久奈子神社(出雲市古志町)

久奈子神社(くなこじんじゃ)は 眼下に広がる「出雲の平野」を一望のもと見渡せる「栗栖山(久留須山)」の山腹に坐ます

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』所載社の三つ神社の論社となっています

久奈為社

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 神門郡(kando no kori) 条
    神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】久奈為社
【読み】(くない の)やしろ
【How to read】(kunai no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

久奈子社

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 神門郡(kando no kori) 条
    不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】 久奈子社
【読み】(くなこ の)やしろ
【How to read】(kunako no) yashiro

同久奈子社

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 神門郡(kando no kori) 条
    不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】 同久奈子社
【読み】(おなじき くなこ の)やしろ
【How to read】(onajiki kunako no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 神門郡(kando no kori)

【社名】 久奈爲神社
【読み】(くないのかみのやしろ)
【How to read】(kunai no kamino yashiro)

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用 国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)

スポンサーリンク

【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

  久奈子神社(kunako shrine)
  (くなこじんじゃ)

【通称名】(Common name) 

久留須神社(kurusu jinja)

【鎮座地】(location)

 島根県出雲市古志町2254

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

  《 主 》伊邪那美命(izanami no mikoto)

  《 合 》速玉男命(hayatamao no mikoto) ・・・久奈子社
    武甕槌命(take mikazuchi no mikoto)・三武社
    大歳神(otoshi no kami)・・・・・・・大年社
    事解男命(kotosakao no mikoto) ・・・久奈子社
    誉田別命(hondawake no mikoto) ・・・八幡宮
    保食命(ukemochi no mikoto)・・・・・櫃森社
《合殿》建御名方命(take minakata no mikoto)・諏訪社 

【御神格】(God’s great power)
【格式】(Rules of dignity)

・『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』所載社
・『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho )』所載社

【創建】(Beginning of history)

出雲國風土記、延喜式神名帳に載っている
久名爲社は、奈良朝 以前久留須山に、久奈子二社は上新宮に鎮座していた。

その後 年代は詳らかではないが 久奈子二社が 現在地の久奈爲社に移り、この三社が一つになり 久留須三社となった。

江戸時代になってからは 久留須権現、久留須三社明神 とも稱せられていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昭和六十三年二月吉日 古志明るいまちづくり推進協議会

案内板より抜粋

【由緒】(history)

当社は、出雲風土記 及 延喜式神名帳に載れる神社にして 嘉祥4年に正六位を授け奉り、寛平5年に一階を加え奉り給えり。

祭神 伊邪那美命 延喜式に記載ある久奈為社である。

祭神 速玉男命、事解男命 出雲風土記に記載ある 久奈子社 同久奈子社の2坐は是である。

創立年代詳かでないが、風土記当時は 出雲国神門郡古志郷といい伊邪那美命の時 越の国人 工人多数来たりて、築池、築堤を行い 稲作大いに起こり、古志の字が用いられたとあり、
律令時代 出雲国庁のもとに、神門郡郡家があり、古志郷庁と狭結駅家との合同庁舎が古志に置かれ 大いに交易文化が繁栄したことが 風土記にある。

古来 社殿は 古志新宮谷の宮床と、久奈子山に鎮座の久奈子社二社を 中古 久留須に鎮座の久奈為社に移し3殿を合殿し、今の地に久留須神社と称し郷民に崇敬されてきた。今も殿内に三殿を奉鎮しあり。

明治5年 壬申正月 旧藩松江県神社取調の際 村社に列ね社号を、久奈子神社と改称し奉るべき旨の達しにより、久奈子神社と旧名に復し、之により久奈為の社号は今廃名となり現在に至る。

明治7年戌6月5日神社取調の際、武御名方命、諏訪神社を当社に配祀し相殿とす。
明治39年4月勅令第96号により明治40年2月16日、島根県告示第23号を以て、神饌幣帛供進することを得べき神社と指定される。

その後 武甕槌命 三武社、御食津神 櫃守社、大歳命 大歳社、誉田別命 八幡宮の各社を大正2年5月28日合祀出願、7月2日許可を得て、大正3年1月15日合祀に至る。
古来より2頭の祭あり。久留須振鉾舞、獅子舞、神事華等あるも 今は簡素化す。

