南宮大社(垂井町宮代)

南宮大社(なんぐうたいしゃ)は 社伝によれば 神武天皇東征の金鵄を輔(たす)けて大いに霊験を顕された故を以て 不破郡 府中に鎮座したが 後に十代 崇神天皇の御代 美濃仲山麓の現在地に奉遷された 古くは仲山金山彦神社と号した 国府から南方に位するので南宮大社と云われる様になったと伝えます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

目次

1.ご紹介(Introduction)

 この神社の正式名称や呼ばれ方 現在の住所と地図 祀られている神様や神社の歴史について ご紹介します

【神社名(Shrine name

南宮大社(Nangu Taisha)

 [通称名(Common name)]

なんぐうさん

【鎮座地 (Location) 

岐阜県不破郡垂井町宮代1734-1

 [  (Google Map)]

【御祭神 (God's name to pray)】

《主》金山彦命(かなやまひこのみこと)

《配》見野命(みののみこと)〈豊雲野神
   彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)

Please do not reproduce without prior permission.

【御神格 (God's great power)】(ご利益)

金物の神様金属の総本宮

【格  (Rules of dignity)

・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社
・ 美濃国一之宮

【創  (Beginning of history)】

南宮大社 御由緒

 御祭神 金山彦大神(かなやまひこのおおかみ)

御鎮座は古く人皇十代崇神天皇の御代と伝えられ 国府から南方に当たる故 南宮大社と称せられている
古来金宝の守護神 破魔除災の神と御神威高く
既に千年前延喜の制に國幣大社に列せられ一宮として広く金之總本宮として崇敬厚い名社である
御社殿は関ヶ原合戦の兵火に遇いて炎上の為 徳川家光公旧に復して再建され 明治維新の神佛分離令に依り 堂塔は他に移建され今日に至る
本殿以下十八棟が国の重要文化財の建築である

節分祭 二月節分 大的歩射神事
例大祭 五月四日・五日 御田植神事蛇山神事 御興渡御国指定無形文化財
金山祭 十一月八日 通称ふいご祭
現地由緒書より

Please do not reproduce without prior permission.

【由  (History)】

南宮大社のあらまし

一、御祭神は金山彦命をお祀り申し上げ、古来金の守護神として、また魔除け、災難除けの大神として御神徳の高い神様であらせられます。
一、御鎮座は遠く、人皇崇神天皇の御代と伝えられ、美濃国の国府から南方に当たる故、南宮大社と呼ばれるようになりました。
一、古来朝野の崇敬極めて厚く、天武天皇・聖武天皇の御参拝を始め、既に千年前より国幣の名神大社に列せられ、正一位勲一等の神位を極められて美濃国の一宮として、また広く金山彦大神の総本宮として厚く崇敬されてきた名大社であります。
一、天下分の関ケ原合戦に、御社殿は惜しくも兵火にかかって炎上した為、徳川家光公が寛永年問(三六十年前)莫大な経費を寄進して再建したのが現在の御社殿であります。御祭神の御神威をよく表現した名建築として重要文化財に指定されています。
一、特殊神事
 節分祭(二月節分)大的神事
 例大祭(五月五日)御輿渡御 蛇山神事(重要無形文化財)
 金山祭(十一月八日)ふいご祭 古式鍛錬式奉納
 社頭案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

由緒
 御祭神金山彦命は、神話に古く、伊勢神宮の天照大神の兄神にあたらせられる大神様であります。社伝によれば、神武天皇東征のみぎり、金鵄を輔けて大いに霊験を顕された故を以て、当郡府中に祀らせられ、後に人皇十代崇神天皇の御代に、美濃仲山麓の現在地に奉遷され、古くは仲山金山彦神社と申し上げたが、国府から南方に位する故に南宮大社と云われる様になったと伝えます。
 御神位は古く既に貞観15年(873)に正二位に叙せられ、延喜式の神名帳には美濃国39座の内、当社のみ国幣大社として、名神祭にも預る大社に列せられています。天慶3年(940)、平将門の乱の言朱伏の勅願や、康平年中(1058~65)安部貞任追討の神験によって、正一位勲一等の神位勲等を極められ、以来、鎌倉、室町、戦国の世を通じて、源氏、北条氏、土岐氏等の有力な武将の崇敬をうけ、美濃国一宮として、亦、金の神の総本宮として、朝野の崇敬極めて厚い名大社であります。

