津布良神社〈皇大神宮(内宮)末社〉

津布良神社(つぶらじんじゃ)は 皇大神宮(内宮)末社『皇太神宮儀式帳(こうたいじんぐうぎしきちょう)』〈延暦23年(804)〉に所載される古社です 中世に廃絶し 明治六年(1873)積良(ツムロ)の産土神 八柱神社の社地内に再興されました その後 八柱神社は明治四十一年に外城田神社に合祀されました

Please do not reproduce without prior permission.

目次

1.ご紹介(Introduction)

 この神社の正式名称や呼ばれ方 現在の住所と地図 祀られている神様や神社の歴史について ご紹介します

【神社名(Shrine name

津布良神社Tsubura shrine

通称名(Common name)

【鎮座地 (Location) 

三重県度会郡玉城町積良字坪垣内1000

  (Google Map)

【御祭神 (God's name to pray)】

《主》津布良比古命(つぶらひこのみこと)
   津布良比賣命(つぶらひめのみこと)

【御神徳 (God's great power)】(ご利益)

【格  (Rules of dignity) 

〈皇大神宮(内宮)末社〉

【創  (Beginning of history)】

『神宮要綱』昭和3年〉に記される内容

【抜粋意訳】

津布良神社

鎭座地 三重縣度會郡東外城田村大字積良

殿舎
正  殿 神明造、板葺、南面・・・壹宇
玉垣御門 猿頭門、扉付・・・壹間
玉  垣 連子板打・・・壹重
鳥  居 神明造・・・壹其
右神宮司廰造替

津布良(ツブラ)神社は倭姫命の祝ひ定め給ふ所にして、祭神は大水神の御子津布良比古(ツフラヒコ)命・津布良比賣(ツフラヒメ)命に坐すこと儀式帳に見えたり。中世社地湮滅せるを明治六年村民の請願により、東外城田村大字積良(ツムロ)の産土神 八柱神社地内に再興す。但し八柱神社は明治四十一年に外城田神社に合祀せられ、現今は本社のみを存せり。

【原文参照】

神宮司庁 編『神宮要綱』,神宮司庁,昭和3. 国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/1189814

【由  (History)】

『神宮摂末社巡拝』下昭和18年〉に記される内容

【抜粋意訳】

津布良神社(つぶらじんじゃ)

 鴨神社の峯で田丸の平野を見下ろして、昔荒木田氏の一族が開墾し城田(きた)、田邊(たぬゐ)、湯田(ゆた)の郷(さと)を一望の中に收める。その昔、彼等が々として大神宮の御神田たらしめた當年の苦心を、あの田、あの森の蔭あの川の流れに偲びながら、汗をぬぐって、こ食をとり又來小路を山神へ下りる。山神の部落から十町程西すると大字 積良(つむら)の部落に入る。皇大神宮の末社 津布良(つぶら)神社は部落の東南端の池の邊、八柱神社の地に祀られてゐる。地名のムロ、社名のブラは共に、宮本村大字 (つむら)と同じく、土群圓(つちむれつぶら)の意で、斎宮忌詞(さいくうのいみことば)に墓の墳墓を土群(つむら)したことによるものである。
 この地は荒木田神主祖先開拓の土地として、この山麓一帶に荒木田氏祖先の墳墓なる古墳が尠くないよってこの土地は、古墳の多い地帶といふ意味で、古くから、ツムロ、ツブラと稱されて來たものである。

 御祭神は ,この荒木田氏開拓の地の守り神として、津布良比古命(つぶらひこのみこと)と津布良比賣命(つぶらひめのみこと)との二柱を御祭り申上げてゐる。大水神(おほみづのかみ)の兒とあれば、この神も、この土地の守護神として、積良の田野の水の神として尊ばれてゐたことが分る。
倭姫命の御世に祝ひ定められたと傳へられてゐる。この社も中世一時廃絶して、社地を失ふに至ったものであるが、明治六年に至り、村民の請によって、積良の産土神
 八柱神社の中に再興したものである。この地は、今も述べたやうに荒木田神主の祖先墳墓の地であるため、昔、每年三月、初めの卯の日には、荒木田氏の人々、この山の谷の山宮谷(せんぐうたに)と呼ぶ所に來り、祖先の氏神祭りを行ったのである。その神事を山宮祭(やまみやさい)或は宮立(みやだち)といひ、その場所を山宮神事場(やまみやしんじば)と呼んでゐる。この神事場は神社の附近で ,こゝに石二つ三つを置き、ここを拜所として、お祭りをしたものである。一門のものは椎尾谷(しいをだに)と稱する所で祭り、二門のものは、東谷、中谷・西谷の三ヶ所で祭ることになってゐる。事は建久年中行事に見える所であるが、荒木田氏一族のものが宇治に移るに從って、戰國時代以降は宇治中村の谷間で、このことが行はれるに至つた。

 神社の境内は蘇苔なめらかなりといふ形容そのまで、文化十二年在銘の水盤も、物ふりて見える。

 この積良の部落には亦 幸神社といふ神社が祀られてゐる。もとは塞(さへ)の神の信仰であるが、後に幸神(さへのかみ)の信仰生んでゐる。社名によって幸を授けて貰ふために参詣者が多い。境内には烏居が多い。このお宮から頂いた幸、才の文字をその名に持った信者の上げた烏居ばかりである。境内には寶暦五年の常夜燈などもあり、江戸末期から段々有名になった跡を留めてゐる。

【原文参照】

猿田彦神社講本部 [編]『神宮摂末社巡拝』下,猿田彦神社講本部,昭和18. 国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/1033626

猿田彦神社講本部 [編]『神宮摂末社巡拝』下,猿田彦神社講本部,昭和18. 国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/1033626

