來次神社(雲南市木次町木次)

來次神社(きすきじんじゃ)は 『延喜式神名帳927 AD.「こすきのかみのやしろ」出雲風土記733 AD.には「支須支社(きすき)のやしろ」と記され 來以きすきのさとは 大己貴命が 八十神(やそがみ)を追廃(おいしりぞける)た故事から 名付けられたと記されています

Please do not reproduce without prior permission.

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 大原郡(ohara no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】支須支社
読み(きすき)のやしろ
How to read(kisuki no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 大原郡(ohara no kori)

【社名】來次神社
読みこすきの かみのやしろ
How to readKosuki no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

來次神社(Kisuki shrine

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県雲南市木次町木次782

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》大己貴命(おほなむちのみこと)
   武甕槌命(たけみかづちのみこと)

《配》誉田別命(ほんだわけのみこと)合殿 八幡宮

【御神格】(God’s great power)

縁結び・厄除け・武勇

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

來次(きすき)神社 Kisuki Shrine

当社は 「出雲国風土記(いずものくにふどき)」(713年)に「支須支(きすき)社」とあり、また「延喜式神名帳()えんぎしきじんめいちょう」(927年)に記載されている「式内社(しきないしゃ)」でもある。

祭神は 「大巳貴命(おおなむちのみこと)」「武御雷命(たけみかづちのみこと)」別に「誉田別尊(ほんだわけのみこと)」が合祀されている。

また 当社は「八所八幡宮(はっしょはちまんぐう)」の中の一社である。これは 鎌倉時代に この出雲国の八か所に八幡宮が勧請(かんじょう)され、これを「出雲八所八幡宮(いずもはっしょはちまんぐう)」というのである。

 本来の社地は現地より西方100mのところにあり「跡(あと)の城(じょう)」と呼ばれ現在でも石の祠が残されている。

現地表記柱より

Please do not reproduce without prior permission.

【由緒】(history)

由緒

出雲風土記に「大神は荒らぶる凶徒は青頃山の内には置かじと詔り給いてこの処に追い次き来まし、故来次と云う」とある。この大神の国土経営の大業を成し遂げられた。ご神徳を称えこの処に祭神として祭った。合殿として八幡神を祭神とし、出雲入所八幡社である。また、延喜式にも「来次神社」とある式内社である
島根県神社庁HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

社日碑・幸神社若宮神社天満宮紺姫神社釼御崎神社稲荷社・金蔵社・鎮守社金屋子社・風神社

Please do not reproduce without prior permission.

【境外社 (Related shrines outside the precincts)】

式内社 來次神社 本来の社地「跡(あと)の城(じょう)」

現地より西方100mのところにあり〈※未確認〉

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

來次神社の変遷について

当初は ここより上流の宇谷の地に鎮座したと伝わります
その後 現在地より西方100mのところ「跡(あと)の城(じょう)」と呼ばれる場所に遷座
しかし 治承年中(1177~1180)に 社が壊れ衰微していたが
1185年 源頼朝により出雲の八幡宮に安堵状が出され 現在地に勧請されていた八幡宮に合祀され
明治 八幡宮から来次神社へと式内社への社号変更に伴い 主祭神が八幡神から大己貴神となり 八幡神が合殿となり 現在に至ります

「出雲八所八幡宮(いずもはっしょはちまんぐう)のについて

「出雲八所八幡」は 岩清水八幡宮の出雲国内における早期の別宮8社をいうとされ 1185年 源頼朝 安堵状を出し神像8体を彫らせて 別宮8社に納めさせたという伝えがあります

当初の別宮8社は 
「横田八幡宮」「安田八幡宮」「赤穴八幡宮」「平浜八幡宮」「日倉神社」「朝山八幡宮」「佐世神社」「大田別宮(現在の何宮であるかは不明)」

その 神像8体が治められた別宮8社は 社を異にして伝えられ 近世に
「平浜八幡宮」「安田八幡宮」「須佐八幡宮(大呂神社)」「由来八幡宮」「横田八幡宮」「朝山八幡宮」「木次八幡宮」「佐世八幡宮」の8宮と云われるようになった

