宇賀神社(出雲市口宇賀町)

宇賀神社(うがじんじゃ)は 出雲風土記733 AD.所載の出雲郡 神祇官社「守加社(うか)やしろ」とされ 境内社 子安神社に合祀の彌努波社は「彌努婆社(みぬば)やしろ」「彌努波社(みぬは)やしろ」の論社です 大己貴命が 綾門姫命を窺(うかが)い捜し 宇賀(うか)となったと伝えられます

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

・本社〈宇賀神社〉が神祇官社
〈宇賀神社の境内社 子安神社に合祀〉彌努波社が 神祇官社・不在神祇官社それぞれの論社となっています

本社〈宇賀神社

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】守加社 
読み(うか)やしろ
How to read(uka no) yashiro

〈宇賀神社の境内社 子安神社に合祀〉彌努波社

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】彌努婆社 
読み(みぬば)やしろ
How to read(minuba no) yashiro

〈宇賀神社の境内社 子安神社に合祀〉彌努波社

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】彌努波社 
読み(みぬは)やしろ
How to read(minuha no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

本社〈宇賀神社と〈宇賀神社の境内社 子安神社に合祀〉彌努波社が それぞれ論社となっています

本社〈宇賀神社

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

【社名】宇加神社 
読みうかの かみのやしろ
How to readUka no kami no yashiro

〈宇賀神社の境内社 子安神社に合祀〉彌努波社

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

【社名】美努麻神社 
読みみぬまの かみのやしろ
How to readMinuma no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

宇賀神社(Uga shrine)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県出雲市口宇賀町521

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》大己貴命おほあなむちのみこと
   綾門姫命あやとひめのみこと

【御神格】(God’s great power)

家内安全 五穀豊穣 縁結び 厄除け 全て成就

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

宇賀神社の由来

一、所在地 島根県出雲市口宇賀町

一、祭 神 大己貴命
      綾門姫命

一、由緒
 今を去る1200年前、天平5年聖武天皇の御代、733年に作られたものに「出雲風土記」があります。
これによると、世紀はじめの出雲の状況を詳しく知ることができます。また出雲風土記から200年ばかりのちになってできた全国の神社を一覧したものに「延喜式」の神名帳があります。これに載せられている神社は、いわゆる「式内社」と申しまして由緒正しい古い神社であります。
 わが宇賀神社は、この両方のいずれにも記載されておりまして、遠く長い昔から、私達の先祖代々の人達によって祭られて参りました。

 出雲風土記によりますと、大己貴命が神むすびの命の御子である綾門姫命に求婚されました。ところが綾門姫命は承諾なさらないで、身を隠された。
求婚された女性が身を隠し、それを求婚者の男性がさがし出すのは当時の習慣であって、そのことは播磨風土記にもでております。
そこで大己貴命は、綾門姫命がどこへ身を隠されたのかと、出雲大社をでて、弥山、鰐淵山を経て宇峠のあたりを尋ね伺われた。それで宇賀という地名になったというのです。現在西北方を奥宇賀、東南方を口宇賀と称しております。
境内案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【由緒】(history)

延喜式 神祇神名下 十の巻、出雲国一百八十七座。出雲郡 五十八座の中に、「宇賀神社」とある。
「出雲国風土記」の「宇賀の郷」の条に、
【郡家の正北一十七里五歩。天の下造らしし「大神命」、「神魂命」の御子、「綾門日女命」を誂ひ坐す。汝、女神肯はず逃げ隠れ給う時、大神伺ひ求ぎ給う所、是れ即ち此の郷なり。故、「宇賀」という。】
2009年、2010年と「宝くじ」大当たり当選者、多数あり。「大福祈願成就」
神社史研究会HPより

スポンサーリンク

【境内社】(Other deities within the precincts)

・子安神社《主》木花開耶姫命
 同座 庚申神社
 合祀 熊野神社
 合祀 彌努波社
  ⇒『出雲國風土記733 AD.』所載の「彌努婆社(みぬば)やしろ・彌努波社(みぬは)やしろ」の論社

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

・荒神社《主》土祖神・招魂社《主》護国の英霊・御崎社《主》素盞烏尊社日

Please do not reproduce without prior permission

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

『雲陽志に「口宇賀の木舩明神」・『出雲国風土記考証』に「口宇賀の貴船大明神」貴船神社(『出雲國風土記733 AD.』所載の彌努波社(みぬは)のやしろ)か ?

