高宮神社(宍道町白石)

高宮神社は 「天地開闢の造化の三神」と伝わる「天之御中主神(ameno minakanushi no kami)・高皇産霊神(takami musuhi no kami)・神皇産霊神(kami musuhi no kami)」を 御祭神として祀ります 「高宮」の社号は この崇高な神々を祀るところからくるのでしょう

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori) 条
    神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】 同狭井高守社

【読み】(おなじきさいのたかもり の)やしろ
【How to read】(onajiki sainotakamori no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori)

【社名】 佐爲高守神社

【読み】(さいたかもりのかみのやしろ)
【How to read】(saitakamori no kamino yashiro)

https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫

スポンサーリンク

【現在】At the moment の 【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

  高宮神社(takamiya shrine)
      (たかみやじんじゃ)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location) 

島根県松江市宍道町白石344

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》天之御中主神(ameno minakanushi no kami)
   高皇産霊神 (takami musuhi no kami)
   神皇産霊神 (kami musuhi no kami)

【御神格】(God’s great power)

・家内安全 Safe and comfortable home life
・五穀豊穣 Pray for good harvest

【格式】(Rules of dignity)

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』所載社
『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho )』所載社

【創建】(Beginning of history)

神代

【由緒】(history)

風土記撰定以前に創立ありし古社である。

御祷祭(御当祭、御頭祭)大きい実の沢山成る木の枝2本に夫々神札(水分大神、牛頭天王、五穀豊穣)をはさみ、わらしべで結び祈念の役持ち帰り苗代の水口に立てる。

島根県神社庁HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

・天満宮《主》菅原道真公
・社日の神《主》天照皇大神・大巳貴命・倉稲魂命・建埴安神・少彦名命
・社日の神《主》天照皇大神・大巳貴命・倉稲魂命・建埴安神・少彦名命

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho )』所載社の 佐爲高守神社(saitakamori no kamino yashiro)は 所在が不明で比定社が明確ではありません
現在 3つの神社が論社となっています

①佐爲高守神社【佐爲神社境内社】  島根県松江市宍道町白石1464

佐爲神社の記事もご覧ください

一緒に読む
佐為神社(宍道町白石)

佐為神社(さいじんじゃ)は 女夫岩遺跡(meotoiwa iseki)の神籬を御神体として坐ますと伝わります 参道入り口の鳥居から本殿に向かう直線の参道方向の延長線上に 御袋岩(女夫岩遺跡)があります

続きを見る

➁佐爲高守神社【出雲路幸神社境内社】島根県安来市西松井町88

出雲路幸神社の記事もご覧ください

一緒に読む
出雲路幸神社(安来市西松井町)

出雲路幸神社は 武蔵坊弁慶(musashi bo benkei)の母「弁吉女」が 出産の祈願を奉じたとされる天神の森に鎮座しています この場所には もともとは 現在は境内社として鎮座している「佐爲高守神社(天神社)(sai takamochi shrine) 《主》少彦名命(sukunahikona no mikoto)」が祀られていたと云われます

続きを見る

➂高宮神社(takamiya shrine)    島根県松江市宍道町白石344
本社が論社とされる場合は「佐為神社 松江市宍道町白石1464」とペアとなります

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』には「同狭井高守社(onajiki sainotakamori no yashiro) 」と記されている関係もあり①➁とも境内社が論社になっています

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

出雲空港から 県道57号経由 約8km 車15分程度
県道57号 白石交差点を南へ JR越える 東側に田んぼ越に鳥居が見えてきます

高宮神社(takamiya shrine)に到着

手水鉢があり 清めます

鳥居の扁額には「高宮神社」とあり 一礼して鳥居をくぐります 

樹木がトンネルの様に石段を覆い その先に明るい境内と社殿の屋根が見えます

石段の上 正面には 狛犬が座し 拝殿が建ちます

拝殿にすすみ 扁額には「髙宮神社」とあります

賽銭をおさめ お祈りです 

ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

向かって左手より本殿を仰ぎます

本殿向かって左手側には境内社が鎮座しています 右から順にお詣りです

・社日の神《主》天照皇大神・大巳貴命・倉稲魂命・建埴安神・少彦名命

・天満宮《主》菅原道真公

・石の祠が11社程(祭神不明)ものすごい数です

西陽が 傾き始めながら 本殿を照らしています

向かって右手より本殿を仰ぎます

こちらの境内社にもお詣りです

・社日の神《主》天照皇大神・大巳貴命・倉稲魂命・建埴安神・少彦名命

先程から境内を丁寧に掃き清めておられる方がいらっしゃいます
当方は見慣れぬ者として失礼にならないように「境内がとても綺麗で気持ちが良いですね ごくろうさまです」と頭をさげます
笑顔で「お詣りですか?」と尋ねられまして「はい 出雲国風土記と式内社の由緒ある神社をお詣りさせて頂いています」と答えました
すると
「良い時期におこしなすった 今は神在月でたくさん神様がおられる」と笑顔で言って頂きました ありがとうございます 

一礼をして 石段を気持ちよく下ると 眼前には 夕日が広がる田に傾いています 美しい

鳥居をくぐり 振り返り一礼

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

御祭神は『古事記』冒頭の記述「天地開闢の時に最初に現れた造化の三神」です

《主》天之御中主神(ameno minakanushi no kami)
   高皇産霊神 (takami musuhi no kami)
   神皇産霊神 (kami musuhi no kami)

意訳
『 天地初発之時(天地の活動が始まった時に)

 高天原に出現した神の名は
天の御中主神 次に高御産巣日神 次に神産巣日神
この三柱の神は いずれも性別の無い神として出現され 身体をお隠しになられました
 

 古事記 原文参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『古事記』刊本 ,明治03年選者:太安万侶/校訂者:長瀬真幸
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)』意宇郡 西来待  にある伝承

『雲陽志(unyo shi)』では

現在の「高宮神社(takamiya shrine)」が
   「天宮大明神(amamiya daimyojin)」として記されています

意訳
『  西来待  天宮大明神(amamiya daimyojin)

天御中主命(ameno minakanushi no mikoto)を祀る
本社1間4方 西向きなり 天正年中(1573~1592年)に造営の棟札あり 祭日 10月17日 』

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835] 『原文』参照国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

御祭神は「天地開闢の造化の三神」を祀ります
高宮神社(takamiya shrine)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.