揖夜神社(東出雲町揖屋)

揖夜神社(いやじんじゃ)は 古来から朝廷の御崇敬が厚く『出雲國風土記』には「伊布夜社(ifuya no)yashiro」と記されていて「伊弉冉命」など4柱の神を祀ります・『古事記』の「黄泉(あの世)の国」と 現世の境界の地「黄泉比良坂」を護ります

目次

Please do not reproduce without prior permission.

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori) 条
    神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】 伊布夜社

【読み】(いふや の)やしろ
【How to read】(ifuya no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori)

【社名】 揖夜神社

【読み】(いふやのかみのやしろ)
【How to read】(ifuya no kamino yashiro)

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)

スポンサーリンク

【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name)

 揖夜神社(いやじんじゃ)
 iya shrine

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location) 

島根県八束郡東出雲町揖屋2229

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》伊弉冉命(izanami no mikoto)
《主》大己貴命(onamuchi no mikoto)
《主》少彦名命(sukunahikona no mikoto)
《主》事代主命(kotoshironushi no mikoto)

【御神格】(God’s great power)

・縁結び Deepen connections and intimacy with people
・厄除け  Prayer at an age considered a milestone in life
・学問成就 Want to acquire knowledge and skills
・商売繁盛 Wishing business prosperity
・安産祈願 Healthy childbirth

【格式】(Rules of dignity)

延喜式内社(engishikinaisha)

【創建】(Beginning of history)

神代
Shrines are very old, from the days when the gods flourished
And the faith is still going on

【由緒】(history)

謹みて按ずるに當社は 伊弉冉命 大巳貴命 少彦名命 事代主命の4柱大神を齊き祀る。

その御鎮座の由緒は えい沓遠にして 詳悉すべからずと云へども、
既に古事記 神代巻には伊賦夜坂に就いて記され、

降って 日本紀 齊明天皇 御紀5年(紀元1319年1275年前)是歳の絛に 言屋社 言屋此云伊浮耶 
出雲風土記に伊布夜社 延喜式神名帳に揖夜神社と載せられたり、

古来朝廷の御崇敬厚く、
三代實録に清和天皇の貞観9年5月2日(紀元1527年1617年前)揖屋神従五位上、同13年11月10日(紀元1531年1613年前)揖屋神正五位下御神階の御事見え 
特に 出雲國造奉仕の神社として 仄くより別火の職を定めらる。

固より 歴代武将の崇敬も他に異なるものあり、
天文12年3月27日(紀元2203年391年前)大内義隆は 太刀神馬を進獻し、
同24年2月28日(紀元2215年379年前)尼子晴久は 出東郡氷室庄の内百貫を寄進し、
天正11年11月24日(紀元2243年151年前)毛利元秋は 社殿を造立し、
慶長六年卯月廿六日(紀元2261年333年前)堀尾吉晴は 社領四十石を寄せ、
元和元年11月27日(紀元2275年319年前)同忠晴は社殿を再建し、
寛永11年9月26日(紀元2294年299年前)京極忠高は 舊領を安堵し 次いで社殿の修造を行ひしが、

更らに 松平氏に迄っては、寛永15年12年6日(紀元2298年296年前)初代直政 社領53石を定めて 年中の祭事を執行はしめ爾来歴代の藩主咸この例によれり、而して社殿の營繕は所謂 御修覆社として同藩作事方の手に成り、御遷宮には藩主の代参立ち、又古例によりて出雲國造の奉仕ありき。

明治5年2月郷社に列し、同40年4月28日勅令による神饌幣帛供進神社の指定を受け、大正15年11月22日縣社に昇列す。

當社は 意宇六社(熊野神社・神魂神社・八重垣神社・六所神社・真名井神社・揖夜神社)の一として広く知られ、六社参りと唱へ参拝者が甚だ多い。
大祭 例祭 10月19日 祈年祭 4月19日 新嘗祭 11月25日 古傳祭 田打祭 1月3日 田植祭 6月 穂掛祭 8月28日 一ツ石神幸祭 同日

※「全国神社祭祀祭礼総合調査(平成7年)」[神社本庁]から参照

スポンサーリンク

【境内社】(Other deities within the precincts)

本殿を正面から見て 御垣の内にあります 左右に御鎮座の 境内社 2社は 風土記 式内社の論社です 

【本殿 左側 境内社】韓國伊太氐神社(karakuniitate no kamino yashiro)

韓國伊太氐神社(karakuniitate no kamino yashiro) 
      《主》素盞嗚命(susanowo no mikoto)

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori) 条
    神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】 伊布夜社

【読み】(いふや の)やしろ
【How to read】(ifuya no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori)

【社名】 同[揖夜]社 韓國伊大弖神社

【読み】(おなじきやしろ からくにいたてのかみのやしろ)
【How to read】(onajiki yashiro karakuniitate no kamino yashiro)

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)

【本殿 右側 境内社】三穂津姫神社(mihotsu hime no kamino yashiro)

三穂津姫神社(mihotsu hime no kamino yashiro)
      《主》三穂津姫命(mihotsu hime no mikoto)

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori) 条
    不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】 伊布夜社

【読み】(いふや の)やしろ
【How to read】(ifuya no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.
非官社につき該当しません