案内板が無いので 祭神は不詳の境内社ですが 祠の下に龍の置物があります もしかすると 龍神〈龗命(おかみのみこと)〉を祀る貴船神社でしょうか?  だとすると 『出雲國風土記733 AD.』所載の不在神祇官社「彌努波社(みぬは)のやしろ」の可能性があります

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』には「木舩明神とあり 椎木を神木として幣帛を立祭るなり 社なし」とある社で

『出雲国風土記考証〈大正15年(1926)〉』には出雲風土記733 AD.所載の不在神祇官社彌努波社(みぬは)のやしろ」として風土記考に口宇賀の貴船大明神(きふねだいみょうじん)として居る。龗命(おかみのみこと)を祀る」と記しています

Please do not reproduce without prior permission

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

出雲風土記733 AD.所載の出雲郡 神祇官社「彌努婆社(みぬば)やしろ」⇒延喜式神名帳927 AD.所載出雲郡「美努麻神社みぬまの かみのやしろ)」の論社について

〈宇賀神社の境内社 子安神社に合祀〉彌努波社と〈奥宇賀神社に合祀〉和田灘鎮座 美努麻神社の二つが論社となっています

・〈奥宇賀神社に合祀〉和田灘鎮座 美努麻神社

〈宇賀神社の境内社 子安神社に合祀〉彌努波社

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

雲州平田から R431号と県道275号経由西へ4.5km 車10分程度

宇賀コミュニティセンターの目の前です

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

宇賀神社(出雲市口宇賀町)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

社頭には 由緒の案内板と 石の社号標があり「宇賀神社」と刻まれています

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして 鳥居をくぐります

Please do not reproduce without prior permission.

正面に拝殿が建ち
その右手には〈境内社 子安神社に合祀〉彌努波社が祀られています
賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈り

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿に向かうと 陽の光が丁度差し込んでいます
賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 本殿が鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.出雲郡にある伝承

宇賀神社(出雲市口宇賀町)の御祭神〈大己貴命おほあなむちのみこと綾門姫命あやとひめのみこと〉の婚姻の馴初めについて 記されています

【意訳】

宇賀郷(うかのこおり)
〈現 出雲市 国富町北部・口宇賀町南部・奥宇賀町南部・別所町東部〉

郡家の正北一十七里二十五歩の所
所造天下大神〈大国主命=大己貴命が 神魂命(かみむすひのみこと)の御子(みこ)綾門比女命(あやとひめのみこと)に求婚をされた
そのとき 女神は承諾せず 逃げ隠れられた時 大神が伺(うかが)い求め給われた所で 是れ即ち此の郷なり「宇賀(うか)」という

