加賀潜戸〈加賀神社 当初の鎮座地〉

加賀潜戸(かかのくけど)は 加賀神社 当初の鎮座地とされ出雲風土記733 AD.は 加賀 神埼〈潜戸〉は 佐太大神の産生れの 大神誕生の際 母神が 金弓(かなゆみ)をされたものであると記されます 故に 古には 神が坐まし 神域であったと伝わります

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 島根郡(shimane no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】加加社
読み(かか)のやしろ
How to read(kaka no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 島根郡(shimane no kori)

【社名】加賀神社
読みかかの かみのやしろ
How to readKaka no kami no yashiro

 

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

加賀潜戸(Kaka no kukedo〈加賀神社 当初の鎮座地〉

【通称名】(Common name)

加賀の新潜戸(神潜戸)|かかのしんくけど(かみくけど)

【鎮座地】(location)

島根県松江市島根町〈潜戸鼻〉

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

母神「支佐加」比売命 (きさかひめのみこと)」の社が 誕生岩の上に建てられていましたが 大波の時に流されてしまったため 加賀神社にお祀りし 現在は鳥居だけが残されています

【御神格】(God’s great power)

安産・海上安全

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社 当初の鎮座地
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社 当初の鎮座地

【創建】(Beginning of history)

加賀神社 由緒

出雲風土記によると、加賀神崎の潜戸内にお祀りしてあったのを 後に 現在の地にお迎えした時から宮司と社人が神様にお仕えし、20年毎の遷宮には御神体の御輿を担ぎお守りしている。
潜戸から陸地にお迎えした時の行事が 遷宮の翌日、曳舟神事として残されている。
島根県神社庁HPより

【由緒】(history)

加賀の新潜戸(神潜戸)|かかのしんくけど(かみくけど)

小泉八雲も愛した蒼の洞窟、神潜戸

三つの入り口を有する海食洞窟で洞内は広く、高さ40m、全長200m。古くは加賀神社が鎮座した神域となっていました。洞門は大神誕生の際に、母神が金の矢を射通して作ったと語り継がれる神話があり、ロマンを肌で感じられるパワースポットです。文豪小泉八雲は「これ以上美しい海の洞窟はない」と絶賛したと言われています。波のおだやかな日は観光遊覧船で探訪できます。島根町には、小泉八雲のを初め、志賀直哉 (大正三年来遊)、島崎藤村 (昭和二年来遊)、松本清張 (昭和五十一年来遊) などの 作家が訪れ、田辺聖子の小説「いま何時 ? 」では潜戸が舞台のひとつとなっています。出雲国風土記に「加賀の神埼、即ち窟 (ほこら) あり一十丈ばかり周り五百二歩ばかりあり。東西北に通れり。いわゆる「佐太大神 (さたのおおかみ)」の産生 (あれ) ました処なり」とあります。そうしたことから母神の「支佐加」比売命 (きさかひめのみこと)」の社が誕生岩の上に建てられていましたが、大波の時に流されてしまったため、加賀神社にお祀りし、現在は鳥居だけが残されています。西戸の入り口の天井から水の雫がぽとりぽとりと落ちていて「お乳の水」と呼ばれています。お産をして乳のでない女性がこの雫を受けると乳が出るようになると云われています

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)と潜戸

明治時代の文豪と称された小泉八雲は 1891 年 9 月、念願だった潜戸訪問を果たします。1894 年に出版された「知られぬ日本の面影」には、八雲が妻のセツとともに自宅から人力車と舟、徒歩で潜戸を訪れた際の道中の風景やそこに暮らす人々の印象が描かれています。

 「これ以上に美しい海の洞窟はそう考えられるものではない。海は、この高い岬に洞穴を次々にえぐると、まるで偉大な建築家に似た手腕で、そこに肋骨状の骨を彫り、穹稜 (きゅうりょう) の股を刻み、その巨大な作品に磨きをかけた。入口の円天井は高きは水面上二十尺はあろう、また幅は十五尺はあろう。彼の舌はこの穹窿の天井や壁を何億回何兆回と舐めて、ついにこのような滑らかな岩肌を磨きあげたのだ。」
小泉八雲著〜知られぬ日本の面影〜より

