那備神社
[ふ り が な ]かもなひの かみのやしろ)
[Old Shrine name]Kamonahi no kamino yashiro)

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

あなたが この神社に興味が湧くような予備知識をオタク視点でご紹介します

隠岐国には 16座(大4座・小2座)の式内社があります

その論社も含めてご紹介します

スポンサーリンク

 神社にお詣り(For your reference when visiting this shrine)

この神社にご参拝した時の様子をご紹介します

隠岐空港から 空港道路を西へ 44号線で加茂の集落を目指します 約8km 車15分程度

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

木製の両部鳥居が建ちます
賀茂那備神社(隠岐 隠岐の島町加茂)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をしてから 鳥居をくぐると 鳥居と石灯篭の間 地面に出雲式の狛犬が構えています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

石灯籠の先には 玉垣が廻された境内地となり 隋神門が建っています

Please do not reproduce without prior permission.

隋神門の手前には 手水舎があり サンゴような手水鉢あり清めます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

ちょうど社殿は 補修工事中で ブルーシート覆われています
拝殿にすすみます 

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の扁額には「賀茂那備神社

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りをします 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

社殿に一礼をして 参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

普段 狛犬は目線より高い位置にありますが こちらの狛犬は地面にありますので 後ろ姿もちょっとユニークです

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

神社の伝承(A shrine where the legend is inherited)

この神社にかかわる故事や記載されている文献などをご紹介します

『隠州神名帳(Onshu Shinmeicho)』〈貞観5年(863)太政官符の命により編纂 国内神名帳〉に記される伝承

穏地郡には正3位 水祖明神があったが 周吉郡は従4位上 と記されています

【意訳】

周吉郡
・・・・
従4位上 賀茂奈比明神

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス『隠州神名帳』続群書類従[書誌事項]写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000037315&ID=M1000000000000066833&TYPE=&NO=

『隠州視聴合記(Onshu shichogakki)〈寛文7年(1667年)著〉』に記される伝承

村の東にある 鴨大明神 と記されています

【意訳】

巻之二 周吉郡 鴨里の条

鴨里 按に応書に加茂

鴨ノ里は 未の方に向かいたる入海の濱あり 左右の山崎 遠の出て二十町許濱にて 住居あり

村の隣は 明神の社なり 鴨大明神と号す

・・・・・・・・・・・・」

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス『隠州視聴合記』寛文7年(1667年)著者:斎藤弗緩[数量]5冊[書誌事項]写本[旧蔵者]内務省https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000037315&ID=M1000000000000066833&TYPE=&NO=

国立公文書館デジタルアーカイブス『隠州視聴合記』寛文7年(1667年)著者:斎藤弗緩[数量]5冊[書誌事項]写本[旧蔵者]内務省https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000037315&ID=M1000000000000066833&TYPE=&NO=

『神名帳考証土代(Jimmyocho kosho dodai)』〈文化10年(1813年)成稿〉に記される伝承

今 鴨村に在すと 記されています

【意訳】

周吉郡 四座

賀茂那備(カモナヒノ)神社

旧事記
事代主神 坐 倭国高市高市社 亦 甘南備 飛鳥社

〇今在 鴨村の東 号すに鴨明神(鴨ノ里は 未の方に向かいたる入海の濱あり 左右の山崎 遠の出て二十町許濱にて)
信友云う 近北弘者縁起を作れり 仏事を付会す
備後 葦田郡 加茂奈備神社

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『神名帳考証土代』(文化10年(1813年)成稿)選者:伴信友/補訂者:黒川春村 写本 [旧蔵者]元老院https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000039328&ID=M2018051416303534854&TYPE=&NO=画像利用

『神社覈録(Jinja Kakuroku)』〈明治3年(1870年)〉に記される伝承

所在は 賀茂〈現 西郷町大字八田〉であると記しています

【意訳】

賀茂那備神社

賀茂那備は 仮字なり
〇祭神 詳らかならず
賀茂村に在す 今 賀茂明神称す

神位 国内神名帳 従4位上 賀茂奈比明神

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『神社覈録』著者 鈴鹿連胤 撰[他] 出版年月日 1902 出版者 皇典研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991015

『特選神名牒(Tokusen Shimmyo cho)』〈明治9年(1876)完成〉に記される内容

所在は 賀茂村〈現 隠岐の島町加茂〉であると記しています

【意訳】

賀茂那備神社

祭神
今按〈今考えるに〉
明細帳に 尊号 不詳 神體 内殿に九寸位冠袍坐像一坐 古作なり云々と見え
又 国内神名帳には 従4位上 賀茂奈比明神とあり

祭日 四月初酉
社格 村社
所在 賀茂村(周吉郡 磯村 大字 賀茂
今按〈今考えるに〉
視聴合記に 鴨ノ里は 未の方に向かいたる入海の濱あり 村の東に 明神の社あり 鴨大明神と号す 近頃にや浮園氏某延喜作けるとぞ云々 按 明細帳 周吉郡 賀茂那備神社 必可為此神なり 然るに即ち この里以之為名欺と見えたり

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『特選神名牒』大正14年(1925)出版 磯部甲陽堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/971155

賀茂那備神社(隠岐 隠岐の島町加茂) (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

隠岐国 式内社16座(大4座・小2座)について に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.