宮目神社〈玉敷神社 境内摂社〉(加須市騎西)

宮目神社(みやめじんじゃ)は 現在は 玉敷神社の境内摂社ですが 玉敷神社がこの地に遷座(一六二〇年頃)する迄は この社地の地主神として鎮座していたとされます 延喜式神名帳927 AD.所載 式内社 武蔵国 埼玉 宮目神社(みやめの かみのやしろ)の論社です

Please do not reproduce without prior permission.

目次

1.ご紹介(Introduction)

 この神社の正式名称や呼ばれ方 現在の住所と地図 祀られている神様や神社の歴史について ご紹介します

【神社名(Shrine name

宮目神社(Miyame shrine)
〈玉敷神社 境内摂社〉

通称名(Common name)

【鎮座地 (Location) 

埼玉県加須市騎西 552-1

  (Google Map)

【御祭神 (God's name to pray)】

《主》大宮能(おほみやめのかみ)

※江戸時代には゛山王様゛と呼ばれていたので
新編武蔵風土記稿には《主》大山祇命

【御神徳 (God's great power)】(ご利益)

・家内安全・安産の神

【格  (Rules of dignity)

・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創  (Beginning of history)】

摂社 宮目神社

一. 御祭神 大宮能売神(おおみやめのかみ)

一. 由 緒 社伝によると、玉敷神社がこの地に遷座される(一六二〇年頃)迄はこの社地の地主神として鎮座していたとされ同名の式内社にも比定されている歴史のある古社である。

一. 御神徳 元来、家屋を守り、その安全平和を保つ神であるが地主神という由緒から山王信仰の影響を受けて山王様と称され、この地の守り神として尊ばれた。また、女神であることから子守神=安産の神としても信仰されている。

Please do not reproduce without prior permission.

【由  (History)】

( 摂社 )宮目神社

[ 御祭神 ]大宮能売神(おおみやのめのかみ)

[ 由緒 ]
社伝によると、玉敷神社がこの地に遷座される(1620年頃)迄はこの社地の地主神として鎮座し、「式内社」にも記されている歴史のある古社である。

玉敷神社公式HPより

神社の境内 (Precincts of the shrine)】

神社の境外 (Outside the shrine grounds)】

宮目神社(加須市騎西は 玉敷神社の境内摂社です)

・玉敷神社(加須市騎西)

スポンサーリンク

この神社の予備知識(Preliminary knowledge of this shrine)

この神社は 由緒(格式ある歴史)を持っています

『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)(927年12月編纂)に所載
(Engishiki JimmeichoThis record was completed in December 927 AD.

延喜式Engishiki)律令の施行細則 全50巻』〈平安時代中期 朝廷編纂
その中でも910を『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)といい 当時927年12月編纂「官社」に指定された全国の神社式内社の一覧となっています

「官社(式内社)」名称「2861
・「鎮座する天神地祇」数「3132座」

[旧 行政区分](Old administrative district)
(神様の鎮座数)東海道 731座…大52(うち預月次新嘗19)・小679

[旧 国 名 ](old county name)
(神様の鎮座数)武蔵国 44座(大2座・小42座)

[旧 郡 名 ](old region name)
(神様の鎮座数)埼玉郡 4座(並小)

[名神大 大 小] 式内小社

[旧 神社 名称 ] 宮目神社
[ふ り が な ]みやめの かみのやしろ)
[Old Shrine name]Miyame no kamino yashiro)

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

あなたが この神社に興味が湧くような予備知識をオタク視点でご紹介します

延喜式内社 武蔵国 埼玉 宮目神社(みやめの かみのやしろ)の論社について

・宮目神社〈玉敷神社 境内社〉(加須市騎西)

・高城神社(熊谷市高本)

・姫宮神社(宮代町姫宮)

・神明神社(菖蒲町上栢間)

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(For your reference when visiting this shrine)

この神社にご参拝した時の様子をご紹介します

東武伊勢崎線 加須駅から南西へ県道151号と旧国道122号を経由して約4kn 車10分程度 で玉敷神社に到着します

宮目神社(加須市騎西は 玉敷神社の境内摂社です)

・玉敷神社(加須市騎西)

玉敷神社配布の境内図をご覧ください

玉敷神社の本殿に向かって右奥 鳥居のある境内社になります

Please do not reproduce without prior permission.