※「全国神社祭祀祭礼総合調査(平成7年)」[神社本庁]から参照

【境内社】(Other deities within the precincts)

・天満宮
・稲荷神社

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

熊野神社 (馬木町)は『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho )』所載社の「久奈爲神社(kunai no kamino yashiro)」の論社である可能性があります

御由緒書きを抜粋してみます

熊野神社由緒
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
創立年代

不詳であるが 棟札に「保安元年(1120年)久奈爲神社再興」の文字があることから 少なくとも平安時代には存在していたと思われる。
延宝7年(1679年)鳥巣谷に鎮座していた神社が災害により大破したこと、参拝に不便であったこと、更には災害により神田が流失したこと等から 現在の仙之山に移転し 遷宮を行い現在に至る。

御祭神 ・・・・・・・・・・・・・・・・・

伊邪那美命(izanami no mikoto)
事解男命(kotosakao no mikoto)
速玉男命(hayatamao no mikoto)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
御由緒書きより抜粋

詳しくは 熊野神社(馬木町)の記事をご覧ください

一緒に読む
熊野神社(馬木町)

熊野神社(くまのじんじゃ)は 『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)』所載の「久奈爲神社(kunai no kamino yashiro)」論社の可能性があります

続きを見る

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

出雲市駅から南東方向 くにびき南通り経由 約5km 車15分程度

広域農道の看板横から車で2~3分 栗栖山(久留須山)への道を登ると駐車場へ着きます

久奈子神社(kunako shrine)に到着
社号標「久奈子神社」があります

そこから参道の長い石段を登っていきますと 栗栖山(久留須山)に山腹に鎮座します

参道石段の中間辺りに鳥居があります
一礼して鳥居をくぐり 長い参道の階段を上ります 

境内には狛犬が構え 正面に拝殿 その奥に御本殿が建ちます
梛の御神紋でしょうか

拝殿にすすみ
賽銭をおさめ お祈りです
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

振り返ると 境内は 随分標高の高いところにあってか 出雲ドームや市街地全体を一望のもとに見渡すことができます

出雲平野を見下ろしながら 一息つきます

御本殿を左右から仰ぎます

境内社・天満宮・稲荷神社にお詣りです

参道を下り 鳥居をくぐり 振り返り一礼

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』神門郡 条 古志郷 に記される伝承について

古志郷(koshi no sato)の由来についての伝承です

意訳

『 古志郷(koshi no sato) 郡家に属します

伊弉那彌命(izanami no mikoto)の時代に 日淵川(hifuchi no kawa)をもちいて  池を造りました
そのとき 古志国(koshi no kuni)の人々が やってきて堤を造りました そこが彼らが 宿としていた処です ゆえに 古志(koshi)といいます 』

『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲國風土記』
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)』神門郡 上古志 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)』では「久奈子神社(kunako shrine)」が
「久留須権現(kurusu gongen)」として記されています

意訳
『 久留須権現(kurusu gongen)

伊邪那美命(izanami no mikoto)
速玉男命(hayatamao no mikoto)
事解男命(kotosakao no mikoto)を祭る

本社の大きさは 7尺 梁は3間 拝殿 廊下があり
宮地を久留須山(栗栖山)という
寛永2年(1625)遷宮の棟札あり
祭日9月18日19日 獅子舞あり

風土記に載る
「久奈為社(kunai no) yashiro」「久奈子社(kunako no) yashiro」これなり  』

 ※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835] 『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)』神門郡 にある伝承

意訳
『 久奈爲神社(kunai no kamino yashiro)

風土記に同じ
宇那手村「熊野社」をいう

伊邪那美命(izanami no mikoto)
速玉男命(hayatamao no mikoto)
事解男命(kotosakao no mikoto)を合わせ祭るという

風土記鈔には 古志郷 久類須 三社大明神とあり 』

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)
『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

眼下にある「出雲の平野」を一望のもと見渡して「栗栖山(久留須山)」の山腹に坐ます
久奈子神社(kunako shrine)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.