山狹神社(上山佐)

山狹神社(やまさきじんじゃ)は 熊野大社と同じ御祭神「久志美気濃命(kushimikenu no mikoto)」を祀ります 熊野大社の鎮座する峰とは 反対側に鎮座しています

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori) 条
    神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】 夜麻佐社

【読み】(やまさ の)やしろ
【How to read】(yamasa no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本 https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori)

【社名】 山狹神社

【読み】(やまさのかみのやしろ)
【How to read】(yamasa no kamino yashiro)

https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫

スポンサーリンク

【現在】At the moment の 【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

 山狹神社(上山佐)(yamasaki shrine)
 (やまさきじんじゃ)

【通称名】(Common name) 

二所大明神(nisho daimyojin)

【鎮座地】(location) 

島根県安来市広瀬町上山佐598

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》伊弉諾尊(izanagi no mikoto)
   伊弉冊尊(izanami no mikoto)
   久志美気濃命(kushimikenu no mikoto)

《配》誉田別神(hondawake no mikoto)
   足仲比古命(tarashi nakahiko no mikoto)
   息長足姫命(okinaga tarashi hime no mikoto)

【御神格】(God’s great power)

【格式】(Rules of dignity)

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』所載社
『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho )』所載社

【創建】(Beginning of history)

不詳

【由緒】(history)

山狭神社

所在地 上山佐宮内

祭 神 伊弉那諾命、伊弉那冊命、久志美気濃命外四柱

山狭神社の起源は、八雲村境の熊野大社の鎮座する峰の裏側、元宮成に鎮座されていたとされています。

その後山麓の、湯谷の宮ヶ谷に一時移り、同所には社地、神主屋敷、神主畑の地名が残っています。次に、宮ヶ市に遷座し、また水害に遭い、門畑地内の中河原へ移動し、延喜~大永年間(901~1528)までこの地でしたが、ここでも度々の水害に見舞われ、現在の高地に奉斉して、今日に及んでいます。

神社の前、南方丘陵で堂床という地名の残っている所に、かつて山狭社の神宮格であった楽喜院という寺院があったと伝えられています。

現在、この寺院の住職等によって写経されたと伝えられる「大般若経」600巻を数える、古文書が、社宝として秘蔵されています。

上山佐コミュニティ再生会議HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

元宮神社《主》国常立尊

その他の境内社は合祀か?

・天神社   《主》高御産巣日神・神産巣日神・菅原道真公
・高清神社  《主》天照大神・金刀比羅神
・森口年神社 《主》大年神・御年神・若年神
・中口年神社 《主》大年神・御年神・若年神
・六呂原荒神社《主》奥津彦命・奥津姫命・素盞嗚尊
・栄谷荒神社 《主》奥津彦命・奥津姫命・素盞嗚尊
・八城荒神社 《主》奥津彦命・奥津姫命・素盞嗚尊
・高木加納組荒神社 《主》奥津彦命・奥津姫命・素盞嗚尊
・高木板橋組荒神社 《主》奥津彦命・奥津姫命・素盞嗚尊
・高木平井組荒神社 《主》奥津彦命・奥津姫命・素盞嗚尊
・高木第一地区荒神社《主》奥津彦命・奥津姫命・素盞嗚尊
・湯谷上荒神社《主》奥津彦命・奥津姫命・素盞嗚尊
・湯谷下荒神社《主》奥津彦命・奥津姫命・素盞嗚尊
・大成荒神社 《主》奥津彦命・奥津姫命・素盞嗚尊
・中口上荒神社《主》奥津彦命・奥津姫命・素盞嗚尊
・中口中荒神社《主》奥津彦命・奥津姫命・素盞嗚尊
・中口下荒神社《主》奥津彦命・奥津姫命・素盞嗚尊
・志引荒神社 《主》奥津彦命・奥津姫命・素盞嗚尊
・大畑荒神社 《主》奥津彦命・奥津姫命・素盞嗚尊
・二軒堂荒神社《主》奥津彦命・奥津姫命・素盞嗚尊
・常願寺荒神社《主》奥津彦命・奥津姫命・素盞嗚尊
・中口竜権社 《主》祭神不詳

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho )』所載社の2つの論社が 山佐地区にある 2つの「山佐神社」に 複雑に入り組んでいます

平安時代の『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho )』には 「山狹神社」「同[山狹]社坐 久志美氣濃神社」の2社があります

【神社名】(shrine name) 山狹神社
 【読み】(やまさのかみのやしろ)
 【How to read】(yamasa no kamino yashiro)

【神社名】(shrine name)  同[山狹]社坐 久志美氣濃神社
 【読み】(おなじきやしろにいます くしみけぬのかみのやしろ)
 【How to read】
    (onajiki yashironiimasu kushimikenu no kamino yashiro)

この2つの神社は
奈良時代の『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』所載では「夜麻佐(yamasa)」と 同名の社「夜麻佐(yamasa)」の2社に該当します

①➁【社名】 夜麻佐社
  【読み】(やまさ の)やしろ
  【How to read】(yamasa no) yashiro

平安時代の『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho )』の頃になると 一方が他方に合祀されて 同じ神社に祀られるようになったようです

当時の地名は 「意宇郡」夜麻佐(yamasa)でしたが
その後 行政区分が変更されて 「意宇郡」は 分割されて能義郡となり 
夜麻佐(yamasa)の地区は 上山佐と下山佐と2つに分れました