御社殿
 現在の社殿は、天下分け目の関ケ原合戦の折、兵火にかかって炎上の為、再建を願う美濃国人の只管なる念願と、この西濃に生い育った春日局(家光公の乳母)や、竹中伊豆守(竹中半兵衛の一族)等の厚い崇敬心と相俟って、寛永19年の秋九月、徳川三代将軍家光公の天下普請によって、旧構のままに造営されたものであります。以来、歴代将軍の替わる毎に405石の朱印状を捧げてこれを安堵し、また、51年目毎の式年遷宮をも、古式を護って、これを奉仕し続けて来たのであります。
 豪壮華麗なるこの朱塗の社殿様式は、正しく御神威を表徴する独自の社殿様式であり、世に「南宮造り」とも称せられる名建築であります。寛永御造営の棟札を始め、膨大な造営文章623冊を蔵し、これには明治維新の神仏判然令によって移築された堂塔をも含めて、細大洩らさず、その経費が明示され、全国的にも極めて貴重な史料として、御社殿・石鳥居・石輪橋等18棟とともに国の重要文化財に指定されています。

※「全国神社祭祀祭礼総合調査(平成7年)」[神社本庁]から参照

スポンサーリンク

【境内社 (Other deities within the precincts)】

境内案内図〈南宮大社公式HPより〉

Please do not reproduce without prior permission.

境内の案内板

Please do not reproduce without prior permission.

本殿向かって右横に鎮座する境内社〈・樹下社・隼人社

樹下社(このもとしゃ)《主》大己貴神(おほなむちのかみ)
隼人社(はやとしゃ)《主》火闌降命神(ほのすそりのみこと)

Please do not reproduce without prior permission.

本殿向かって左横に鎮座する境内社〈・高山社・南大神社

高山社(たかやましゃ)
《主》木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)瓊瓊杵尊神(ににぎのみこと)
南大神社(みなみだいじんじゃ)
《主》火明命神(ほのあかりのみこと)

Please do not reproduce without prior permission.

本殿の奥に鎮座する境内社〈・七王子社

七王子社(しちおうじしゃ)
《主》大山祇神,中山祇神,麓山祇神,正勝山祇神,志芸山祇神,高龗神,闇龗神

スポンサーリンク

南門を出て南宮山登山口までの参道に鎮座する境内社

金敷金床神社(かなしきかなとこじんじゃ)

《主》豊姫命(とよたまひめのみこと)蛭児神(ひるこのかみ)

・石船社(いしふねしゃ)

《主》石船明神(いしふねみょうじん)

Please do not reproduce without prior permission.

社の後ろに磐座が祀られています

Please do not reproduce without prior permission.

・聖武天皇大仏建立勅願所

Please do not reproduce without prior permission.

湖千海社(こせがいしゃ)

《主》豊玉彦神(とよたまひこのかみ)

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

・帳内引常明神 磐境石(いはさかいし)

Please do not reproduce without prior permission.

南天竺の鉄塔

Please do not reproduce without prior permission.

・聖武天皇行幸曳常泉

Please do not reproduce without prior permission.

・瓦塚・御神木白玉椿旧址

Please do not reproduce without prior permission.

・三重塔旧址

Please do not reproduce without prior permission.