の違いは 近世になって「赤穴八幡宮」「日倉神社」「大田別宮」ではなくなり 「須佐八幡宮」「由来八幡宮」「木次神社」となったとされます

当所と近世の 双方の「出雲八所八幡」名称・所在地について

横田八幡宮:仁多郡奥出雲町中村170
安田八幡宮:安来市伯太町安田896
赤穴八幡宮:飯石郡飯南町上赤名1652
平濱八幡宮:松江市八幡町303
日倉神社:雲南市三刀屋町乙加宮2206
朝山八幡宮:出雲市松寄下町1103
佐世神社:雲南市大東町下佐世1202
須佐八幡宮(大呂神社):島根県出雲市佐田町大呂472-2
由来八幡宮:飯石郡飯南町頓原1636
木次(来次)神社:雲南市木次町木次782

※参考 国立国会図書館https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000132105

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR木次線 木次駅から 斐伊川の支流 久野川に沿うように走る 県道45号を東南へ約2km 車5分程度

Please do not reproduce without prior permission.

霞龍(かりょうやま)の中腹に鎮座します 社号標には「式内 郷社來次神社刻字
次神社(雲南市木次町木次)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居は 石段の下に二連になっていて 一礼をしてくぐります

Please do not reproduce without prior permission.

石段を上がり 隋神門をくぐると 参道には 隋神門と拝殿を繋ぐ屋根あり 屋根の天上には 絵馬板絵が奉納されています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の扁額には「式内 来次神社」とあります
賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 幣殿 本殿が鎮座します 脇には境内社が祀られています

Please do not reproduce without prior permission.

社殿に向かって一礼をして 参道石段を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『古事記(Kojiki)〈和銅5年(712)編纂〉』 に記される伝承

須佐之男命(すさのをのみこと)の居る根の堅州国(ねのかたすくに)から
大穴牟遅神(おほなむちのかみ〈大国主命〉が 須勢理毘売すせりひめのみことをつれて逃げる途中 黄泉比良坂(よもつひらさかで 須佐之男命(スサノオ命)に追いつかれた所から 八十神(やそがみ)を追い払い 国を造り始めるまで

【抜粋意訳】

須佐之男命(すさのをのみこと)は 黄泉比良坂(ヨモツヒラサカ)まで追って来て 遥か遠くに居る大穴牟遅神(おほなむちのかみ)を呼んで言

「お前が 持ってる 生大刀(いくたち)・生弓矢(いくゆみ)を使
お前の庶兄弟(腹違いの兄弟)〈八十神(やそがみ)〉 坂のすそに追いつめ または川の瀬に追い払へ 
意礼(オレ)大国主神(おおくにぬしのかみ)となり 宇都志国玉神(うつくしたまのかみ)となり
わしの 須勢理毘売すせりひめのみこと)を妻とし 宇迦(うかのやま) 底津石根(そこついわね)〈大磐石だいばんじの上に宮柱を太く立て 髙天原に届く千木高く棟木を上げて住め こやつめと仰せられた

そこで その刀生大刀(いくたち)〉 生弓矢(いくゆみ)〉持って 八十神(やそがみ)を追い避る時 坂の上毎に追い伏せ 河の瀬毎に追い撥はら國を作り始められた

【原文参照】

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.』にある伝承

大原郡 来次郷の条に 來以きすきのさとは 大己貴命が 八十神(やそがみ)を追廃(おいしりぞける)た故事から 名付けられたと記されています

【意訳】

來以きすきのさと

郡家の正南八里
所造天下大神命(あめりしたつらししおおかみのみこと)詔りたまふ
八十神(やそがみ) 青塩山の裏(うち)には置かじと詔て 追廃(おいしりぞける) この義(わけ) (はるか)に (すき)て生きよと 故に來以(きすき)と云う

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』大原郡 来 にある伝承

延喜式 風土記の次神社は 社なく老松があり祀られている
八幡宮は 治承四年(1180)に京都 石清水八幡宮より勧請された と来次神社と八幡宮を別々に 記しています

『雲陽志(unyo shi)では

次神社と記され

延喜式 風土記に載る所なり
古老伝云う 治承年中(1177~1180)社は頽廃して その後 建立なし 本社史跡に廻一丈五尺計の老松あり 神事祟年中二季 供御を調天下国家平安の神事を行まつり日定す」

