佐為神社(宍道町白石)

This post is also available in: English

佐為神社(さいじんじゃ)は 女夫岩遺跡(meotoiwa iseki)の神籬を御神体として坐ますと伝わります 参道入り口の鳥居から本殿に向かう直線の参道方向の延長線上に 御袋岩(女夫岩遺跡)があります

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

本殿
【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori) 条
    神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】 狭井社
【読み】(さい の)やしろ
【How to read】(sai no) yashiro

境内社 佐爲高守神社
【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori) 条
    神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】同狭井高守社
【読み】(おなじきさいのたかもり)
【How to read】(onajiki sainotakamori no) yashiro

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫

本殿
【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori)

【社名】 佐爲神社
【読み】(さいのかみのやしろ)
【How to read】(sai no kamino yashiro)

境内社 佐爲高守神社
【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori)

【社名】 佐爲高守神社
【読み】(さいたかもちのかみのやしろ)
【How to read】(sai takamochi no kamino yashiro)

スポンサーリンク

【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name)

  佐為神社(sai shrine)
   (さいじんじゃ)

【通称名】(Common name) 

佐為明神(sai myojin)

【鎮座地】(location)

 島根県松江市宍道町白石1464

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

本殿
《主》猿田彦命(sarutahiko no mikoto)

境内社 佐爲高守神社
《主》天鈿女命(ameno uzume no mikoto)

【御神格】(God’s great power)

【格式】(Rules of dignity)

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』所載社
『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho )』所載社

【創建】(Beginning of history)

公式HPより

創立年代不詳ではあるが、出雲風土記所載の古社にして風土記には狭井社とあり、延喜式神名帳には佐為神社とみえている。

当社の東方小丘は字高守と云う 風土記の佐為高守の社の旧所在地であったと伝えている。

公式HPより

【由緒】(history)

当社は出雲風土記によれば 狭井ノ社と見え、延喜式神名にも佐爲神社となっている。

亦、高守社もあり、境内に2社 出雲風土記所載の狭井高守社で見る。

島根県神社庁HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

・佐爲高守神社《主》天鈿女命(ameno uzume no mikoto)
 『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』
   同狭井高守社(onajiki sainotakamori no) yashiro
 『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho )』
   佐爲高守神社(sai takamochi no kamino yashiro)

佐爲高守神社の 旧 鎮座地は 当社の鳥居正面の小丘であったと伝わります

---------------------------------------------------------------
※別説として 境内社を「佐爲神社」として
       本 殿を「佐爲高守神社」とするのが 本来であるとする説もあります
(現状の真逆です)
---------------------------------------------------------------

・金刀比羅神社《主》大物主命
・社日社   《主》社日神

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

女夫岩遺跡(meotoiwa iseki)を御神体としているとの説があります

『幸の神と竜: 古代が分る鍵 著者: 谷戸貞彦』では
「この社は「幸の神」を祀る起源の古い神社 鳥居から本殿に向かう参道方向を 真っ直ぐに延ばした線上に 御袋岩(女夫岩遺跡)がある」としています

確かにGoogle Mapに 参道入り口から参道の登り口の延長線上に「女夫岩遺跡(meotoiwa iseki)」はありました
そうだとすると かつては鳥居の正面に「佐爲高守神社」があったわけですので 3社が「前宮」「中宮」「奥宮」のように一直線に並んでいたのでしょう

ご参照ください
Google Map佐為神社参道の延長線上に「女夫岩遺跡(meotoiwa iseki)」

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

出雲空港より 県道57号経由 約6.5km  車11分程
高速道路の直下です 松江市宍道町才という里の奥山の裾に鎮座しています

出雲国風土記の案内石塔に「女夫岩」と「狭井社」の地図があります

佐為神社(sai shrine)に到着

鳥居の先は真っ暗で前が見えませんが
一礼して鳥居をくぐります

何故か そこは明るく大木に囲まれて 長いが比較的傾斜は弱めの石段の参道が続きます

神門の前に狛犬が構えます

一礼して神門をくぐります

後ろの一段高い境内地に大社造りの御本殿が建ちます

石灯篭の間に拝殿が建ちます

拝殿向かって左手に境内社
佐爲高守神社《主》天鈿女命(ameno uzume no mikoto)

拝殿にすすみます
賽銭をおさめ お祈りです
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

神門をくぐり

参道を戻ります

鳥居を抜けて 真っ直ぐ正面辺りが【境内社】佐爲高守神社の嘗ての旧鎮座地辺りと伝わります

振り返り一礼

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)』意宇郡 白石  にある伝承

『雲陽志(unyo shi)』では 現在の「佐為神社(sai shrine)」が
                 「佐爲明神(sai myojin)」として記されています

意訳
『  白石  佐爲明神(sai myojin)

猿田彦神(sarutahiko no kami)を祀る
風土記に載る狭井社(sai no) yashiroなり
本社 9尺4方 東向き
・・・・・・・・・・・・祭日10月13日

当社の東方に 高守社があり 天鈿女命を祀る
風土記に狭井高守社(sainotakamori no) yashiroとあり
神明帳に意宇郡 佐爲高守社と記すなり

近来 両神を1社に遷して祀り 狭井二社明神と崇敬せり  』

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835] 『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)』意宇郡 にある伝承

意訳
『  佐爲神社(sai no kamino yashiro)

風土記に「狭井社(sai no) yashiro」とあり 白石村にあり 佐爲谷という所なり
今 社家の説には 猿田彦大神(sarutahiko no okami)を祀れりという これは 大和国城上郡 狭井坐大神荒魂神社あり この社の神を祀り・・・・・・・・・・・・・・

佐爲高守神社(sai takamochi no kamino yashiro)

風土記に同狭井高守社(onajiki sainotakamori no) yashiroとあり 白石村の狭宮大明神なり
今 佐爲社と1社に併せ祀るので 狭井二社大明神という 

高守という地名もあり 佐爲社の東なり 天鈿女命を祀るという
これまた・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
伊須気余理比売命なるべし この神は大物主神の御女で 佐爲社の大物主神の荒魂なる故に しかるべきに此の神を祭りしている なので狭井というのが本来です

この国の地名は 必ず 此の2神・大物主荒魂神・伊須気余理比売命を祭れり事から 決まったので
高守というのは 勝日高守神社ありて ともに 高樹乃神 よりの名なるべし 』

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

女夫岩遺跡(meotoiwa iseki)の神籬を御神体として坐ます
佐為神社(sai shrine)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

女夫岩遺跡(meotoiwa iseki)の記事もご覧ください

一緒に読む
女夫岩遺跡(宍道町白石)

女夫岩遺跡(めおといわいせき)は 『出雲國風土記』に「所造天下大神命(ameno shita tsukurashishi okami)=大国主命」が 猪狩りに犬を使って追わせたところ 犬と猪が 石に姿を変えたという伝承があり その「猪の像(shishi no kata)」が「女夫岩遺跡」とされていて 風土記所載の「宍道社(shishiji no) yashiro」の旧蹟です

続きを見る

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

This post is also available in: English

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.