その他の境内社

・恵比須神社《主》事代主命(kotoshironushi no mikoto)
・稲荷神社 《主》倉稲魂命(ukano mitama no mikoto)
・荒神社  《主》大蛇神
・天満宮

この境外末社は 風土記 式内社の論社です 市原神社

境外末社 
市原神社  《主》大山祇神(oyamazumi no kami)

市原神社については 別記事をご覧ください

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

「黄泉比良坂(yomotsu hirasaka)」別名「伊賦夜坂(ifuya saka)」

揖夜神社(iya shrine)から 南東に2kmほどの場所です

『古事記(kojiki)』によれば
伊弉諾尊(izanagi no mikoto)は 亡くなられた妻神の伊弉冉尊(izanami no mikoto)を慕い黄泉国(yomi no kuni)へ向かいました
その出入口は「黄泉比良坂(yomotsu hirasaka)」とされていて 出雲国の「伊賦夜坂(ifuya saka)」であったと伝わります

「伊賦夜(ifuya)」の地は「伊布夜(ifuya)」(現在の揖屋町平賀)と考えられています
「神蹟 黄泉比良坂 伊賦夜坂 伝説地」の石碑が建っています

東出雲町の案内板より

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

揖屋駅から 北東方向へ 県道191号経由 700m 徒歩 10分くらい

揖夜神社(iya shrine)に到着 

境内は県道に接して 鳥居が建ちます
一礼してくぐります 左手の手水舎で清めます

参道は 屈折して 鳥居も道路に平行ではありません
古い神社では 設計者の意図で 人が正中を歩かないようにする配慮がなされています

一段高いところにある「神門」に一礼してくぐります

広い境内です 右手に社務所があり 拝殿 御本殿を左前方から拝す構図です
参道をすすみ 拝殿に向かいます

拝殿は 神楽殿を兼ねているのか 壁がなく柱のみで 一見開放的なのですが
それがかえって 厳粛な様相を呈していて 御鏡が置かれ 神が坐ます ことを感じます

拝殿にすすみます

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

境内社が 拝殿の真後ろにあります それぞれお詣りです

左に「天満宮」
中に「荒神社《主》大蛇神」藁の龍神が祀られ 御幣が立てられています
右に「御神木」

社務所の左に

恵比須神社 《主》事代主命(kotoshironushi no mikoto)
社務所にて お守りとご朱印を頂き ご神職様と色々とお話をしていますと御本殿もお詣りをするように云われまして

拝殿の横から 一段高い御垣(migaki)内の御本殿へと向かいます
御本殿を正面に見て 右手より

【本殿 右側 境内社】お詣りです
三穂津姫神社(mihotsu hime no kamino yashiro)
      《主》三穂津姫命(mihotsu hime no mikoto)

背面より 御本殿にお詣り

【本殿 左側 境内社】お詣りです
韓國伊太神社(karakuniitate no kamino yashiro) 
      《主》素盞嗚命(susanowo no mikoto)

正面左より 御垣(migaki)を出まして 一礼

参道を戻り 神門をくぐり 鳥居をくぐり 振り返り一礼 

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『日本書紀』の斉明天皇5(659)年の条に 伝承があります

『日本書紀』の斉明天皇5年の条に
犬が死人の手を噛んでいた置いた神社として「天子崩御の兆し」があった「言屋社(ifuya no yashiro)」と記されています

意訳
『 この年 出雲国造に命じて 神の宮(熊野大社)を修繕や装飾させました

ところが奇怪なことが起こりました
切り出した材木を引っ張る綱として 葛を意宇郡の人夫達が用意しますと 狐が食いちぎってしまいました

言屋社では 犬が 死人の腕を置き去ったのです これらは 天子の崩御の兆しと云います』

【言屋(ifuya) 此をば伊浮瑘(ifuya)と云ふ 天子の崩りまさむ兆なり】

※『日本書紀(nihon shoki)』[選者:舎人親王/写本 ,享保03年] 『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『日本書紀』写本 
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047554&ID=M2019051313130561451&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)』意宇郡 揖屋 にある伝承

揖夜神社が「揖屋大明神」として記されています

意訳
『 揖屋大明神

本社 大己貴命(onamuchi no mikoto)なり 
   少彦名命(sukunahikona no mikoto)
   事代主命(kotoshironushi no mikoto)をあわせて祀る

左に 三穂津姫命(mihotsu hime no mikoto)
右に 素盞嗚命(susanowo no mikoto)   を祀る

この5神は 風土記に載る「伊布夜社(ifuya no) yashiro」これなり・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835] 『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)』意宇郡 にある伝承

意訳
 揖夜神社
風土記に「伊布夜社(ifuya no) yashiro」とあり 揖屋村なり

今の説は 大穴持命(onamuchi no mikoto)
     少彦名命(sukunahikona no mikoto)を合祭るといえり


左は 三穂津姫命(mihotsu hime no mikoto)
右は 素盞嗚命(susanowo no mikoto)   以上5座なりという
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)

『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』に「伊布夜社(ifuya no) yashiro」と記され 5柱の神を祀ります

『古事記(kojiki)』の「黄泉比良坂(yomotsu hirasaka)」別名「伊賦夜坂(ifuya saka)」を護り 伊弉冉命(izanami no mikoto)を祀ります
揖夜神社(iya shrine)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.