法吉神社(松江市)

法吉神社(ほっきじんじゃ)は 大穴牟遅神を救われた 貝の女神「宇武加比比売命(うむかいひめのみこと)」が 法吉鳥(uguisu)に変身して この郷に飛んでこられ お静かに鎮座されましたので 法吉(hohoki)と呼ぶと伝わります

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 島根郡(shimane no kori) 条
    神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】法吉社

【読み】(ほほき の)やしろ
【How to read】(hohoki no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 島根郡(shimane no kori)

【社名】法吉神社

【読み】(ほほきの かみのやしろ)
【How to read】(hohoki no kaminoyashiro)

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)

スポンサーリンク

【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name)

   法吉神社(hokki shrine)
       (ほっきじんじゃ)

【通称名】(Common name) 

大森大明神(omori daimyojin)

【鎮座地】(location) 

島根県松江市法吉町582

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》宇武加比比売命(umukaihime no mikoto)

《配》天児屋根命(ameno koyane no mikoto)
   天太玉命(ameno futodama no mikoto)

《合殿》坡神社(tsutsumi no kaminoyashiro)
 《主》思兼命(omoikane no mikoto)

【御神格】(God’s great power)

・薬師祖神 God of medicine
・農耕 God of plowed farmland

【格式】(Rules of dignity)

延喜式内社(engishikinaisha)

【創建】(Beginning of history)

創立は白鳳年間(661年〜683年)

【由緒】(history)

延喜式内社 出雲風土記所載の社にして 

主祭神 宇武加比比売命は 大国主の兄八十神の厄に遭い 火傷をされた時に 神産巣日命の大命を蒙り 支佐賀比比売命と共に降臨、協治療の大功を奏し給ひ、

後此地に法吉鳥(鶯)と化して飛び渡り給う、古来 宮所を鶯谷と称す。

創立は白鳳年間と言う。

永禄年間現在地に造営、城主の崇敬厚く 明治5年郷社に列す。昭和56年島根県特別神社に指定せらる。

杜域の樹木大木たるが故に 大森大明神と称し奉りき、一の古伝に往古 奉幣使参向の事あり、その時 菊花御紋章を神紋となす事を許され給ひしとて今尚これを用ふ。

合祀2柱の当地関係由緒 詳ならざれども人皇48代称徳天皇の御宇 天平神護元年乙巳九月朔日の勧請と伝う。

※「全国神社祭祀祭礼総合調査(平成7年)」神社本庁」

【境内社】(Other deities within the precincts)

・志谷稲荷社《主》宇賀御魂神
・鹿島明神 《主》武雷神

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

Please do not reproduce without prior permission.

「伝 宇武加比売命御陵(umukaihime no goryo)」(法吉神社の旧鎮座地)

旧社地は 鶯谷(宇久比須谷)に鎮座 宇武加比比売命(umukaihime no mikoto)が 法吉鳥(hohokidori= uguisu)に変身して この郷に飛んでこられてたとされる場所です
現社地の北東にあるうぐいす台の団地の裏手にあり ここに「伝宇武加比売命御陵(umukaihime no goryo)」とされます

【地 図】(Google Map)

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

松江しんじ湖温泉駅から 北上します 城山西通り経由 2.6km程度

Please do not reproduce without prior permission.

須賀神社から 北に入るとすぐ西側に鳥居と境内が見えます
法吉神社(hokki shrine)に到着

Please do not reproduce without prior permission.

社地周辺は整備され 駐車場もあります そこに「手水舎」があります
清めます

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居の前には 法吉神社の社号碑があり 一礼してくぐります

Please do not reproduce without prior permission.

真っ直ぐに石段が伸びていますが 両側に阿吽の狛犬 その左手後ろに「社日の神」 お詣りをして 石段を上がります

Please do not reproduce without prior permission.

参道の石段を登れば 狛犬と石灯篭 その先すぐ正面に拝殿 奥に杮葺きの本殿が建ちます

Please do not reproduce without prior permission.

そのまま拝殿に進みます

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿には 扁額に代えて 自然木の板に歌が書かれています

「神代のむかし 宇武加比の姫命が 
 天翔り 国翔りつつ 光満つ 清き山河 賞でたまひ 
鎮まりませる  法吉村 昭和十九年三月」

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

境内社にお詣りです
本殿南側 古い石祠が一つ 鹿島明神 《主》武雷神

Please do not reproduce without prior permission.

本殿北側 幟が立っている 志谷稲荷社《主》宇賀御魂神

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

本殿は 東方を向いて鎮座されていて 参道階段を戻ろうと眼下をみると お社の参道が 一筋が伸び もしかすると 夏至か冬至の日には ここから朝陽が上るのでしょうか?

Please do not reproduce without prior permission.