宮目神社〈玉敷神社 境内摂社〉(加須市騎西)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

一礼して鳥居をくぐり
社殿にすすみます

Please do not reproduce without prior permission.

社殿には゛摂社 宮目神社゛の号札と由緒書きがあります

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りをします
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

神社の伝承】(A shrine where the legend is inherited)

この神社にかかわる故事や記載されている文献などをご紹介します

『神名帳考証土代(Jimmyocho kosho dodai)』〈文化10年(1813年)成稿〉に記される伝承

式内社 宮目神社の所在について 柏間村〈現 神明神社(菖蒲町上栢間)〉と記しています

【抜粋意訳】

宮目(ミヤメノ)神社

〇大宮賣神 太玉命子也
式内社考 柏間村 神明宮なり

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『神名帳考証土代』(文化10年(1813年)成稿)選者:伴信友/補訂者:黒川春村 写本 [旧蔵者]元老院https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000039328&ID=M2018051416303534854&TYPE=&NO=画像利用

『新編武蔵風土記稿(Shimpen musashi fudoki ko)』〈文政13年(1830)に完成〉に記される伝承

宮目神社〈玉敷神社 境内摂社〉(加須市騎西)について 久伊豆神社〈現 玉敷神社〉の末社として 祭神は大山祇命となっています
姫宮神社とともに式内社の宮目神社の論社として挙げていますが 共に確証がないとも記しています

【意訳】

新編武蔵風土記稿 巻之二百八(埼玉郡之十一騎西  騎西町場

久伊豆神社

當社は 騎西領中の總鎮守にして古社なり
東鑑 建久五年六月晦日於武蔵國大河戸御厨久伊豆宮神人喧嘩出来云々と見えたるは、こゝの事なるべし
又 延喜式神名帳に載る所埼玉郡四座の内玉敷神社 祭神大己貴命とありて 今何れの社たるを傳へず
岩槻城内 久伊豆神社あり 其餘郡内所々に久伊豆社と唱ふるもの多くあれど 何れもさせる古社ともはれざれば若くは式に見え東鑑にも沙汰あるは當社ならんか されど千百年の古へを後の世より論ずれば如何にともいひがたし 久伊豆と改めしは 騎西郡内にありて騎西伊の語路相通ずれば唱へ改めしといへど 是も附會の説とをぼしく社傳等には據なし

又 神主の傳へには 當社元正能村にありしが 上杉謙信當所へ發向の時兵火に罹彼正能村より飛て根古屋村に来り慶長年中當所へ移せりと
彼根古屋は現に城のありし地にして兵火もこの城を焼んが爲なれば殊更に火中の根古屋へ飛来りしと云は無稽の説と思はる
又 當社往古は根古屋村にありて夫より正能村に移り後此地に移りしならんに正能根古屋の兩村に今も古宮蹟と呼べる除地ありて當社神主の持なる由
又 傳へに當社は宣化天皇八代の後胤從五位上木工頭丹治貞成の靈社なり 貞成の子峰成私市黨の始祖なり後略して 私の黨と唱ふ此人の弟を貞峯と云 丹治黨の始祖なり略して丹の黨と云 此二黨の子孫分れて武州に多し 其子孫の居所多く此神社を祭れりとされば峯成の父貞成を祭れりと云こと所謂あるに似たり

神宝猿田彦面一春日の作と云やつれたるさま古物なることは論なけれど銘はなし

獅子面一同作と云これも銘はなけれど普通のものには非ず古物なること論なし

末社 宮目神社

祭神 大山祇命 是も式内の神社にて 昔は免田もあり 當社後背の山林畑は則其免地なりしといへど 證とすべきことなし
又 百間村姫宮神社を式内宮目神社なりとも傳ふれど 是も據はなし猶百間村姫宮神社の條合せ見るべし