・御霊社(みたましゃ)

《主》大戦における戦没者の慰霊社

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

伊勢両宮社(いせりょうぐうしゃ)〈聖武天皇行幸 往古本殿奉斎地〉

《主》天照大御神(あまてらすおほみかみ)豊受大御神(とようけのおほみかみ)

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

東照宮(とうしょうぐう)

《主》東照大権現(とうしょうだいごんげん)〈徳川家康公〉

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

御魂(あらみたましゃ)

《主》金山彦大神(かなやまひこのおおかみ)の荒魂(あらみたま)

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

・百連鳥居

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

・南宮稲荷神社(なんぐういなりじんじゃ)

《主》保食神(うけもちのかみ)

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

・袖神(そでかみ)

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

北門を出て駐車場に面してに鎮座する境内社〈・落合社・数立神社

落合社(おちあいしゃ)
《主》素盞嗚尊(すさのをのみこと)

Please do not reproduce without prior permission.

数立神社(かずたてじんじゃ)
《主》猿田彦神(さるたひこのかみ)

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

南宮山山腹にに鎮座する境内社〈・高山社奥宮・子安社

高山社奥宮(たかやましゃ おくのみや)
《主》木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)瓊瓊杵尊神(ににぎのみこと)

子安社(こやすしゃ)
《主》保食神(うけもちのかみ)

スポンサーリンク

【境外社 (Related shrines outside the precincts)】

大領神社(たいりょうじんじゃ)

《主》宮勝木實(みやの すぐりの このみ)

延喜式神名帳所載 美濃國 不破郡 大領神社(たいりやうの かみのやしろ)

南宮御旅神社(なんぐうおたびじんじゃ)南宮大社の旧鎮座地

《主》金山姫命(かなやまひめのみこと《配》豊玉姫命埴山姫命

・南宮御旅神社(垂井町府中)〈南宮大社の旧鎮座地〉

吉葛神社よさらじんじゃ

《主》天吉葛神(あまのよさづらのかみ)

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

この神社の予備知識(Preliminary knowledge of this shrine)

この神社は 由緒(格式ある歴史)を持っています

『延喜式Engishiki)』巻3「臨時祭」中の「名神祭Meijin sai)」の条 285座

延喜式Engishiki)律令の施行細則 全50巻』〈平安時代中期 朝廷編纂〉の内
延喜式巻第3は『臨時祭〈・遷宮天皇の即位や行幸国家的危機の時などに実施される祭祀〉です

その中で名神祭Meijin sai)』の条に 国家的事変が起こり またはその発生が予想される際に その解決を祈願するための臨時の国家祭祀「285座」が記されています

名神祭における幣物は 名神一座に対して 量目が定められています

名神祭 二百八十五座
・・・

・・・

仲山金山彦神社 一座 美濃國
・・・

座別に
絁(アシギヌ)〈絹織物〉5尺
綿(ワタ)1屯
絲(イト)1絇
五色の薄絁(ウスアシギヌ)〈絹織物〉各1尺
木綿(ユウ)2兩
麻(オ)5兩

嚢(フクロ)料の薦(コモ)20枚若有り(幣物を包むための薦) 

大祷(ダイトウ)者〈祈願の内容が重大である場合

加えるに 
絁(アシギヌ)〈絹織物〉5丈5尺 
絲(イト)1絇を 布1端に代える

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス『延喜式 巻3-4』臨時祭 名神祭 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

国立公文書館デジタルアーカイブス『延喜式 巻3-4』臨時祭 名神祭 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

国立公文書館デジタルアーカイブス『延喜式 巻3-4』臨時祭 名神祭 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)(927年12月編纂)に所載
(Engishiki JimmeichoThis record was completed in December 927 AD.

