美談神社(出雲市美談町)の境内社について

美談神社(出雲市美談町)の境内社は かつては御祭神「和加布都奴志命(waka futsunushi no mikoto)」が祀られ『出雲國風土記』には「彌太彌社(mitami no) yashiro」が 13社あったと記され その全てと 他の所載も合わせて風土記論社「16社」が境内に合祀されて坐ます

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【境内社】(Other deities within the precincts)

①本殿の向かって左 外側 境内社【神社名】(shrine name) 印波神社(inha jinja)

【御祭神】(God’s name to pray)
         《主》天手力雄命(ameno tajikarawo no mikoto)
         《主》太玉命(futodama no mikoto)
【由緒】(history)
    東谷に鎮座 印場明神と称し 明治42年(1909年)当社境内に遷座

➁本殿の向かって左 内側 境内社 2社の合殿【神社名】(shrine name) 県神社(agata shrine)

【御祭神】(God’s name to pray)
         《主》天穂日命(ameno hohi no mikoto)
【由緒】(history)
   今在家の国長に鎮座 

   寛永年間(1624年-1645年)洪水により流失
   江戸時代中期 享保11年(1726)中田の地に再興

【神社名】(shrine name) 和加布都奴志神社(waka futsunushi shrine)

【御祭神】(God’s name to pray)
         《主》和加布都奴志命(waka futsunushi no mikoto)
【由緒】(history)
   慶応3年(1867)当社境内に遷座 大正元年 県神社と合殿

➂本殿の向かって右側 境内社 3社の合殿 向かって右から 弥陀弥神社 弥陀弥神社 小早川神社

【神社名】(shrine name)【御祭神】(God’s name to pray)

(右側)弥陀弥神社  《合》櫛御気野命( kushi mikenu no mikoto)
   (mitami shrine)《合》 大地主命 ( otokonushi no mikoto)

(中央)弥陀弥神社  《主》大山咋命( oyamakui no mikoto)
   (mitami shrine)《主》 木花咲耶姫命( konohanasakuya hime no mikoto)

(左側)小早川神社  《主》小早川正平公( kobayakawa masahira ko)
 (kobayakawa shrine)《主》 小早川隆景公( kobayakawa takakage ko)

【由緒】(history)
  右と中央の境内社
   「彌太彌社(midami no) yashiro」1社
   「同 彌陀彌社(onajiki midami no) yashiro」10社
   『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』所載の不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)の11社を合祀します

  左の境内社
    小早川隆景公( kobayakawa takakage ko)の勧請

その他の境内社 ・天地の神・荒神さま・石祠 あり

 

スポンサーリンク

※境内社には 論社が 多数あります
出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載の論社「16社」
延喜式神名帳(engishiki jimmeicho) 所載の論社「3社」を列記します

スポンサーリンク

①本殿の向かって左 外側 境内社《 印波神社 》

【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 印波神社(inha jinja)
【御祭神】(God’s name to pray)
         《主》天手力雄命(ameno tajikarawo no mikoto)
         《主》太玉命(futodama no mikoto)

【由緒】(history)
    東谷に鎮座 印場明神と称し 明治42年(1909年)当社境内に遷座

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

《 印波神社 》

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori) 条
   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】 伊波社

【読み】(いわ の)やしろ
【How to read】(iwa no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

《合祀られる社》伊爾波社

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori) 条
    不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】 伊爾波社

【読み】(いには の)やしろ
【How to read】(iniha no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

《 印波神社 》

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

【社名】 印波神社

【読み】(いはの かみのやしろ)
【How to read】(iha no kamino yashiro)

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)

スポンサーリンク

➁本殿の向かって左 内側 境内社 2社の合殿《 県神社 》

【現在】At the moment

【神社名】(shrine name)

 県神社(agata shrine)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》天穂日命(ameno hohi no mikoto)

【由緒】(history)

   今在家の国長に鎮座
   寛永年間(1624年-1645年)洪水により流失
   江戸時代中期 享保11年(1726)中田の地に再興

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

《 県神社 》

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori) 条
    神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】 阿我多社

【読み】(あがた の)やしろ
【How to read】(agata no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

《合祀られる社》縣社(agata no) yashiro  不在神祇官社

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori) 条
    不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】 縣社

【読み】(あがた の)やしろ
【How to read】(agata no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

《 県神社 》

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

【社名】 縣神社

【読み】(あかたの かみのやしろ)
【How to read】(akata no kamino yashiro)

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用 国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)

スポンサーリンク

《 同[縣]社和加布都努志神社 》

【現在】At the moment

【神社名】(shrine name)

 和加布都奴志神社(waka futsunushi shrine)