伊勢宮 伊勢下宮 八幡香取合社 稲荷 松尾 三峯 五光権現 牛頭天王 辨天 元宮 伊豆権現

神主河野隠岐社地の内に居れり藤原姓にして吉田家の配下なり先祖周防守より當代に至るまで十七代といへど舊記等更になければ此外のこと知るべからず

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス 『新編武蔵風土記稿』1830年(文政13年)著者:間宮士信 [旧蔵者]太政官正院地志課・地理寮地誌課・内務省地理局 活版 ,明治17年https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002820&ID=M2017051812110439332&TYPE=&NO=

『神社覈録(Jinja Kakuroku)〈明治3年(1870年)〉』に記される伝承

式内社 宮目神社の所在について 騎西町〈現 宮目神社〈玉敷神社 境内社〉(加須市騎西)〉と記しています

【抜粋意訳】

宮目神社

宮目は美夜女と訓べし
○祭神 大山咋命、(地名記)
○騎西町に在す、(同上)
例祭  日、

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『神社覈録』著者 鈴鹿連胤 撰[他] 出版年月日 1902 出版者 皇典研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991015

『神祇志料(Jingishiryo)』〈明治9年(1876)出版〉に記される内容

式内社 宮目神社については 社名のみ記されています

【抜粋意訳】

宮目(みやめの)神社

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『神祇志料』https://dl.ndl.go.jp/pid/815490著者 栗田寛 著 出版者 温故堂 出版年月日 明治9[1876]

『特選神名牒(Tokusen Shimmyo cho)〈明治9年(1876)完成〉』に記される伝承

式内社 宮目神社の所在について 百聞村字姫宮〈現 姫宮神社(宮代町姫宮)として その他に2説・騎西町〈現 宮目神社〈玉敷神社 境内社〉(加須市騎西)〉と・柏間村〈現 神明神社(菖蒲町上栢間)〉を記しています

【抜粋意訳】

宮目神社

祭神 大宮賣神

今按〈今考えるに〉
注進状に祭神未詳 一説に多紀理姫命 多紀津姫命とあれど こは中古 姫宮と云より唱出たる説にて信がたけれど 大宮賣神を祭れるを後には姫神とも唱へて 遂に祭神の名を失ひ 姫宮と云より三女神と訛れるなるべし 故今訂して記せり

祭日

社格 (明細帳に姫宮とあり 村社)

所在 百間村 字姫宮(南埼玉郡百間村大字百聞西原字姫宮)
今按〈今考えるに〉
一説 騎西町にあり 又 柏間村 神明宮とも云へど
騎西町なるは 祭神 大山祇命と云も疑わしく旧記等の證とすべきものなし
柏間村なるは 社地に宮原と云小名あるのみにて證あるに非ざれば信じがたし
百間村なるは 姫宮神社と云ひ土人も宮目社と云伝へ 祭神は三女神と云ひ 應永年中鰐日に太田庄南方百間姫宮と銘あるも一證とするに足れり故今之に従へり

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『特選神名牒』大正14年(1925)出版 磯部甲陽堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/971155

Please do not reproduce without prior permission.

武蔵国 式内社 44座(大2座・小42座)について に戻る       

 

おすすめ記事

1

世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」のクライテリア(iii)として「古代から今日に至るまで山岳信仰の伝統を鼓舞し続けてきた 頂上への登拝と山麓の霊地への巡礼を通じて 巡礼者はそこを居処とする神仏の霊能を我が身に吹き込むことを願った」と記されます

2

出雲國(izumo no kuni)は「神の國」でありますので 各郡の条に「〇〇郡 神社」として 神社名の所載があります
『風土記(fudoki)』が編纂(733年)された 当時の「出雲の神社(399社)」を『出雲國風土記 神名帳(izumo no kuni fudoki jimmeicho)』として伝える役割をしています

3

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

4

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

5

對馬嶋(つしまのしま)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳』に所載されている 対馬〈対島〉の29座(大6座・小23座)の神社のことです 九州の式内社では最多の所載数になります 對馬嶋29座の式内社の論社として 現在 67神社が候補として挙げられています

-延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)
-,

error: Content is protected !!

Copyright© Shrine-heritager , 2023 All Rights Reserved.