爾佐神社(松江市美保関町千酌)

爾佐神社(にさじんじゃ)は 出雲風土記733 AD.』に「伊差奈枳命(いざなきのみことの御子 〈御祭神の〉都久豆美命(つくのみこと この所で生まれたので 都久豆美というべきであるが 今の人はただ 千酌(ちくみ)と号している」と記される千酌浜(ちくみのはま鎮座します

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 島根郡(shimane no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】爾佐社 
読み(にさ)のやしろ
How to read(nisa no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 島根郡(shimane no kori)

【社名】爾佐神社or尓佐神社
読みにさのかみのやしろ
How to readNisa no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

爾佐神社(Nisa shrine)

【通称名】(Common name)

爾佐三社さんにささんしゃさん

【鎮座地】(location)

島根県松江市美保関町千酌1061

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》都久津美神つくつみのかみ)=〈都久豆美神〉
   〈伊差奈枳命のみことの御子神

   伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
   伊弉冊尊(いざなみのみこと)

《配》大山咋神(おおやまくいのかみ)
   宇賀神(うかのかみ)
   天之忍日命(あめのおしひのみこと)

【御神格】(God’s great power)

縁結び

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

創建年代不詳

【由緒】(history)

〔 爾佐神社 〕

北浦海水浴場から西へ車で5分ほど行くと千酌へ入る。その海岸沿いの道路の左手に鎮座する古社である。主祭神は月の神様の都久津美神で、その親神であるイザナギ、イザナミの命が相殿に祀られている。風土記にはそのツクズミの名にあやかってこの地を千酌と名付けたと記されている。またこの神社には古文書も多く、後醍醐天皇使用と伝えられるお椀もある。1月6日に行われる田植え神事は、時期的にも珍しく、米の豊作を願う里人たちの思いが込められている。

松江観光協会 美保関町支部HPより
https://www.mihonoseki-kankou.jp/sinji/sinji_yabusamesinji/

【境内社】(Other deities within the precincts)

本殿の南
・惣御前神社 《主》当国延喜式内百八十七神
・日吉神社 《主》大己貴神

本殿の北
・加茂神社 新宮神社《主》玉依姫命 速玉男命
・日御崎神社 《主》天照大神
・垣に囲われた磐境

Please do not reproduce without prior permission.

【境外社 (Related shrines outside the precincts)】

・弁財天社 《主》市杵島姫命
・秋葉社 《主》火産霊神
・水神社 《主》天之水分神
・恵比須社 《主》事代主神

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

北浦の東側 円錐形をした大島」〈現 麻仁曽山(まにそやま)172mについて

Please do not reproduce without prior permission.

隠岐 知夫島 渡津〈わたつ〉から出雲 千酌〈ちくみ〉を舟が目指すときの最初の到着地点の目印が 北浦の東側にある「大島」〈現 麻仁曽山(まにそやま)〉でした

北浦の西にある 千酌浜(ちくみのはまについて

出雲風土記733 AD.』に 島根郡 千酌浜(ちくみのはまこの所は すなわち隠岐国(おきのくに)に渡る港と定めている」と記されていて 千酌〈ちくみ〉は 太古から隠岐国(おきのくに)に渡る港と定められていました

隠岐の港 知夫里島 渡津〈わたつ〉に鎮座する式内社渡津神社」について

渡津〈わたつ〉は 最も本土に近い知夫里島南端にあります

Please do not reproduce without prior permission.

紀貫之・土佐日記』にも書かれていて

「船を出して、漕ぎ来る道に手向けするところあり、舵取りして幣奉らする、あるいはよめる。わたつの海の、ちぶりの神に手向けする、ぬさのおひかぜやまず吹なん」

知夫里島の渡津に鎮座の「渡津神社(隠岐 知夫里村 島津島)」について詳細は下記

・渡津神社(隠岐 知夫里村 島津島)

大島」〈現 麻仁曽山(まにそやま)〉に鎮座した伊奈阿氣社(いなあけ)のやしろについて

この隠岐 知夫島 渡津〈わたつ〉から出雲 千酌〈ちくみ〉を舟が目指すときの最初の到着地点の目印が 北浦の東側にある「大島」〈現 麻仁曽山(まにそやま)172m〉でした

かつては 麻仁曽山の山頂に出雲風土記733 AD.所載の伊奈阿氣社(いなあけ)のやしろ」が鎮座していました
現在は 麓に鎮座します

・伊奈阿気神社

 

「稲積島(いなづみしま)」〈現 奈倉鼻(なぐらはな)〉に鎮座する「伊奈頭美社(いなづみ)のやしろ」について

そして 北浦の西側にあるフタコブ山のような稲積島(いなづみしま)〈現 奈倉鼻(なぐらはな)に鎮座するのが出雲風土記733 AD.所載の「伊奈頭美社(いなづみ)のやしろ」

出雲風土記733 AD.「稲積島(いなづみしま)」について「中馨南北船猶往来也」記していて 詳細な意味は謎とされています
謎解きの仮説ですが 隠岐と出雲を船は南北に往来していた 隠岐 渡津を出た船が 北浦の大島」〈現 麻仁曽山〉を目指し 西の「稲積島」〈現 奈倉鼻〉の中を抜けて 千酌浜(ちくみのはま往来したとすると謎が解けたような気になります

Please do not reproduce without prior permission.

