佐世神社(雲南市大東町下佐世)

佐世神社(させじんじゃ)は 『雲陽志』に「里人は「白神明神」を本宮と号す」白神八幡」は当国 八所八幡宮 第八番なり」とあり 2社が別々に記されています 出雲風土記733 AD.』所載の大原郡 神祇官社「佐世社(させ)のやしろ」の論社とされています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 大原郡(ohara no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】佐世社
読み(させ)のやしろ
How to read(sase no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 大原郡(ohara no kori)

【社名】佐世神社
読みさせの かみのやしろ
How to readSase no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

佐世神社(Sase shrine)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県雲南市大東町下佐世1202

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》須佐能袁命(すさのをのみこと)
   奇稲田姫命(くしいなたひめのみこと)

《配》誉田別命(ほむたわけのみこと)
   足仲彦命たらしなかつひこのみこと
   息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)

【御神格】(God’s great power)

心願成就・良縁結び・悪縁切り

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

由緒

延喜式神名帳所載の神社。
特殊神事として神幸式あり。
当社地に一老樹があり佐世の木と称せり。出雲風土記に曰く「須佐能袁命木の葉を頭に刺して踊躍なし給うとき…」その刺せる所の木と云われる古来はその踊りをなす神事があったが、現在は佐世神楽社中の「佐世の木」という
島根県神社庁HPより

【由緒】(history)

由緒

祭神 須佐能袁命 奇稲田姫命

延喜式神名帳 並ニ 風土記所載ノ神社ニシテ 上佐世 下佐世 両村ノ産土神トシテ 明治4年 郷社ニ列セラル。

須佐能袁命ハ 八岐大蛇ヲ退治シテ後、欣喜ノ余リ 稲田姫ト神舞ヲナサレタ時、頭ニ刺シテイタ 佐世ノ木ノ葉ガ落チタ 命ハ地ニ刺セト申サレ 刺シタ木ガ今ノ佐世ノ社ナリ、故ニ 此ノ地ヲ 佐世ト云フ。

後、出雲八所八幡ノ1社、佐世八幡ヲ合祀シ 崇敬サレテイル神社デアル。

※「全国神社祭祀祭礼総合調査(平成7年)」[神社本庁]から参照

佐世神社とは

出雲風土記には、見事ヤマタノオロチを退治したスサノオノミコトが踊っている時、頭に挿していた佐世の小枝が落ちたことから、周辺を佐世と呼ぶようになったと記されています。
境内はうっそうとした木々に覆われ、佐世の森と呼ばれています。その中にはスサノオの落とした枝が成長したと伝えられているシイの巨木もあります。
雲南市公式HPより
https://www.city.unnan.shimane.jp/unnan/kankou/spot/terajinja/shrine03.html

【境内社】(Other deities within the precincts)

・武内神社《主》武内宿禰命

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

祀られる

Please do not reproduce without prior permission.

須佐能袁命(すさのをのみこと)の刺した枝葉から成長したとされるスタジイの巨木(5代目)があります

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

出雲風土記733 AD.』所載の大原郡 神祇官社「佐世社(させ)のやしろ」の論社について

論社は二つあります

・佐世神社

・〈狩山八幡宮に合祀〉月根尾神社

「出雲八所八幡宮(いずもはっしょはちまんぐう)のについて

「出雲八所八幡」は 岩清水八幡宮の出雲国内における早期の別宮8社を云う 1185年 源頼朝 安堵状を出し神像8体を彫らせて 別宮8社に納めさせたという伝えがあります

当初の別宮8社は 
「横田八幡宮」「安田八幡宮」「赤穴八幡宮」「平浜八幡宮」「日倉神社」「朝山八幡宮」「佐世神社」「大田別宮(現在の何宮であるかは不明)」

その 神像8体が治められた別宮8社は 社を異にして伝えられ 近世に
「平浜八幡宮」「安田八幡宮」「須佐八幡宮(大呂神社)」「由来八幡宮」「横田八幡宮」「朝山八幡宮」「木次八幡宮」「佐世八幡宮」の8宮と云われるようになった

の違いは 近世になって「赤穴八幡宮」「日倉神社」「大田別宮」ではなくなり 「須佐八幡宮」「由来八幡宮」「木次神社」となったとされます

当所と近世の 双方の「出雲八所八幡」名称・所在地について

横田八幡宮:仁多郡奥出雲町中村170
安田八幡宮:安来市伯太町安田896
赤穴八幡宮:飯石郡飯南町上赤名1652
平濱八幡宮:松江市八幡町303
日倉神社:雲南市三刀屋町乙加宮2206
朝山八幡宮:出雲市松寄下町1103
佐世神社:雲南市大東町下佐世1202
須佐八幡宮(大呂神社):島根県出雲市佐田町大呂472-2
由来八幡宮:飯石郡飯南町頓原1636
木次(来次)神社:雲南市木次町木次782

※参考 国立国会図書館https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000132105

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR木次線 木次駅から県道24号を西南へ 約3km 車5分程度

県道24号を進み 赤川の支流 佐世川に沿って左折〈南〉 佐世川の西岸に雲南市立佐世小学校がある辺りの 東岸の山に鎮座します
参道の入口は 県道24号に「佐世神社」と看板があります

Please do not reproduce without prior permission.

