阿用神社(雲南市大東町東阿用)

阿用神社(あようじんじゃ)は 推定樹齢800年の御神木タブの木の荒神〉があり 滝戸大明神 又は 剣大明神とも称されました 出雲風土記733 AD.所載の大原郡 不在神祇官社「阿用社(あよ)のやしろ」とされます

Please do not reproduce without prior permission.

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 大原郡(ohara no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】阿用社
読み(あよ)のやしろ
How to read(ayo no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

官社ではない為 該当しません

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

阿用神社(Ayo shrine)

【通称名】(Common name)

滝戸大明神たきどだいみょうじん

【鎮座地】(location)

島根県雲南市大東町東阿用199

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》国常立尊くにのとこたちのみこと
   素盞嗚尊(すさのをのみこと)

【御神格】(God’s great power)

厄除け・勝負運

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

創建年代不詳

【由緒】(history)

由緒
出雲国風土記 記載社 往時 滝戸大明神 又は 剣大明神とも称され 武将からの崇敬が厚く 近くには五輪塚も残されている。明治4年村社列す
島根県神社庁HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

本殿向かって左に祀られます
金刀比羅神社《主》大物主命

推定樹齢800年の御神木タブの木の荒神

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

阿用神社古墳について

阿用神社脇古墓

 阿用神社の北隣接地 には 2段 にわたって小形の五輪塔を主とする古墓がある。大部分は半ば埋れている。宝珠の形態からみると古態のほかに円筒形に便化したものもあり、種々の形式のものが混在している。また付近の耕地等から出土した石塔片をここに納めたこともあるとのことで、混在しているようだ。

 この場所について地元では土屋式部ゆかりの土地と伝えており、南北朝期遵花寺城に立て籠った土屋氏一族 に関するところとも思われる。

大 東 町 の 追 跡 Ⅲ一 佐世1阿用 ―
1991年 3月 島 根 県 大 東 町 教 育 委 員 会 より

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR木次線 出雲大東駅から 阿用川を遡るように 県道25号を南下
阿用城(あようじょう)永正十年(1513)尼子経久の嫡男・政久 廿六歳 於雲州阿用城流矢卒歳廿六〉があった 阿用の磨石山(とぎしさん)の北麓に鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

阿用神社(雲南市大東町東阿用)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿内の扁額には「阿用社

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

御本殿は足場が組まれていて修復中 社殿に一礼をして参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.』にある伝承

不思議な話が記されています 神の話〈神話〉ではなく 目一つの喰われる男と それを竹藪に隠れて見ている両親の話です

【意訳】

阿用郷(あよさと

郡家の東南一十三里八十歩

古老の伝に曰く
 ある この所の山田(けむり)て之を守る時に 目一つの来たりて 佃人(たつくるひと)の男を食らう
その 男の父母 竹原の中に隠れて居り
の時 竹の 動(あよ)なり
の時 食らわれる男の云うには「あよ あよ」
故に阿欲(あよ)という 神亀三年字を阿用(あよ)に改める 

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』大原郡 東阿用 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

東阿用「劔明神」と記され

本社 一間四方 拝殿 二間 元禄十四年建立棟札あり
風土記載る 阿用社(あよ)のやしろ なり 祭禮十月十日」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

【意訳】

阿用社(あよ)のやしろ

東阿用(ひがしあよう)の劔大明神、須佐乃袁尊を祀る。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

阿用神社(雲南市大東町東阿用)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.