チカウミさんぽ 海のまち島根町公式観光ガイド HPよりhttps://umimachi-shimanecho.jp/archives/516

スポンサーリンク

【境外社 (Related shrines outside the precincts)】

現在の加賀神社について

・加賀神社

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

御祭神 佐加比比きさかひめのみこと)について

『出雲国風土記』〈天平5年(733)編纂〉では 支佐加比比賣命(きさかいひめのみこと)

神魂命(かみむすひのみこと)の御子 支佐加比比賣命(きさかいひめのみこと)とされます

加賀郷の由来として 加賀 神埼(いわや) 佐太大神産み 金弓(かなゆみ)をて (ひかり)加加明(かかあける)ので 加加(かか)とう とあります

古事記』〈和銅5年(712)編纂〉では 蚶貝比売(きさかひめ)

大国主大神を救済復活した蚶貝比売(きさかひめ)にあたり 赤貝の霊神とされます

古事記』の稲羽の素兎(いなばのしろうさぎ)の段では

八上比売(やがみひめ)を得た大穴牟遅神(おおなむじのかみ) 八十神(やそがみ)〈兄弟の怒りを買い 赤猪を捕らえよと命じられ 伯岐国 手間山上から 猪に似た赤くけた大石を落とされ これを麓で捕らえたことにより焼死します 泣き憂えて天に上った御祖の命が 神産巣日神(かみむすひのかみ)に願ったところ 遣わされたのが 貝比賣(きさかひめ)と蛤貝比賣(うむかいひめ)で 赤貝の貝殻をけずり 蛤の汁を混ぜ一緒に溶いたものを 母の乳汁のように塗って  大穴牟遅神を蘇生させました

大穴牟遅神大国主命の蘇生の詳細は 赤猪岩神社(あかいいわじんじゃ)記事をご覧下さい

・赤猪岩神社(南部町)

大穴牟遅神を 貝比賣(きさかひめ)一緒に蘇生させた  蛤貝比賣(うむかいひめ)は 貝の女神「宇武加比比売命(うむかいひめのみこと)」として 法吉神社(ほっきじんじゃ)祀られています

・法吉神社

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

松江市街から 県道21号を北上して日本海側へ抜け 県道37号を東へ加賀漁港へ向かいます 約15km 車25分程度
加賀港マリンプラザしまね 発着潜戸」遊覧船(グラスポート)で向かいます

Please do not reproduce without prior permission.

しかし 何度来ても いつも波が高く「本日欠航」でした残念

Please do not reproduce without prior permission.

諦めかけましたが 少しでも近くに行けないだろうか? 地図を見ると岬の先端 潜戸鼻灯台 辺りまで 道らしきものがあるので行ってみることにしました

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

確かに 道はありますが 鉄製のトンネルを過ぎると 車道と言えるかどうかの細い道になります 崖と山に挟まれた道は Uターンは不可能で前に進むしかなく 対向車が来たらどちらもアウトな状況が随分続きます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

どうにか終点に着くと 車を停めるスペースはありましたが 先客〈釣り人か?〉があり もしすれ違うことになったらと思うと ぞっとしました
潜戸」が目的ならば 陸路はお勧めしません

Please do not reproduce without prior permission.

駐車スペースから 潜戸鼻灯台を目指し 海が見える磯道を下ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

しかし 進むと海は見えず 藪の中を進んだり崖の淵を通る小径を歩きます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

再び 海の崖の上に出てきました ここから近ければ良いがと思いながら進みます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

丘を一つ越えると 潜戸鼻灯台が見えてきましたが 海はまだずっと下にあります

Please do not reproduce without prior permission.

灯台の真下が 潜戸となっているようです

Please do not reproduce without prior permission.