その先に 社頭の門柱と社号標と石段がありますが 危険の為 通行禁止となっています

Please do not reproduce without prior permission.

ここに「佐世の森」という案内板が掲示されています

佐世の森
佐世神社の境内にある。幹廻り約七・六メートル、枝が八方に拡がり約三・八メートル四方に及ぶ椎の古木で、枯れては又芽を吹き、現在のは五代目の木といい、「佐世郷。郡家の正東九里二百歩なり、古老の伝えに云へらく、須佐之男命、佐世の木の葉を 頭さして踊躍(おど)りたまふ時に、させさる佐世の木の葉地に堕ちき。故、佐世といふ。」
とあり、佐世の木の葉をかざして舞われ、その葉がここに落ちたので佐世というと伝えた。「出雲国風土記参究」

主祭神 須佐之男命 奇稲田姫命

Please do not reproduce without prior permission.

ここから 山へと入って行く細い車道があります

Please do not reproduce without prior permission.

車道は狭く交互通行は難しいくらいですが 上の駐車スペースは広々としています 眼下に佐世川の流れる佐世地区が見えます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

社頭が荒れ果てていたのですが 今は旧参道を利用する方がいないのでしょう 山の上とは思えない程に綺麗に清掃がされていて 整備されています
佐世神社(雲南市大東町下佐世)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居の前に「常夜灯」と刻字された自然石の石燈籠が立ち その先に整備された参道が続きます 鳥居の前で一礼をしてから くぐり抜けます

Please do not reproduce without prior permission.

石段の手前には 腰が高く跳ね上がっている出雲式の狛犬が構えています

Please do not reproduce without prior permission.

石段を上がると参道の石畳みは大きく折れていて おそらく参拝者が正中を進まない配慮がなされています

Please do not reproduce without prior permission.

出雲八所八幡宮(いずもはっしょはちまんぐう)とされていますので
拝殿に進むと掲げられた扁額には「八幡宮」と記されています

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 幣殿 本殿が祀られ その脇に境内社・武内神社が祀られています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

社殿に一礼をして 参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.』にある伝承

【意訳】

佐世郷(させのさと

郡家の正東 九里二百歩

古老の伝に云う 須佐能表命(すさのをのみこと)佐世の木の葉を頭に刺して 踊躍(おどあがり)為したまう時 していた佐世の木の葉 地に墜ちる所故に佐世と云う

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』大原郡 下佐世 にある伝承

「白神明神」と「白神八幡〈現 佐世神社(雲南市大東町下佐世)〉」の二つが記されていて 里人は「白神明神」を本宮と号す と記しています

『雲陽志(unyo shi)では

「白神明神」と記され

素盞嗚尊(すさのおのみこと)稲田姫をまつる
本社一間に一間半 祭禮 八月二十六日なり

土人 その宮を本宮と号す
神事の次第 二十六日の朝・・・・・以下略

老祠官 語て云う 素戔嗚尊 御髪白くなします故に その宮を白神と称してまつる
社の東に男女松とて老樹二株あり由来あらず」

「白神八幡」と記され

「応神 仲哀 神功をあわせまつる 当国 八所八幡宮 第八番なり
住吉明神 武内宿祢を相殿に祭る 社内七十五神あり 皆木躰なり 神名
佐々木高綱の勧請といひつたふ 慶安五年再建の棟札あり
本社二間に三間 祭禮 八月二十七日 七座の神事 同二十八日 白上明神の山上にて 御水の神事あり この祭りは祠官一人・・・・以下省略

往古 この宮回録に罹故に証文宝物などことごとく焼失す」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『神社覈録(Jinja Kakuroku)〈明治3年(1870年)〉』に記される伝承

式内社の佐世神社の所在については 巡拝記の説として 白神明神〈現 佐世神社(雲南市大東町下佐世)月根尾明神〈現 〈狩山八幡宮に合祀〉月根尾神社共に佐世神社と紹介しつつ 所在は不明で 尚よく考えるべきと記しています

