大山神社(出雲市小山町)

大山神社(おおやまじんじゃ)は 出雲風土記733 AD.神門郡 神祇官社「大山社(おやま)のやしろ」とされ 古老の伝承によると 現在の小山町東北端 大塚町との境辺りに小高い丘陵地があり そこに大山社として祀られていた 度重なる洪水により下流に押し流され 現在地に留まって鎮座まし坐したと伝わります

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 神門郡(kando no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】大山社
読み(おやま)のやしろ
How to read(oyama no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 神門郡(kando no kori)

【社名】大山神社
読みおほやまの かみのやしろ
How to readOhoyama no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

大山神社(Oyama shrine)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県出雲市小山町110

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》大山津見命(おおやまつみのみこと)

【御神格】(God’s great power)

郷土守護

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

大山神社 (由緒)

 出雲市小山町一一〇番地鎮座

御祭神 大山津見命(おおやまつみのみこと)

祈年祭 三月(第三土曜日)
例大祭 十月十日(当面は体育の日)
新嘗祭 十一月(第二日曜日)
御神紋 二重亀甲 に大の文字

 大山神社は、日本で最も古い書物である『古事記』、『日本書紀』に続く『出雲国風土記』(七三三年)に「大山社(おおやまのやしろ)」としてその名がみえる。さらに、『延喜式』(九二七年)にも「大山神社」と記載される式内社である。創立年代は詳かではないが式内社であることから推考しても、千年以前の創立であることは明白である。

 また、古老の伝承によると
現在の小山町東北端、大塚町との境辺りに小高い丘陵地があり、そこに大山社として祭られ、地域住民の信仰の対象として尊崇されていたらしい。その当時、斐伊川は西折して神門の水海すなわち神西湖に注ぎ日本海にながれていた。その後、しばしば川の氾濫、洪水で地形は様変わりして、大山社は元の地から下流に押し流され、現在地に留まって鎮座まし坐したと言う。

 御祭神は伊邪那岐神(いざなぎのかみ)と伊邪那美神(いざなみのかみ)の二柱の御子神であつて、富士山にある浅間神社の御祭神、木花咲那姫命(このはなさくやひめのみこと)の父神に当たり、昔より農林業守護の神と伝えられてきた。

 一説によると、この神は自然への感謝と畏敬の念から祭られた山の神とされる。後世には食物の神、あるいは農耕の神としても祭られるようになった。

 明治五年 村社に列せられ、村から神饌幣帛料が供進されていたが、先の大戦を経て、昭和二十一年以後は 神社本庁包括下の宗教法人となって今に至る。
平成二十三年十月十日 大山神社社務所

式内とは
 古代において当時の中央政府管轄する全国の重要な神社を掲載した台帳いわゆる「延喜式」神名帳(927年)である。その台帳に載っている神社を、一般に「式内社」と呼び慣わしている。

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【由緒】(history)

由緒
出雲國風土記に云う大山社、延喜式に云う大山神社(延喜式神名帳)で、神門郡二七座の内にある(在神祇官)該神鎮座に依りて村名、社号等大山と云う、その後 村名を誤りて小山と書す(出雲國風土記)創立年代は詳ではないが、式内社であることから推考しても、千年以前の創立であることは明白である。
島根県神社庁HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

スポンサーリンク

『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』(927年12月編纂)に所載の「大山神社」と称する式内社と その論社について

『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』(927年12月編纂)に所載
式内社「美濃國賀茂郡 大山神社

・大山神社(加茂郡富加町大山) 

 

・大山白山神社(加茂郡白川町水戸野)

 

『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』(927年12月編纂)に所載
式内社「出雲國神門郡 大山神社」

大山神社(出雲市小山町)

 

『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』(927年12月編纂)に所載
式内社「隠岐國 知夫郡 大山神社」 3つの論社について

・大山神社(隠岐 西ノ島町美田)

・大山神社(隠岐 知夫村仁夫)〈参考〉

・焼火神社(隠岐 西ノ島町美田 焼火山)〈参考〉

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR出雲市駅から 県道26号 276号経由で出雲ドームに向かう途中 小山町に鎮座します

社頭には社号標「延喜式内社 大山神社」と刻まれています
大山神社(出雲市小山町)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

生垣に囲まれた参道を進むと 鳥居が建っていて扁額には「大山神社」とあり
一礼をして境内へと進みます

Please do not reproduce without prior permission.

正面に社殿が建ち

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』神門 小山 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

小山大山祇神社と記され

風土記 延喜式載る 大山おおやまのやしろ これなり」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD. にある伝承

【意訳】

大山神社

風土記に同じ 小山にあり 三尺 四尺の社なり
今 大山祇神社といへり
祭日 九月十六日

お山はもと 大山なりしを誤り
宝永年間の棟筒に大山祇社とあり

【原文参照】

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

【意訳】

大山社(おやま)のやしろ

今の四絡(よつがね)村 小山社(をやまのやしろ)〈現 大山神社(出雲市小山町)〉であって、大山祇命を祀る。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

大山神社(出雲市小山町)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.