岩場を下りられるところまで 下から灯台を見上げます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

しかし どうやら地上からは 潜戸の中は見れないようです
加賀潜戸〈加賀神社 当初の鎮座地〉に参着

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

ちょうど西の方向にある日御碕に夕日が沈もうとしていますので そちらを向いて お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

潜戸に一礼をして 道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.島根郡にある伝承

【意訳】

加賀郷(かかのさと〈現 松江市島根町加賀大芦鹿島町御津の辺り

郡家の北西二十四里一百六十歩

佐太大神(さだのおおかみ)の坐(ましま)す所なり
御祖(みおや)神魂命(かみむすひのみこと)の御子 支佐加比比賣命(きさかいひめのみこと) (くら)き岩屋(いわや)かなと詔る 金弓(かなゆみ)て射(い)(たまひ)し時 (ひかり)加加明(かかあける)なり (ゆうに)加加(かか)とう  神亀三年 字を加賀(かか)に改む

【意訳】

加賀神埼(かかのかんざき)〈現 松江市島根町加賀の潜戸鼻(くけどはな)今の潜戸崎

即ち窟(いわや)あり 一十丈許(あま) 周り五百二歩許り 東西北に道通る

いわゆる佐太大神(さだのおおかみ)産生れの
産生れに臨む時に 御祖(みおや)神魂命(かみむすひのみこと)の御子 支佐加比比賣命(きさかいひめのみこと)が
(ねがわ)くは 吾が御子(みこ)は 麻須羅神(ますらかみ)の御子に坐(ましま)す者 う〈なくなった〉所の弓箭(ゆみや)を出し来いと願ひ坐(ましま)す

時に (つの)の弓箭(ゆみや)が 水に隨(したがい) 流れ出
時に (こ)れは (みこ)の所で (みこ)に詔(みことの)りした 弓箭(ゆみや)に非(あら)ずと詔て 擲廢(なげすて)(たま)
 (かね)の弓箭(ゆみや)が 流れ出で来る (すなわ) これが侍りたる処に坐(ましま)して 闇鬱(くら)き窟(いわや)かなと詔て 射通し坐(ましま)

即ち 御祖(みおや)支佐加比比賣命(きさかいひめのみこと)の社 この処に坐(ましま)

今の人 この窟(いわや)を 必ず 色礄礚(とどろかし)〈大声を轟かせて待し 〈も〉 (ひそ)かに行けば 神現れ 飄風(つむじかぜ)起り 船を行く者は必ず覆転覆

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』島根郡 加賀 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

加賀浦潜戸(くけど)大明神」と記され

伊弉諾尊(いさなぎまみこと)伊弉冉尊(いざなみのみこと)なり

本社 一間半に八尺 南向き 幣殿 一間半に二間 拝殿 二間 梁 六間 隋神門 拝殿よりこの間橋ありて 石花表(いしとりい)の外に流水有り

相殿の左の社 五尺四方 天児屋根命・蛭児・素戔嗚尊を祭る
右の社は 四尺四方 五男三女を祭る 摂社 日御碕大神宮は 大日孁貴 素戔嗚尊を祭る この社 四尺四方南向きなり
八幡ノ社 三尺四方南向き 誉田天皇 神功皇后 玉依姫を祭る

当国 風土記に佐加地賣命(さかなめのみこと)闇き岩屋かなと詔ひて 金弓を以って射玉ふ時 光かり明なりければ加加と云うとあり 潜戸のほを西の入口より東の口までは九十三間有り この間に北の方へ横に口あり

潜戸の縁起を見るに
神代の古へ 伊弉諾尊 伊弉冉尊 天照大神を加賀ノ郷 潜戸に産み玉ひ よろびのあまり よしよしと宣ふ 加賀に二字は ともによしと訓し 又 よろこぶと訓したる字なり 故に加賀と云う 今の世に人の産するをよろこひと云ふも この縁なり 又 小児 母をせと云うも ここに始まるとかや 太神生まれ玉ひし時の遺風さまざまあり 先石にかまと二つ有り 太神の産湯をあたため玉ひし かまどなり 今の世まで人生れて産湯と云うもこれなり 産匜とて石に切付あり 又 産棚と云あり 産飯を備え玉ふ棚なりと云う
太神ここに生まれ玉ひし 故に 誕生山潜戸とは云り
岩屋の内 石面をのずから二つの乳房の形あり 常に清水したたりて その味あまし これ伊弉冉尊(いざなみのみこと)の御乳房なりと云 石の乳房隻乳大にして 隻乳は小さしなるに依りて 加賀の生るの女は皆 乳房に大小有りて 一人も隻乳のちいさからぬはなし これ乳房より したたる水 海の潮に落ちまじわる故なり 浦の海草 こと浦のよりは味すぐれてよし
古老 神歌なり
・うぶやふる 昔も今も同母の乳のしたたりのたるたる間もなし

