⑪小名毘古那神(すくなひこなのかみ)と久延毘古(くえびこ)

大国主神と小名毘古那の二柱の神は 並んで
この国〈日本〉を作り堅めた "国造りの神"として
 描かれる

大国主神(おほくにぬしのかみが 出雲の御大御埼(みほのみさき)にいた時 小名毘古那神(すくなひこなのかみ)が 海の彼方から天羅摩船(あまのかがみのふね)に乗って寄り来られた

この神のことは 誰もわからなかったが 久延毘古(くえびこ〈山田の案山子〉が知っていて 神産巣日神かみむすひのかみ)の手の股またからこぼれて落ちた御子神と知ることになった
神産巣日神の命令により 大国主神と小名毘古那の二柱の神は 並んで〈共に偉大な神として〉 この国〈日本〉を作り堅めました

その後 小名毘古那神は 常世(とこよ)に渡られました

・天神社(あまつかみのやしろ)《主》少彦名命(すくなひこなのみこと)

『古事記』神話には
大国主神(おおくにぬしのかみが 出雲の御大の御前美保岬にいたときに波立つ上に 天の羅摩船(あめのかがみのふね)に乗りて小名毘古那神(すくなひこなのかみ)が寄られた」と記されます

 

粟嶋神社(米子市 彦名町)《主》少彦名命

『古事記』神話には
「その後 その 小名毘古那神(すくなひこなのかみ)は 常世国(とこよのくに)へと渡られました」と記されます

手間天神社(松江市竹矢町)《主》少名毘古那神

『雲陽志(unyo shi)』には
竹屋「手間天神」 少彦名神の神廟なり 本社南向 寛文三年(1663)太守源直政公造営棟札ありと記され
古事記』に記される少名毘古那神が 手間天神と呼ばれる由来〈神産巣日神(カミムスビカミ)の手の股またからこぼれて落ちた子ども〉が描写され 菅原道真公を祀る菅原天神とは誤りである 出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)の「塩盾島(しおたてしま)」とある と記しています

 

・目久美神社米子市目久美町《主》素盞鳴尊(すさのをのみこと)久延毘古命(くえびこのみこと)《合》菅原道真公(すがわらのみちざねこう)

『古事記』神話には
この 小名毘古那神(すくなひこなのかみのことを申し上げた 久延毘古(くえびこ案山子というのは  山田の曽富騰(そほど山田の案山子〉といいます この神は では歩あるきませんが 天下のことをすかり知ているです」と記されます

 

久延彦神社(桜井市三輪)〈大神神社 末社《主》久延毘古命(くえこのみこと)

『大神神社史1975年 大神神社社務所発行〉によれば 久延彦神社(くえひこじんじゃ神代よりこの地に祀られると伝わります

 

スポンサーリンク

『古事記(Kojiki)〈和銅5年(712)編纂〉』 に記される伝承

【抜粋意訳】

そこで 大国主神(おほくにぬしのかみ 出雲の御大御埼(みほのみさき)においでになつた時に 立つに 天羅摩船(あまのかがみのふね)に乗って (ひむし)の皮を剥いで作ったを着て 寄り来る神がいました

その名を聞きましたけれども お答えにならず
また 者の神たちに 尋ねられましたが 皆知りませんでした
ところが 多邇具久(たにぐくヒキガエルが言には「これは 久延毘古(くえびこ案山子がきと知つているでしよう」と申しました

その 久延毘古(くえびこ案山子を呼んで お尋ねになると「これは神産巣日神かみむすひのかみ)の御子(みこ)小名毘古那神(すくなひこなのかみ)でございます」と申しました

 神産巣日神かみむすひのかみ)に申し上げたところ「正〈まさ〉に 我が子だ 子どもの中でも わたしの手の股(また)から こぼれて落ちた御子である あなた〈小名毘古那神〉は 葦原色許男命(あしはらしこおのみことと相並び〈共に偉大な神として〉 この國を作り堅めなさい」と仰せられました

それで それから 大穴牟遅(おほなむぢ)と小名毘古那(すくなひこな)の二柱の神は 並んでこのを作り堅めました

その その 小名毘古那神 常世国(とこよのくに)へと渡られました

この 小名毘古那神(すくなひこなのかみのことを申し上げた 久延毘古(くえびこ案山子というのは  山田の曽富騰(そほど山田の案山子〉といいます この神は では歩あるきませんが 天下のことをすかり知ているでございます

【原文参照】

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

⑫幸魂奇魂・御諸山(みもろやま)に坐(ましま)す神 に進む

スポンサーリンク

”時の架け橋” 大国主神(おほくにぬしのかみ)
『古事記』に登場する神話の舞台 に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-神話の舞台
-

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.