仏経山〈曽枳能夜神社 奥宮の跡地〉(出雲市斐川町神氷)

仏経山ぶっきょうざんは 出雲風土記733 AD.出雲郡に「神名火山(かんなびやま) 曽伎能夜社(そきのやのやしろが 坐(ま)します 伎比佐加美高日子命(きひさ かみたかひこのみこと のやしろ)が この山の嶺にある 故に神名火山(かんなびやま)という」と記されています

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】曽伎乃夜社 
読み(そきのや)のやしろ
How to read(sokinoya no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

【社名】曾枳能夜神社 
読みそしのやの かみのやしろ
How to readSoshinoya no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

仏経山bukkyozan〈曽枳能夜神社 奥宮の跡地〉⇒ 曽枳能夜神社(斐川町神氷)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県出雲市斐川町神氷

【地 図】(Google Map)

<iframe src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3253.864744614809!2d132.827434574591!3d35.35900284112701!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x355741dc044cf59d%3A0x37faabe6557d4220!2z5pu-5p6z6IO95aSc56We56S-5aWl5a6u44Gu6Leh!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1646714871702!5m2!1sja!2sjp" width="600" height="450" style="border:0;" allowfullscreen="" loading="lazy"></iframe>

【御祭神】(God’s name to pray)

曽枳能夜神社 奥宮の旧鎮座地に祀られた
《主》伎比佐加美高日子命(きひさかみたかひこのみこと)

【御神格】(God’s great power)

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)
【由緒】(history)

曽枳能夜神社(斐川町神氷)の由緒をご覧ください

・曽枳能夜神社(出雲市斐川町神氷)

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

仏教山への登山道の入口は 北面の神氷側だけと思っていたら 阿宮神社で 南側の阿宮高野集落からも登山口があると 聞いてしまった
地図を見ると山頂まで車道らしきものが通じている
11月の夕方 16:10ぐらいであったので まもなく暗くなる 徒歩では無理だったので そちらに向かったのですが 安易な考えでした

斐伊川土手から仏教山目指します

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

途中 「仏教山(神名火山)2.5km」の案内があり元気づきます

Please do not reproduce without prior permission.

かなり山を登った〈中腹辺りか〉ところで 関係者以外立入禁止となっています 一般車両は上がれません

Please do not reproduce without prior permission.

やはり無理だった まもなく暗くなるので この場所から遥拝をしました

曾枳能夜神社奥宮の跡は 山頂のNTTの中継所西側に 石碑があるとのこと

仏経山〈曽枳能夜神社 奥宮の跡地〉
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『古事記(Kojiki)〈和銅5年(712)編纂〉』 垂仁天皇の条 に記される伝承

第11代 垂仁天皇の御子「本牟智和気御子(ホムチワケノミコ)」は 大人になっても物を言いませんでしたが 出雲の大神のお告げがあり 出雲に向かいます

この時 出雲で御子を出迎え 神事を執り行ったのが 出雲の曽宮(ソノミヤ)の神主 出雲国造 第14代 伎比佐加美(キヒサカミ)です 曽枳能夜神社の御祭神 伎比佐加美高日子命(きひさかみたかひこのみこと)は 同神であるといわれています

【抜粋意訳】

本牟智和気御子(ホムチワケノミコ) 尾張の相津にある二股杉で作った二股の小船を大和の市師池(イチシノイケ)や軽池(カルノイケ)に浮かべて遊んでいました

その御子は ヒゲが胸元まで伸びても 言葉を発せませんでした
ある日 白鳥の声を聞かれたとき 初めて「アギ」と言葉を口にしました

山辺之大(ヤマノベノオオタカ)という人物を派遣して「白鳥」を捕らえようとしました

ここにその人が 白鳥を追いかけて 紀伊国から播磨国に至り 因幡国を越え 丹波国 但馬国を通り 東へと追廻り 近江国に至り やがて美濃国を越えて 尾張国から信濃国にまで追いかけて ついに越国へとたどり着いた

和那美(ワナミ)の水門(ミナト)に網を張り 白鳥を捕まえて 献上しました

それで その港を和那美(ワナミ)の水門(ミナト)と呼ぶようになりました

その白鳥を見て 物を言おうと思っておられましたが 思うようにはなりませんでした

そこで天皇が寝ておられると お夢に神託がありました
「わたしの宮を 天皇の住居と同じように造ったならば 御子は必ず言葉を話すようになるだろう」

目を覚めた天皇は 太ト占いをされて どの神のお告げだろうとお求めになると の祟り 出雲の大神の御心でした

そこで 御子を出雲の大神の宮へと参拝させることにしました
参拝にあたり 誰を御子に同行させるか それを曙立王(アケタツノミコ)が占って調べました

天皇は 曙立王に命じて
「この大神を拝むことで 本当に祟りを払う効果のならば この鷺巣池の樹の鷺(サギ) 宇氣比〈誓約〉だ 落ち」と言わせますと 宇氣比〈誓約をした鷺が 池に落ちて死にました