延喜式Engishiki)律令の施行細則 全50巻』〈平安時代中期 朝廷編纂
その中でも910を『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)といい 当時927年12月編纂「官社」に指定された全国の神社式内社の一覧となっています

「官社(式内社)」名称「2861
・「鎮座する天神地祇」数「3132座」

[旧 行政区分](Old administrative district)
(神様の鎮座数)東山道 382座…大42(うち預月次新嘗5)・小340
[旧 国 名 ](old county name)
(神様の鎮座数)美濃国 39座(大1座・小38座)
[旧 郡 名 ](old region name)
(神様の鎮座数)不破郡 3座(大1座・小2座)
[名神大 大 小] 式内名神大社

[旧 神社 名称 ] 仲山金山彦神社(名神大)
[ふ り が な ]なかやまかなやまひこの かみのやしろ)
[Old Shrine name]Nakayamakanayamahiko no kamino yashiro)

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

あなたが この神社に興味が湧くような予備知識をオタク視点でご紹介します

南宮大社の配祀神 見野命(みののみこと)について

配祀神 見野命(みののみこと)とは 豊雲野神(とよくもののかみ)の別名

『古事記』 では 神世七代の第2代の神 豊雲野神(とよくもののかみ)
『日本書紀』では 天地開闢に登場する神世七代の第3代の神 豊斟渟尊(とよくむぬのみこと)と記される神の別名です

『日本書紀(Nihon Shoki)〈養老4年(720)編纂〉』に記される伝承

『日本書紀』神代上の冒頭本文では 神世七代の第三の神の名は豊斟渟尊(とよくむぬのみこと)」と記されます
一書(第一)では その神名を「豊国主尊とよくにぬしのみこと)」と記されています この神の別名は「野命(みののみこと)」と明記されています

【抜粋意訳】

神代・上 第一段 一書(第一)の段

一書(第一)ある書(ふみ)によると

天地(あめつち)初めて分かれたとき 中(そらのなか)ひとつの物がありました
その中に現れました

の名は 国常立尊(くにのとこたちのみことと号す
別 名を 国底立尊くにのそこたちのみこととも云う

次に 国狭槌尊くにさつちのみこと
別名を国狭立尊くにのさたちのみこととも云う

次に 豊国主尊とよくにぬしのみこと
別名を豊組野尊とよくみこと
別名を豊香節野尊とよかぶののみこと
別名を浮経野豊買尊きふののとよかのみこと
別名を豊国野尊とよくにののみこと
別名を豊齧野尊とよくひののみこと
別名を葉木国野尊はこくにののみこと
別名を見野尊みののみこととも云う

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『日本書紀』(720年)選者 舎人親王/刊本 文政13年 [旧蔵者]内務省https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047528&ID=M2017042515415226619&TYPE=&NO=画像利用

神社にお詣り(For your reference when visiting this shrine)

この神社にご参拝した時の様子をご紹介します

JR東海道線 垂井駅から 南へ約1.7km 車5分程度

R21御所野交差点を左折〈南下東海道新幹線の高架をくぐるとすぐ大鳥居が建ちます 鳥居に向かって右の山は神体山南宮山(なんぐうさん)

Please do not reproduce without prior permission.

大社の東面に 駐車場があり 境内社の数立神社(かずたてじんじゃ)が祀られています

Please do not reproduce without prior permission.

社頭には大きな社号標「南宮大社」とあり
南宮大社(垂井町宮代)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

石輪橋の先に楼門が建ちます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

楼門の中には 木製の狛犬が構えます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

楼門をくぐると手水舎があり 清めます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

楼門の正面 玉砂利が敷き詰められている境内の中央には 高舞殿

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

高舞殿の奥には 左右は廻廊が廻され 中央に拝所があり 拝殿の後ろに本殿が鎮座しています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿にすすみます 

賽銭をおさめ お祈りをします 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

左右の廻廊から 拝殿奥の本殿・境内社にお詣りをします

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

本殿向かって右横の境内社樹下社隼人社

Please do not reproduce without prior permission.

本殿向かって左横の境内社高山社(たかやましゃ)南大神社

Please do not reproduce without prior permission.