【御祭神】(God’s name to pray

《主》和加布都奴志命(waka futsunushi no mikoto)

【由緒】(history)

   慶応3年(1867)当社境内に遷座
   大正元年 県神社と合殿

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

《 同[縣]社和加布都努志神社 》

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori) 条

    神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】 縣社

【読み】(あがた の)やしろ
【How to read】(agata no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

《 同[縣]社和加布都努志神社 》

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

【社名】 同[縣]社和加布都努志神社

【読み】(おなじきやしろ わかふつぬしのかみのやしろ)
【How to read】(onajikiyashiro waka futsunushi no kaminoyashiro)

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)

➂本殿の向かって右側 境内社 3社の合殿【現在】At the moment

【境内社】

 向かって右から

(右側)弥陀弥神社(mitami shrine)
    《合》櫛御気野命( kushi mikenu no mikoto)
    《合》 大地主命 ( otokonushi no mikoto)

(中央)弥陀弥神社(mitami shrine)
    《主》大山咋命( oyamakui no mikoto)
    《主》 木花咲耶姫命( konohanasakuya hime no mikoto)

(左側)小早川神社(kobayakawa shrine)
    《主》小早川正平公( kobayakawa masahira ko)
    《主》 小早川隆景公( kobayakawa takakage ko)

【由緒】(history) 

右と中央には
 不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)の11社を合祀します
   「彌太彌社(midami no) yashiro」1社
   「同 彌陀彌社(onajiki midami no) yashiro」10社

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori) 条
    不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】 彌太彌社

【読み】(みたみ の)やしろ
【How to read】(mitami no) yashiro

----------------------

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori) 条
    不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】 同 彌陀彌社

【読み】(おなじき みたみ の)やしろ
【How to read】(onajiki mitami no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

非官社のため 該当しません

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

美談神社(midami shrine)の記事をご覧ください

一緒に読む
美談神社(出雲市美談町)

美談神社(みたみじんじゃ)は かつて『出雲國風土記』に御祭神「和加布都奴志命(Waka futsunushi no mikoto)」が祀られていた「彌太彌(Mitami no)社」として所載されていました 「彌太彌(Mitami no)社」は全部で13社あったと記されています 現在の美談神社は その13社全てと 他の所載の論社と合わせて 風土記所載の論社が「16社」も境内に合祀されて坐ます

続きを見る

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)』楯縫郡 美談(mitami) にある伝承

『雲陽志(unyo shi)』では 「印波神社(inha jinja)」が 「印場明神」「若宮」と記され
「弥陀弥神社(mitami shrine) 小早川神社(kobayakawa shrine)」が
                   「松尾明神」「小早川宮」として記されています

意訳
『 印場明神(imba myojin) 太玉命(futodama no mikoto)なりて
  社の大きさは 3尺に4尺 南向き 祭礼9月9日なり

  若宮(waka miya)太玉命(futodama no mikoto)・手力雄命(tajikarawo no mikoto)を祀る
  社の大きさは 3尺に4尺 南向き 祭礼9月9日なり

  松尾明神(matsuo myojin)大山咋命( oyamakui no mikoto)なりて
  社の大きさは 3尺に4尺 南向き 祭礼は八幡と同日

  小早川宮(kobayakawa no miya)
  祠の大きさは 3尺に4尺 南向き 祭礼は八幡と同日
この社いつきの神を祀るという事もなく 里人たちが伝えているには 昔・・・合戦に敗軍した主従が 八崎まで来て自害された この人たちを 八崎この塚に祀る この塚の前を通るときは下馬していた・・・・・・・・八幡の境内に移し祭礼をしています 小早川隆景公( kobayakawa takakage ko)の勧請の宮といいます  

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835] 『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)』出雲郡 にある伝承

意訳
『 印波神社(iha no kamino yashiro)風土記に 伊波社(iwa no) yashiroとあり
  不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)の内「伊爾波社(iniha no) yashiro」あり この社に含まれる

美談村の印場明神社なり 太玉命(futodama no mikoto)を祭る
神殿の大きさは 3尺に4尺 南向き 祭礼9月9日なり

縣神社(akata no kamino yashiro)
在所未詳 美談村の内なるべし 天穂日命(ameno hohi no mikoto)を祭る
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同[縣]社和加布都努志神社(onajikiyashiro waka futsunushi no kaminoyashiro)
この社は 美談村にあり
風土記には 阿我多社(agata no) yashiro が1社
      縣社  (agata no) yashiro が1社

この2社の内 どちらをどちらとするかは知れない 』

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)
『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

美談神社(出雲市美談町)の境内社についてに「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.