石宮神社(宍道町)

石宮神社(いしのみやじんじゃ)は 出雲風土記天平5年(733)編纂大国主命が猪狩りに出掛けた時 2匹の猪が現れ 犬を使追い詰めたところ 犬と2匹の猪は石となっので このあたりは“猪の道=宍道”と呼ばれるようになった逸話が記述されています この犬と猪が化した石が“宍道社”と呼ばれ石宮神社の境内にあます

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】宍道社 
読み(ししぢ)のやしろ
How to read(shishiji no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

 

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori)

【社名】完道神社 
読みししみちの かみのやしろ
How to readshishimichi no kami no yashiro

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)

 

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment

【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

石宮神社(いしのみやじんじゃ)
(ishinomiya jinja)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

松江市宍道町白石638

【地 図】(Google Map)

https://www.google.com/maps/dir/''/%E3%80%92699-0402+%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8C%E6%9D%BE%E6%B1%9F%E5%B8%82%E5%AE%8D%E9%81%93%E7%94%BA%E7%99%BD%E7%9F%B3638%E7%95%AA%E5%9C%B0+%E7%9F%B3%E5%AE%AE%E7%A5%9E%E7%A4%BE/@35.4075467,132.9180312,16.11z/data=!4m15!4m14!1m5!1m1!1s0x35571450bd8e39b1:0x8d86a697b72b0e20!2m2!1d132.9087491!2d35.4068836!1m5!1m1!1s0x3557143c14750a77:0xf59b14a07e8d51e2!2m2!1d132.9280895!2d35.4044229!3e0!5i1

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》大己貴命(Ohonamuchi no mikoto)

【御神格】(God’s great power)

家内安全

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 所載社

【創建】(Beginning of history)

由緒

古老伝に曰く、神氏に大己貴命の御狩を成し給いし時猪を追いし犬即ち石となりしと云う伝あり。
何れの時代にや、その石に大己貴命の御分霊を齋き奉りて当地の産土神と為したりと。故に社殿なし。只石の井垣ありて、その内に犬のうずくまりたるさまの石の神躰あるのみ。
然るに明治五年神社の改正より村社となれり。明治39年勅令第96号により大正2年5月17日島根県告示第百73号を以て神饌幣帛料を供進することを得べき神社に指定せらる。

※「全国神社祭祀祭礼総合調査(平成7年)」[神社本庁]から参照

【由緒】(history)

石宮神社 しのみやじんじゃ

 祭神は大己貴命 おおなむじのみこと(大国主命) であり、御神体は神代固有の霊石である犬石です。 現在その霊石は、鳥居の両側に猪石が二体、神社拝殿の後ろに犬石が御鎮座されます。
 古くこの土地の人達は、当社を式内宍道神社と呼んでいました。 また、延喜式と出雲風土記に宍道神社が登場していますが、それは当社であるという考え方があります。
 境内には、伊邪那美命 ( いざなみのみこと )、事解之男命 ( こさかのおのみこと )、速玉之男命 ( はやたまのおのみこと )、石析神 ( いわさくのかみ )、根析神( ねさくのかみ ) の5柱を祀っている熊岩神社や、武内宿祢命 ( たけうちすくねのみこと )を祀っている武内神社があります。

境内案内板より

【境内社】(Other deities within the precincts)

熊岩神社
武内神社

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社の 宍道社(ししぢ)のやしろ の論社 4ヶ所について

・石宮神社

・大森神社

・女夫岩遺跡〈大森神社の旧社地〉

・〈氷川神社に合祀〉三崎神社

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

宍道から 西方に宍道湖南岸より同道川を南に約1km遡り 山陰自動車道の手前辺り 

道路沿いに鳥居が建っています
石宮神社(宍道町)に参着

境内地道路沿いの石垣の上になります

一礼をして 鳥居をくぐります 鳥居の両脇にある巨石が 二匹の猪石となっ猪石伝わります

【出雲国風土記記載遺跡】

犬石・猪石(しし)

(宍道町指定文化財)
天平五年(七三三年)に記された古代出雲の地誌「出雲国風土記」には、宍道町の地名の由来となった犬石、猪石の物語が取り上げてあります。
これを現代ふうにすると、「出雲の国の治めておられた大穴持命(大国主命)が犬を使って猪狩りをされました。
この追われていた二匹の猪と犬は石となって今も南の山に残っている。この故事より(猪のとおった道と言う意味から)この地域を猪の道=宍道(ししじ)と呼ぶようになりました。」というものです。
鳥居の両側に巨石を猪石に、神社拝殿後ろの石(ご神体)を犬石にあてる説があります。
また猪石については他に女夫岩(宍道町白石)をあてる説もあります。

※「出雲国風土記」は天平五年(七三三年)に記された古代出雲の地誌です。
その内容は国・郡・郷などの地名起源、郷・駅家・寺院・神社などが詳述されています。
現存する五カ国の風土記のうちで唯一完備した物であり、極めて資料価値の高いものです。

平成十五年三月三十一日
宍道町教育員会

境内案内板より

賽銭をおさめ お祈りです
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

拝殿の奥には 犬石伝わる巨石が 玉垣に囲まれて ご神体として鎮座しています

御神体の犬石の脇に 境内社が鎮座しています 合わせてお詣りをします

社殿に一礼をして 石段を戻ります

猪石間の石段を下り 鳥居を抜けて 振り返り一礼をします

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)意宇郡  宍道郷 の由来について 記される伝承

女夫岩遺跡(meotoiwa iseki)の伝承とも云われ 記されています

この大国主命が 猪狩り犬を使って追わせたところ 犬と猪が 石に姿を変えたという伝承
犬石については 石宮神社のご神体が それにあたるとされています

「猪像」=「猪石」については「南の山に二つある」と記されていて 石宮神社と女夫岩の間で説が分かれていて 現在に至っても比定の決着はついていません

意訳

『 宍道郷(shishiji no sato)

郡家の正西37里の所にあります

所造天下大神命(ameno shita tsukurashishi okami)が 狩りで追いかけなされた猪の像(shishi no kata)が 南の山に2つあります

1つは長さ2丈7尺 高さ1丈 周り5丈7尺
1つは長さ2丈5尺 高さ8尺 周り4丈1尺

その形は 石となっていますが 猪と犬に違うことなし
今でもなお 存在しています だから 宍道(shishiji)といいます 

『原文』参照

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲國風土記』
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)意宇郡 白石shiraishi にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

志津石と記されています
出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社の「宍道社(ししぢ)のやしろ」これなり と記しています

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]

国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『原文』参照

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)意宇郡 にある伝承

意訳

『  完道(宍道)神社(shishimichi no kamino yashiro)

「完」今の本は誤りです 風土記は「宍道社(shishiji no)yashiro」とあり 宍道郷白石村なり 石宮明神の事なり

風土記では・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今 白石宍道 佐々布 三村を宍道郷というなり ・・・・・
この猪石は今 白石村の山中にあって「獅子石」という またの名を「夫婦石」といいます ・・・・・・・・・・・』

※『出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)

『原文』参照

石宮神社(宍道町)に (hai)」(90度のお辞儀)

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.