神楽所と云あり 伊弉冉尊 太神を産玉ひ六十一日の忌を明し玉ふ処なりと云
南の高天原は 伊弉諾尊(いさなぎまみこと)鎮座なり
北の高天原は 伊弉冉尊(いざなみのみこと)鎮座し玉ふ
太神うまし玉ひ産分の処は 北の高天原なり 又 加賀に七浦の名 五ノ嶋の名あり
錦浦とは 太神 この浦にまします時 錦を敷き玉ふ故に 錦浦と云なり
寄浦とは 諸神 大神を慰め玉はんが為 寄集まり玉ふ処を云うなり
赤浦とは 異国より妾胡利(むくり)と云 夷(えびす)この浦をわたりして退治し玉ひし寸大勢殺し玉ふ その血煙上りたりとて 赤浦とは云なり
華久利浦には 龍宮より太神へ鞍鐙(くらあぶみ)を上りし浦なり
乙浦とは 竜神の乙姫 潜戸は参會あらんとて 先この浦に上りたりとて 乙浦とは云へり
塩留浦とは 日夜 潜戸に七浦の潟潮 干潮の合浦を云り
五ノ島に祓嶋と云有り 大神の御祓を納め玉ふによりてなり
太神の冠を納め玉ふ所を冠嶋と云り 烏帽子嶋とも云
太神 御髪を結ひ玉ふ その儀を納め玉ふ処を椛嶋とも云ひ 髪を納め玉ふ処をば髪嶋と云
馬嶋とは 竜宮より太神へ神馬を奉りし時 その馬をやすみし島を云なり
潜戸三社の中ノ神 伊弉冉 天照太神を祭る 東ノ社は 天児屋根命 蛭子 素戔嗚尊を祭る 西ノ社は 天照太神の御子 五男三女 正哉吾勝尊 天穂日命 天彦根命 田心姫命 湍津姫市杵嶋姫瀛津嶋姫命なり

当社に祭る神 合せて百二十一座なり 祭礼 毎月朔日 十一日 二十一日 正月七日は田植の神事 三月三日 五月五日 六月十五日 七月七日 九月三十日 節分の祭りにも年中四十五度の神事なり
天照太神 この潜戸に産まれ玉ひて 二ノ神喜て曰く 吾息多といへとも若この霊異児はなし 久しくこの国に留むべからずとて みずから早く天に送りまつるべしととて 天上の司をさずけ玉ふ この時 天地のへだたり遠からざれば天柱を以って天に送り上げ玉ふ 後 高天原より 倭姫命の夢に喩し玉ひければ 倭姫命 太神の教えに随い斎宮を伊勢国 五十鈴の川上にたて玉ふ これを磯宮と云 又 渡会ノ宮 氏名づけぬ遂にこの処に鎮座し玉ふ 今 伊勢内宮と云うなり
潜戸に云伝へし神詠あり
 伊弉諾(いざなぎ)や伊弉冉(いざなみ)の代の連合は末の代までも契り絶へせじ 産屋ふる 加賀の潜戸は 産屋かな 天照神の生れ始子

按ずるに 天和歌は陽神隠神磤馭處島において喜哉遇可美少女と唱え玉ひしよりおこるといへども二十一字の教えは 素戔嗚尊 八雲立の詠より 始れば この歌いぶかしけれとも里民の云伝えなれば もらさんもいかがとて載待りぬ」  と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

加賀潜戸〈加賀神社 当初の鎮座地〉に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.