満宮神社(函南町)

満宮神社は 第84代 順徳天皇の著『八雲御抄(yakumo misho)』鎌倉時代〉の歌論書に「田方の杜(tagata no mori)」と称されたとする伝承があります 「伊豆国(Izu no kuni)田方郡(Tagata no kori)」にある鎮守の杜を指す言葉としての「田方の杜(tagata no mori)」ですから 田方郡でも 重要な神社として認識されていたであろうことが伺えます

1.ご紹介(Introduction)

この神社の正式名称や呼ばれ方 現在の住所と地図 祀られている神様や神社の歴史について ご紹介します

【神社名(Shrine name

満宮神社Mangu Shrine)
まんぐうじんじゃ

 [通称名(Common name)]

【鎮座地 (Location) 

静岡県田方郡函南町塚本413

 [  (Google Map)]

【御祭神 (God's name to pray)】

《主》誉田別命Homutawakenomikoto)
《配》王子大神Oji no okami)〈不詳「ひた王子」か?〉
   少名彦命Sukunahikona no mikoto)
   大山祇命Oyamatsumi no mikoto)

【御神格 (God's great power)】

【格  (Rules of dignity)

『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社

【創  (Beginning of history)】

不詳

【由  (history)】

不詳

一.神社名 満宮神社
一.鎮座地 田方郡函南町塚本413
一.御祭神 誉田別尊
一.例祭日 10月15日

一.由緒
創建年月日不詳、古来満宮神社と称す。
明治3年より八幡神社と改むも 同18年10月復 満宮神社と称す。

明治初年頃の神苑は 老松が何本も生え、神社は茅葺でした。老松は落雷、松くい虫で枯れ、昭和51年南西の一本が最後に枯れた。
大正10年氏子の寄付により社殿が瓦葺きに改築され 昭和48年には屋根瓦の葺き替え工事を致し、是も氏子が瓦数枚ずつを寄付修復 現在に至って居ります。又、宵祭は毎年当番町で盛大に行われています。

境内案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【境内社 (Other deities within the precincts)】

王子之森稲荷神社Oji no mori inari Shrine
森山稲荷神社Moriyama inari Shrine

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

この神社の予備知識(Preliminary knowledge of this shrine)

この神社は 由緒(格式ある歴史)を持っています

『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)』(927年12月編纂)といって 平安時代中期に朝廷が作成した全50巻の律令格式の巻物の中でも重要視されている2巻です 内容は 今から約1100年前の全国の官社(式内社)一覧表で「2861社」の名称とそこに鎮座する神の数 天神地祇=「3132座」が所載されています

延喜式神名帳】(engishiki jimmeichoThis record was completed in December 927 AD.

2つの式内社の論社となっています

[旧 行政区分](Old administrative district)
(神様の鎮座数)東海道 731座…大52(うち預月次新嘗19)・小679
[旧 国 名 ](old county name)
(神様の鎮座数)伊豆国 92座(大5座・小87座)
[旧 郡 名 ](old region name)
(神様の鎮座数)田方郡 24座(大1座・小23座)
[名神大 大 小] 式内小社


[旧 神社 ] 文梨神社
[ふ り が な  ](ふむなしの かみのやしろ)
[How to read ]Fumunashi no kamino yashiro)


[旧 神社 ] 廣瀬神社
[ふ り が な  ](ひろせの かみのやしろ)
[How to read ]Hirose no kamino yashiro)

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

あなたが この神社に興味が湧くような予備知識をオタク視点でご紹介します

『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)(927年12月編纂)所載社の論社について

伊豆国(izu no kuni) 田方郡(tagata no kori)文梨神社Fumunashi no kamino yashiro)の論社

・左内神社(三島市

満宮神社函南町

神明神社(西浦江梨)

伊豆国(izu no kuni) 田方郡(tagata no kori)廣瀬神社Hirose no kamino yashiro)の論社

廣瀬神社(伊豆の国市)

廣瀬神社(伊豆国四之宮)〈楽寿園 内〉

満宮神社函南町

スポンサーリンク

神社にお詣り(Pray at the shrine)

この神社にご参拝した時の様子をご紹介します

伊豆箱根鉄道 駿豆線 伊豆仁田駅から県道138号を西へ1.1km 徒歩15分程度

鎮座地は 現在の河川の流れでは 狩野川と大場川の合流点 狩野川と柿沢川の合流点に挟まれるように 海抜36mの森山に鎮座しています
度重なる河川の氾濫時にも 鎮守の杜は 洪水からも守られてきたとわかります

グーグルアース参照

https://earth.google.com/web/@35.07497909,138.93214307,9.13639632a,3861.56828235d,35y,0h,0t,0r/data=Cj0aOxI1CiUweDYwMTk5MWE4MDhiMWFhM2I6MHhjZjc4YWUzODQ4Y2VlZjI4KgzmuoDlrq7npZ7npL4YAiAB

路面に大木が並びます

Please do not reproduce without prior permission.

満宮神社Mangu Shrine)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

社号標には「塚本鎮座 滿宮神社」
鳥居の扁額には「満宮神社」とあり 一礼をして くぐり境内に進みます

Please do not reproduce without prior permission.

境内の右手には境内社 お詣りをします
王子之森稲荷神社Oji no mori inari Shrine

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿にすすみます 

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 

ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の右手前には 4扉の境内社
本殿の裏手の森山には森山稲荷神社Moriyama inari Shrineが鎮座します
お詣りをします

境内の案内によれば「明治初年頃の神苑は 老松が何本も生え」とあります 今でも古木が残る境内をあとにします

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居を抜けて 振り返り一礼をします

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

神社の伝承(Old tales handed down to shrines)

この神社にかかわる故事や記載されている文献などをご紹介します

当社の鎮座する森山は「田方の杜(tagata no mori)」と称されたとする伝承

第84代 順徳天皇〈鎌倉時代〉の著した歌論書『八雲御抄(yakumo misho)』には

「夕されは 千町の稲穂うちなびき 田方の杜に 秋風ぞ吹く」

と詠われていて 当神社の鎮座する この森山であるとされています

【原文参照】国立公文書館デジタルアーカイブ『八雲御抄』著者:順徳天皇 [旧蔵者]紅葉山文庫 ,写本 ,江戸初

かつて森山は「王子の杜(Oji no mori)」と呼ばれていたと伝わります
今でも その名残を留めるように
境内には「王子之森 稲荷神社(Oji no mori inari Shrine)」が祀られています
本殿の裏手の森山には森山稲荷神社(Moriyama inari Shrine)が鎮座しています

Please do not reproduce without prior permission.

となると 本殿に祀られている不詳の神「王子大神(Oji no okami)」がますます気になります

仮に この神が「肥田王子(ひた王子)」であったと仮定すると
伊豆の守護神「三島大明神(Mishima daimyojin)」と本后「阿波命(Awa no mikoto)」の御子神となります

「田方の杜(tagata no mori)」とは 「伊豆国(Izu no kuni)田方郡(Tagata no kori)」にある鎮守の杜を指す言葉ですから
鎌倉時代には 田方郡でも重要な神社として認識されていたであろうことが伺えます

これが 八幡信仰が高まった鎌倉時代であったので 八幡神を祀っていたからなのか それ以前からの伊豆の三島信仰に根源とするものなのか 興味あるところです

満宮神社Mangu Shrine) (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

伊豆国 式内社 92座(大5座・小87座)について に戻る       

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.