社殿に一礼をして 境内西側の境内社エリアに向かいます 境内からは 神輿舎の隣 南門を出れば直接いけますが 一度 楼門を出てから向かいます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

楼門をくぐり出ると すぐに石輪橋があります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

石輪橋の横には 祓所があり その先に南宮稲荷神社から南宮山へと続く参道 

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

ここからは別世界のような空間が続きます ひとつひとつお詣りをしながら参道を上がります

金敷金床神社・石船社

Please do not reproduce without prior permission.

湖千海社・帳内引常明神 磐境石

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

・瓦塚・御神木白玉椿旧址

Please do not reproduce without prior permission.

・三重塔旧址

Please do not reproduce without prior permission.

伊勢両宮社〈聖武天皇行幸 往古本殿奉斎地〉

Please do not reproduce without prior permission.

・東照宮

Please do not reproduce without prior permission.

ここには 立派な金蛇(カナヘビ)が居ました 

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

・荒魂社

Please do not reproduce without prior permission.

稲荷への・百連鳥居

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

・南宮稲荷神社

Please do not reproduce without prior permission.

・袖神

Please do not reproduce without prior permission.

境内の南門まで戻り 南門から再度一礼をして 戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

神社の伝承(A shrine where the legend is inherited)

この神社にかかわる故事や記載されている文献などをご紹介します

『続日本後紀(Shoku nihon koki)〈貞観11年(869)完成〉』に記される伝承

神階の奉授が記されています

【抜粋意訳】

承和 3年(836)11月4日巳)の条

美濃國(みののくに)不破郡(ふはのこほり)仲山金山彦大神
奉授(たてまつりさずく)に 従五位下を 即預(あずかしらしむ)に名神

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス『続日本後紀』(869)貞観11年完成 選者:藤原良房/校訂者:立野春節 刊本 寛政07年[旧蔵者]内務省

【抜粋意訳】

承和13年(846)5月8日戊申)の条

奉授(たてまつりさずく)に 美濃國(みののくに)不破郡(ふはのこほり) 従五位下 中山金山彦神に 正五位下

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス『続日本後紀』(869)貞観11年完成 選者:藤原良房/校訂者:立野春節 刊本 寛政07年[旧蔵者]内務省

『日本三代実録(Nihon Sandai Jitsuroku)〈延喜元年(901年)成立〉』に記される伝承

神階の奉授が記されています

【抜粋意訳】

貞観元年(859)正月27日(甲申)の条

奉授(たてまつりさずく)に 美濃國(みののくに)位 中山金山彦神(なかやまかなやまひこのかみ)に 正三位

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス『日本三代実録』延喜元年(901年)成立 選者:藤原時平/校訂者:松下見林 刊本(跋刊)寛文13年 20冊[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047721&ID=M2014093020345388640&TYPE=&NO=画像利用

【抜粋意訳】

貞観6年(864)5月22日(丁未の条

授(さずく)に 美濃國(みののくに)の正三位 中山金山彦神に 従二位

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス『日本三代実録』延喜元年(901年)成立 選者:藤原時平/校訂者:松下見林 刊本(跋刊)寛文13年 20冊[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047721&ID=M2014093020345388640&TYPE=&NO=画像利用

【抜粋意訳】

貞観15年(873)4月5日(の条

授(さずく)に 美濃國(みののくに)の従二位 中山金山彦神に 正二位

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス『日本三代実録』延喜元年(901年)成立 選者:藤原時平/校訂者:松下見林 刊本(跋刊)寛文13年 20冊[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047721&ID=M2014093020345388640&TYPE=&NO=画像利用

『神社覈録(Jinja Kakuroku)〈明治3年(1870年)〉』に記される伝承

仲山は奈加夜麻(なかやま)金山彦は加奈也万比古(かなやまひこ)と読むべし と記しています

【抜粋意訳】

山金山彦神社(名神大)

