玖潭神社(出雲市久多見町)

玖潭神社(くたみじんじゃ)は 「所造天下大神命=大穴牟遅大神(onamuji no okami)」を祀ります 『出雲國風土記』には「玖潭(kutami)」の地名の呼称由来として 御祭神が「にわか雨が くたみ(弱り)やまむ」と云われたからと伝承として記されています

目次

Please do not reproduce without prior permission.

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』には「久多美社(kutami no) yashiro」の所載が 3社あります

①《 玖潭神社 》

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 楯縫郡(tatenui no kori) 条
    神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】 久多美社

【読み】(くたみ の)やしろ
【How to read】(kutami no) yashiro

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』所載社2社を合祀

➁《 貴女社 (玖潭神社に合祀)》

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 楯縫郡(tatenui no kori) 条
    不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】 久多美社

【読み】(くたみ の)やしろ
【How to read】(kutami no) yashiro

➂《 久多美社(五社明神) (玖潭神社に合祀)》

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 楯縫郡(tatenui no kori) 条
    不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】 同久多美社

【読み】(おなじきくたみ)
【How to read】(onajiki kutami no) yashiro

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 楯縫郡(tatenui no kori)

【社名】 玖潭神社

【読み】(くたみの かみのやしろ)
【How to read】(kutami no kamino yashiro)

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用 国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)

スポンサーリンク

【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name)

  玖潭神社(kutami shrine)
        (くたみじんじゃ)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

 島根県出雲市久多見町301

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》大穴牟遅大神(onamuji no okami)

《合》五社明神(gosha myojin)
     正哉吾勝勝速日天忍穂耳命
(masaka akatsu katsuhayahi ameno oshihomimi no mikoto)
     天穂日命(ameno hohi no mikoto)
     天津彦根命(amatsu hikone no mikoto)
     活津彦根命(ikutsu hikone no mikoto)
     熊野樟日命(kumano kusubi no mikoto)

《合》貴女社(uzume no yashiro)
     多紀理比売命(takirihime no mikoto)
     市寸島比売命(ichikishima hime no mikoto)
     田寸津比売命(tagitsu hime no mikoto)

《合》霹靂社(hekireki no yashiro)
     闇淤加美命(kuraokami no mikoto)

【御神格】(God’s great power)

・家内安全 Safe and comfortable home life
・五穀豊穣 Pray for good harvest
・交通安全 Traffic safety
・等 etc

【格式】(Rules of dignity)

・出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社
・延喜式内社(engishikinaisha)

【創建】(Beginning of history)

Please do not reproduce without prior permission.

境内案内板より

式内郷社 玖潭神社 (クタミ ジンジャ)

御祭神:大穴牟遲大神(外九柱)

境内神社 ・天満宮   菅原道真公(スガハラミチザネコウ)
     ・金比羅神社 大物主命 (オオモノヌシノミコト)
     ・八坂神社  素盞嗚尊 (スサノウミコト)
     ・若宮神社  味耜高彦根命(アジスキタカヒコネミコト)

大祭  月三日

由緒沿革(ユイショエンカク)
延喜式神名帳に出雲国 楯縫郡 玖潭神社とある式内社で 往古(オウセキ)玖潭の総氏神であったと伝える。

風土記の玖潭の郷(サト)の條(ジョウ)に「郡家(コウリヤ)の正西(ジョウセイ)五里二百歩」なり
所造天下(アメノシタツクラシン)大神明 天の御飯田(アメノミイダ)の御倉造り給はむところ 巡行(メグ)り給(タマ)ひき
其時(ソノトキ)波夜佐雨(ハヤサメ)久多美乃山と詔(ノ)り給(タマ)ひき 故(ユエ)恵美(クタミ)といふ 神亀3年(726)字を「玖潭(クタミ)と改む」とある

蓋(ナダ)し「天下造アメノシタツク)らしし大神命」とは 当神社の祭神大穴牟遅(オオナムチ)命のことである 

本社は 現在の社地より20町餘(アマ)り(約2.2キロ)北方 城山要害平という山頂にあったが
明応5年(西暦1496年)秋 回録(クワイロク)の災(サイ)に罹(カカ)り 社殿 悉皆(コトゴトク)焼失し
その際 御神体は西方に 巨巌上(キョガンジョウ)に鎮座ましましたが 之(コレ)を貴女社(ウズメシャ)(現在の荒神広にあった社(ヤシロ))に奉遷(ホウセン)し 

更に久多美社(五社明神)を合祀し
玖潭神社として新(アラタ)に社殿を築(キズ)き現在地に遷し奉(タテマ)った

維時(コノトキ)昭和48年8月出雲大社教

久多見講社 開講80周年記念祭の砌り
宮司 従五位勲六等 常松 始郎誌

境内案内板より

【由緒】(history)