神社の境内 (Precincts of the shrine)】

神社の境外 (Outside the shrine grounds)】

津布良神社は 皇大神宮(内宮)末社

・皇大神宮(内宮)

スポンサーリンク

この神社の予備知識(Preliminary knowledge of this shrine)

この神社は 由緒(格式ある歴史)を持っています

『延暦儀式帳(えんりゃくぎしきちょう)について

延暦儀式帳(えんりゃくぎしきちょう)は 伊勢神宮の皇大神宮(内宮)に関する儀式書『皇太神宮儀式帳』(こうたいじんぐうぎしきちょう)と豊受大神宮(外宮)に関する儀式書『止由気宮儀式帳』(とゆけぐうぎしきちょう)を総称したもの
平安時代成立 現存する伊勢神宮関係の記録としては最古のものです

両書は伊勢神宮を篤く崇敬していた桓武天皇の命により編纂が開始され
両社の禰宜や大内人らによって執筆されました
皇大神宮と豊受大神宮から 神祇官を経由して太政官に提出されて
延暦23年(804)に成立しました

津布良神社〈皇大神宮(内宮)末社〉は 『皇太神宮儀式帳(こうたいじんぐうぎしきちょう)』〈延暦23年(804)〉に所載される古社

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

あなたが この神社に興味が湧くような予備知識をオタク視点でご紹介します

内宮・外宮の別宮・攝社・末社・所管社について

お伊勢さん125社について

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(For your reference when visiting this shrine)

この神社にご参拝した時の様子をご紹介します

伊勢自動車道 玉城ICから西へ約3.3km 車7分程度

積良(つむろ)地区の田の中を南下すると左手の高台の森に鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

高台の上から見下ろすと

Please do not reproduce without prior permission.

津布良神社〈皇大神宮(内宮)末社〉に参着

Please do not reproduce without prior permission.

社頭の水盤には゛漱水 文化十二年゛の在銘 社号標には゛津布良神社゛と刻字があります

Please do not reproduce without prior permission.

境内は石垣で囲われています

Please do not reproduce without prior permission.

すぐ左手にある ここは何かの神事場でしょうか

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

社殿は 南向き 東西に御殿地と古殿地が並んでいます
古殿地(こでんち)は 社殿の隣の敷地〈20年ごとの式年遷宮の殿地となる場所で 次の式年遷宮を待ちます〉

Please do not reproduce without prior permission.

殿にすすみ お祈りをしま
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

神社の伝承】(A shrine where the legend is inherited)

この神社にかかわる故事や記載されている文献などをご紹介します

『神社覈録(Jinja Kakuroku)〈明治3年(1870年)〉』に記される伝承

式外社 津布良神社について 所在は城田郷村に在す〈現 津布良神社〈皇大神宮(内宮)末社〉〉と記しています

【抜粋意訳】

津布良神社

祭神 津布良比古津布良比賣命

〇城田郷村に在す、神名略記、

〇儀式帳云、大水神兒、津布良比古津布良比賣命、形無、」
倭姫世紀云、其處〔爾〕園〔奈留〕有に小山〔支〕、其處〔乎〕都不良〔止〕號〔久〕、

【原文参照】

鈴鹿連胤 撰 ほか『神社覈録』上編 ,皇典研究所,1902. 国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/991014

津布良神社〈皇大神宮(内宮)末社〉 (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

お伊勢さん125社について

伊勢国 式内社 253座(大18座・小235座)についてに戻る

 

おすすめ記事

1

世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」のクライテリア(iii)として「古代から今日に至るまで山岳信仰の伝統を鼓舞し続けてきた 頂上への登拝と山麓の霊地への巡礼を通じて 巡礼者はそこを居処とする神仏の霊能を我が身に吹き込むことを願った」と記されます

2

出雲國(izumo no kuni)は「神の國」でありますので 各郡の条に「〇〇郡 神社」として 神社名の所載があります
『風土記(fudoki)』が編纂(733年)された 当時の「出雲の神社(399社)」を『出雲國風土記 神名帳(izumo no kuni fudoki jimmeicho)』として伝える役割をしています

3

大国主神(おほくにぬしのかみ)が 坐(ましま)す 古代出雲の神代の舞台へ行ってみたい 降積った時を振り払うように 神話をリアルに感じたい そんな私たちの願いは ”時の架け橋” があれば 叶うでしょう 『古事記(こじき)』〈和銅5年(712)編纂〉に登場する神話の舞台は 現在の神社などに埋もれています それでは ご一緒に 神話を掘り起こしましょう

4

出雲国造神賀詞(いずものくにのみやつこのかんよごと)は 律令体制下での大和朝廷で 出雲国造が その任に就いた時や遷都など国家の慶事にあたって朝廷で 奏上する寿詞(ほぎごと・よごと)とされ 天皇(すめらみこと)も行幸されたと伝わっています

5

出雲国造(いつものくにのみやつこ)は その始祖を 天照大御神の御子神〈天穂日命(あめのほひのみこと)〉としていて 同じく 天照大御神の御子神〈天忍穂耳命(あめのほひのみこと)〉を始祖とする天皇家と同様の始祖ルーツを持ってる神代より続く家柄です 出雲の地で 大国主命(おほくにぬしのみこと)の御魂を代々に渡り 守り続けています

6

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

7

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

8

對馬嶋(つしまのしま)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳』に所載されている 対馬〈対島〉の29座(大6座・小23座)の神社のことです 九州の式内社では最多の所載数になります 對馬嶋29座の式内社の論社として 現在 67神社が候補として挙げられています

-伊勢神宮
-,

error: Content is protected !!

Copyright© Shrine-heritager , 2024 All Rights Reserved.