須我非神社(奥出雲町三所)& 天照神社

須我非神社(すがひじんじゃ)は 『出雲國風土記733 AD.』所載の仁多郡 不在神祇官社「須我乃非社(すがのひ)のやしろ」とされ 菅火野(すがのひの)山の峯に神社(かみのやしろ)があり と記されています その後 山城の築城に伴い 現在地に遷座したと伝わります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 仁多郡(nita no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】須我乃非社
読み(すのひ)のやしろ
How to read(suganohi no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

官社ではない為 該当しません

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

須我非神社(Sugahi shrine)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県仁多郡奥出雲町三所角木806

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》素盞嗚尊(すさのをのみこと)〈須我非神社
《主》天照大神(あまてらすおおかみ)〈天照神社

向かって須我非神社〉向かって右〈天照神社

Please do not reproduce without prior permission.

【御神格】(God’s great power)

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社

三成に鎮座する 八幡宮奥出雲町三成687)の境外摂社

【創建】(Beginning of history)

創建年代不詳

【由緒】(history)

出雲風土記733 AD.所載の仁多郡 不在神祇官社「須我乃非社(すのひ)のやしろ」とされ 菅火野(すが山の峯に神社(かみのやしろ)があり 記されています

その後 築城年代は定かではないが 鎌倉時代に三沢氏が城をく際に 現在地の南麓の角木に遷座したとも 分霊したとも伝わります
別の説では 頂上にあった須我非社は 江戸時代初期(1620年頃)築城の際 角木に遷座し その分霊して ・居去神社大領神社(郡)八幡宮(三成)にそれぞれ合祀明治40年・1907されたとされます

現在の 須我非神社(奥出雲町三所)は 八幡宮(奥出雲町三成)境外摂社として祀られています

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR木次線 出雲三成から 北東へ4km 車8分程度
夜明け前に斐伊川に掛かる三成大橋渡る

Please do not reproduce without prior permission.

奥出雲町三所にある 城山須我乃非山〉の南麓に位置します

Please do not reproduce without prior permission.

鎮座する小山を北側から回り込むように進みます

Please do not reproduce without prior permission.

小山の南側に 参道の入口があります
須我非神社(奥出雲町三所)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

参道の下からは 拝殿と鳥居が見えています

Please do not reproduce without prior permission.

近づいてきましたが 拝殿の後ろは 本殿がありません

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居の手前まで来ると 一檀高い社地に本殿が二つ並んで祀られています
一礼をして 鳥居をくぐります

Please do not reproduce without prior permission.

向かって須我非神社〉向かって右〈天照神社

それぞれに 賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

それぞれの社が
須我非神社「大社造り」のように

Please do not reproduce without prior permission.

天照神社「神明造り」のようになっています

Please do not reproduce without prior permission.

小さな境内ですが とても 清々しい 凛とした氣があります
お社に一礼をして参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

参道を戻ると 正面〈南〉には 旧鎮座地の 菅火野(すが山の峯 が見えています

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.』にある伝承

山の名前として「菅火野(すが」と記されていて 現 城山須我乃非山〉(奥出雲町三所)のこと この山の峯にある神社が 須我非神社〈現 須我非神社(奥出雲町三所)〉のことです

八岐大蛇を退治した素盞嗚尊が クシナダヒメノミコトと暮らす場所を求め須賀非山」に着き ここで「我が心 すがすがし」と発して 居を構えたので の名がついた伝承ます 当然山頂にあった須賀非神社素盞嗚尊祀ります

【意訳】

菅火野(すが

郡家の正西四里
高さ一百二十五丈 周り一十里 峯に神社(かみのやしろ)あり

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』仁多郡 三所 と 角木 にある伝承

須我非神社の旧鎮座地として 三所菅火
現在の社地として 角木「三社大明神」〈須我非神社(奥出雲町三所)〉が記されています

『雲陽志(unyo shi)では

三所古城と記され

菅火といふ 三所より郡村への通路左の山上なり 里俗曰く 日光山といふ 

風土記載る「須我乃非社(すのひ)のやしろ」その山の上にあり いまは祠なし 城主年代いまは詳らかならず

角木「三社大明神」と記され

「天照大神 素戔嗚尊 五十猛神をあわせまつる 祭日 九月二十九日なり

本社の後(うしろ)に 清非山(すがひやま)あり 麓より峯頭まで百に十五丈」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

【意訳】

須我乃非社(すのひ)のやしろ

風土記考に、上三所(うえみどころ)の菅火野(すがひやまあったを、中古城を築いたとき、御社を角木村に移して、清日(すがひ)大明神といふとある。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

須我非神社(奥出雲町三所)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る 

おすすめ記事

1

世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」のクライテリア(iii)として「古代から今日に至るまで山岳信仰の伝統を鼓舞し続けてきた 頂上への登拝と山麓の霊地への巡礼を通じて 巡礼者はそこを居処とする神仏の霊能を我が身に吹き込むことを願った」と記されます

2

出雲國(izumo no kuni)は「神の國」でありますので 各郡の条に「〇〇郡 神社」として 神社名の所載があります
『風土記(fudoki)』が編纂(733年)された 当時の「出雲の神社(399社)」を『出雲國風土記 神名帳(izumo no kuni fudoki jimmeicho)』として伝える役割をしています

3

大国主神(おほくにぬしのかみ)が 坐(ましま)す 古代出雲の神代の舞台へ行ってみたい 降積った時を振り払うように 神話をリアルに感じたい そんな私たちの願いは ”時の架け橋” があれば 叶うでしょう 『古事記(こじき)』〈和銅5年(712)編纂〉に登場する神話の舞台は 現在の神社などに埋もれています それでは ご一緒に 神話を掘り起こしましょう

4

出雲国造神賀詞(いずものくにのみやつこのかんよごと)は 律令体制下での大和朝廷で 出雲国造が その任に就いた時や遷都など国家の慶事にあたって朝廷で 奏上する寿詞(ほぎごと・よごと)とされ 天皇(すめらみこと)も行幸されたと伝わっています

5

出雲国造(いつものくにのみやつこ)は その始祖を 天照大御神の御子神〈天穂日命(あめのほひのみこと)〉としていて 同じく 天照大御神の御子神〈天忍穂耳命(あめのほひのみこと)〉を始祖とする天皇家と同様の始祖ルーツを持ってる神代より続く家柄です 出雲の地で 大国主命(おほくにぬしのみこと)の御魂を代々に渡り 守り続けています

6

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

7

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

8

對馬嶋(つしまのしま)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳』に所載されている 対馬〈対島〉の29座(大6座・小23座)の神社のことです 九州の式内社では最多の所載数になります 對馬嶋29座の式内社の論社として 現在 67神社が候補として挙げられています

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

error: Content is protected !!

Copyright© Shrine-heritager , 2024 All Rights Reserved.