本社は 現在の社地より北方の城山要害平の山頂にあったが、(1496)明應五年、災に罹り社殿焼失し

その際、御神体は 西方の巨巌上に鎮座せられたが、之を荒神広の「貴女社」に奉遷し、
更に「久多美神社」(五社明神)をも合祀して、「玖潭神社」として新に社殿を築き現在地に遷し奉った。

玖潭郡の条に、「郡家の正西五里、二百歩なり。所造天下大名神命、天の御飯田の御倉造り・・・・波夜佐雨久多美の山・・・・(天下造らしの大名神)」とは当神社の祭神「大穴牟遅命」の事である。

故に出雲大社とは 大昔より縁故深く、
延享元年(1744)と文化六年(1809)には「素鵞社」のご内殿を(現本社の内殿に)、

明治十四年(1881)には「八坂神社」の内殿を
昭和遷宮の際も、現 天満宮、金比宮の内殿を下渡されている。

例祭には、「田植神事」を奉納。(午後二時頃より、獅子舞と神事花を奉納次第、田植神事)

島根県神社庁HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

・金比羅神社《主》大物主命(omononushi no mikoto)
・八坂神社 《主》素盞嗚尊(susanowo no mikoto)
・若宮神社 《主》味耜高彦根命(ajisuki takahikone no mikoto)
・天満宮  《主》菅原道真公(sugawara no michizane ko)
・石の祠
・荒神

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』には「久多美社(kutami no) yashiro」の所載が 3社あります

現在は 合祀されて「玖潭神社(kutami shrine)」となっています

・寺床社《主》大穴牟遅大神(onamuji no okami)

・埋女社《主》多紀理比売命(takirihime no mikoto)
  (うずめ)  市寸島比売命(ichikishima hime no mikoto)
       田寸津比売命(tagitsu hime no mikoto)

・池田社《主》正哉吾勝勝速日天忍穂耳命
       (masaka akatsu katsuhayahi ameno oshihomimi no mikoto)
       天穂日命(ameno hohi no mikoto)
       天津彦根命(amatsu hikone no mikoto)
       活津彦根命(ikutsu hikone no mikoto)
       熊野樟日命(kumano kusubi no mikoto)

現在 もう1社 論社があります
「久多美神社(kutami shrine)」出雲市東福町です
こちらは永保元年(1081)3月に
本殿に・池田社の分霊を祀り 境内社に・埋女社の分霊を遷した神社です

こちらは「久多美神社(kutami shrine)」の記事をお読みください

一緒に読む
久多美神社(出雲市東福町)

久多美神社(くたみじんじゃ)は『出雲國風土記』所載の論社2社が鎮座します 「久多美社(kutami no)yashiro」の分霊を永保元年(1081)「御本殿」に奉遷・同時期に「同久多美社(onajiki kutami no)yashiro」も「境内の三女社」に分霊奉遷します

続きを見る

「玖潭神社(kutami shrine)」の本殿は「辰」の方角に向き その方向に「久多美神社(kutami shrine)」があります

これは 冬至の日の太陽 日の出の位置関係にあります

太陽の運行は
夏至では 「艮」 真東より 30度北から太陽が上り
     「戌」 真西から 30度北に太陽が沈みます

冬至では 「辰」 真東より 30度南から太陽が上り
     「申」 真西から 30度南に太陽が沈みます

そして「久多美神社(kutami shrine)」も本殿の向きは 「辰」の方角です
その延長線上には 「熊野大社の元宮」「熊成峯」・「元宮ケ成」がありました

(Google Map)玖潭神社と「熊野大社の元宮」

最も太陽の力が弱るとされて 新しい太陽の力が蘇る日ともされる「冬至の日の出」
御祭神 大穴牟遅大神(onamuji no okami)は 「熊野大社の元宮」「熊成峯」・「元宮ケ成」を向きます

「久多美神(kutami no kami)」は 出雲大社の御垣内・門衛の守護神として
・門神社(mikado no kamino yashiro)(西)に
        《主》久多美神(kutami no kami)は坐ます

出雲大社の記事 前編 もご覧ください

一緒に読む
出雲大社(出雲市)【前編】

出雲大社は ”遠き神代に 国を譲られた”「大国主大神(okuninushi no okami)」の偉業と その誠に感謝なさって 「天神(amatsu kami)」が 天日隅宮(amenohisumi no miya)を献上されたことに始まるとされています

続きを見る

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

雲州平田駅から 県道232号を経由して北上 5.1km程度 車 約10分
参道や鳥居は 農道から下に折れては見えないところにあります

Please do not reproduce without prior permission.