江戸時代の『雲陽志』に
・上山佐は「二所大明神」
・下山佐には「熊野神社」(通称熊野権現)とあるように 氏神も2つにわかれました

この双方が 式内社の比定を巡り争った様です
結果としては 論社が ここ下山佐と上山佐に同名神社が存在することになっています

論社としての説には 下の ①と➁と➂ 3通りが あります

明治期以後は

・上山佐の山狭神社は 式にいう山狭神社とし
 ・下山佐の山狭神社は 同社坐久志美気濃神社の後身という形

つまり 式内 山狭神社は 上山佐の二所大明神で 同社坐久志美気濃神社はその後 また分れて下山佐の熊野神社となったという説です

さらに 複雑なのは境内社の「久志美氣濃神社」が入り交じり 式内社・山狹神社が 同社坐久志美氣濃神社とする別の説(①の変形)があります

・上山佐の山狭神社は 式にいう山狭神社とし
 ・下山佐の山狭神社の境内社「久志美氣濃神社」は 同社坐久志美気濃神社とする

さらに

・下山佐の山狹神社が 式内社・山狹神社であり かつ
 ・当社境内社「久志美氣濃神社」が 式内社・同社坐久志美氣濃神社であるという形

①~➂の どちらが正しいかは いまとなっては判断は難しいところです

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

安来駅から 県道45号経由 飯梨川支流 山佐川沿いに 約21km 車 30分程度

山佐小学校の横の山に鎮座します
山狹神社(上山佐)(yamasaki shrine)に到着

社号標と石灯篭の構えた参道の石段を上ります

狛犬と鳥居が構え 一礼して鳥居をくぐります

手水舎で清め 一直線に高台まで続く石段を上ります

神門の後ろが石垣になっていて 下から見ると山城の門構えのように見えます

高台にある境内は 安全のためでしょうが 大木が伐採されていて広々しています 狛犬も苔むしていますので おそらく鬱蒼とした樹木に覆われていたのではないかと しかし高台からの眺めは絶景です

正面に拝殿 その奥に御本殿が建ちます 千木は外削ぎです

扁額には「式内 山狭神社」とあります

拝殿にすすみ
賽銭をおさめ お祈りです
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

式年遷宮が実施され 遷宮委員会のポスターや看板があります
里人による崇敬がしっかりと伝わってきます

本殿は 整地された一段高い社地にあり その横に境内社として「元宮神社《主》国常立尊」があり お詣りです

元宮神社には 通常の境内社としての扱いとは別格で 鳥居があります
その他の境内社が見当たりませんので 元宮神社もしくは本殿に合祀されたのでしょうか

参道を振り返ると 高台にある境内からは 眼下に里が広がり絶景です

神門をくぐり

鳥居をくぐり 振り返り一礼

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)』能義郡 上山狭 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)』では
「山狹神社(上山佐)(yamasaki shrine)」が「二所大明神(nisho daimyojin)」として記されています

意訳
『  上山狭  二所大明神(nisho daimyojin)

風土記に意宇郡 夜麻佐社(yamasa no) yashiroとあり
延喜式に 山狹神社(yamasa no kamino yashiro)と記すのはこの場所なり

伊弉諾尊(izanagi no mikoto)
伊弉冊尊(izanami no mikoto)を祀る

祭禮9月19日なり
山を美坂という南の古城なり 天場山という 何時 何人で築いたのかは不明
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元宮
国常立尊を祀る 祭礼9月20日なり
・・・・・・・・・・・・・』

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835] 『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)』意宇郡 にある伝承

・山狹神社(yamasa no kamino yashiro)は 上山佐
・同[山狹]社坐 久志美氣濃神社
(onajiki yashironiimasu kushimikenu no kamino yashiro)は下山佐としています

意訳
『  山狹神社(yamasa no kamino yashiro)

風土記に 夜麻佐社(yamasa no) yashiro とあり 

今 能義郡山佐村なり
・伊弉諾尊(izanagi no mikoto)・伊弉冊尊(izanami no mikoto)を拝祭って「二所大明神」という・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   同[山狹]社坐 久志美氣濃神社
    (onajiki yashironiimasu kushimikenu no kamino yashiro)

風土記に 夜麻佐社(yamasa no) yashiro とあり  

今 山佐村下分に熊野神社とありこれなり 熊野大社を移し祭れるなり
しかるに今
伊弉冊尊(izanami no mikoto)
事解男命(kotosaka no wo no mikoto)
速玉男命(hayatama no wo no mikoto)を祭るという
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・』

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906) 『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

熊野大社の御祭神「久志美気濃命(kushimikenu no mikoto)」を祀ります

山狹神社(上山佐)(yamasaki shrine)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

もう一つの論社 「山狹神社(下山佐)」の記事もご覧ください

一緒に読む
山狹神社(下山佐)

山狹神社(やまさじんじゃ)は 『出雲國風土記』所載の論社です 境内社にも『出雲國風土記』の所載で『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho )』所載のある「久志美氣濃神社(同[山狹]社坐 久志美氣濃神社)」が論社としてあり御祭神は「加夫呂伎熊野大神(kaburogi no kumanono okami)」を祀ります これは熊野大社と同じ御祭神となります

続きを見る

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.