「八幡宮」
「本社三間 拝殿二間に五間 門客神二社 鳥居あり 東西六百間 南北二百五十間 後の城山なり 前に清川流 峯に三所の名あり 中殿東殿西殿といふ 八十六間の馬場あり

祠官語て云う 治承四年十月十五日 山代国 石清水より來次の社へ勧請す
弘治三年 佐々貞宗 新造してより 永禄九年 三澤左京亮為清 慶長七年 松田左近吉久 造営修造の棟札あり
祭禮 八月十五日 御供七十五膳を献 神官 祝詞を申 その後 ・・・・」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD. にある伝承

式内社 來次神社の所在を来次郷 宇谷村 室大明神なり としていて 八幡宮に合祀とは記していません

【意訳】

來次神社

風土記に 支須支社(きすき)のやしろ とあり 来次郷 宇谷村 室大明神なり

〇風土記に「來以きすきのさと 所造天下大神命(あめりしたつらししおおかみのみこと)詔りたまふ 八十神(やそがみ) 青塩山の裏(うち)には置かじと詔て 追廃(おいしりぞける) この義(わけ) (はるか)に (すき)て生きよと 故に來以(きすき)と云う」とあり

【原文参照】

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『明治神社誌料(Meiji Jinja shiryo)〈明治45年(1912)〉』に記される伝承

或人の説にと 來次神社の所在 祭神について よく尋ねるべし と記しています

【意訳】

〇島根縣 出雲國 大原郡 木次町大字木次村

郷社 來次(きすきの)神社

祭神 大己貴命(おほなむちのみこと)
   武甕槌命(たけみかづちのみこと)

合殿 八幡宮 誉田別命(ほんだわけのみこと)

創立由緒等詳らかならず、
出雲国式社考に、「風土記に 支須支社(きすき)のやしろ とあり 来次郷 宇谷村 室大明神なり〇風土記に「來以きすきのさと 所造天下大神命(あめりしたつらししおおかみのみこと)詔りたまふ 八十神(やそがみ) 青塩山の裏(うち)には置かじと詔て 追廃(おいしりぞける) この義(わけ) (はるか)に (すき)て生きよと 故に來以(きすき)と云う」とあり、

或人の説
明細帳に武甕槌命(たけみかづちのみこと)名持(おほなもちのみこと)誉田別命(ほんだわけのみこと)帯仲彦命(たらしなかつひこのみこと)息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)武内宿祢命(たけしうちのすくねのみこと)とあるは、雲陽志に、來次村に在す八所八幡宮相殿となるとあるに近し、
然るを式社考には、宇谷村 室大明神なりとありて、祭神をいはず、
横山永福が風土記考に、今は宇谷村 室大明神に合祭れり、この社は室大明神より一町許西に御社ありしに、治承年中より如何なることにか、無くなりて、松の大木と神木とを祭るとあれば、何れかこれなるを知らず、祭神 所在ともよく尋ねべし」といへり、

明治四年十二月郷社列す
社殿は本殿幣殿拝殿神輿庫、隋神門具備し境内坪数五百四十二坪を有せり。

境内社
・幸(さいの)神社・金屋子(かなやこの)神社・若宮(わかみや)神社・天満宮(てんまんぐう)・風(かせ)神社・稲荷(いなり)神社・(きさがいひめの)神社・鎮守(ちんじゅ)神社

例祭日 十月一日

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『明治神社誌料』明治45年(1912)著者 明治神社誌料編纂所 編https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1088244映像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

100年ほど以前に書かれた『雲陽志(unyo shi)』の記述と同内容が 記されています

【意訳】

支須支社(きすき)のやしろ

古は今の木次八幡宮より西一町ばかりの所にあったが、治承年中頽廃し、今の八幡宮に合せ祀った。今は旧の社跡に周一丈五尺ばかりの老松がある。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

來次神社(雲南市木次町木次)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る 

”時の架け橋” 大国主神(おほくにぬしのかみ)
『古事記』に登場する神話の舞台 の記事を見る 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.