玖潭神社(kutami shrine)に到着
鳥居の手前に 結界をつくるように 小川(用水路)が流れ 小橋がかかります

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居の先に 一直線に伸びた石段の参道があります

Please do not reproduce without prior permission.

一礼して鳥居をくぐります
すぐ右に水道の蛇口がついた「水盤」があり 清めます
石段の途中には 右に荒神社が鎮座しています

Please do not reproduce without prior permission.

石段を上がりきると 境内です

Please do not reproduce without prior permission.

案内板があり ひとしきり読み耽ります

Please do not reproduce without prior permission.

右手に斜めに参道が拝殿迄 続きます
古い神社では 設計者の意図で 人が正中を歩かないようにする配慮がなされています 拝殿の奥に御本殿が建ちます

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿にすすみます 出雲式の太い注連縄と扁額には「式内郷社 玖潭神社」とあります

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

左手より 御本殿横に廻り込みます 境内社にお詣りです

Please do not reproduce without prior permission.

左から順に
・石の祠

Please do not reproduce without prior permission.

・若宮神社 《主》味耜高彦根命(ajisuki takahikone no mikoto)

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

御本殿の裏に 3つの社が並びます

Please do not reproduce without prior permission.

左から順にお詣りです
・金比羅神社《主》大物主命(omononushi no mikoto)

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

・天満宮  《主》菅原道真公(sugawara no michizane ko)

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

・八坂神社 《主》素盞嗚尊(susanowo no mikoto)

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

参道を戻り 鳥居をくぐり 振り返り一礼

Please do not reproduce without prior permission.

宍道湖迄 のどかな田園が なだらかな斜面となって続きます

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』楯縫郡 条 玖潭郷 に記される伝承について

「玖潭(kutami)」の地名について 御祭神の大穴牟遅大神(onamuji no okami)に由来する伝承が記されます

意訳
 玖潭郷(kutami no sato)
  郡家の正西5里200歩のところです

所造天下大神命(ameno shita tsukurashishi okami no mikoto)が 天御飯田(ameno mi iida)の御倉(mi kura)をお造りになられる所を求めて 巡(megu)り給(tama)われました

そのとき「波夜佐雨(haya same)久多美之山(kutami noyama)※」とおっしゃりました
ゆえに 忽美(kutami)といいます

神亀3年に字を玖潭(kutami)と改めました 』

※「波夜佐雨(haya same)久多美之山(kutami noyama)」は「にわか雨が くたみ(弱り)やまむ」の意

『雲陽志(unyo shi)』楯縫郡 久多美(kutami) にある伝承

『雲陽志(unyo shi)』では
「玖潭神社(kutami shrine)」が「五社明神(gosha myojin)」として記されています

意訳
『 久多美(kutami)

  五社明神(gosha myojin)

吾勝尊(ware katsu no mikoto)
天穂日命(ameno hohi no mikoto)
熊野樟日命(kumano kusubi no mikoto)
活津彦根命(ikutsu hikone no mikoto)
天津彦根命(amatsu hikone no mikoto)を祀れり

本社の大きさは 7尺に8尺 南向き
拝殿      2間に3間
祭礼4月3日 神田植の神事9月29日神楽を奏す
明応6年造営の棟札あり

風土記に「久多美社(kutami no) yashiro」 神亀3年に字を玖潭(kutami)と改めましたとあります  』

『出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)』楯縫郡 にある伝承

意訳

 楯縫郡 玖潭神社(kutami no kamino yashiro)
  風土記に「久多美社(kutami no) yashiro」とあり 今の久多美社村なり

五社大明神これなり 祭神は
天忍穂耳命(ameno oshihomimi no mikoto)
天穂日命(ameno hohi no mikoto)
熊野樟日命(kumano kusubi no mikoto)
活津彦根命(ikutsu hikone no mikoto)
天津彦根命(amatsu hikone no mikoto)をたて奉るといえり   

意宇郡の「久多美社(kutami no) yashiro」も大穴持命を祀ることからも この大神なり 風土記の伝えることに合っています
神殿の大きさは 7尺に8尺 南向き
拝殿      2間に3間
祭礼は4月3日 神田植の神事9月29日神楽を奏す
明応6年造営の棟札あり

玖潭(kutami)は風土記に
『玖潭郷 所造天下大神 天御飯田之御倉将造給而覓巡行給 爾時 波夜佐雨久多美之山 詔給之 故云忽美 神亀三年 改字玖潭 』となっています 
 』

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』に「玖潭(kutami)」の地名は 御祭神の大穴牟遅大神(onamuji no okami)に由来すると伝承が記されます
玖潭神社(kutami no kamino yashiro)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.