宇氣比〈誓約 生き」と唱えると鷺は生き返りました

今度は 甘樫の丘の葉の広い樫の樹を 宇氣比〈誓約の力で枯らし また生き返らせました

それで 曙立王(アケタツノミコ)は 倭者師木登美豊朝倉曙立王(ヤマトハシキトミトヨアサクラノアケタツノミコ)と呼ばれるようになりました

すぐに曙立王と菟上王(ウナカミノミコを その御子と共に出雲へと派遣しました
そのとき
「奈良の道には 足の悪い人や目の見えない人が居るだろうから不吉だ 大坂の道にも足の悪い人や目の見えない人が居て不吉だ 紀伊の道なら 縁起がいい」と占
一行は 土地土地に品遅部を置きました

一行は 出雲に到着し 大神を参拝して帰るときのことです

肥河(ヒノカワ〈斐伊川〉 樔橋(スバシ)黒木を渡し 仮宮に坐(ま)します時
そこに 出雲国造の祖(オヤ)で 名は「岐比佐都美(キヒサツミ)」という者 河下に青葉の木々を大量に立て飾り立てます その御子を称える儀礼です
そして その御子に 食事を献上しようとすると
御子が
下に青葉の山のように見えるのは 山のように見えて 山ではなく もしかして 出雲のイワクマの曽宮(ソノミヤ)の葦原色許男大神(アシハラシコヲノオオカミ)を祀る神主の祭場ではないだろうか」と問われました


お伴をした王(キミ)たちは 言葉を聞いて喜び 見て喜び アジマサの長穂の宮 王を移して 早馬を走らせて 天皇に知らせました

その御子は 肥長比売(ヒナガヒメ)と一夜を共にしました
しかし 姫を覗いて見ると 大蛇でした

そこで見てに恐ろしくなり 逃げ出しました
すると 肥長比売(ヒナガヒメ)は憂いて 海を照らして船で追いかけて来たのです ますます恐ろしくなって 山の峠から越えて 逃げ帰りました

そこで天皇に報告しました
「大神を拝みまして 大御子は物を仰せになりました それで参上しまいりました

天皇は喜び すぐに菟上王(ウナカミノミコ)を出雲に向かわせ 神宮を造りました

また 天皇は その御子にちなんで 鳥取部(トトリベ)鳥甘部(トリカヒベ)品遅部(ホムヂベ)大湯坐(オホユエ)若湯坐(ワカユエ)を定められました

【原文参照】

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.出雲郡 にある伝承

神名火山(かんなびやまの山頂に坐(ま)します「曽伎能夜社(そきのやのやしろ」について 記されています

【意訳】

神名火山(かんなびやま〈現 仏経山斐川町神氷と阿宮の境)〉

郡家の東南三里一百五十歩の所
高さ 一百七十五丈 周り 一十五里六十歩
曽伎能夜社(そきのやのやしろが 坐(ま)します 伎比佐加美高日子命(きひさ かみたかひこのみこと のやしろ)が この山の嶺にある 故に神名火山(かんなびやまという

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』出雲郡 氷室 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

「曾枳能夜社」と記され
風土記「曾致能夜社そきのやのやしろ」あり 延喜式に曾枳能夜神社と記す

斯則(すなわち)神名火山に坐(ま)す
伎比佐加美高日子命(きひさかみたかひこのみこと)なり

本社 一間半と二間 拝殿 二間と三間
祭祀 九月九日」 と記しています

『原文』参照

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD.出雲郡 にある伝承

意訳

『 曽枳能夜神社そしのやの かみのやしろ

風土記に同じ 審伎乃夜社とあり 曽伎大明神といふ

氷室村の神名樋山 俗に仏経山といふ の山の頂上に曽伎大明神権現社とて 三社あり 

一社は この社
一社は 韓國伊大弖奉神社
一社は 不在官帳の支比佐社なり

風土記に 神名火山 曽伎能夜社 坐(ま)す 伎比佐加美高日子命(きひさかみたかひこのみこと)即在 この山嶺故云う 神名火山とあり

〇神殿一間半に二間 祭日 九月九日 』

『原文』参照

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)』〈大正15年(1926)〉に記される伝承

二つの「曾伎乃夜社(そぎのや)のやしろ」について記しています
一つは〈現 曽枳能夜神社(斐川町神氷)〉の旧鎮座地を佛経山(ぶつきょうざん)の頂上とし 熊野社に合祀後 共に現在地に遷座

一つは〈現 韓國伊太氏奉(からくにいたてほ)神社〉で 天平時代から この地にあったであろうと記しています

【意訳】

曾伎乃夜社(そぎのや)のやしろ

佛経山(ぶつきょうざん)の頂上の西南366メートル高地より 西々北へ水平距離八町に、熊野社といふ神社があった。
曾伎乃夜社は もと佛経山の頂上にあったものであるが、後に熊野社に合祀せられ、今は共に また麓の曾伎乃夜社に合祭せられ居る。

【意訳】

曾伎乃夜社(そぎのや)のやしろ

今の出西村(しゅつさいむら)神氷(かんひ)の東にある。
今は この辺の氏神である。
天平時代に於いても、一つの曾伎乃夜社は ここにあったであろう。

【意訳】

支比佐社(きひさ)のやしろ

上阿宮(かみあぐ)にある。明治の初めに、この社と曾伎乃夜社とが、もと神名火山の頂にあった社は、自分の方が これに当たるといって各々争うた。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

仏経山〈曽枳能夜神社 奥宮の跡地〉に (hai)」(90度のお辞儀)

スポンサーリンク

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

スポンサーリンク

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.