仲山は奈加夜麻、金山は加奈也万比古と訓べし、
〇祭神明らかなり
〇社伝云、金山彦命、見野尊、彦火火出見尊、秘神二座、
〇新井郷宮代村に在す、今雨宮と称す、
〇式三、臨時祭 名神祭 二百八十五座 美濃國 仲山金山彦神社一座
〇当国一宮なり
〇日本紀、神代上 一書曰 一書曰、伊弉冉尊、且生火神軻遇突智之時、悶熱懊悩。因爲吐。此化爲神。名曰金山彦

鎮座 崇神天皇五年十一月中十日鎮座 明細記

神位
『続日本後紀』承和 3年(836)11月4日巳)美濃國 不破郡 仲山金山彦大神 奉授に 従五位下 即預に名神
『続日本後紀』承和13年(846)5月8日戊申奉授に 美濃國 不破郡 従五位下 中山金山彦神 正五位下
『日本三代実録』貞観元年(859)正月27日(甲申)奉授に 美濃國 不破郡  中山金山彦神 正三位
『日本三代実録』貞観6年(864)5月22日(丁未授に 美濃國 正三位 中山金山彦神 従二位
『日本三代実録』貞観15年(873)4月5日(授に 美濃國 従二位 中山金山彦神 正二位
社伝、朱雀天皇 天慶三年、平将門叛逆時、敇祈誓、神功最掲、被授に勲一等、後冷泉天皇 康平年中〈康平5年(1062)〉、安倍貞任、宗任糺、亦有 霊験被授に正一位 明細記
本国神名帳、正一位勲一等 仲山金山彦大神

社領
当代御朱印高四百五石

沿革
明細記云、慶長五年子九月、関ヶ原合戦之時、安国寺手勢 放火 神社為灰塵、東照宮祈願、天下統一之後、至に于家光公、寛永九年造営成、元禄七年修造

社職
社家 不破氏、大庭氏、東四あり宇都宮氏、及 社傍十坊、

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『神社覈録』著者 鈴鹿連胤 撰[他] 出版年月日 1902 出版者 皇典研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991015

『特選神名牒(Tokusen Shimmyo cho)〈明治9年(1876)完成〉』に記される伝承

現在の南宮大社は 府中に祀られていたものを南へ移したので 南宮と呼ばれる と記しています

【抜粋意訳】

仲山金山彦(ナカヤマカナヤマヒコノ)神社(名神大)

祭神 金山彦
今按〈今考えるに〉社伝に祭神三座 金山彦命 相殿 彦火火出見見野尊とあれど 今は式に従て一座を記せり

神位
仁明天皇
『続日本後紀』承和 3年(836)11月4日巳)美濃國 不破郡 仲山金山彦大神 奉授に 従五位下 即預に名神
『続日本後紀』承和13年(846)5月8日戊申奉授に 美濃國 不破郡 従五位下 中山金山彦神 正五位下

清和天皇
『日本三代実録』貞観元年(859)正月27日(甲申)奉授に 美濃國 不破郡  中山金山彦神 正三位
『日本三代実録』貞観6年(864)5月22日(丁未授に 美濃國 正三位 中山金山彦神 従二位
『日本三代実録』貞観15年(873)4月5日(授に 美濃國 従二位 中山金山彦神 正二位

社格 國幣中社

所在 新井郷宮代村 中山麓(不破郡宮代村)
今按〈今考えるに〉神社考に 初ノ美濃ノ國不破ノ郡府中祭ル之後移ニ千郡ノ之南仲山ニ故ニ号スニ南宮ト とあるにて本社を南宮と云由いと明かなり 姑く附て考に備ふ

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『特選神名牒』大正14年(1925)出版 磯部甲陽堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/971155

南宮大社(垂井町宮代)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

「全国 一之宮(Ichi no miya)」について に戻る 

美濃国 式内社 39座(大1座・小38座)について に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-全国 一の宮("Ichinomiya" all over Japan)
-, , ,

Copyright© shrine-heritager , 2023 All Rights Reserved.