・伊奈頭美神社

 

千酌浜(ちくみのはまに鎮座する爾佐神社(にさじんじゃ)

そして 千酌浜(ちくみのはまに鎮座するのが 爾佐神社(にさじんじゃ)御祭神は「都久津美神つくつみのかみ)=月読尊(つきよみのみこと)」

・爾佐神社

同じく出雲風土記733 AD.』に千酌(ちくみ)地名の由来について伊差奈枳命(いざなきのみことの御子 都久豆美命(つくのみこと この所で生まれた 当然 都久豆美というべきであるが 今の人はただ 千酌(ちくみ)と号している」と爾佐神社(にさじんじゃ)の御祭神 都久豆美命(つくのみこと発祥の由来と記しています

爾佐神社の社頭から 海辺へと出て その先を見つめると 北浦の東側 円錐形をした麻仁曽山(まにそやま)172mが見えています 境内は 麻仁曽山を向いています

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

境内の目の前に砂浜と千酌湾の絶景が広がって 千酌湾の西岸に鎮座します
海岸からの社頭は「爾佐神社 御神域」と標柱立ちます

爾佐神社(松江市美保関町千酌)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

扁額に「式内 爾佐神社」と刻まれる鳥居の横には 手水舎があり 清めてから一礼をしてくぐります 続いて隋神門が構えます

Please do not reproduce without prior permission.

右手には 社務所 

Please do not reproduce without prior permission.

社務所の裏には 江戸時代の力士「鳴龍」の遺徳をしのんで建てられたと伝わる石碑「鳴龍塚」

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の前には
流鏑馬(やぶさめ)神事を記念した馬の像450年程昔 京都に御所があった頃 爾佐神社が鬼門にあたるために始まったとされる流鏑馬神事

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿に進みます
賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥は 幣殿 大社造の本殿 両脇に境内社鎮座します

神紋「扇」佐太神社正中殿と同じ

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

社殿一礼をして参道を戻ると 正面には麻仁曽山(まにそやま)見えています

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.島根郡にある伝承

千酌駅(ちくみのうまや)では 千酌(ちくみ)の由来は 都久豆美命(つくのみことから来ている

千酌浜(ちくみのはまでは 隠岐国(おきのくに)に渡る港と定めていると記しています

【意訳】

千酌駅(ちくみのうまや)

郡家の東北一十里一百八十歩の所
伊差奈枳命(いざなきのみことの御子 都久豆美命(つくのみこと この所で生まれられた そうだから当然 都久豆美(つくつみ)というべきである しかるに 今の人はただ 千酌(ちくみ)と号している

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

【意訳】

千酌浜(ちくみのはま〈現 美保関町の千酌港

広さ 一里六十歩
〔東に松林あり 南に駅家 北に百姓の家 郡家の西二九二十歩の所
この所は すなわち隠岐国(おきのくに)に渡る港と定めている

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

 『雲陽志(unyo shi)1835AD.』島根郡 千酌 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

三社明神」と記され
伊弉諾尊 伊弉冊尊 都久豆美命の三神をまつる

本社 一間に二間 東向き 拝殿 二間五間 隋神門あり
祭禮 正月元旦には御供七十五膳を調へて 謡初と云うことあり 神歌を唱え 五穀豊穣を祈り神田植えの規れきあり
四月三日 御供を調を七十五膳を備ふ 一ノ神子 二ノ神子とて女童二人を馬に乗せて 品々規定あり 神子・・・・・・・

この浦の海上五町ばかり沖にて 三ノ嶋あり 昔 神達 悪魔を退治したまう時 鬼ノ黒頭嶋した嶋と云うなり 又 磯辺に平なる島あり東西五拾間ばかり南北百間ほども有るべし たたみをしきたるが如し 今 里民 千畳嶋とも伝えれども いかなる故ありて知る人なし
天正元年 本社 上葺の棟札あるも 書載たる事もなし 神宝と称して弓鞍太刀三振 鎧三領あり 誰人の篭置たるも不知

山王日御碕加茂新宮惣御の五社が三社明神の摂社なり」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD.島根郡 にある伝承

意訳

『 爾佐神社Nisa no kamino yashiro)

風土記に同じ 千酌なり 三社大明神これなり
伊弉諾尊 伊弉冊尊 都久豆美命の三神を祭るなり

神殿 一間に三間 東向き 拝殿 二間に五間 隋神門あり

祭禮 正月元旦には御供七十五膳を調へて 謡初とて 神歌を唱へて 五穀豊穣を祈る田植式もあり
四月三日 御供を奉りて 一ノ神子 二ノ神子とて女童二人を馬に乗せて 供え奉る 又 時の代官の馬具を借りて飾り置由なり これによりて按る

風土記に 千酌駅は

伊差奈枳命(いざなきのみことの御子 都久豆美命(つくのみこと この所で生まれられた そうだから当然 都久豆美(つくつみ)というべきである しかるに 今の人はただ 千酌(ちくみ)と号している
信比古 日記の誤りなるへし 千酌耳となり 都久豆美命月夜見命なり 萬葉集に月夜を都久用とかけり 伊勢大神宮 延暦儀式帳に月讀命 御形馬乗男形著紫御衣金作太刀佩之となるに 今この神 祭日に馬具を飾る事を思い合わすれは 月夜見命の故事 今に存ているといへり・・・・ 

【原文参照】

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

【意訳】

爾佐社(にさ)のやしろ

延喜式にいふ爾佐神社であって千酌にある。都久豆美命(つくのみこと伊弉諾命(いざなぎのみこと)、伊弉冊命(いざなみのみこと)を祀るから三所大明神(さんしょだいみょうじん)ともいふ。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

爾佐神社(松江市美保関町千酌)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.