【意訳】

佐世神社

佐世は 仮字なり 和名鈔 郷名部 佐世

〇祭神 素戔嗚尊 巡拝記
〇在所 詳らかならず

〇出雲風土記に云う古老の伝に云う 須佐能表命(すさのをのみこと)佐世の木の葉を頭に刺して 踊躍(おどあがり)為したまう時 していた佐世の木の葉 地に墜ちる所故に佐世と云う

巡拝記に、下佐世村 白神明神、月根尾明神、共に佐世神社といへり、未だ孰(いず)れこれなるかしらず、雲陽志は、同社を載せて共に式社たる事をいわず、よく考ふべし

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『神社覈録』著者 鈴鹿連胤 撰[他] 出版年月日 1902 出版者 皇典研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991015

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD. にある伝承

式内社の佐世神社の所在について 下佐世村の假山大明神(かりやまだいみょうじん)〈現 〈狩山八幡宮に合祀〉月根尾神社〉と記しています

【意訳】

佐世神社

風土記に同じ 下佐世村の假山大明神といふなり 神殿二間に三間 拝殿あり
今 八幡宮を合せ祭る 八幡宮は文禄四年 佐世伊豆守正勝建立なりといへり故に祭日 八月十五日

〇佐世は風土記云に「古老の伝に云う 須佐能表命(すさのをのみこと)佐世の木の葉を頭に刺して 踊躍(おどあがり)為したまう時 していた佐世の木の葉 地に墜ちる所故に佐世と云う

【原文参照】

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『明治神社誌料(Meiji Jinja shiryo)〈明治45年(1912)〉』に記される伝承

式内社の佐世神社の所在について 郷社 佐世(させの)神社〈現 佐世神社(雲南市大東町下佐世)〉としながらも
ある説として 白神明神〈現 佐世神社(雲南市大東町下佐世)月根尾明神〈現 〈狩山八幡宮に合祀〉月根尾神社共に佐世神社といへり と記しています

【意訳】

〇島根縣 出雲國 大原郡 佐世村大字下佐世

郷社 佐世(させの)神社

祭神 須佐能袁命(すさのをのみこと)
奇稲田姫命(くしいなたひめのみこと)

延喜式神名帳所載の神社なれども、創立年代詳らかならず、
出雲風土記 佐世郷に古老の伝に云う 須佐能表命(すさのをのみこと)佐世の木の葉を頭に刺して踊躍(おどあがり)為したまう時していた佐世の木の葉地に墜ちる所故に佐世と云う」とあり、

出雲式社考に「下佐世村の假山大明神といふなり 神殿二間に三間 拝殿あり
今 八幡宮を合せ祭る 八幡宮は文禄四年 佐世伊豆守正勝建立なりといへり故に祭日 八月十五日」

或人曰く「巡拝記といふものに、同村 白神明神、月根尾明神、共に佐世神社といへり、
横山永福が風土記考には月根尾大明神、又 本宮大明神と申すとあり云々」

境内に一老樹あり、佐世の杜と称す、風土記に記載せられたる古事を伝えたるものなるべし、
されば古より祭典の日、木の葉を刺して踊を為す神事を存せり、

明治四年十二月、郷社に列し、上佐世、下佐世 両村の産土神と定められぬ(社記)、
社殿は本殿、拝殿を具へ、境内坪数六百九十坪 外に上地林一反八畝十二歩明治三十八年内務省指令甲第百六十号を以って境内に編入許可。

境内社
・白神(しらかみ)八幡宮・武内(たけしうちの)神社・住吉(すみよしの)神社・堤(つつみの)神社

例祭日 十月九日

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『明治神社誌料』明治45年(1912)著者 明治神社誌料編纂所 編https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1088244映像利用

国立国会図書館デジタルコレクション『明治神社誌料』明治45年(1912)著者 明治神社誌料編纂所 編https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1088244映像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

風土記の「佐世社(させ)のやしろ」の所在について 出雲八所八幡宮の第八番目の佐世八幡宮と同所にある白神大明神〈現 佐世神社(雲南市大東町下佐世)〉と記しています

【意訳】

佐世社(させ)のやしろ

風土記鈔に「佐世郷 加剗大明神(かざしだいみょうじん)」といってある。加剗大明神とは、白神大明神をいふか。白神大明神は 須佐袁命(すさのをのみこと)を祀る。同所に出雲八所八幡宮の第八番目の佐世八幡宮がある。その八幡宮の、弘安三年辰八月の造営棟札に、「奉造営白神八幡宮御社一宇」とあって、裏に「当山 佐瀬神社 素戔嗚尊 鎮座地也 正八幡建立時二ノ宮ト唱」とある。今の佐世社は、飯田から上佐世へ通ふ路が 佐世川を横ぎる点より南南東 直線八町の位置にある。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

佐世神社(雲南市大東町下佐世)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.