と想いつつ 石段を下り 鳥居をくぐり 振り返り一礼

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)島根郡 法吉郷 条 に記される伝承について

宇武加比比売命(umukaihime no mikoto)が 法吉鳥(hohokidori= uguisu)に変身して この郷に飛んでこられて お静かに鎮座されたので この地を法吉と呼ぶようになったという説話が描かれています

意訳
『 法吉郷(hohoki no sato)郡家の正西一十四里二百三十歩の所にあります

神魂命(kamimusuhi no mikoto)の御子「宇武加比比売命(umukaihime no mikoto)」が法吉鳥(hohoki dori= uguisu)になられて飛んで来られて お静かにここに鎮座なされました
ゆえに 法吉郷(hohoki)といいます 』

『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲國風土記』
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)』島根郡法吉の条にある伝承

法吉神社を通称名 大森明神として記されています
又 現在の合祀社「坡神社(tsutsumi no kaminoyashiro)」が「知者明神」とされ 境内社の稲荷と鹿島明神も記されています

意訳
『 大森明神 宇武加比比売命(umukaihime no mikoto)なり 延喜式に法吉神社とあるのは是なり 

出雲國風土記に神魂命(kamimusuhi no mikoto)の御子「宇武加比比売命(umukaihime no mikoto)」が法吉鳥(hohoki dori= uguisu)となられ飛んで来られて お静かにここに鎮座なされましたとは
当村のウグイス谷と言い伝わります 

本社は 8尺に1丈 東向拝殿2間 梁4間 祭礼5月15日・9月21日
7座の神あり
鹿島明神 武雷神なり
知者明神 思兼命を祀る※
稲荷   倉稲魂命なり 元禄年中 小田氏の勧請 』

※知者明神 もともと比津町(神社の北方)にあった「智者が池」に鎮座していた祠

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835] 『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=M2017060116030650985&TYPE=&NO=画像利用

『古事記(kojiki)』神代 大穴牟遅神(onamuchi no kami)の受難を救う(二柱の神 貝の女神)

意訳
『八上比売(yagami hime)は 八十神(yasogami)達に返答をしました
「わたくしは あなた方の言うことを聞けません 大穴牟遅神(onamuji no kami)の嫁となります」

八十神(yasogami)達は怒って 大穴牟遅神(onamuji no kami)を殺そうと思い 皆で話し合いました

そして伯耆国(hoki no kuni)の手間山(tema no yama)の麓(fumoto)に至って 言いました
「この山には 赤い猪(inoshishi)がいるらしい 
我々が 赤い猪(inoshishi)を追い立てるので お前は 麓(fumoto)で待ち受けて捕らえなさい もし待ち受けて捕らえないなら 必ずお前を殺す」

猪(inoshishi)に似た「大きな石」に火をつけ 転がし落としましたので
麓(fumoto)で落ちてきた石を捕らえた時 すぐに焼け死んでしまいました

このことを知り御祖の命(mioya no mikoto)=母神の刺国若比売(sashikuni wakahime)は嘆き 天に上りまして 神産巣日之命(kamimusubi no mikoto)におすがり請いました時に

神産巣日之命(kamimusubi no mikoto)は 蚶貝比賣(kisagai hime)と蛤貝比売(umugi hime)を大穴牟遅神(onamuji no kami)のもとに向かわせて 神を活かし(蘇生)ました

その時のご様子は
蚶貝比賣(kisagai hime)は 貝殻を削り 粉末にして
蛤貝比売(umugi hime)は その粉をハマグリの出す汁と一緒に溶いて 

母の乳汁のように塗りつけたところ (大穴牟遅神(onamuji no kami)立派で壮健な男となって 元気に蘇りました 』

古事記 原文参照
国立公文書館デジタルアーカイブ『古事記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047400&ID=M2014101021074889308&TYPE=&NO=画像利用

大穴牟遅神(onamuji no kami)を救われた女神・宇武加比比売命(umukaihime no mikoto)が 法吉鳥(hohokidori= uguisu)に変身して この郷に飛んでこられて お静かに鎮座されたので この地を法吉と呼ぶと伝わります

法吉神社(hokki shrine)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

同じ御祭神をお祀りする
天前社【前編】の記事をご覧ください

一緒に読む
神魂伊能知比売神社(出雲大社 境内 天前社)【前編】

神魂伊能知比売神社(かみむすび いのちひめの かみのやしろ)〈出雲大社 境内〉は 通称名(天前社 amasaki no yashiro)と呼ばれます 大國主大神が お若い頃に多くの試練をお受けになられた時 大火傷を負われました この時 祖神の御令により 大神の治療看護に当たられた貝の女神を祀ります

続きを見る

”時の架け橋” 大国主神(おほくにぬしのかみ)
『古事記』に登場する神話の舞台 の記事を見る 

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る 

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.