北海の浜に磯がある名は 脳磯(なづきのいそ)
高さ一丈ばかり 上に坐(まし)ます松は茂り 磯に至る 里人の朝夕に往来のごとく また木は人が引き寄せた如くある

磯から西の方に窟戸(いわやど)がある
高さ・広さはそれぞれ六尺ばかり 窟の中に穴があり 人は入ることができない 深浅は不明

この磯の窟のあたりに 夢で行くと必ず死ぬ だから俗人は 古(いにしえ)より今に至るまで号する 黄泉(よもつ)の坂・黄泉(よもつ)の穴と

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』盾縫 宇賀 にある伝承

宇賀神社(出雲市口宇賀町)の御祭神〈大己貴命おほあなむちのみこと綾門姫命あやとひめのみこと〉の古老の伝承・里民の語りを記しています

『雲陽志(unyo shi)では

宇賀明神」と記され
大己貴命おほあなむちのみこと綾門姫命あやとひめのみこと)を祭る

本社 六尺四方 拝殿 二間四間
祭祀 正月七日 神田植百手ノ神事 九月十九日祭あり

永正十年(1513)再興の棟札あれども鎮座年暦不見

古老の伝に
大己貴命綾門姫命 夫婦睦まじからざるにより 綾門姫命 大社を忍び出たまいたり 大己貴ノ神 篭守明神を伴いたまいて 綾門姫命を尋ねたまいて 奥宇賀布施山に至りぬ 山の半腹に穴あり見て この穴のほとり 人の通ひたるとをぼしたて 草なびきたり 綾門姫命もし この穴に隠れ居たまうにや 篭守明神は ここに守て居玉へとて この谷の布施物に賜りたるによりて 今のところの名として 布施とは云うなり
大己貴命 口宇賀を窺い尋ねたまうに 綾門姫命の出たまうに逢いたまえり 故に窺い知ると云う 心にて宇賀ノ像とは云うなり 夫より大己貴命綾門姫命を祭り 宇賀明神と崇め奉りぬ

盾縫郡 猪目浦と神門郡 宇峠浦との界 巌の上に馬と牛との蹄の跡あり
里民語りけるは 綾門姫命大己貴命 馬と牛とに乗り この所にて行き合いたまう寸の蹄の跡なりとて 今に有り と記しています

『原文』参照

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD.出雲郡 にある伝承

意訳

『 宇加神社うかの かみのやしろ

風土記に同じ 口宇賀村 今盾縫郡 宇賀明神の社といふ
大穴持命 綾門姫命を祭りたり

神殿 八尺四方 拝殿 二間と四間 永正年間の棟札あり
祭日 正月七日 九月十九日

風土記に
宇賀郷 所造天下大神〈大国主命=大己貴命が 神魂命(かみむすひのみこと)の御子(みこ)綾門比女命(あやとひめのみこと)に求婚をされた
そのとき 女神は承諾せず 逃げ隠れられた時 大神が伺(うかが)い求め給われた所で 是れ即ち此の郷なり 「宇賀(うか)とあり

古事記に・・底津石根(=地底)に太い柱を建て 空に高々とそびえる神殿を建てるとある宇迦山は 出雲御崎山と風土記にあるなり 東は宇賀より 西は杵築にて 皆このとあり 奥宇賀村の奥に

〇里俗の伝に
綾門姫命大穴持命と馬と牛とに乗りたまいて この所にて行逢ひて その牛馬の蹄の跡 猪目浦と宇峠浦との界にある巌の上にありといえり

〇伊勢国 桑名郡 同名神社あり 

意訳

『 美努麻神社みぬまの かみのやしろ

風土記に称す 彌努婆社とあり
宇賀村の和田御崎とあり 社なし

古老伝に
和田御崎は 美努麻神社といへり 神殿四尺四尺五寸 南向き
祭日 九月十五日
〇阿波国 麻殖郡 天水沼間比古神あり

『原文』参照

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)』〈大正15年(1926)〉に記される伝承

【意訳】

彌努婆社(みぬば)やしろ〈神祇官社

古老は、奥宇賀(おくうか)の和田御崎(わだみさき)にある和田大明神を、美努麻神社みぬまの かみのやしろ)であるといふ。今は宇賀神社に合祀してある。経津主命(ふつぬしのみこと)と武御雷命(たけみかづちのみこと)を祀る。   

【意訳】

宇加社(うか)やしろ〈神祇官社

延喜式いふ宇加神社あって、口宇賀(くちうか)に宇賀大明神といって居る。大穴持命と綾門姫命を祀る。

【意訳】

彌努波社(みぬは)やしろ〈不在神祇官社

風土記考に口宇賀の貴船大明神(きふねだいみょうじん)として居る。龗命(おかみのみこと)を祀る。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

宇賀神社(出雲市口宇賀町)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.