阿禰神社(出雲市湖陵町二部)

阿禰神社(あねじんじゃ)は 出雲風土記733 AD.』所載の神門郡 神祇官社「阿如社(あね)のやしろ」とされます 現社地には 江戸時代に大きな八幡宮(氏神)鎮座し 阿禰神社は 姉谷の里の奥 小祠に鎮座していましたが 明治二十四年(1891)現在地に遷座し 八幡宮は阿禰神社に合祀され 現在に至ります

Please do not reproduce without prior permission.

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 神門郡(kando no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】阿如社
読み(あね)のやしろ
How to read(ane no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 神門郡(kando no kori)

【社名】阿禰神社
読みあねの かみのやしろ
How to readAne no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

阿禰神社(Ane shrine)

【鎮座地】(location)

島根県出雲市湖陵町二部5〈旧 簸川郡江南村大字二部字姉谷

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》天照皇大御神

《合》素戔嗚尊
   月読幸魂之神
   惟神大神(舟木正朋翁神位)
   品陀和気尊(八幡大神)

【御神格】(God’s great power)

家内安全 心願成就 無病息災 病気平癒 諸障除災 悪念の祓い 厄年祭 初宮詣 結婚式

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

江戸時代
 現社地は 
きな八幡宮(氏神)鎮座
 阿禰神社は 姉谷の里の奥 小祠に鎮座

『式内社調査報告』式内社研究会 編より抜粋
舊社地についての社傅に「往古姉谷中央ニ在リテ、其舊跡宮床ト稱セル地僅カニ耕地中ニ残レリ。降リテ中古姉谷高丸山ノ根ナル川端ニ遷リ、ツイデ寶暦年中(中略)姉谷奥ニ遷セルニヨリ、明治二十四年ニ至ルマデ鎮座アリシガ、 氏子ノ宿願ニヨリ(中略)仝年十月三日往古ノ社地ニ近キ 現今ノ地ニ遷座アリ」と、姉谷に沿うて社地が移轉してゐるやうである。

明治時代復活した近代社格により 阿禰神社が村社 八幡宮が無格社と格付けされ
阿禰神社は 明治二十四年(1891) 現在地に遷座し 八幡宮は阿禰神社に合祀され 現在に至ります

【由緒】(history)

ご由緒

出雲国風土記(713年)に阿如社とあり、創立年代不詳なるも
神亀年中に伊弉諾尊・伊弉冉尊の御子達三柱の姉なる大神鎮座し給われ、この地を姉の里と云う、と古書に見えている。延喜式神名帳に所載(式内社)の神社で、その御神徳は今日まで及び村は栄え、子孫は生業を得て繫栄している。

この鎮座地には建保4年(1216年)に出雲国守護佐々木信濃守義清が建立した八幡宇佐宮が存在しており、天文10年(1541年)佐々木民部詮久が造営し、永禄年中に小早川隆景が再建したという。(雲陽誌による)

この八幡宇佐宮は、鎌倉時代より武家守護神として崇敬厚く、また佐々木家代々の祈願社として五〇数石の社領を保有していた。只、惜しむらくは、これだけ格段の規模を誇る神社でありながら、慶長年中の神領没収、また本社焼失により宝物、棟札古文書の大半を失い、明治5年の神社改正には十分な処遇がなされなかったことは、後人の等しく遺憾と思うところである。

明治24年、両社は合祀されて現在地に遷座されている。
阿禰神社公式HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

客大明神神社《主》焼太刀大穂日子命
金毘羅社《主》金山彦命
稲生社《主》豊宇気神
惣荒神社《主》(御神木)

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR江南駅から 県道277号経由で南下 約1.2km 車5分程度

阿禰神社(出雲市湖陵町二部)に参着
一礼をして鳥居をくぐります 鳥居の扁額には「式内 阿祢神社」と刻字

Please do not reproduce without prior permission.

階段を上がると二の鳥居が建ち 正面には社殿が鎮座

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭箱のお守り受けや書置きの御朱印あり

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 幣殿 本殿が鎮座します その脇には土俵があります

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』神門郡 二部 にある伝承

江戸時代 現在地には大きな八幡宮が鎮座していました
阿禰神社は 姉谷の里の奥 小祠に鎮座
明治時代社格が復活して 阿禰神社が村社 八幡宮が無格社となり 八幡宮は阿禰神社に合祀されます
ここには 二社が別々に鎮座していた江戸期の様子が記されています

『雲陽志(unyo shi)では

二部「八幡宮」と記され

「この社勧請詳らかならず 天文十年 佐々木民部詮久造営 永禄年中 小早川隆景再建の棟札あり 祭日 八月十五日 十月十五日」

「阿祢神社」

大日孁貴(おおひるめむち)をまつる 延喜式内の神社なり 風土記に阿如社あるは これなり 姉谷といふ所に鎮座 故に土人 姉谷明神といふ」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD. にある伝承

【意訳】

阿禰神社

風土記に阿如社とあり

滑狭郷二部村 姉谷大明神なり 大日孁貴尊を祭るといへり 風土記鈔に阿如社ありある書云う 塩治日子命御子 焼太刀大穂日子命神社とあり誤りなり 寛文九年巳酉春 再興小社

【原文参照】

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

【意訳】

阿如社(あね)のやしろ

今の江南村(こうなんむら)姉谷大明神(あねたにだいみょうじん)である。
天照皇太神を祀る。
訂正風土記に「如は當さに禰に作るべし」といって居るが、本文のままでよい。「如」の字は、阿如(あね)里、波如(はね)里の如く、天平時代には ネ と読んである。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

阿禰神社(出雲市湖陵町二部)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.